基本情報

所属
山口学芸大学 教育学部
(兼任) 学生部 学生部長
Yamaguchi University Faculty of Engineering, Information Science and Engineering Professor
学位
工学博士(九州大学)

研究者番号
10107732
J-GLOBAL ID
200901009395720150

外部リンク

非線形科学をベースとして、非線形・開放系に創発される散逸構造の形成とその機能性に興味を持っている。特に、反応拡散+流体系に形成される階層性を持つ創発現象の解明を中心に基礎的研究を進めている。また、応用としては、非線形数理を用いた動画像処理技術の開発や、脳の視覚情報処理機能の理解に興味を持って研究を進めている。

経歴

  5

学歴

  4

論文

  181

書籍等出版物

  14

講演・口頭発表等

  99

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

その他

  10
  • 1.BZ反応溶液中に励起したラセン状化学反応波が流体現象を励起し、さらに動的な対流波のパターンを自己組織化する事を実験的に明らかにした。対流波のパターンはラセン状化学波とは異なるスケールのラセン状対流波を形成し、階層的なラセン構造が自己組織化される事を明らかにしてきた。現在、光感受性BZ反応溶液や数値解析によりそのメカニズムの解明を進めている。<br>2.照明が時間変化空間変化する場合、物体表面のテクスチャーが少ない場合などの条件下でも安定な運動ベクトル場の検出が可能なアルゴリズムを開発している。<br>3.2変数の反応拡散モデル(FitzHugh-Nagumo)にTuring不安定条件を考慮したパターン形成モデルによるエッジ検出、領域分割が可能なこと、確率共鳴を利用してノイズを積極的に付加することで画像処理のS/Nが良くなる事などを明らかにしてきた。<br>4.光感受性反応拡散モデルを視覚のモデルとして捉え、運動錯視を含む種々の錯視現象のモデル化と数値シミュレーションを進めている。<br>5.人間の視覚印象を再現できるデジタル印象カメラの開発を進めている。特に、人の視覚が奥行きに応じた望遠率を持つこと、拡大率は個人差はあるが一定の法則性を示すことなどを明らかにしてきた。
  • 1.BZ反応溶液中に励起したラセン状化学反応波が流体現象を励起し、さらに動的な対流波のパターンを自己組織化する事を実験的に明らかにした。対流波のパターンはラセン状化学波とは異なるスケールのラセン状対流波を形成し、階層的なラセン構造が自己組織化される事を明らかにしてきた。現在、光感受性BZ反応溶液や数値解析によりそのメカニズムの解明を進めている。<br>2.照明が時間変化空間変化する場合、物体表面のテクスチャーが少ない場合などの条件下でも安定な運動ベクトル場の検出が可能なアルゴリズムを開発している。<br>3.2変数の反応拡散モデル(FitzHugh-Nagumo)にTuring不安定条件を考慮したパターン形成モデルによるエッジ検出、領域分割が可能なこと、確率共鳴を利用してノイズを積極的に付加することで画像処理のS/Nが良くなる事などを明らかにしてきた。<br>4.光感受性反応拡散モデルを視覚のモデルとして捉え、運動錯視を含む種々の錯視現象のモデル化と数値シミュレーションを進めている。<br>5.人間の視覚印象を再現できるデジタル印象カメラの開発を進めている。特に、人の視覚が奥行きに応じた望遠率を持つこと、拡大率は個人差はあるが一定の法則性を示すことなどを明らかにしてきた。
  • 1.BZ反応溶液中に励起したラセン状化学反応波が流体現象を励起し、さらに動的な対流波のパターンを自己組織化する事を実験的に明らかにした。対流波のパターンはラセン状化学波とは異なるスケールのラセン状対流波を形成し、階層的なラセン構造が自己組織化される事を明らかにしてきた。現在、光感受性BZ反応溶液や数値解析によりそのメカニズムの解明を進めている。<br>2.照明が時間変化空間変化する場合、物体表面のテクスチャーが少ない場合などの条件下でも安定な運動ベクトル場の検出が可能なアルゴリズムを開発している。<br>3.2変数の反応拡散モデル(FitzHugh-Nagumo)にTuring不安定条件を考慮したパターン形成モデルによるエッジ検出、領域分割が可能なこと、確率共鳴を利用してノイズを積極的に付加することで画像処理のS/Nが良くなる事などを明らかにしてきた。<br>4.光感受性反応拡散モデルを視覚のモデルとして捉え、運動錯視を含む種々の錯視現象のモデル化と数値シミュレーションを進めている。<br>5.人間の視覚印象を再現できるデジタル印象カメラの開発を進めている。特に、人の視覚が奥行きに応じた望遠率を持つこと、拡大率は個人差はあるが一定の法則性を示すことなどを明らかにしてきた。
  • 1.BZ反応溶液中に励起したラセン状化学反応波が流体現象を励起し、さらに動的な対流波のパターンを自己組織化する事を実験的に明らかにした。対流波のパターンはラセン状化学波とは異なるスケールのラセン状対流波を形成し、階層的なラセン構造が自己組織化される事を明らかにしてきた。現在、光感受性BZ反応溶液や数値解析によりそのメカニズムの解明を進めている。<br>2.照明が時間変化空間変化する場合、物体表面のテクスチャーが少ない場合などの条件下でも安定な運動ベクトル場の検出が可能なアルゴリズムを開発している。<br>3.2変数の反応拡散モデル(FitzHugh-Nagumo)にTuring不安定条件を考慮したパターン形成モデルによるエッジ検出、領域分割が可能なこと、確率共鳴を利用してノイズを積極的に付加することで画像処理のS/Nが良くなる事などを明らかにしてきた。<br>4.光感受性反応拡散モデルを視覚のモデルとして捉え、運動錯視を含む種々の錯視現象のモデル化と数値シミュレーションを進めている。<br>5.人間の視覚印象を再現できるデジタル印象カメラの開発を進めている。特に、人の視覚が奥行きに応じた望遠率を持つこと、拡大率は個人差はあるが一定の法則性を示すことなどを明らかにしてきた。
  • 1.BZ反応溶液中に励起したラセン状化学反応波が流体現象を励起し、さらに動的な対流波のパターンを自己組織化する事を実験的に明らかにした。対流波のパターンはラセン状化学波とは異なるスケールのラセン状対流波を形成し、階層的なラセン構造が自己組織化される事を明らかにしてきた。現在、光感受性BZ反応溶液や数値解析によりそのメカニズムの解明を進めている。<br>2.照明が時間変化空間変化する場合、物体表面のテクスチャーが少ない場合などの条件下でも安定な運動ベクトル場の検出が可能なアルゴリズムを開発している。<br>3.2変数の反応拡散モデル(FitzHugh-Nagumo)にTuring不安定条件を考慮したパターン形成モデルによるエッジ検出、領域分割が可能なこと、確率共鳴を利用してノイズを積極的に付加することで画像処理のS/Nが良くなる事などを明らかにしてきた。<br>4.光感受性反応拡散モデルを視覚のモデルとして捉え、運動錯視を含む種々の錯視現象のモデル化と数値シミュレーションを進めている。<br>5.人間の視覚印象を再現できるデジタル印象カメラの開発を進めている。特に、人の視覚が奥行きに応じた望遠率を持つこと、拡大率は個人差はあるが一定の法則性を示すことなどを明らかにしてきた。