基本情報

所属
山口大学
(兼任) 教育学部 表現情報処理 教授
学位
工学修士(山口大学)
工学博士(九州大学)

研究者番号
50107728
J-GLOBAL ID
200901010110792569

経歴

  2

論文

  15

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  2

その他

  7
  • 1.これまでの提案したアルゴリズムの理論的モデルの再構築を行い、さらに高精度、高速処理の実現を追求していく。<br>2.映像入力および音声入力の両者を比較検討し、より負荷の軽いアルゴリズムの開発を進める。<br>3.WAVファイルによるCG生成に加えてMIDIファイル、マイクロフォン入力データからのから周波数情報を抽出し、音楽を再生しながらCGを生成する試験的なプログラムを作製した。これをもとに映像の楽しさ、美しさおよび意外性の実現を追及していく。
  • 1.これまでの提案したアルゴリズムの理論的モデルの再構築を行い、さらに高精度、高速処理の実現を追求していく。<br>2.映像入力および音声入力の両者を比較検討し、より負荷の軽いアルゴリズムの開発を進める。<br>3.WAVファイルによるCG生成に加えてMIDIファイル、マイクロフォン入力データからのから周波数情報を抽出し、音楽を再生しながらCGを生成する試験的なプログラムを作製した。これをもとに映像の楽しさ、美しさおよび意外性の実現を追及していく。
  • 1.これまでの提案したアルゴリズムの理論的モデルの再構築を行い、さらに高精度、高速処理の実現を追求していく。<br>2.映像入力および音声入力の両者を比較検討し、より負荷の軽いアルゴリズムの開発を進める。<br>3.WAVファイルによるCG生成に加えてMIDIファイル、マイクロフォン入力データからのから周波数情報を抽出し、音楽を再生しながらCGを生成する試験的なプログラムを作製した。これをもとに映像の楽しさ、美しさおよび意外性の実現を追及していく。
  • 1.これまでの提案したアルゴリズムの理論的モデルの再構築を行い、さらに高精度、高速処理の実現を追求していく。<br>2.映像入力および音声入力の両者を比較検討し、より負荷の軽いアルゴリズムの開発を進める。<br>3.WAVファイルによるCG生成に加えてMIDIファイル、マイクロフォン入力データからのから周波数情報を抽出し、音楽を再生しながらCGを生成する試験的なプログラムを作製した。これをもとに映像の楽しさ、美しさおよび意外性の実現を追及していく。
  • 1.これまでの提案したアルゴリズムの理論的モデルの再構築を行い、さらに高精度、高速処理の実現を追求していく。<br>2.映像入力および音声入力の両者を比較検討し、より負荷の軽いアルゴリズムの開発を進める。<br>3.WAVファイルによるCG生成に加えてMIDIファイル、マイクロフォン入力データからのから周波数情報を抽出し、音楽を再生しながらCGを生成する試験的なプログラムを作製した。これをもとに映像の楽しさ、美しさおよび意外性の実現を追及していく。