富平 美波

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/23 17:44
 
アバター
研究者氏名
富平 美波
 
トミヒラ ミワ
所属
山口大学
部署
人文学部
職名
大学院担当教授
学位
文学修士(東京都立大学)
科研費研究者番号
00188799

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2003年10月
 - 
2016年7月
山口大学 人文学部 大学院担当教授
 

論文

 
「切字釋疑」に見える音韻観について
富平 美波
『東アジア伝統の継承と交流』(東アジア研究叢書Ⅲ)   1-32   2016年3月   [招待有り]
清の方中履撰『古今釋疑』巻十七、独立して「切字釋疑」とも呼ばれることのある音韻学文献を読み解くことで、そこに反映している著者の音韻学研究の傾向と音韻観を明らかにし、合わせて、それらがどの程度に、著者の父親である方以智の影響を受けているかをも解明しようとした。
方中履『古今釋疑』の執筆と刊行について
富平 美波
アジアの歴史と文化(山口大学アジア歴史・文化研究会編)   19 1-28   2015年3月
方中履『切字釈疑』「方言」の条を読む(「切字釈疑」第10節訳注)
富平 美波
アジアの歴史と文化(山口大学アジア歴史・文化研究会編)   (18) 1-23   2014年3月
富平美波
山口大學文學會誌   64 97-121   2014年2月
富平, 美波
アジアの歴史と文化   17 39-64   2013年3月

Misc

 
阿部泰記&宇野小四郎&尾崎千佳&根ヶ山徹&李文相&高木智見&富平美波&和田学
山口大学文学会志   55 3-82   2005年

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
『続通志』「七音略」とその門法の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 富平 美波
「切字釈疑」の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 富平 美波
「切字釈疑」訳注
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 富平 美波
郝敬の音韻研究について-『毛詩原解』の音注の分析を中心とした研究-
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 富平 美波