進藤 晴夫

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
進藤 晴夫
 
シンドウ ハルオ
所属
山口大学
部署
農学部 生物資源環境科学科 山口大学農学部農学部生物生産科学講座農学部農学部生物生産科学講座
職名
大学院担当教授
学位
農学博士(名古屋大学), 農学修士(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
 山口大学農学部農学部生物生産科学講座農学部農学部生物生産科学講座 大学院担当教授
 
2010年
   
 
- 山口大学農学部農学部生物生産科学講座農学部農学部生物生産科学講座 大学院担当教授
 
 
   
 
 教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
名古屋大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1970年
東京農工大学 農学部 農学
 

委員歴

 
2005年
   
 
日本腐植物質学会評議員  日本腐植物質学会評議員
 
2006年
 - 
2008年
日本土壌肥料学会評議委員  日本土壌肥料学会評議委員
 
2006年
 - 
2008年
日本土壌肥料学会代議員  日本土壌肥料学会代議員
 
2006年
 - 
2010年
国際土壌科学連合 S2.3 土壌生物学部門 副委員長  国際土壌科学連合 S2.3 土壌生物学部門 副委員長
 
2007年
 - 
2010年
日本土壌肥料学会評議委員  日本土壌肥料学会評議委員
 

Misc

 
Catalytic effects of manganese(IV), iron(III), aluminum, and silicon oxides on the formation of phenolic polymers
Soil Sci. Soc. Am. J.   48    1984年
The catalytic power of inorganic components in the abiotic synthesis of hydroquinone-derived humic polymers
Appl. Caly Sci.   1    1985年
Catalytic polymerization of hydroquinone by primary minerals
Soil Science   139(6)    1985年

書籍等出版物

 
Significance of Mn (IV) and Fe (III) oxides in the synthesis of humic acids from phenolic compunds
Humic substances in the global environment and implications on human health,   1994年   
土壌環境分析法-芳香族性有機酸-
1997年   
Significance of burning vegetation in the formation of black humic acids in Japanese volcanic ash soils
Humic substances structires, models adn functions, Ed. E. A. Ghabbour and G. Davies, Royal Society of Chemistry, Cambrid   2001年   
Humic substances: structures, models and functions
The Royal Society of Chemistry   2001年   
土壌を愛し、土壌を守る  ー日本の土壌、ペドロジー学会50年の集大成ー
博友社   2007年   

講演・口頭発表等

 
湖沼堆積物の環境科学的研究(第一報)
日本土壌肥料学会講演要旨集   2001年   
ススキの非生物的腐植化過程を促進する火山灰中の無機成分と腐植酸へ変化するススキの有機成分について
日本土壌肥料学会講演要旨集   2001年   
黒ボク土の比重1.6-2.0画分における植物炭化物の分布
日本土壌肥料学会講演要旨集   2001年   
Distribution of charred plant fragments in Japanese volcanic ash soils with reference to origins of black humic acids
Proceedings<br>The international humic substances society twentieth anniversary conference<br>Humic substances: Nature's most versatile materials   2002年   
火山灰土壌由来腐植物質中にススキ起源炭素はどの程度寄与しているか?~δ13値による推定~
日本ペドロジー学会2003年度大会 講演要旨集   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
土壌腐植物質の生成過程に関する研究
土壌の有機態窒素分解酵素に関する研究
腐植-酵素複合体に関する土壌生化学的研究
1.黒ボク土腐植酸の生成機構に関するexperimental pedology 2.耕地土壌の腐植組成へ及ぼす堆肥連用効果 3.土壌酵素の存在形態とその機能に関する研究 4.湖沼堆積物の環境化学的研究
1.黒ボク土は我が国土の約16%を占め,農林業にとって欠くことのできない土壌である。黒ボク土の腐植は,A型腐植酸と呼ばれる,黒色の腐植酸によって特徴付けられているが,その生成機構については極めて不明な点が多い。本研究の目的・目標は,experimental pedologyの手法を導入して黒色腐植酸の生成機構を究明することである。<br>2.腐植は土壌の物理性・化学性・生物性および肥沃性に多大な影響を及ぼす重要な有機構成物である。本研究の目的・目標は,耕地土壌への堆肥の連用が土壌の腐植組成...
1.黒ボク土腐植酸の生成機構に関するexperimental pedology 2.耕地土壌の腐植組成へ及ぼす堆肥連用効果 3.土壌酵素の存在形態とその機能に関する研究 4.湖沼堆積物の環境化学的研究
1.黒ボク土は我が国土の約16%を占め,農林業にとって欠くことのできない土壌である。黒ボク土の腐植は,A型腐植酸と呼ばれる,黒色の腐植酸によって特徴付けられているが,その生成機構については極めて不明な点が多い。本研究の目的・目標は,experimental pedologyの手法を導入して黒色腐植酸の生成機構を究明することである。<br>2.腐植は土壌の物理性・化学性・生物性および肥沃性に多大な影響を及ぼす重要な有機構成物である。本研究の目的・目標は,耕地土壌への堆肥の連用が土壌の腐植組成...