宮本 洋二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 22:32
 
アバター
研究者氏名
宮本 洋二
 
ミヤモト ヨウジ
所属
徳島大学
部署
大学院医歯薬学研究部 口腔外科学分野
職名
教授
学位
歯学博士(徳島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
徳島大学大学院医歯薬学研究部 口腔外科学分野 教授
 
2003年
 - 
2008年
秋田大学 医学部附属病院 歯科口腔外科 教授
 
1992年
 - 
2003年
徳島大学歯学部附属病院 講師
 
1987年
 - 
1992年
徳島大学歯学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1987年
徳島大学 歯学研究科 口腔外科学
 
 
 - 
1983年
徳島大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本口腔インプラント学会  評議員
 
2002年
   
 
日本バイオマテリアル学会  評議員
 

論文

 
Takahashi A, Sugawara C, Akita K, Kamada K, Kudoh K, Tamatani T, Miyamoto Y
Dento maxillo facial radiology   47(7) 20180052   2018年10月   [査読有り]
Fujioka-Kobayashi M, Tsuru K, Nagai H, Fujisawa K, Kudoh T, Ohe G, Ishikawa K, Miyamoto Y
Journal of tissue engineering and regenerative medicine   12(10) 2077-2087   2018年10月   [査読有り]
Ishikawa K, Miyamoto Y, Tsuchiya A, Hayashi K, Tsuru K, Ohe G
Materials (Basel, Switzerland)   11(10)    2018年10月   [査読有り]
Uchida D, Kuribayashi N, Kinouchi M, Sawatani Y, Shimura M, Mori T, Hasegawa T, Miyamoto Y, Kawamata H
Oncology reports   40(1) 303-308   2018年7月   [査読有り]
Tamatani T, Takamaru N, Ohe G, Akita K, Nakagawa T, Miyamoto Y
Oncology letters   16(1) 1133-1140   2018年7月   [査読有り]
Fujisawa K, Akita K, Fukuda N, Kamada K, Kudoh T, Ohe G, Mano T, Tsuru K, Ishikawa K, Miyamoto Y
Journal of materials science. Materials in medicine   29(8) 121   2018年7月   [査読有り]
Takahashi A, Sugawara C, Kudoh K, Yamamura Y, Ohe G, Tamatani T, Miyamoto Y
Dento maxillo facial radiology   47(1) 20170251   2018年1月   [査読有り]
Kujiraoka S, Tsunematsu T, Sato Y, Yoshida M, Ishikawa A, Tohyama R, Tanaka M, Kobayashi Y, Kondo T, Ushio A, Otsuka K, Kurosawa M, Saito M, Yamada A, Arakaki R, Nagai H, Nikai H, Takeuchi K, Nagao T, Miyamoto Y, Ishimaru N, Kudo Y
Oral oncology   69 46-55   2017年6月   [査読有り]
Takahashi A, Sugawara C, Kudoh T, Ohe G, Takamaru N, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
Clinical oral investigations   21(1) 85-91   2017年1月   [査読有り]
Hara K, Fujisawa K, Nagai H, Takamaru N, Ohe G, Tsuru K, Ishikawa K, Miyamoto Y
Materials (Basel, Switzerland)   9(9)    2016年8月   [査読有り]
Hosoki M, Nishigawa K, Miyamoto Y, Ohe G, Matsuka Y
Journal of prosthodontic research   60(3) 213-219   2016年7月   [査読有り]
Sugawara C, Takahashi A, Kawano F, Kudo Y, Ishimaru N, Miyamoto Y
Dento maxillo facial radiology   45(5) 20150362   2016年   [査読有り]
Nagai H, Kobayashi-Fujioka M, Fujisawa K, Ohe G, Takamaru N, Hara K, Uchida D, Tamatani T, Ishikawa K, Miyamoto Y
Journal of materials science. Materials in medicine   26(2) 99   2015年2月   [査読有り]
Sugawara C, Takahashi A, Kawano F, Kudoh T, Yamada A, Ishimaru N, Hara K, Miyamoto Y
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   119(1) e41-8   2015年1月   [査読有り]
Nagai H, Fujioka-Kobayashi M, Ohe G, Hara K, Takamaru N, Uchida D, Tamatani T, Fujisawa K, Miyamoto Y
Oncology reports   31(3) 1453-1458   2014年3月   [査読有り]
Abe Y, Hashimoto I, Matsuo S, Goishi K, Kashiwagi K, Nagai H, Miyamoto Y, Nakanishi H
The journal of medical investigation : JMI   61(3-4) 318-324   2014年   [査読有り]
Takahashi A, Sugawara C, Kudoh T, Uchida D, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
TheScientificWorldJournal   2014 940960   2014年   [査読有り]
Kinouchi M, Uchida D, Kuribayashi N, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
PloS one   9(12) e115936   2014年   [査読有り]
Ohe G, Sasai A, Uchida D, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
Oncology reports   30(2) 945-951   2013年8月   [査読有り]
Tamatani T, Takamaru N, Hara K, Kinouchi M, Kuribayashi N, Ohe G, Uchida D, Fujisawa K, Nagai H, Miyamoto Y
International journal of oncology   42(3) 935-944   2013年3月   [査読有り]
Uchida D, Kuribayashi N, Kinouchi M, Ohe G, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
Clinical & experimental metastasis   30(2) 133-142   2013年2月   [査読有り]
Kuribayashi N, Uchida D, Kinouchi M, Takamaru N, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
PloS one   8(11) e80773   2013年   [査読有り]
Fujioka-Kobayashi M, Ota MS, Shimoda A, Nakahama K, Akiyoshi K, Miyamoto Y, Iseki S
Biomaterials   33(30) 7613-7620   2012年10月   [査読有り]
Sugawara C, Takahashi A, Kubo M, Otsuka H, Ishimaru N, Miyamoto Y, Honda E
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   114(4) 516-525   2012年10月   [査読有り]
Tamatani T, Ferdous T, Takamaru N, Hara K, Kinouchi M, Kuribayashi N, Ohe G, Uchida D, Nagai H, Fujisawa K, Miyamoto Y
International journal of oncology   41(3) 1148-1156   2012年9月   [査読有り]
Takechi M, Ohta K, Ninomiya Y, Tada M, Minami M, Takamoto M, Ohta A, Nakagawa T, Fukui A, Miyamoto Y, Kamata N
Dental materials journal   31(3) 465-471   2012年   [査読有り]
Hino S, Hamakawa H, Miyamoto Y, Ryoke K, Sekine J, Sasaki A, Yamamoto T, The Oral Cancer Study Group of Chugoku-Shikoku.
Oncology letters   2(5) 839-843   2011年9月   [査読有り]
[Evaluation of combination chemotherapy with oral S-1 administration followed by docetaxel by superselective intra-arterial infusion for patients with oral squamous cell carcinomas].
Nagai H, Takamaru N, Ohe G, Uchida D, Tamatani T, Fujisawa K, Iwamoto S, Miyamoto Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38(5) 777-781   2011年5月   [査読有り]
Uchida D, Onoue T, Kuribayashi N, Tomizuka Y, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990)   47(3) 452-459   2011年2月   [査読有り]
Tatehara S, Miyamoto Y, Takechi M, Momota Y, Yuasa T
Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery   39(1) 2-9   2011年1月   [査読有り]
Uchida D, Onoue T, Begum NM, Kuribayashi N, Tomizuka Y, Tamatani T, Nagai H, Miyamoto Y
Molecular cancer   8 62   2009年8月   [査読有り]
Minamiguchi S, Takechi M, Yuasa T, Momota Y, Tatehara S, Takano H, Miyamoto Y, Satomura K, Nagayama M
Journal of materials science. Materials in medicine   19(3) 1165-1172   2008年3月   [査読有り]
[Evaluation of combination chemotherapy with S-1 and docetaxel for patients with oral squamous cell carcinomas].
Nakata A, Fukuda M, Iwanami Y, Ito H, Takano H, Nagai H, Nanjo H, Miyamoto Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   34(13) 2237-2240   2007年12月   [査読有り]
Takechi M, Miyamoto Y, Ishikawas K, Momota Y, Yuasa T, Tatehara S, Takano H, Minamiguchi S, Nagayama M
Dental materials journal   26(2) 194-200   2007年3月   [査読有り]
Hinode D, Tanabe S, Yokoyama M, Fujisawa K, Yamauchi E, Miyamoto Y
Clinical oral implants research   17(4) 473-478   2006年8月   [査読有り]
[Evaluation of a combination chemotherapy with docetaxel and nedaplatin for patients with oral squamous cell carcinomas].
Yamaoka K, Fukuda M, Hatakeyama S, Murayama D, Kashiwagi R, Musashi T, Ohnuki T, Miyoshi K, Nagai H, Nanjo H, Miyamoto Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   32(10) 1411-1414   2005年10月   [査読有り]
Yuasa T, Miyamoto Y, Kon M, Ishikawa K, Takechi M, Momota Y, Tatehara S, Takano H, Mimamiguchi S, Nagayama M
Dental materials journal   24(2) 207-212   2005年6月   [査読有り]
Kon M, Hirakata LM, Miyamoto Y, Kasahara H, Asaoka K
Dental materials journal   24(1) 104-110   2005年3月   [査読有り]
Takechi M, Miyamoto Y, Momota Y, Yuasa T, Tatehara S, Nagayama M, Ishikawa K
Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials   69(1) 58-63   2004年4月   [査読有り]
Momota Y, Miyamoto Y, Ishikawa K, Takechi M, Yuasa T, Tatehara S, Nagayama M
Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials   69(1) 99-103   2004年4月   [査読有り]
Yuasa T, Miyamoto Y, Ishikawa K, Takechi M, Momota Y, Tatehara S, Nagayama M
Biomaterials   25(7-8) 1159-1166   2004年3月   [査読有り]
Yokoyama K, Kaneko K, Miyamoto Y, Asaoka K, Sakai J, Nagumo M
Journal of biomedical materials research. Part A   68(1) 150-158   2004年1月   [査読有り]
Miyamoto Y, Fujisawa K, Takechi M, Momota Y, Yuasa T, Tatehara S, Nagayama M, Yamauchi E
Clinical oral implants research   14(6) 727-733   2003年12月   [査読有り]
Fujisawa K, Miyamoto Y, Nagayama M
Journal of oral pathology & medicine : official publication of the International Association of Oral Pathologists and the American Academy of Oral Pathology   32(6) 358-366   2003年7月   [査読有り]
Takechi M, Miyamoto Y, Momota Y, Yuasa T, Tatehara S, Nagayama M, Ishikawa K, Suzuki K
Journal of materials science. Materials in medicine   13(10) 973-978   2002年10月   [査読有り]

Misc

 
クリニカル・アドバンス インプラント治療用人工骨「ジーシーサイトランスグラニュール」の開発と臨床 サイトランスグラニュールの開発と臨床応用
宮本 洋二
DENTAL DIAMOND   43(9) 195-199   2018年7月
日本で初めてインプラントとの併用が認可された骨補填材 サイトランスグラニュールとは?
石川 邦夫, 宮本 洋二, 春日井 昇平, 古谷野 潔
Quintessence DENTAL Implantology   25(4) 0631-0633   2018年7月
当院における全身麻酔下歯科治療について 障害をもつ方へ安全な歯科治療の提供
高石 和美, 藤原 茂樹, 江口 覚, 大塚 良, 赤澤 友基, 北村 尚正, 上田 公子, 中川 弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 山村 佳子, 工藤 景子, 大江 剛, 玉谷 哲也, 宮本 洋二, 東 雅之, 岩本 勉, 北畑 洋
Journal of Oral Health and Biosciences   31(1) 62-67   2018年7月
当施設では障害のある患者や歯科治療恐怖症患者、低年齢児などに対して全身麻酔下歯科治療を行っている。全身麻酔下歯科治療の流れを概説するとともに、現況と今後の展望を述べた。2016年1月から2年間に、一連の流れに沿って全身麻酔下歯科治療を施行したのは18例(平均22歳)で、知的障害、自閉症スペクトラム障害、てんかんの合併が多かった。入院期間は当初の予定より延長した症例はなかった。合併症は2例で覚醒遅延、1例で術後てんかん発作を認めた。
我が国発 骨再生のフロンティア 新規骨補填材としての炭酸アパタイトの開発と薬事承認
宮本 洋二
歯界展望   131(5) 877-883   2018年5月
徳島県における口腔がん検診の現況
工藤 景子, 鎌田 久美子, 高丸 菜都美, 山村 佳子, 大江 剛, 工藤 隆治, 高橋 章, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 宮本 洋二
日本歯科人間ドック学会誌   12(1) 21-25   2017年8月
当科では、徳島県歯科医師会、阿南市歯科医師会および徳島市歯科医師会と協力し、歯科医師会主催のイベントと併せて任意型の口腔がん検診を行ってきたので、その活動内容を報告する。2010年1月〜2016年6月の6年6ヵ月間に21回の口腔がん検診を実施した。検診業務ならびに集計は当科が担当した。期間中の総受診者は712名(男性223名、女性489名)であり、平均年齢は56.3歳であった。246名(34.6%)に舌炎や歯肉炎などの軟組織の異常を認めた。そのうち、12名(1.7%)に白板症、1名(0.1...
当科における口腔がん検診の現況
工藤 景子, 鎌田 久美子, 横田 美保, 高丸 菜都美, 山村 佳子, 大江 剛, 工藤 隆治, 高橋 章, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本歯科人間ドック学会誌   12(1) 39-40   2017年8月
咽頭扁桃結石に関するX線診断学的検討
高橋 章, 工藤 隆治, 工藤 景子, 高丸 菜都美, 大江 剛, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 菅原 千恵子, 宮本 洋二
日本口腔科学会雑誌   66(2) 188-189   2017年7月
藤澤 健司, 大江 剛, 永井 宏和, 安陪 晋, 宮本 洋二
日本口腔インプラント学会誌   29(3) 180-185   2016年9月
上顎洞底挙上術のアプローチ法には、側方アプローチと歯槽頂アプローチがあり、当科では2000年から側方アプローチを用いている。今回、2011年までに同アプローチで上顎洞底挙上術を施行しインプラント体埋入を行った49例80本を対象に、上部構造装着後3年時点での成績を調査し、埋入インプラントの経過に影響を及ぼす因子について検討した。調査の結果、計80本のインプラント体のうち脱落したものが2本ありインプラン体残存率は97.5%であった。検討の結果、インプラント体の残存に有意な影響を与えている因子と...
川田 真也, 林 英司, 宮本 洋二, 長山 勝, 出口 博代, 東 富雄, 林 良夫
日本口腔外科学会雑誌   38(3) 479-485   1992年3月
4症例とも臼歯部に認められ,3症例は女性で顎骨中心性に発現し,1症例は男性で顎骨周辺性に発現した.処置としては2例に腫瘍摘出術を,他の2例には顎骨切除術を施行した.現在,いずれの症例も再発はみられず,経過良好である
口腔がん患者の歯科疾患罹患状況
山村 佳子, 藤澤 健司, 鎌田 久美子, 高丸 菜都美, 工藤 景子, 大江 剛, 工藤 隆治, 高橋 章, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本歯科人間ドック学会誌   11(1) 29-32   2016年8月
今回われわれは、口腔がん患者の歯科疾患罹患状況について検討したので報告する。対象は、2015年1月から12月までの1年間に、当科で口腔がんの治療を行った39例(男性20例、女性19例)とした。歯科医院受診を契機として発見された口腔がんは、29例(74.4%)であった。口腔がん患者の口腔衛生状態は28例(71.8%)が不良であった。また、23例(59.0%)に治療が必要な歯科疾患を認めた。11例(28.2%)の患者には、急性化が危惧される慢性炎症巣があったため、がん治療前に歯科治療を行った。...
当科における5年間の小児入院患者の臨床統計的観察
宮本 洋二, 安田 勝裕, 林 英司
日本小児口腔外科学会雑誌   1(2) 111-117   1991年11月
1)昭和59年より5年間の小児患者総数は210名で全入院患者の26.6%.男児121名,女児89名で男女比は1.3:1.2)年度別入院患者数では昭和60年をピークに減少した.3)年齢別では5歳未満が最も多く,全小児患者の65.2%.4)疾患別では先天異常(137名)が最も多く,嚢胞(30名),外傷(19名),炎症(12名),腫瘍(9名)の順であった.5)先天異常では裂奇形が115名,83.9%.6)嚢胞ではガマ腫(9名),含歯性嚢胞(9名),歯根嚢胞(5名)が多かった.7)外傷では成人に比...
新しい外科の概念と手術手技の進歩
宮本 洋二, 玉谷 哲也, 大江 剛, 高丸 菜都美, 工藤 景子, 山村 佳子, 藤澤 健司, 永井 宏和
Journal of Oral Health and Biosciences   29(1) 7-12   2016年6月
顎・顔面の再建手術について
宮本 洋二, 長山 勝
四国歯学会雑誌   9(2) 99-113   1997年1月
藤澤 健司, 大江 剛, 永井 宏和, 安陪 晋, 宮本 洋二
日本口腔インプラント学会誌   28(3) 312-317   2015年9月
インプラント体の表面性状の違いが周囲骨吸収に及ぼす影響について検討した。同一患者の隣接する部位に、ブローネマルクインプラントの滑面と粗面のインプラント体を埋入した21例(男性14名、女性7名、平均56.7±9.7歳)を対象とした。その結果、埋入3および5年では、滑面より粗面で骨吸収が大きい傾向があった。即時荷重におけるインプラント周囲骨の経時的吸収量は、いずれも遅延荷重と比較して骨吸収量は小さかったが、滑面と粗面との間には有意差は認めなかった。同一患者の隣接する滑面と粗面のインプラント体に...
山本 修史, 藤澤 健司, 大江 剛, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本口腔インプラント学会誌   28(3) 318-325   2015年9月
インプラントの表面性状がオッセオインテグレーション喪失に及ぼす影響について検討した。ブローネマルクインプラントを埋入し、上部構造装着後1年以上経過した435例、インプラント体1451本を対象とし、滑面(機械加工面)が443本、粗面(陽極酸化面)が1008本であった。インプラントの脱落率は、滑面1.6%、粗面0.5%で、両群間に有意差を認めた。埋入部位別のインプラントの脱落率にも有意差はなかった。また、上顎・下顎別に粗面と滑面とを比較し、下顎では滑面の率が粗面と比べて有意に高かった。年齢、初...
宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃
日本口腔インプラント学会誌   11(2) 247-255   1998年6月
口腔癌の切除部を筋皮弁によって再建した3名の患者に対し,再建部にオッセオインテグレーテッドインプラントを応用し,咀嚼機能の回復を図った.フィクスチャー埋入後に,再建組織の減量術を行い,更に遊離粘膜移植又はテルダーミスを口腔前庭拡張術に併用した.上部構造装着後のインプラント周囲組織の診査では概ね良好な状態を示し,同部の炎症症状もなく良好な機能回復が得られた
【歯科医師のための医学ハンドブック】 (Chapter 6)血液疾患 抗凝固療法・抗血小板療法時の歯科治療
宮本 洋二
歯界展望   別冊(歯科医師のための医学ハンドブック) 102-103   2014年5月
【歯科医師のための医学ハンドブック】 (Chapter 15)医科への照会の仕方
宮本 洋二
歯界展望   別冊(歯科医師のための医学ハンドブック) 203-206   2014年5月
飛梅 悟, 藤澤 健司, 中西 宏彰, 林 英司, 宮本 洋二, 長山 勝
日本口腔外科学会雑誌   46(2) 96-98   2000年2月
徳島県立ひのみね整肢医療センター歯科における心身障害児(者)の診療実態について
藤澤 健司, 中西 宏彰, 宮本 洋二, 宮本 悦子, 野田 純子, 林 英司, 長山 勝, 島川 清司, 阿部 秀吉, 森 舜次
四国歯学会雑誌   12(2) 269-275   2000年1月
1)5年間に298人が受診し,平均年齢は19.6歳であった. 2)基礎疾患は,脳性麻痺が50.7%,精神運動発達遅滞8.2%,癲癇6.4%の順であった. 3)センター内に併設されているひのみね養護学校生徒のう蝕症罹患状況は,一人平均DMF歯数で小学生1.16,中学生2.27,高校生6.18であった. 4)処置内容は保存修復処置が30%前後を占め最も多く,次いで歯周治療,外科処置の順であった
顎顔面領域における骨治癒に対する低出力超音波パルス照射の使用経験
藤原 慎視, 中村 竜也, 永田 久美子, 桂 智子, 塩田 智子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 清家 卓也, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 永井 宏和, 宮本 洋二, 田中 栄二
四国歯学会雑誌   26(2) 41-47   2014年2月
顎顔面領域の骨治療として低出力超音波パルス照射(LIPUS)を行った35例について検討した。内訳は整復固定術後の外傷による顎顔面骨骨折症例が11例、顎離断術後の顎変形症症例が7例、自家腸骨海綿骨移植術後の口唇裂口蓋裂症例が17例であった。LIPUS照射は外科手術後5〜7日に施行した。その結果、整復固定術後の顎顔面骨骨折症例では、術後3ヵ月の時点で骨癒合が確認された。顎離断術後の顎変形症症例では、術後半年で全例骨癒合が得られた。自家腸骨海綿骨移植症例では、術後3ヵ月の時点で骨架橋形成は16例...
田部 慎一, 日野出 大輔, 横山 正明, 宮本 洋二, 中村 亮
口腔衛生学会雑誌   51(3) 196-202   2001年7月
骨結合型インプラント治療失敗と喫煙との関連の一致性,強固性,特異性,時間性,整合性の各々について関連文献により検討した.全ての因子について両者間の関連性を肯定する結果が得られた.つまり,喫煙習慣の存在がインプラント治療の失敗に関連していることが示唆された.特に,非常に重要な因子として考えられるインプラント周囲の口腔衛生状態よりもむしろ喫煙の方がインプラント治療の失敗と強く関連することを示す報告が認められた.以上の事実は,様々なインプラント治療失敗に関連する要因の中でも,特に喫煙習慣の有無を...
藤澤 健司, 大江 剛, 内田 大亮, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本口腔インプラント学会誌   26(4) 676-683   2013年12月
上部構造装着後3年を経過したインプラント1291本を対象に、ショートインプラントの有用性について臨床的検討を行った。1291本のうち、長さ10mm未満のショートインプラントは113本で、表面性状は滑面42本、粗面71本であり、年齢、インプラントの長さ・表面性状・埋入部位・直径、初期固定、治癒期間によるインプラントの脱落率を比較した結果、ショートインプラント全体と10mm以上の長さのインプラントの脱落率に有意差は認めなかった。また、表面性状別にみると、滑面ショートインプラントの脱落率は長さ1...
高丸 菜都美, 内田 大亮, 大江 剛, 永井 宏和, 石丸 直澄, 宮本 洋二
日本口腔外科学会雑誌   58(11) 651-654   2012年11月
症例は46歳女性で、7ヵ月前より左側下顎歯肉の腫瘤を自覚し、増大傾向となった。左側下顎側切歯〜第一大臼歯部の舌側辺縁歯肉から口底にかけて25×16mmの境界明瞭な有茎性腫瘤を、X線で同部に軽度の骨吸収像を認め、エプーリスと臨床診断し腫瘤切除術を施行した。腫瘤基部の軽度吸収した歯槽骨をラウンドバーで一層切削し、左側下顎小臼歯は根面を十分に掻爬し保存した。術後2年6ヵ月経過し再発はない。病理組織所見で、粘膜上皮下に多数のエオジン好性の大型細胞が散在し、腫瘤中心部には骨形成が認められた。強拡大で...
口腔扁平上皮癌に対するS-1を併用したDocetaxel超選択的動注化学療法の臨床効果に関する検討
永井 宏和, 高丸 菜都美, 大江 剛, 内田 大亮, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 岩本 誠司, 宮本 洋二
癌と化学療法   38(5) 777-781   2011年5月
口腔扁平上皮癌患者に対し、術前化学療法(neo-adjuvant chemotherapy:NAC)としてtegafur・gimeracil・oteracil potassium配合剤(S-1)を併用したdocetaxel(DOC)の超選択的動注化学療法を施行し、その治療効果および有害事象を検討した。対象は、未治療の口腔扁平上皮癌患者で男性9例、女性4例の計13例、平均年齢は61.0歳であった。薬剤の投与法は、S-1 65mg/m2/dayを14日間連日経口投与した後、Seldinger法...
切除からインプラントを維持源としたエピテーゼまで一貫治療を行った上顎洞悪性線維性組織球腫の1例
舘原 誠晃, 藤澤 健司, 永井 宏和, 重本 修伺, 大倉 一夫, 石丸 直澄, 林 良夫, 宮本 洋二
四国歯学会雑誌   22(2) 179-183   2010年1月
50歳男。左側上顎小臼歯部に疼痛を認め、根管治療を受けるも奏効しないため、抜歯処置を受けた。しかし、同部の口蓋歯肉に膨隆がみられたため受診した。CT所見では左側上顎洞内に腫瘍が充満し、眼窩下壁と上顎洞の前後側壁、鼻腔側壁は破壊され、腫瘍は眼窩内、鼻腔内に進展していた。また、左側上内深頸リンパ節に腫大したリンパ節を2個認め、転移が疑われた。生検を施行し、線維肉腫と診断した。全身麻酔下に気管切開術、左側全頸部郭清術、左側上顎半側切除術、左側眼窩内容摘出術および遊離植皮術を施行した。病理組織学的...
インプラント体の表面粗さの違いによる周囲骨吸収への影響 同一患者の隣接するインプラント体のX線評価による比較
藤澤 健司, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 湯浅 哲也, 桃田 幸弘, 山内 英嗣, 宮本 洋二
Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   8(1) 22-26   2009年6月
著しい骨吸収を伴った歯性上顎洞炎の1例
桃田 幸弘, 里村 一人, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之, 林 良夫, 宮本 洋二
四国歯学会雑誌   21(2) 407-411   2009年1月
29歳男。左側頬部の疼痛を自覚し、歯周炎の診断で抜歯された。術後、症状に変化がないため受診した。デンタルX線画像では、歯槽骨が欠損し、パノラマX線画像でも、同様の所見と左側上顎洞内部のX線不透過性の亢進と洞底線の消失、A-Z lineの消失を認めた。CT画像では、上顎洞内側壁と前・後壁の骨は吸収、洞粘膜は肥厚し、自然孔と鼻涙管は閉塞していた。左側歯性上顎洞炎の診断下にクラリスロマイシンによる化学療法とアクリノールによる上顎洞洗浄を行った。疼痛などの自覚症状が消失、瘻孔周囲歯肉の発赤、腫脹も...
藤澤 健司, 舘原 誠晃, 湯浅 哲也, 桃田 幸弘, 山内 英嗣, 宮本 洋二
日本口腔インプラント学会誌   21(4) 563-569   2008年12月
ブローネマルクインプラントに即時荷重を行った患者中、荷重後3年以上経過した無歯顎及び無歯顎に近い多数歯欠損患者30症例(男性20例、女性10例、平均58.2±10.3歳)を対象に臨床的検討を行った。その結果、埋入した180本のインプラント中154本に即時荷重を用い、骨吸収によって1本インプラント体を除去したがインプラント体の残存率は99.4%で、上部構造の成功率は100%であった。以上より、無歯顎症例では、症例を慎重に選択すれば即時荷重インプラントも遅延荷重と同程度の成功率が得られると考え...
共鳴振動周波数分析装置を用いた即時荷重インプラント安定性の経時的評価
藤澤 健司, 山内 英嗣, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 湯浅 哲也, 桃田 幸弘, 宮本 洋二
Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   7(3) 205-210   2008年12月
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 頸部前面の深層 口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(5) 904-911   2008年5月
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 前頸部の皮下組織と顎下部 顎下部の腫れを理解するために
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(4) 690-697   2008年4月
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 翼突下顎隙と茎突前隙 口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考える
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(3) 494-501   2008年3月
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 咬筋・耳下腺部と側頭部、および下顎後窩 耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(2) 280-287   2008年2月
宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔
日本口腔インプラント学会誌   in press(4) 436-445   2002年12月
ブローネマルクインプラントを埋入し最終上部構造が装着された70症例(男34例,女36例,平均49歳10ヵ月),フィクスチャー 373本を対象としてオッセオインテグレーションの獲得を左右する種々の因子について臨床統計学的検討を行った.その結果,1)性別,年齢はオッセオインテグレーション獲得に影響しなかった.2)埋入部位では,上顎と下顎に差は認めなかったが,女性の上顎の成績は悪かった.又,同一顎内での部位による差は,上顎,下顎共に認めなかった.3)フィクスチャーの種類,直径はオッセオインテグレ...
口腔扁平上皮癌に対するS-1とDocetaxel併用療法の臨床効果に関する検討
中田 憲, 福田 雅幸, 岩波 洋一, 伊藤 悠, 高野 裕史, 永井 宏和, 南條 博, 宮本 洋二
癌と化学療法   34(13) 2237-2240   2007年12月
口腔扁平上皮癌15例に対し、neo-adjuvant chemotherapy(NAC)としてテガフール・ギメラシル・オテラシル配合剤(S-1)とdocetaxel(DOC)併用療法を施行し、その治療効果および有害事象について検討した。対象症例は男性11例、女性4例の計15例で、平均年齢は65.9歳であった。薬剤の投与法は、S-1 80mg/body/dayを14日間連日経口投与した後、DOCを60mg/m2で点滴静注した。臨床効果判定は、3週間後に日本頭頸部癌学会「頭頸部癌取扱い規約(改...
カラーアトラス 皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 舌下部 この恐い部位を克服するために
北村 清一郎, 益井 孝文, 宮本 洋二
歯界展望   110(4) 652-659   2007年10月
舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 高野 栄之, 徳山 麗子, 宮本 洋二, 長山 勝
日本口腔外科学会雑誌   53(10) 588-593   2007年10月
ポリ-D,L-乳酸-ポリグリコール酸共重合体(PLGA)とハイドロキシアパタイト(HAP)を組み合わせた多孔体(HAP-PLGA複合体)を作製し、ウサギの脛骨に埋入して骨組織の反応について検討した。SEM像ではPLGA多孔体とHAP-PLGA複合体はともに内部結合を有する連続した気孔がみられた。埋入6週後のMicro-CTでは、HAP-PLGA複合体において骨梁が骨欠損部中央部でみられ、組織学的に皮質骨欠損部や多孔体内部に新生骨の形成を認め、その面積はPLGA多孔体より有意に大きかった。H...
【開業医のためのインプラント治療の診断と治療計画】 開業医で行うインプラントのための骨移植
宮本 洋二
歯科医療   21(4) 32-40   2007年10月
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 口腔前庭 外科的処置に失敗しないために
北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二
歯界展望   110(3) 458-465   2007年9月
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 顔の皮下組織 "顔の美しさを守るプロ"として知っておくべきこと
北村 清一郎, 角田 佳折, 宮本 洋二
歯界展望   110(1) 62-69   2007年7月
硫酸カリウム水溶液による急速加熱型クリストバライト埋没材の鋳型放置時間の短縮 クラウン適合精度、硬化膨張、加熱膨張に及ぼす影響
成田 王彦, 今 政幸, 永井 宏和, 福田 雅幸, 田中 清志, 福士 省冶, 五十嵐 淳子, 宮本 洋二
日本歯科技工学会雑誌   27(2) 115-120   2006年12月
種々の濃度の硫酸カリウム水溶液を使用して鋳型放置時間のさらなる短縮を試みた。急速加熱型石膏系埋没材(クリストバライトFF20)の硬化時間、硬化膨張、加熱膨張および鋳造精度に及ぼす硫酸カリウムの影響について検討した。硫酸カリウム濃度が大きいほど埋没材の硬化膨張は減少し、加熱膨張は増加した。硫酸カリウム濃度2%では鋳型放置時間が14分未満、3%では15分未満のものは浮き上がり量が臨床的適合許容範囲30μmを超えた。2%あるいは3%の硫酸カリウム水溶液を使用した場合、鋳型放置時間がそれぞれ14分...
永井 宏和, 中田 憲, 畠山 成知, 福田 雅幸, 南條 博, 宮本 洋二
日本口腔外科学会雑誌   52(11) 592-595   2006年11月
47歳女。2〜3年前から右側頬部の腫瘤を自覚したが、疼痛がないため放置していた。しかし、半年前から腫瘤が徐々に増大してきたため2004年10月に受診した。口腔内所見は、右側頬粘膜下に直径約25mmの弾性軟、可動性の腫瘤を認め、被覆粘膜に毛細血管の増生がみられたが圧痛、自発痛はなかった。造影CT所見は、右側胸部に境界明瞭な類球形で内部が不均一に造影される充実性病変を認めた。生検を行った結果、神経線維腫の診断を得たため、翌月全身麻酔下に腫瘤摘出術を行った。腫瘍は頬粘膜直下に存在し、周囲組織との...
【再生医療とアフェレシス】 歯科口腔外科領域における自己多血小板血漿ゲルの応用
面川 進, 宮本 洋二
日本アフェレシス学会雑誌   25(3) 197-203   2006年10月
見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集 臼後三角の局所解剖学 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには
北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二
歯界展望   107(6) 1194-1199   2006年6月
見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識 より効果的な麻酔を目指して
北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二
歯界展望   107(5) 964-968   2006年5月
歯科インプラント失敗のリスクファクターと治療成績向上のための対策 インプラントを失敗させないために
宮本 洋二
四国歯学会雑誌   18(2) 211-220   2006年1月
三好 康太郎, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 武蔵 哲貞, 柏木 了, 福田 雅幸, 宮本 洋二
日本顎関節学会雑誌   17(3) 224-231   2005年12月
本研究は,骨格性下顎前突症患者の外科的矯正治療前後における顎関節の形態変化をmagnetic resonance imaging(MRI)により評価することを目的とした.対象は,下顎枝矢状分割術(SSRO)を施行した骨格性下顎前突症患者26例(男性5例,女性21例,平均年齢22.9歳)とした.外科的矯正治療前後で関節円板の前方転位と形態および下顎頭の形態を評価した.治療前に52関節中9関節(17.3%)に関節円板の前方転位がみられたが,治療後に変化はなかった.治療前に52関節中9関節(17...
口腔扁平上皮癌に対するDocetaxelとNedaplatin併用療法の臨床的検討
山岡 薫, 福田 雅幸, 畠山 成知, 村山 大悟, 柏木 了, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 南條 博, 宮本 洋二
癌と化学療法   32(10) 1411-1414   2005年10月
口腔扁平上皮癌患者に対し,neo-adjuvant chemotherapy(NAC)としてdocetaxel(TXT)とnedaplatin(CDGP)の併用化学療法を施行し,その有用性と安全性について検討した.症例は男性4例,女性4例の計8例で,原発部位は下顎歯肉2例,舌3例,頬粘膜2例,上顎歯肉1例であった.投与法は一括投与とし,day 1にTXT 60 mg/m2およびCDGP 70mg/m2を投与し,4週間の休薬期間をもって1コースとした.奏効率は1コース施行後で62.5%,CR...
藤澤 健司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 日比 弓紀子, 長山 勝
日本口腔インプラント学会誌   18(3) 406-414   2005年9月
実験的にウシ椎骨に埋入したインプラントの安定性評価について共鳴振動周波数分析装置「オステル」と歯牙動揺度測定装置「ペリオテスト」とを比較検討した.ペリオテスト値は,アバットメントが長くなるに従って減少した.これに対しISQ値はほぼ同じ値を示した.インプラントが長くなるに従ってISQ,ペリオテスト値の上昇を認め,ペリオテスト値のほうが上昇が大きかった.フィクスチャーの直径が大きくなるに従ってISQ値はやや増加する傾向がみられたが,ペリオテスト値はそのような傾向はみられなかった.ISQ,ペリオ...

競争的資金等の研究課題

 
生体材料
科学研究費補助金
研究期間: 1987年   
歯科インプラント
科学研究費補助金
研究期間: 1987年   
生体材料