丸山 敦夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/19 13:39
 
アバター
研究者氏名
丸山 敦夫
 
マルヤマ アツオ
所属
鹿児島大学
部署
医歯学総合研究科
職名
客員研究員
学位
博士(医学)(鹿児島大学)
その他の所属
新潟医療福祉大学健康科学部鹿児島大学

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
鹿児島大学大学 院医歯学総合研究科リハビリテーション医学講座 客員研究員
 
2009年4月
 - 
2018年3月
新潟医療福祉大学 健康科学部、健康スポーツ学科 教授
 
2000年4月
 - 
2009年3月
鹿児島大学  教育学部保健体育科 教授
 
2002年
 - 
2003年
UniversityCollege London,ION, Sobell Department of Motor Neuroscience and Movement Disorders 英国 客員研究員
 
1984年4月
 - 
2000年3月
鹿児島大学  教育学部保健体育科 助教授
 
1996年
 - 
1997年
MRC hospital The Institute of Neurology, MRC Human Movement and Balance Unit 英国 客員研究員
 
1979年
 - 
1984年
 鹿児島大学 講師
 
1977年
 - 
1979年
 鹿児島大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1977年
順天堂大学 体育学研究科 体力学
 
 
 - 
1975年
順天堂大学 体育学部 体育学科
 

委員歴

 
1977年
 - 
2003年
 体育学および神経科学についての研究に従事
 
 
   
 
生理人類学会  評議員
 
 
   
 
日本運動生理学会  評議員
 

論文

 
Inter-individual differences in working memory improvement after acute mild and moderate aerobic exercise.
MARUYAMA Atsuo
PLoS ONE   13((12))    2018年   [査読有り]
Change-Driven M100 Component in the Bilateral Secondary Somatosensory Cortex: A Magnetoencephalographic Study
MARUYAMA Atsuo
Brain Topography      2018年   [査読有り]
長距離選手の走行距離と有酸素性作業能の関係-5000m走記録の追跡-
丸山 敦夫
コーチング学研究   31(2) 209-218   2018年   [査読有り]
Plastic changes in an athlete’s brain
MARUYAMA Atsuo
Advances in Exercise and Sports Physiology   24 1-6   2018年   [査読有り]
Effect of strength and tightness of lower extremity muscles on biceps femoris kinematics during sprinting
MARUYAMA Atsuo
Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche   176 22-29   2017年   [査読有り]
Neurophysiological evaluation of visual and haptic sense mechanisms in grip movements with artificial visual transmission delay
丸山 敦夫
International Workshop on Biosignal Interpretation      2016年   [査読有り]
Inter-individual differences in exercise-induced spatial working memory improvement: A near-infrared spectroscopy study.
MARUYAMA Atsuo
Advances in Experimental Medicine and Biology      2016年   [査読有り]
プレセット中の運動野短間隔皮質内抑制がドロップジャンプのパフォーマンスに及ぼす影響
丸山 敦夫
体力科学   65(4) 393-400   2016年   [査読有り]
テーピングが痛覚関連体性感覚誘発電位に及ぼす影響
丸山 敦夫
体力科学   65(4) 401-416   2016年   [査読有り]
Reciprocal changes in input-output curves of motor evoked potentials while learning motor skills.
MARUYAMA Atsuo
Brain Research   1473 114-123   2012年   [査読有り]
Could fatigue be used as a paradoxical intervention to improve motor learning after stroke?
MARUYAMA Atsuo
Proceedings of the 2012 ICME International Conference on Complex Medical Engineering   298-301   2012年   [査読有り]
Unilateral grip fatigue reduces short interval intracortical inhibition in ipsilateral primary motor cortex
MARUYAMA Atsuo
Clinical Neurophysiology   120 198-203   2011年   [査読有り]
Fatiguing intermittent lower limb exercise influences corticospinal and corticocortical excitability in the non-exercised upper limb
MARUYAMA Atsuo
Brain Stimulation   4 90-96   2011年   [査読有り]
筋疲労と運動学習が運動野皮質内抑制に及ぼす影響について
丸山 敦夫
Jpn J Rehabil Med   48(3) 174-179   2011年   [査読有り][招待有り]
アンギオテンシン変換酵素遺伝子多型とスポーツ心臓について 
前田雅人、丸山敦夫
鹿児島大学教育学部研究紀要自然科学編    59 15-26   2008年
ビジュアルトレーニングによる視機能評価テスト時の視覚探索パターンの変化 
中本浩揮、片野田隆紀、森司朗、丸山敦夫
トレーニング科学   19(3) 247-253   2007年
離島複式学級における児童の体格・体力と体育授業の活動量について-1年間の追跡調査から―
丸山敦夫,晴永清道,竹下公博
鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要特別号   (3) 87-95   2007年
Changes in intracortical excitability in ipsilateral motor cortex after unilateral exhaustive grip exercise 
Takahashi K, Maruyama A, Hirakoba K, Yamashiro K, Akatsuka K
生理・生体工学シンポジュウム   469-472   2006年
Maruyama A., Matsunaga K., Tanaka N., and Rothwell C. J.
Clinical Neurophysiology   117 864–870   2006年
Matsunaga K, Maruyama A, Fujiwara T, Nakanishi R, Tsuji S, Rothwell JC.
Journal of Physiology (London)   562(1) 295-306   2005年
The relationships between ankle dorsiflexion torque and muscle size indices
Nagayoshi T, Kawakami Y., Maeda M., Maeda Y., Hidaka S., Ikeda K, Maruyama A.
International Jaurnal of Sports and Health Science   1(3) 216-221   2003年
Shibuya K, Maruyama A., Other 3
Journal of Physiological Anthropology   22(3) 137-142   2003年
短距離選手における下肢容積とパフォーマンスの関係
鹿児島大学教育学部研究紀要自然科学編   51 73-81   2000年
The effect of jogging on P300 event related potentials
Nakamura Y, Rothwell J C, Filipovic S R, Maruyama A, Trompetto C.
Electromyography and Clinical Neurophysiology   39(2) 71-74   1999年
Contribution of Anaerobic Threshold to Blood Lactate Removal during Recovery Exercise
Maruyama A., Other5 
Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Natural Science   50 37-45   1999年
筋疲労時における筋電図学的掲示-経頭蓋磁気刺激法による皮質応答性の変化
「MEとバイオサイバネティックス」電子情報通信学会技術研究会報告マグネティック研究会   11-15   1997年
経頭蓋磁気刺激法による皮質運動野応答性の変化(共著)
電気学会マグネティック研究会   30 11-15   1997年
高強度一定負荷運動時における酸素摂取動態(共著)
久留米大学保健体育センター   5 37-45   1997年
Hirakoba K., Maruyama A., Misaka K. 
Applied Human Science. Journal of Physiological Anthropology    15(5) 205-210   1996年
満園良一, 小宮秀一, 丸山敦夫
体力科学   43(5) 334-342   1994年
長距離走者および短距離走者におけるカフェイン摂取が運動時の炭水化物および脂肪利用に及ぼす影響.(共著)
鹿児島大学教育学部研究紀要   44,17-26    1993年
Effect of Sodium Bicarbonate Ingestion on Excessive CO2 Expiration during Incremental Exercise. 
Hirakoba K., Maruyama A., Inaki M., Misaka, K. 
European Journal of Applied Physiology    66 536-541   1993年
DLT法における物体の速度による三次元値誤差の修正法(共著)
日本バイオメカニクス学会第11回大会論集   11,58-62    1992年
Effect of Endurance Training on Excessive CO2 Expiration due to Lactate Production in Exercise. 
Hirakoba K, Maruyama A.,Misaka, K. 
European Journal of Applied Physiology   64((1)) 73-77   1992年
代謝性アルカローシスの運動時における血中乳酸動態に及ぼす影響
平木場浩二,丸山敦夫,美坂幸治 
鹿児島経済大学社会学部論集   10 19-30   1992年
円盤投げにおける加速時の遠心力の解析と飛行弾道のコンピュータシミュレーション 
末吉靖宏,丸山敦夫 
鹿児島大学教養部紀要(体育科報告)   24 49-56   1991年
運動時の網状赤血球動態について   
美坂幸治,河部千春,丸山敦夫 
日本臨床スポーツ医学会報告集   8 107-109   1991年
3台のカメラを使った三次元解析のデータの信頼性について 
末吉靖宏,丸山敦夫 
鹿児島大学教養部紀要(体育科報告)    23 23-30   1990年
平木場浩二,丸山敦夫,美坂幸治: 
体力科学   39(1) 69-77   1990年
持久性能力の指標としての過剰CO2排出量(CO2excess)の有効性 
平木場浩二,丸山敦夫,美坂幸治 
鹿児島経済大学社会学部論集   8 35-49   1989年
3種類の自転車によるトレッドミル走行時の呼吸循環系応答  自転車による健康づくりI 
大柿哲朗,丸山敦夫,他1名
(財)日本自転車普及協会   27-39   1988年
短距離疾走のパフォーマンスに及ぼす走技術の影響について -同一水準の最大無酸素パワーを有する選手を対象にした場合-
丸山敦夫,他1名
鹿児島大学教育学部研究紀要自然科学編  pp41-54   37 41-54   1986年
短距離選手のパフォーマンスに及ぼす走技術の影響について(共著)
鹿児島大学教育学部自然科学編   37    1986年
中長距離ランナーの酸素摂取能および酸素負債能と走強度の関係
久留米大学論叢   34 145-152   1985年
VO2ATおよびVO2submaxによる長距離選手Performanceの推定について 
丸山敦夫,他1名
鹿児島大学教育学部研究紀要自然科学編   35 53-63   1984年
2方向からみたCinematographic法の速度および加速度の誤差について(共著)
鹿児島大学教育学部自然科学編   35    1984年
小学校体育授業「マット・とび箱遊び」および「ポートボール遊び」の心拍数と運動強度について
鹿児島大学教育学部研究紀要自然科学編   32 63-72   1981年
長距離の鍛錬者における2種類の最大下走行後の酸素負債について
鹿児島大学教育学部研究紀要自然科学編   31 33-40   1980年
Insights into motor learning from a viewpoint of transcranial magnetic stimulation.
MARUYAMA Atsuo
Journal of Niigata University of Health and Welfare   1-11   [招待有り]

書籍等出版物

 
日常生活に生かす運動処方 4章 健康の基礎としての体力 3.筋力
杏林書院   1982年   
スポーツ生理学・Ⅱスポーツ生理学の応用〔1〕陸上競技(短距離走)の生理学
市村出版   2001年   
長距離走者の生理科学 4章 長距離走者の無酸素、有酸素性能力の特性、8章 長距離走トレーニングの特性と生理的効果
杏林書院   2004年   

講演・口頭発表等

 
Blood Lactate Disappearance and Lactate / Pyruvate Recovery in Endurance-Trained Men and Untrained Men.
American College of Sports Medicine’s 37th Annual Meeting in Salt Lake, USA    1990年   
Changes of CO2excess and Performance Following Endurance Training
FIMS World Congress of Sports Medicine XXIV in Amsterdam, Netherlands    1990年   
Optimal Release Angle on Discus Throw through Computer Simulation.
13th International Congress on Biomechanics in Perth, Australia.   1991年   
Effect of Endurance Training on Blood Lactate Disappearance and Performance in Endurance-Trained Men.
American College of Sports Medicine’s 40th Annual Meeting in Seattle, USA   1993年   
Prediction of Blood lactate Concentration during Exercise from Excessive CO2 Expiration
American College of Sports Medicine’s 40th Annual Meeting in Seattle, USA.   1993年   

Works

 
血中乳酸除去能の改善が持久力の向上に果たす役割に関する研究(科学研究費一般研究C)
1992年
運動時の血中乳酸除去能に及ぼす循環系および緩衝系の影響(科学研究費一般研究C)
1995年
発育期における児童生徒の身体活動量と骨密度に関する研究(マツダ財団研究報告書vol 12 pp15-22)
1999年
大脳における皮質運動野の興奮性変化と筋疲労に関する基礎的研究 (文部省 平成10・11年度 科学研究費補助金基盤研究(C) (2))
1998年 - 1999年
筋疲労が大脳皮質運動野の機能局在性に及ぼす影響(文部科学省平成18・19・20年度科学研究費補助金(基盤研究(B))
2006年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
神経シナプス可塑性の反応variabilityが運動学習の個人差を規定するか?
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 2019年4月       代表者: 丸山 敦夫
経頭蓋磁気刺激による神経活性増強が最大筋力出力に有効か?
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 丸山 敦夫
運動技能習熟強化のための筋疲労の活用とその神経生理学的意義
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 丸山 敦夫
筋疲労と運動学習が大脳の運動野および感覚野の可塑的変化に及ぼす影響
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 丸山 敦夫
二重経頭蓋磁気刺激法による運動前野・運動野の興奮性と運動観察の基礎的研究
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 丸山 敦夫
筋疲労と運動学習が大脳の運動野および感覚野の可塑的変化に及ぼす影響
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 丸山 敦夫
運動時の血中乳酸除去能に及ぼす循環系および緩衝系の影響
日本学術振興会: 文部省科学研究費補助金
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 丸山敦夫
3. 大脳における皮質運動野の興奮性変化と筋疲労に関する基礎的研究
日本学術振興会: 文部科学省科学研究費補助金
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 丸山敦夫
大脳皮質運動野の興奮性と運動学習
共同研究
研究期間: 2005年