佐藤 正典

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
佐藤 正典
 
サトウ マサノリ
所属
鹿児島大学
部署
理学部 地球環境科学科 多様性生物学講座
職名
助教授,教授
学位
理学博士(東北大学), 理学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1993年
鹿児島大学理学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東北大学 理学研究科 生物学
 
 
 - 
1978年
広島大学 理学部 生物学
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本ベントス学会  運営委員
 

Misc

 
山本智子・桝屋藍・松下耕治・佐藤正典
日本ベントス学会誌   64 32-44   2009年
Iwamatsu, S., Suzuki, A. and Sato, M.
Zoological Science   24(7) 676-685   2007年

書籍等出版物

 
海洋における共生システム:ゴカイ類を中心に. 石橋•名和(編)「寄生と共生」pp. 191-216.
東海大学出版会   2008年   
Biological richness of the Asian tidal flats and its crisis by human impacts (Sato, M. & Koh, C.-H) . In: Hong, S.-K. et al. (eds.) Ecological Issues in a Changing World. Status, Response and Strategy. pp. 135-155.
Kluwer Academic Publishers, Dordrecht.   2004年   
錦江湾の干潟の生き物たちー生態系の視点からー. 志学館大学生涯学習センター・隼人町教育委員会(編)「隼人学」pp. 218-233.
南方新社, 鹿児島   2004年   
海の生き物たちー豊かな自然の原風景. 原田正純(編)「水俣学講義」 pp. 209-238
日本評論社, 東京   2004年   
同胞種間の比較:カワゴカイ属.後藤晃・井口恵一朗(編)「水生動物の卵サイズ:生活史の変異・種分化の生物学」 pp. 66-86
海游舎, 東京   2001年   

講演・口頭発表等

 
Divergence of reproductive and developmental characteristics and speciation in Hediste species group.
International Conference "The Reproductive strategies and Developmental Patterns in Annelids", September 22-26, Osnabruck, Germany.   1997年   
Importance of macrobenthic biodiversity in tidal flats in eastern Asia.
International Symposium for Hosting 2008 RAMSAR COP 10.   2005年   
The peculiar fauna of muddy tidal flats in eastern Asia, and its anthropogenic decline, with special reference to estuarine polychaetes.
A plenary lecture for the “Korea and Japan Joint Symposium on Biology of Tidal Flat 2009”. Suncheon, South Korea, 19-23 June, 2009.   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
多毛類の分類と種分化(特にゴカイ科について)
研究期間: 1990年   
干潟のベントス生態学
研究期間: 1983年