TANAKA Hirotoshi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 17, 2019 at 08:56
 
Avatar
Name
TANAKA Hirotoshi
Affiliation
The University of Tokyo
Section
The Institute of Medical Science
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D.(Keio University)

Research Areas

 

Published Papers

 
GLCCI1 is a novel protector against glucocorticoid-induced apoptosis in T cells
Zentaro Kiuchi, Yukino Nishibori, Satoru Kutsuna, Masashi Kotani, Ichiro Hada, Toru Kimura, Toshiyuki Fukutomi, Daisuke Fukuhara, Noriko Ito-Nitta, Akihiko Kudo, Takanobu Takata, Yasuhito Ishigaki, Naohisa Tomosugi, Hirotoshi Tanaka, Satsuki Matsushima, Shinya Ogasawara, Yoshiaki Hirayama, Hiromu Takematsu, and Kunimasa Yan
FASEB J.   33 7387-7402   Jun 2019   [Refereed]
Pressure overload inhibits glucocorticoid receptor transcriptional activity in cardiomyocytes and promotes pathological cardiac hypertrophy
Tomohiro Matsuhashi, Jin Endo, Yoshinori Katsumata, Tsunehisa Yamamoto, Noriaki Shimizu, Noritada Yoshikawa, Masaharu Kataoka, Sarasa Isobe, Hidenori Moriyama, Shinichi Goto, Keiichi Fukuda, Hirotoshi Tanaka, Motoaki Sano
Journal of Molecular and Cellular Cardiology   130(1) 122-130   May 2019   [Refereed]
LSD1 mediates metabolic reprogramming by glucocorticoids during myogenic differentiation
Kotaro Anan, Shinjiro Hino, Noriaki Shimizu, Akihisa Sakamoto, Katsuya Nagaoka, Ryuta Takase, Kensaku Kohrogi, Hirotaka Araki, Yuko Hino, Shingo Usuki, Shinya Oki, Hirotoshi Tanaka, Kimitoshi Nakamura, Fumio Endo, Mitsuyoshi Nakao
Nucleic Acids Res   46(11) 5441-5454   Jun 2018   [Refereed]
Protective effect of sex hormone-binding globulin against metabolic syndrome: in vitro evidence showing anti-inflammatory and lipolytic effects on adipocytes and macrophages.
Hiroki Yamazaki, Akifumi Kushiyama, Hideyuki Sakoda, Midori Fujishiro, Takeshi Yamamotoya, Yusuke Nakatsu, Takako Kikuchi, Sunao Kaneko, Hirotoshi Tanaka and Tomoichiro Asano
Mediators Inflamm   2018(3062319)    Jun 2018   [Refereed]
Effects of long-term intake of a yogurt fermented with Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus 2038 and Streptococcus thermophilus 1131 on mice
Yuki Usui Yasumasa Kimura Takeshi Satoh Naoki Takemura Yasuo Ouchi Hiroko Ohmiya Kyosuke Kobayashi Hiromi Suzuki Satomi Koyama Satoko Hagiwara Hirotoshi Tanaka Seiya Imoto Gérard Eberl Yukio Asami Kosuke Fujimoto Satoshi Uematsu
Int Immunol   30(7) 319-331   May 2018   [Refereed]
Role of skeletal muscle glucocorticoid receptor in systemic energy homeostasis
Hirotoshi Tanaka, Noriaki Shimizu, Noritada Yoshikawa
Exp Cell Res   360(1) 24-26   Nov 2017   [Refereed]
Direct reprogramming of fibroblasts into skeletal muscle progenitor cells by transcription factors enriched in undifferentiated subpopulation of satellite cells
Naoki Ito, Isao Kii, Noriaki Shimizu, Hirotoshi Tanaka and Shin’ichi Takeda
Sci Rep   7(8097)    Aug 2017   [Refereed]
The effects of bolus supplementation of branched-chain amino acids on skeletal muscle mass, strength, and function in patients with rheumatic disorders during glucocorticoid treatment
Yoshikawa N, Shimizu N, Uehara M, Oda Y, Matsumiya R, Matsubara E, Kobayashi H, Hosono O, Kuribara-Souta A, Baba H, Nagamura F, Kiryu S, Tanaka H
Mod Rheumatol   27(3) 508-517   May 2017   [Refereed]
A rheumatoid arthritis patient complicated with adenine phosphoribosyltransferase deficiency and unilateral renal agenesis: a first case report
Erika Matsubara, Noritada Yoshikawa, Osamu Hosono, Hiroyuki Baba, Toshiki Eri, Masaaki Uehara, Aya Oda, Chieko Sekita, Atsuo Taniguchi, Hirotoshi Tanaka
Modern Rheumatology Case Reports   1 15-19   Jan 2017   [Refereed]
The histone 3 lysine 9 methyltransferase inhibitor chaetocin improves prognosis in a rat model of high salt diet-induced heart failure
Ono T, Kamimura N, Matsuhashi T, Nagai T, Nishiyama T, Endo J, Hishiki T, Nakanishi T, Shimizu N, Tanaka H, Ohta S, Suematsu M, Ieda M, Sano M, Fukuda K, Kaneda R
Sci Rep   7(39752)    Jan 2017   [Refereed]
Intestinal microbiota link lymphopenia to murine autoimmunity via PD-1+CXCR5-/dim B-helper T cell induction
Toshiki Eri, Kimito Kawahata, Takeyuki Kanzaki, Mitsuru Imamura, Kazuya Michishita, Lisa Akahira, Ei Bannai, Noritada Yoshikawa, Yasumasa Kimura, Takeshi Satoh, Satoshi Uematsu, Hirotoshi Tanaka, and Kazuhiko Yamamoto
Sci Rep.   7(46037)    2017   [Refereed]
Remission of remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema after unrelated cord blood transplantation for myelodysplastic syndrome.
Ishii H, Konuma T, Ohnuma K, Hosono O, Tanaka H, Kato S, Tojo A, Takahashi S
Ann Hematol.   95(3) 523-524   Feb 2016   [Refereed]
Normal pressure hydrocephalus, a possible complication in IgG4-related disease
Kobayashi H, Uehara M, Oda A, Matsubara E, Baba H, Matsumiya R, Yoshikawa N, Hosono O, Tanaka H
Interdisciplinary Neurosurgery   5 1-2   Jan 2016   [Refereed]
Enhancement of Satellite Cell Transplantation Efficiency by Leukemia Inhibitory Factor
Ito N, Shimizu N, Tanaka H, Takeda S
J Neuromuscul Dis   3 201-207   2016   [Refereed]
[Analysis of Musculoskeletal Systems and Their Diseases. Recent progress in molecular pathogensis and treatment for muscle disorders].
Tanaka H
Clinical calcium   25(8) 1195-1203   Aug 2015
Katayose T, Iwata S, Oyaizu N, Hosono O, Yamada T, Dang NH, Hatano R, Tanaka H, Ohnuma K, Morimoto C
Biochemical and biophysical research communications   460(4) 1069-1075   May 2015   [Refereed]
Shimizu N, Maruyama T, Yoshikawa N, Matsumiya R, Ma Y, Ito N, Tasaka Y, Kuribara-Souta A, Miyata K, Oike Y, Berger S, Schütz G, Takeda S, Tanaka H
Nature communications   6 6693   Apr 2015   [Refereed]
Hosono O, Yoshikawa N, Shimizu N, Kiryu S, Uehara M, Kobayashi H, Matsumiya R, Kuribara A, Maruyama T, Tanaka H
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   25(2) 257-263   Mar 2015   [Refereed]
Matsumiya R, Hosono O, Yoshikawa N, Uehara M, Kobayashi H, Oda A, Matsubara E, Tanada S, Shintani Y, Nagayama K, Nakajima J, Tanaka H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(18) 2337-2341   2015   [Refereed]
Yoshikawa N, Shimizu N, Ojima H, Kobayashi H, Hosono O, Tanaka H
Biochemical and biophysical research communications   453(3) 600-605   Oct 2014   [Refereed]
Tsuzuki S, Matsumoto H, Furihata S, Ryuda M, Tanaka H, Sung EJ, Bird GS, Zhou Y, Shears SB, Hayakawa Y
Nature communications   5 4628   Aug 2014   [Refereed]
Miyake Y, Tanaka K, Nishikawa T, Naruse M, Takayanagi R, Sasano H, Takeda Y, Shibata H, Sone M, Satoh F, Yamada M, Ueshiba H, Katabami T, Iwasaki Y, Tanaka H, Tanahashi Y, Suzuki S, Hasegawa T, Katsumata N, Tajima T, Yanase T
Endocrine journal   61(1) 35-40   2014   [Refereed]
[Glucocorticoids].
Tanaka H, Hosono O, Kobayashi H, Yoshikawa N, Matsumiya R
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   71(7) 1261-1265   Jul 2013   [Refereed]
Kondo S, Iwata S, Yamada T, Inoue Y, Ichihara H, Kichikawa Y, Katayose T, Souta-Kuribara A, Yamazaki H, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Hayashi Y, Sakamoto M, Kamiya K, Dang NH, Morimoto C
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   18(22) 6326-6338   Nov 2012   [Refereed]
Yoshikawa N, Shimizu N, Maruyama T, Sano M, Matsuhashi T, Fukuda K, Kataoka M, Satoh T, Ojima H, Sawai T, Morimoto C, Kuribara A, Hosono O, Tanaka H
PloS one   7(12) e52522   2012   [Refereed]
Toyokawa G, Cho HS, Iwai Y, Yoshimatsu M, Takawa M, Hayami S, Maejima K, Shimizu N, Tanaka H, Tsunoda T, Field HI, Kelly JD, Neal DE, Ponder BA, Maehara Y, Nakamura Y, Hamamoto R
Cancer prevention research (Philadelphia, Pa.)   4(12) 2051-2061   Dec 2011   [Refereed]
Mu S, Shimosawa T, Ogura S, Wang H, Uetake Y, Kawakami-Mori F, Marumo T, Yatomi Y, Geller DS, Tanaka H, Fujita T
Nature medicine   17(5) 573-580   May 2011   [Refereed]
Shimizu N, Yoshikawa N, Ito N, Maruyama T, Suzuki Y, Takeda S, Nakae J, Tagata Y, Nishitani S, Takehana K, Sano M, Fukuda K, Suematsu M, Morimoto C, Tanaka H
Cell metabolism   13(2) 170-182   Feb 2011   [Refereed]
Targeting KRAS mutation-bearing lung cancer in vivo by pulmonary surfactant-adenovirus-mediated gene transfer.
Fukazawa T, Maeda Y, Matsuoka J, Ono T, Mominoki K, Yamatsuji T, Shigemitsu K, Morita I, Murakami I, Tanaka H, Durbin ML, Naomoto Y
Anticancer research   30(12) 4925-4935   Dec 2010   [Refereed]
Ohnuma K, Hosono O, Katayose T, Yoshikawa N, Kawasaki H, Fujii T, Oyaizu N, Tanaka H, Morimoto C
Rheumatology international   30(12) 1651-1656   Nov 2010   [Refereed]
Fukazawa T, Maeda Y, Matsuoka J, Tanaka N, Tanaka H, Durbin ML, Naomoto Y
International journal of cancer. Journal international du cancer   125(8) 1975-1984   Oct 2009   [Refereed]
Tokudome S, Sano M, Shinmura K, Matsuhashi T, Morizane S, Moriyama H, Tamaki K, Hayashida K, Nakanishi H, Yoshikawa N, Shimizu N, Endo J, Katayama T, Murata M, Yuasa S, Kaneda R, Tomita K, Eguchi N, Urade Y, Asano K, Utsunomiya Y, Suzuki T, Taguchi R, Tanaka H, Fukuda K
The Journal of clinical investigation   119(6) 1477-1488   Jun 2009   [Refereed]
Yoshikawa N, Nagasaki M, Sano M, Tokudome S, Ueno K, Shimizu N, Imoto S, Miyano S, Suematsu M, Fukuda K, Morimoto C, Tanaka H
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   296(6) E1363-73   Jun 2009   [Refereed]
Yo K, Iwata S, Hashizume Y, Kondo S, Nomura S, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Dang NH, Morimoto C
Biochemical and biophysical research communications   382(1) 210-214   Apr 2009   [Refereed]
[Molecular mechanism of glucocorticoids in allergic diseases].
Tanaka H
Arerugi = [Allergy]   58(1) 1-6   Jan 2009   [Refereed]
Ohnuma K, Hosono O, Kawasaki H, Yoshikawa N, Katayose T, Oyaizu N, Tanaka H, Morimoto C
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   19(1) 73-79   2009   [Refereed]
Hozawa S, Nakamura T, Nakano M, Adachi M, Tanaka H, Takahashi Y, Tetsuya M, Miyata N, Soma H, Hibi T
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   28(10) 1418-1425   Dec 2008   [Refereed]
Shibata S, Nagase M, Yoshida S, Kawarazaki W, Kurihara H, Tanaka H, Miyoshi J, Takai Y, Fujita T
Nature medicine   14(12) 1370-1376   Dec 2008   [Refereed]
Shimizu N, Yoshikawa N, Wada T, Handa H, Sano M, Fukuda K, Suematsu M, Sawai T, Morimoto C, Tanaka H
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.)   22(12) 2609-2623   Dec 2008   [Refereed]
Yoshikawa N, Shimizu N, Sano M, Ohnuma K, Iwata S, Hosono O, Fukuda K, Morimoto C, Tanaka H
Biochemical and biophysical research communications   371(1) 44-49   Jun 2008   [Refereed]
Yamochi T, Ohnuma K, Hosono O, Tanaka H, Kanai Y, Morimoto C
Biochemical and biophysical research communications   370(1) 195-199   May 2008   [Refereed]
Yamashita T, Ohneda O, Nagano M, Iemitsu M, Makino Y, Tanaka H, Miyauchi T, Goto K, Ohneda K, Fujii-Kuriyama Y, Poellinger L, Yamamoto M
Molecular and cellular biology   28(4) 1285-1297   Feb 2008   [Refereed]
[Current development of glucocorticoid-targeting drugs].
Tanaka H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   66(1) 25-37   Jan 2008   [Refereed]
Kagawa T, Watanabe N, Mochizuki K, Numari A, Ikeno Y, Itoh J, Tanaka H, Arias IM, Mine T
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   294(1) G58-67   Jan 2008   [Refereed]
Sano M, Tokudome S, Shimizu N, Yoshikawa N, Ogawa C, Shirakawa K, Endo J, Katayama T, Yuasa S, Ieda M, Makino S, Hattori F, Tanaka H, Fukuda K
The Journal of biological chemistry   282(35) 25970-25980   Aug 2007   [Refereed]
Inamoto T, Yamada T, Ohnuma K, Kina S, Takahashi N, Yamochi T, Inamoto S, Katsuoka Y, Hosono O, Tanaka H, Dang NH, Morimoto C
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   13(14) 4191-4200   Jul 2007   [Refereed]
Makino Y, Uenishi R, Okamoto K, Isoe T, Hosono O, Tanaka H, Kanopka A, Poellinger L, Haneda M, Morimoto C
The Journal of biological chemistry   282(19) 14073-14082   May 2007   [Refereed]
Ohnuma K, Uchiyama M, Yamochi T, Nishibashi K, Hosono O, Takahashi N, Kina S, Tanaka H, Lin X, Dang NH, Morimoto C
The Journal of biological chemistry   282(13) 10117-10131   Mar 2007   [Refereed]
Sano M, Izumi Y, Helenius K, Asakura M, Rossi DJ, Xie M, Taffet G, Hu L, Pautler RG, Wilson CR, Boudina S, Abel ED, Taegtmeyer H, Scaglia F, Graham BH, Kralli A, Shimizu N, Tanaka H, Mäkelä TP, Schneider MD
Cell metabolism   5(2) 129-142   Feb 2007   [Refereed]
Fukazawa T, Maeda Y, Durbin ML, Nakai T, Matsuoka J, Tanaka H, Naomoto Y, Tanaka N
Molecular cancer therapeutics   6(1) 244-252   Jan 2007   [Refereed]
[Glucocorticoid receptor gene].
Tanaka H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 5 353-356   Jul 2006   [Refereed]
Sasaki T, Iwata S, Okano HJ, Urasaki Y, Hamada J, Tanaka H, Dang NH, Okano H, Morimoto C
Stroke; a journal of cerebral circulation   36(11) 2457-2462   Nov 2005   [Refereed]
Solá S, Amaral JD, Castro RE, Ramalho RM, Borralho PM, Kren BT, Tanaka H, Steer CJ, Rodrigues CM
Hepatology (Baltimore, Md.)   42(4) 925-934   Oct 2005   [Refereed]
Roxithromycin specifically inhibits development of collagen induced arthritis and production of proinflammatory cytokines by human T cells and macrophages.
Urasaki Y, Nori M, Iwata S, Sasaki T, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Dang NH, Ikeda E, Morimoto C
The Journal of rheumatology   32(9) 1765-1774   Sep 2005   [Refereed]
Ohnuma K, Yamochi T, Uchiyama M, Nishibashi K, Iwata S, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Dang NH, Morimoto C
Molecular and cellular biology   25(17) 7743-7757   Sep 2005   [Refereed]
Hara K, Okamoto M, Aki T, Yagita H, Tanaka H, Mizukami Y, Nakamura H, Tomoda A, Hamasaki N, Kang D
Molecular cancer therapeutics   4(7) 1121-1127   Jul 2005   [Refereed]
TCR engagement increases hypoxia-inducible factor-1 alpha protein synthesis via rapamycin-sensitive pathway under hypoxic conditions in human peripheral T cells.
Nakamura H, Makino Y, Okamoto K, Poellinger L, Ohnuma K, Morimoto C, Tanaka H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   174(12) 7592-7599   Jun 2005   [Refereed]
Shimizu N, Ouchida R, Yoshikawa N, Hisada T, Watanabe H, Okamoto K, Kusuhara M, Handa H, Morimoto C, Tanaka H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(24) 8555-8560   Jun 2005   [Refereed]
Yoshikawa N, Yamamoto K, Shimizu N, Yamada S, Morimoto C, Tanaka H
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.)   19(5) 1110-1124   May 2005   [Refereed]
Manotham K, Tanaka T, Ohse T, Kojima I, Miyata T, Inagi R, Tanaka H, Sassa R, Fujita T, Nangaku M
Kidney international   67(4) 1428-1439   Apr 2005   [Refereed]
Iwata S, Souta-Kuribara A, Yamakawa A, Sasaki T, Shimizu T, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Dang NH, Watanabe T, Arima N, Morimoto C
Oncogene   24(7) 1262-1271   Feb 2005   [Refereed]
Ohnuma K, Yamochi T, Uchiyama M, Nishibashi K, Yoshikawa N, Shimizu N, Iwata S, Tanaka H, Dang NH, Morimoto C
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   101(39) 14186-14191   Sep 2004   [Refereed]
Tanaka H, Yoshikawa N, Shimizu N, Morimoto C
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   14(5) 347-355   2004   [Refereed]
Hypoxia-inducible factor regulates survival of antigen receptor-driven T cells.
Makino Y, Nakamura H, Ikeda E, Ohnuma K, Yamauchi K, Yabe Y, Poellinger L, Okada Y, Morimoto C, Tanaka H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   171(12) 6534-6540   Dec 2003   [Refereed]
Kodama T, Shimizu N, Yoshikawa N, Makino Y, Ouchida R, Okamoto K, Hisada T, Nakamura H, Morimoto C, Tanaka H
The Journal of biological chemistry   278(35) 33384-33391   Aug 2003   [Refereed]
Miyake-Nishijima R, Iwata S, Saijo S, Kobayashi H, Kobayashi S, Souta-Kuribara A, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Ikeda E, Okada Y, Iwakura Y, Morimoto C
Arthritis and rheumatism   48(7) 1890-1900   Jul 2003   [Refereed]
Matsumoto M, Makino Y, Tanaka T, Tanaka H, Ishizaka N, Noiri E, Fujita T, Nangaku M
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   14(7) 1825-1832   Jul 2003   [Refereed]
SS-A/Ro52, an autoantigen involved in CD28-mediated IL-2 production.
Ishii T, Ohnuma K, Murakami A, Takasawa N, Yamochi T, Iwata S, Uchiyama M, Dang NH, Tanaka H, Morimoto C
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   170(7) 3653-3661   Apr 2003   [Refereed]
Ouchida R, Kusuhara M, Shimizu N, Hisada T, Makino Y, Morimoto C, Handa H, Ohsuzu F, Tanaka H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   8(2) 95-107   Feb 2003   [Refereed]
Ohnuma K, Ishii T, Iwata S, Hosono O, Kawasaki H, Uchiyama M, Tanaka H, Yamochi T, Dang NH, Morimoto C
Immunology   107(3) 325-333   Nov 2002   [Refereed]
Nishi T, Shimizu N, Hiramoto M, Sato I, Yamaguchi Y, Hasegawa M, Aizawa S, Tanaka H, Kataoka K, Watanabe H, Handa H
The Journal of biological chemistry   277(46) 44548-44556   Nov 2002   [Refereed]
Reduction of serum soluble CD26/dipeptidyl peptidase IV enzyme activity and its correlation with disease activity in systemic lupus erythematosus.
Kobayashi H, Hosono O, Mimori T, Kawasaki H, Dang NH, Tanaka H, Morimoto C
The Journal of rheumatology   29(9) 1858-1866   Sep 2002   [Refereed]
Makino Y, Kanopka A, Wilson WJ, Tanaka H, Poellinger L
The Journal of biological chemistry   277(36) 32405-32408   Sep 2002   [Refereed]
[Nuclear receptor and inflammation].
Tanaka H
Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology   25(3) 233-249   Jun 2002   [Refereed]
Aberrant responsiveness to RANTES in synovial fluid T cells from patients with rheumatoid arthritis.
Hisakawa N, Tanaka H, Hosono O, Nishijima R, Ohashi Y, Saito S, Nishiya K, Hashimoto K, Morimoto C
The Journal of rheumatology   29(6) 1124-1134   Jun 2002   [Refereed]
Iwata S, Kobayashi H, Miyake-Nishijima R, Sasaki T, Souta-Kuribara A, Nori M, Hosono O, Kawasaki H, Tanaka H, Morimoto C
European journal of immunology   32(5) 1328-1337   May 2002   [Refereed]
Amelioration of cerulein-induced acute pancreatitis by 2,2'-dipyridyl in rats.
Kitano Y, Yokoyama K, Matsumoto K, Makino I, Tanaka H
[Hokkaido igaku zasshi] The Hokkaido journal of medical science   77(2) 161-167   Mar 2002   [Refereed]
[Molecular mechanism of glucocorticoid action].
Tanaka H
Ryumachi. [Rheumatism]   42(1) 13-22   Feb 2002   [Refereed]
Kataoka S, Kudo A, Hirano H, Kawakami H, Kawano T, Higashihara E, Tanaka H, Delarue F, Sraer JD, Mune T, Krozowski ZS, Yan K
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   87(2) 877-882   Feb 2002   [Refereed]
Yoshikawa N, Makino Y, Okamoto K, Morimoto C, Makino I, Tanaka H
The Journal of biological chemistry   277(7) 5529-5540   Feb 2002   [Refereed]
Nakamura T, Ouchida R, Kodama T, Kawashima T, Makino Y, Yoshikawa N, Watanabe S, Morimoto C, Kitamura T, Tanaka H
The Journal of biological chemistry   277(8) 6254-6265   Feb 2002   [Refereed]
Makino Y, Okamoto K, Tanaka H
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   196 171-181   2002   [Refereed]
Hiramoto M, Shimizu N, Nishi T, Shima D, Aizawa S, Tanaka H, Hatakeyama M, Kawaguchi H, Handa H
Methods in enzymology   353 81-88   2002   [Refereed]

Misc

 
【高齢者医療におけるサルコペニア・フレイル対策】 ステロイドによる筋萎縮のメカニズム
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠
医薬ジャーナル   51(9) 2103-2109   Sep 2015
サルコペニアをはじめとした骨格筋萎縮の臨床的重要性が認知されつつあるとともに、骨格筋研究も大きな転換期にある。骨格筋独自の特性に基づいたオリジナリティーの高い研究が続々と発信され、医学に従来では想像もし得なかった展開をもたらしている。グルココルチコイドは、グルココルチコイドレセプターを介した協調的遺伝子発現制御によって骨格筋タンパク合成-分解を精緻に制御しており、ステロイドミオパチーはその破綻である。また、骨格筋は肝臓、脂肪と密接なコミュニケーションをとって生体のエネルギーフローを制御して...
【進化するリウマチ治療-診療ガイドライン2014からさらなる進化へ-】 関節リウマチ診療ガイドライン2014 日常診療への応用 ステロイドの使い方
田中 廣壽, 吉川 賢忠, 増田 智江
カレントテラピー   33(8) 773-778   Aug 2015
【運動器系の制御機構と疾患】 運動器の力 筋疾患の病態と治療
田中 廣壽
Clinical Calcium   25(8) 1195-1203   Jul 2015
運動器の中でも骨格筋はその質と量いずれにおいても可塑性に富んだ臓器である。筋疾患においては、筋の量が減少するとともに質的変化(機能的変化)をきたしてパフォーマンスは低下する。顕著な筋萎縮は運動器不全症の一因であると同時に、とくに高齢者においては様々な内科的合併症のリスクを高める。超高齢化社会に向かうにあたり、従来の筋疾患カテゴリーとともに、様々な原因による筋萎縮に対しても領域横断的に取り組む必要がある。近年、骨格筋萎縮の分子基盤が解明されつつあり筋萎縮治療法開発の機運が高まっている。一方、...
骨のダイナミズムを司る筋・腱・靱帯のフロンティア Ca2+シグナルによって誘起されるmTORの活性化が筋肥大を促進する
伊藤 尚基, 清水 宣明, 田中 廣壽, 武田 伸一
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33回 133-133   Jul 2015
骨のダイナミズムを司る筋・腱・靱帯のフロンティア エネルギー代謝制御ネットワークにおける骨格筋のグルココルチコイド応答
清水 宣明, 田中 廣壽
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33回 134-134   Jul 2015
代謝と核内受容体 GRと骨格筋 肝臓 脂肪代謝ネットワーク
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠
日本内分泌学会雑誌   91(1) 198-198   Apr 2015
グルココルチコイドと生体代謝
田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   91(1) 226-226   Apr 2015
グルココルチコイドによる骨格筋タンパク質代謝を介した脂質消費の調節
清水 宣明, 丸山 崇子, 栗原 明子, 吉川 賢忠, 馬 艶霞, 松宮 遼, 田坂 有希, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   91(1) 295-295   Apr 2015
CT、MRI、BIAを用いたステロイド誘発性筋萎縮の定量的解析
吉川 賢忠, 細野 治, 上原 昌晃, 小田 彩, 小林 弘, 松宮 遼, 松原 絵里佳, 清水 宣明, 栗原 明子, 丸山 崇子, 馬 艶霞, 田坂 有希, 桐生 茂, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   91(1) 396-396   Apr 2015
【筋骨格系とエネルギー代謝】 骨格筋におけるグルココルチコイド作用
田中 廣壽, 清水 宣明
THE BONE   29(1) 43,15-48,15   Mar 2015
骨格筋研究は今や大きな転換期にある。時流の先端を行く幹細胞や再生医学の側面のみならず、骨格筋独自の特性に基づいたオリジナリティーの高い研究が続々と発信され、医学に従来想像もし得なかった展開をもたらしている。筆者らも、グルココルチコイドによる骨格筋萎縮の分子機構の精緻な仕組みを解き明かしたとともに、骨格筋が肝臓、脂肪と密接なコミュニケーションをとって生体のエネルギーフローを制御していることを明らかにし、生活習慣病の病態解明と治療法開発へと向かっている。骨格筋は今後新しい医療資源としてますます...
心臓リモデリング制御の分子機構解明に基づく新規心不全治療法創成の分子基盤の構築
吉川 賢忠, 清水 宣明, 田中 廣壽, 佐野 元昭
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2014年度 202-203   Mar 2015
リウマチ性疾患の基礎研究 核蛋白質HEXIM1はHIF-1αおよびVEGFの発現を制御して肺高血圧症モデルマウスにおける右室壁血管新生と右室リモデリングの誘導を抑制する
吉川 賢忠, 細野 治, 小林 弘, 小田 彩, 松原 絵里佳, 松宮 遼, 上原 昌晃, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   59回 338-338   Mar 2015
サルコペニアと臨床薬理 副腎皮質ステロイドによる骨格筋萎縮の分子機構
田中 廣壽
臨床薬理   45(Suppl.) S231-S231   Nov 2014
【驚愕の代謝システム メタボロームの階層から解き明かす疾患研究の新たなステージ】 (第1章)"思ってもみない"代謝制御ループ <生理からみる代謝制御ループ> 筋肉とアミノ酸のチカラ 骨格筋におけるタンパク質合成、分解の制御機構
田中 廣壽, 清水 宜明
実験医学   32(15) 2372-2377   Sep 2014
アミノ酸はサプリや飲料の成分として用いられるなど、われわれの生活に溶け込んでいる。その一方で、生体はアミノ酸をタンパク質合成の原料としてのみならず実に多様かつ巧妙に利用している。最近、アミノ酸の輸送経路やセンシングのしくみも次々に明らかになり、アミノ酸代謝を標的とした医療の可能性が見えてきた。本稿では、アミノ酸の最大の貯蔵庫である骨格筋に焦点を当て、タンパク質の合成と分解の精巧な制御機構を紹介するとともに、骨格筋から他の内臓臓器へのエネルギーや情報の流れに関して考えたい。(著者抄録)
CT、MRI、BIAを用いたリウマチ膠原病患者の骨格筋量とステロイド誘発性筋萎縮の定量的解析
吉川 賢忠, 細野 治, 上原 昌晃, 松宮 遼, 小林 弘, 小田 彩, 松原 絵里佳, 清水 宣明, 栗原 明子, 丸山 崇子, 馬 艶霞, 田坂 有希, 桐生 茂, 内山 朋香, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   90(2) 649-649   Sep 2014
個体レベルのエネルギー代謝制御における骨格筋タンパク質代謝の意義の解析
清水 宣明, 丸山 崇子, 栗原 明子, 吉川 賢忠, 馬 艶霞, 松宮 遼, 田坂 有希, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   90(2) 652-652   Sep 2014
組織球主体の滑膜病変を伴う関節炎の増悪にサイトメガロウイルス再活性化の関与が考えられた関節リウマチの1例
小田 彩, 小林 弘, 上原 昌晃, 松原 絵里佳, 松宮 遼, 吉川 賢忠, 細野 治, 岡田 保典, 田中 廣壽
日本内科学会関東地方会   607回 37-37   Jul 2014
トシリズマブ投与中の関節リウマチ患者にセフトリアキソンによる好酸球性肺障害が疑われた1例
上原 昌晃, 細野 治, 吉川 賢忠, 小林 弘, 松原 絵里佳, 松宮 遼, 田中 廣壽
日本内科学会関東地方会   606回 34-34   Jun 2014
ニトロフラントイン投与後に低ガンマグロブリン血症を来し、大腿骨骨折後の敗血症を繰り返したRS3PE症候群患者の1例
松原 絵里佳, 細野 治, 吉川 賢忠, 小林 弘, 上原 昌晃, 松宮 遼, 田中 廣壽
日本内科学会関東地方会   606回 34-34   Jun 2014
骨格筋萎縮の分子機構とその治療戦略
田中 廣壽
Therapeutic Research   35(5) 493-496   May 2014
骨格筋の量的・質的制御機構と全身の代謝調節 グルココルチコイドによる骨格筋量の制御
田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   90(1) 177-177   Apr 2014
エタネルセプト投与中に器質化肺炎が疑われた関節リウマチ患者の1例
上原 昌晃, 松宮 遼, 小林 弘, 吉川 賢忠, 細野 治, 田中 廣壽
日本内科学会関東地方会   604回 39-39   Mar 2014
リウマチ性疾患の基礎研究 リウマチ膠原病肺への応用に向けた新規肺胞マクロファージ活性化機構の解明
小林 弘, 上原 昌晃, 松宮 遼, 吉川 賢忠, 細野 治, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   58回 409-409   Mar 2014
リウマチ性疾患の臨床検査 リウマチ膠原病患者におけるバイオインピーダンス法による筋量評価の有用性の検討
吉川 賢忠, 細野 治, 上原 昌晃, 小林 弘, 松宮 遼, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   58回 465-465   Mar 2014
顕微鏡的多発血管炎(MPA)が再燃し虚血性視神経症(ION)を合併した一例
上原 昌晃, 小林 弘, 吉川 賢忠, 細野 治, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   58回 556-556   Mar 2014
膠原病患者におけるステロイド治療による筋量減少の定量的評価
細野 治, 吉川 賢忠, 上原 昌晃, 小林 弘, 松宮 遼, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   58回 669-669   Mar 2014
RAにおけるステロイドの功罪と新規ステロイド剤の開発への期待
吉川 賢忠, 田中 廣壽
リウマチ科   51(2) 218-228   Feb 2014
エタネルセプトによる薬剤性胸膜炎が疑われた関節リウマチ患者の1例
上原 昌晃, 松宮 遼, 小林 弘, 吉川 賢忠, 細野 治, 田中 廣壽
日本内科学会関東地方会   600回 38-38   Oct 2013
FDGの多発点状集積を伴う心膜肥厚にて発症したIgG4関連疾患の1例
上原 昌晃, 松宮 遼, 小林 弘, 吉川 賢忠, 細野 治, 田中 廣壽
日本内科学会関東地方会   599回 58-58   Sep 2013
ステロイドホルモンと生活習慣病 生体代謝調節における骨格筋GRの役割
田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   89(2) 616-616   Sep 2013
グルココルチコイドによる骨格筋線維タイプ特異的な代謝の生理的調節機構
清水 宣明, 丸山 崇子, 伊藤 尚基, 栗原 明子, 馬 艶霞, 松宮 遼, 小林 弘, 吉川 賢忠, 細野 治, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   89(2) 628-628   Sep 2013
【関節リウマチ-ケアからキュアを目指した治療-】 薬物治療とその留意点 ステロイド
田中 廣壽, 細野 治, 小林 弘, 吉川 賢忠, 松宮 遼
日本臨床   71(7) 1261-1265   Jul 2013
【リウマチ性疾患にみられる筋病変と合併症】 ステロイドミオパチーの診断と治療
松宮 遼, 清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 田中 廣壽
リウマチ科   49(4) 463-470   Apr 2013
ステロイドホルモン研究Update 糖質コルチコイドと骨格筋
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 松宮 遼
日本内分泌学会雑誌   89(1) 148-148   Apr 2013
グルココルチコイドレセプターの骨格筋線維タイプ特異的な役割の解析
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 栗原 明子, 馬 艶霞, 松宮 遼, 松橋 智弘, 佐野 元昭, 福田 恵一, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   89(1) 234-234   Apr 2013
HEXIM1による膠原病性肺高血圧症に対する新規治療方法創成の基盤研究
吉川 賢忠, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   57回・22回 528-528   Mar 2013
加齢に伴う骨格筋量・筋力低下におけるグルココルチコイドシグナルの意義の究明
清水 宣明, 田中 廣壽
健康医科学研究助成論文集   (28) 83-91   Mar 2013
加齢に伴う骨格筋量・筋力低下におけるグルココルチコイドシグナルの意義について検討した。7週齢雄のC57BL/6JJcIマウス、8週齢雄のC57BL/10-mdxマウスを用いた。肝臓におけるGR標的遺伝子であるチロシンアミノトランスフェラーゼ(TAT)およびFK506結合蛋白質5(FKBP5)のmRNAは、偽手術群では絶食による発現上昇を認め、副腎摘除群では絶食で発現上昇を示さなかった。前脛骨筋におけるGR標的遺伝子であるKLF15、MuRF1、Bnip3およびFKBP5のmRNAの絶食によ...
骨格筋グルココルチコイドレセプターを介した骨格筋量の生理的調節
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 伊藤 尚基, 武田 伸一, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   88(2) 697-697   Sep 2012
骨格筋量・代謝制御におけるグルココルチコイドレセプター(GR)の役割 骨格筋特異的GRノックアウトマウス解析
吉川 賢忠, 清水 宣明, 松宮 遼, 佐野 元昭, 松橋 智弘, 福田 恵一, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   88(2) 697-697   Sep 2012
【膠原病 最近の動向(Update 2012):日常診療に役立つ膠原病診療】 ステロイドと筋萎縮のメカニズム
松宮 遼, 清水 宣明, 吉川 賢忠, 田中 廣壽
成人病と生活習慣病   42(8) 949-953   Aug 2012
・グルココルチコイド(GC)薬理量投与時やCushing症候群において、しばしば筋萎縮が起こり、臨床的にステロイド筋症と称する。・敗血症、悪液質、飢餓、アシドーシス、糖尿病、慢性腎不全による続発性の筋萎縮においても内因性のGCが関与している。・骨格筋において、GCは核内レセプターに属する転写因子グルココルチコイドレセプター(GR)と結合後、KLF15やREDD1などの標的遺伝子の発現を亢進させタンパク異化を促進させるのみならず、栄養センサーであるmTORC1の抑制を介してタンパク同化を抑制...
生化学・分子生物学 骨格筋研究の新展開とグルココルチコイドレセプターによる骨格筋量制御の分子機構
田中 廣壽, 松宮 遼
医学のあゆみ   242(4) 343-345   Jul 2012
【最新疾患モデルと病態解明、創薬応用研究、細胞医薬創製研究の最前線 最新疾患モデル動物、ヒト化マウス、モデル細胞、ES・iPS細胞を利用した病態解明から創薬まで】 (第2章)各種病態モデルと創薬研究 筋原性疾患 グルココルチコイド筋萎縮モデルラットを用いたグルココルチコイド副作用の克服に向けた取り組み
清水 宣明, 田中 廣壽
遺伝子医学MOOK   (22) 164-170   Jul 2012
グルココルチコイド(GC)療法に合併する多様な副作用の克服には,GC応答遺伝子群の標的組織特異的な発現調節の理解が必須である。本稿では,骨格筋における副作用であるGC筋萎縮の分子基盤の解明に基づく副作用予防・治療法開発について,著者らの成績を中心に概説する。骨格筋におけるGC応答は,生理的な骨格筋量調節とエネルギー恒常性との連携,糖尿病などのエネルギー代謝疾患に合併する筋萎縮などと密接な関係をもつ。したがって本研究成果は,生理学・代謝学・臨床医学などに学際的な新展開をもたらす可能性がある。...
筋/腱/靱帯研究 骨格筋萎縮の分子機構 骨格筋におけるグルココルチコイドレセプターとmTORのクロストーク
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   30回 129-129   Jul 2012
【関節リウマチ診療update-これだけは知っておきたい知識とは?】 《治療薬のPros & Cons》 ステロイド
田中 廣壽, 吉川 賢忠, 松宮 遼
内科   109(4) 601-606   Apr 2012
・RA診療において、ステロイドは根本的治療薬ではなく副作用も未解決だが、病態によっては代替薬の存在しないキードラッグでもあり、その重要性は失われていない。・ステロイドは(早期の)RAにおいて疾患修飾効果も期待しうるが、基本的には、生物学的製剤などによる積極的抗リウマチ療法が効果を現すまでの橋渡しとして、患者の生活の質を維持するための適応と考える。・可能な限り減量に努め、生物学的製剤との併用時には感染リスク上昇も考慮する。(著者抄録)
【耳鼻咽喉科における抗ウイルス薬・ステロイドの効果的処方】 実地臨床におけるステロイドの使い分け・副作用・相互作用
田中 廣壽, 吉川 賢忠
ENTONI   (139) 15-22   Apr 2012
臨床各科においてステロイドは現在もなおきわめて重要な位置を占める治療薬である。ステロイドは多くの場合根本的治療薬ではないが、薬理量の全身投与によって予後改善に貢献した疾患は多い。適応と初期投与量は疾患病態、患者背景などから決定する。ステロイドは急性毒性がきわめて少なく、適切に使用された場合には確実に効果を示し、多少の個人差はあるものの、その薬効はほぼ用量に依存する。臨床に用いられる用量は生理量に近いmgオーダーからその千倍のgオーダーときわめて幅広く、臨床応用後半世紀以上を経過してもなおそ...
グルココルチコイドを介した骨格筋量制御機構の解析(1)
吉川 賢忠, 清水 宣明, 松宮 遼, 松橋 智弘, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   88(1) 272-272   Apr 2012
グルココルチコイドを介した骨格筋量制御機構の解析(2)
清水 宣明, 吉川 賢忠, 松宮 遼, 松橋 智弘, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   88(1) 272-272   Apr 2012
医学用語解説 mTOR
田中 廣壽
炎症と免疫   20(3) 323-325   Apr 2012
運動トレーニングと安静のアミノ酸栄養 骨格筋におけるグルココルチコイドシグナルと栄養シグナルのクロストーク
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   66回 34-34   Apr 2012
【筋炎-What's new?】 その他の筋炎 ステロイド筋症
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠, 松宮 遼
Clinical Neuroscience   30(3) 341-344   Mar 2012
リウマチ性疾患の肺病変(1) HEXIM1を分子標的とした肺動脈性肺高血圧症(PAH)における右心リモデリング治療法創成に向けた基盤研究
吉川 賢忠, 松宮 遼, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回 307-307   Mar 2012
関節リウマチに対するMTX療法中に多発リンパ節腫大、好酸球増多を伴う多発関節炎再燃を来し、ステロイド治療が奏効した1例
松宮 遼, 吉川 賢忠, 大沼 圭, 細野 治, 河崎 寛, 田中 廣壽, 森本 幾夫
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回 560-560   Mar 2012
田中 廣壽, 清水 宣明, 古川 賢忠
医学のあゆみ   239(1) 114-119   Oct 2011
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠
基礎老化研究   35(3) 11-16   Sep 2011
グルココルチコイド(GC)療法の副作用の一つであるステロイド筋症の病態として従来から異化作用が主体と考えられていたが、詳細は不明であり治療法もない。著者らは、骨格筋におけるグルココルチコイドレセプター(GR)の標的遺伝子を同定し、GCによる骨格筋萎縮の分子機構を栄養センシングの鍵分子であるmTORの抑制機構などを中心に明らかにした。同時に、GRとmTORの間の排他的相互作用を証明し、骨格筋量制御機構解明に新しい切り口をもたらした。以上の成果は、mTOR活性化によるステロイド筋症に有効な治療...
【ここまでわかった多発性筋炎・皮膚筋炎】 特殊・関連筋症の概念と治療 ステロイド筋症の分子機構
田中 廣壽, 清水 宣明, 吉川 賢忠, 松宮 遼
医学のあゆみ   239(1) 114-119   Oct 2011
グルココルチコイド(GC)療法の副作用のひとつであるステロイド筋症の病態は不明であり、汎用性の高い治療法もない。しかし、膠原病患者を対象としたアンケートにより、その頻度はけっして低くなく生活への影響も無視しえない実態が浮かび上がった。著者らは骨格筋におけるグルココルチコイドレセプター(GR)の標的遺伝子を同定し、GCによる骨格筋萎縮の分子機構について、栄養センシングの鍵分子であるmTORの抑制機構などを中心に明らかにした。同時に、GRとmTORの間の排他的相互作用を証明し、骨格筋量制御機構...
【グルココルチコイドup to date】 関節リウマチとグルココルチコイドレセプター
田中 廣壽, 馬 艶霞
リウマチ科   46(3) 209-214   Sep 2011
ステロイド(核内)受容体の新しい作用 骨格筋におけるグルココルチコイドシグナルと栄養シグナルのクロストーク
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   87(2) 661-661   Sep 2011
骨格筋におけるグルココルチコイドによるREDD1とKLF15遺伝子発現調節機構
松宮 遼, 清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 馬 艶霞, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   87(2) 681-681   Sep 2011
今後期待される新しい治療薬の研究 マクロライド化合物ロキシスロマイシン新規誘導体の関節リウマチへの治療応用可能性
岩田 哲史, 片寄 智規, 吉川 理子, 河崎 寛, 細野 治, 金井 芳之, 田中 廣壽, 森本 幾夫
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回 270-270   Jun 2011
リウマチ性疾患の肺病変 肺動脈性肺高血圧症PAHに対する新規分子標的薬開発へ向けた基盤研究
吉川 賢忠, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回 336-336   Jun 2011
ステロイド筋症の定量的評価における生体電気インピーダンス法(BIA)の有用性の検討
牛窪 真理, 松本 弘俊, 五味 一英, 矢吹 拓, 田中 郁子, 秋谷 久美子, 田中 廣壽, 大島 久二
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回 515-515   Jun 2011
Cas-L/Nedd9の関節炎発症への関与についての検討
片寄 智規, 岩田 哲史, 吉川 理子, 細野 治, 河崎 寛, 金井 芳之, 田中 廣壽, 森本 幾夫
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回 614-614   Jun 2011
グルココルチコイドによる筋萎縮のメカニズム
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 田中 廣壽
リウマチ科   45(4) 435-443   Apr 2011
グルココルチコイド誘導性筋萎縮におけるKLF15の役割
清水 宣明, 吉川 賢忠, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   87(1) 271-271   Apr 2011
骨格筋における新規グルココルチコイド受容体標的遺伝子の同定
吉川 賢忠, 清水 宣明, 丸山 崇子, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   87(1) 353-353   Apr 2011
グルココルチコイドによる転写因子KLF15の骨格筋特異的発現活性化の意義
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 田形 勇輔, 竹鼻 健司, 伊藤 尚基, 武田 伸一, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 1T9-10   Dec 2010
心筋細胞におけるグルココルチコイド受容体の役割の解明
丸山 崇子, 吉川 賢忠, 長崎 正朗, 井元 清哉, 宮野 悟, 徳留 さとり, 佐野 元昭, 福田 恵一, 清水 宣明, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 1P-0346   Dec 2010
グルココルチコイド誘導性筋萎縮の分子機構の解明(1)
吉川 賢忠, 清水 宣明, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   86(2) 405-405   Sep 2010
グルココルチコイド誘導性筋萎縮の分子機構の解明(2)
清水 宣明, 吉川 賢忠, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   86(2) 405-405   Sep 2010
ドラッグデリバリーシステム、その他 肺胞サーファクタントを用いたKRAS変異肺癌を標的とする新規ウイルス療法の開発(Drug delivery system, others Targeting KRAS lung cancer in vivo by pulmonary surfactant-mediated gene transfer)
深澤 拓也, 松岡 順治, 小野 俊朗, 樅木 勝己, 山辻 知樹, 田中 廣壽, 前田 豊, Mary Durbin, 猶本 良夫
日本癌学会総会記事   69回 424-424   Aug 2010
田中 廣壽
最新医学   65(5) 1068-1073   May 2010
内分泌・代謝と炎症の接点 ステロイドと炎症の接点
田中 廣壽
Inflammation and Regeneration   30(4) 310-310   Jul 2010
ステロイドの新知見 副作用克服に向けて
田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   54回・19回 249-249   Mar 2010
サイトカイン 病態への作用 Cas-L/Nedd 9ノックアウトマウスを用いた関節炎の解析
片寄 智規, 岩田 哲史, 細野 治, 河崎 寛, 金井 芳之, 田中 廣壽, 森本 幾夫
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   54回・19回 493-493   Mar 2010
肺病変 膠原病性肺高血圧症に対する新規分子標的薬開発へ向けた基礎的検討
吉川 賢忠, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   54回・19回 571-571   Mar 2010
MCTD・強皮症 TGFβ誘導CUX1 isoformsによる線維化の調節機構
池田 哲朗, 細野 治, 河崎 寛, 岩田 哲史, 田中 廣壽, 森本 幾夫
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   54回・19回 576-576   Mar 2010
ステロイド筋症の定量的評価に関する研究
牛窪 真理, 五味 一英, 矢吹 拓, 田中 郁子, 秋谷 久美子, 田中 廣壽, 大島 久二
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   54回・19回 696-696   Mar 2010
【核内受容体と内分泌疾患UPDATE】 グルココルチコイドレセプターの作用調節とステロイド治療の将来
田中 廣壽
ホルモンと臨床   58(2) 107-112   Feb 2010
田中 廣壽
Japanese journal of intensive care medicine   33(12) 1001-1008   Dec 2009
【ガス分子の生理活性と医療への応用】 HIF-1α(hypoxia-inducible factor-1α)
田中 廣壽
ICUとCCU   33(12) 1001-1008   Dec 2009
低酸素とは、酸素分圧が臓器、組織、細胞の機能障害を呈するまでに低下した状態である。通常は高地に移動した際などを想起するが、実は、われわれの体内の酸素分圧較差は、平地からエベレスト山頂のそれよりも大きい。すなわち、ヒトは酸素分圧の変動に対応するプログラムを内在し、各臓器や細胞の働きを制御して恒常性を維持している。中でもHIF-1αはヒトの低酸素応答の中心的分子であり、現在もその分子レベルの制御機構、転写調節機構に焦点をあてて精力的に研究されている。一方、HIF-1α遺伝子ノックアウトマウスを...
田中 廣壽, 吉川 賢忠, 清水 宣明
Japanese journal of clinical medicine   67(0) 358-362   Oct 2009
【高血圧(第4版) 日本における最新の研究動向】 基礎編 遺伝子研究 原因候補遺伝子 グルココルチコイド受容体遺伝子
田中 廣壽, 吉川 賢忠, 清水 宣明
日本臨床   67(増刊6 高血圧(上)) 358-362   Oct 2009
グルココルチコイド in vivoにおけるグルココルチコイド応答性遺伝子のHEXIM1を介した発現制御
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 佐野 元昭, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   85(2) 612-612   Sep 2009
【いきなり名医! 関節リウマチは治せる時代に もう"不治の病"ではない!】 関節リウマチの治療のしかた 大きく変わった治療とそのコツ ステロイドの使い方は?
田中 廣壽
jmed mook   (3) 84-87   Aug 2009
ステロイドの新展開 2009
田中 廣壽
炎症と免疫   17(4) 460-463   Jun 2009
ステロイドの使い方 ステロイドはなぜ効くのか
田中 廣壽
日本医師会雑誌   138(2) 318-319   May 2009
【ステロイド療法の実際】 ステロイドの基礎 ステロイドの作用機序
田中 廣壽
Modern Physician   29(5) 563-568   May 2009
1ステロイドのbioavailabilityは代謝酵素や活性化酵素の影響を受ける.2ステロイドの多彩な作用の分子基盤はそのレセプターを介した遺伝子発現制御機構の多様性による.3ステロイドの標的細胞,標的遺伝子が疾患ベースで明らかになりつつある.4ステロイドの作用と副作用を分離すべく創薬開発が進展している.(著者抄録)
副腎・高血圧分野 ミネラロコルチコイド受容体の新規活性調節機構の同定
柴田 茂, 長瀬 美樹, 栗原 秀剛, 田中 廣壽, 三好 淳, 高井 義美
日本内分泌学会雑誌   85(1) 249-249   Apr 2009
HEXIM1はグルココルチコイド受容体(GR)のhinge(D)領域に選択的に結合してGRの転写活性を抑制する
吉川 賢忠, 清水 宣明, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   85(1) 286-286   Apr 2009
グルココルチコイド(GC)応答性遺伝子発現のHEXIM1による組織特異的制御機構
清水 宣明, 吉川 賢忠, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   85(1) 313-313   Apr 2009
リウマチ性疾患の肺病変 膠原病性肺高血圧症に対する新規治療法創成への基礎的検討
吉川 賢忠, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   53回・18回 205-205   Mar 2009
組織および癌特異的目的遺伝子発現システムによる肺腺癌治療への応用および抗癌剤併用効果の検討
深澤 拓也, 松岡 順治, 猶本 良夫, 中井 徹, 小野 俊朗, 樅木 勝巳, 田中 廣壽, 前田 豊, Durbin Mary, 田中 紀章
日本外科学会雑誌   110(臨増2) 665-665   Feb 2009
グルココルチコイド HEXIM1によるグルココルチコイド応答性遺伝子の組織特異的な発現制御
清水 宣明, 吉川 賢忠, 丸山 崇子, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   84(2) 588-588   Sep 2008
グルココルチコイド 心筋細胞におけるグルココルチコイド受容体標的遺伝子の解明
吉川 賢忠, 長崎 正朗, 井元 清哉, 宮野 悟, 徳留 さとり, 佐野 元昭, 福田 恵一, 清水 宣明, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   84(2) 589-589   Sep 2008
塩原 哲夫, 田中 廣壽, 三森 経世
皮膚アレルギーの旅   7(3) 1-6   Jul 2008
グルココルチコイドは心筋細胞においてCOX-2の発現を誘導する
吉川 賢忠, 徳留 さとり, 佐野 元昭, 清水 宣明, 福田 恵一, 森本 幾夫, 田中 廣壽
Inflammation and Regeneration   28(4) 376-376   Jul 2008
MPO-ANCA関連血管炎の3例 臨床像と治療選択について
片寄 智規, 細野 治, 大沼 圭, 吉川 賢忠, 河崎 寛, 田中 廣壽, 森本 幾夫
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   52回・17回 262-262   Apr 2008
膠原病に合併する肺高血圧症に対する新規治療法開発の分子基盤構築
吉川 賢忠, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   52回・17回 287-287   Apr 2008
心筋におけるグルココルチコイド受容体の役割
吉川 賢忠, 徳留 さとり, 佐野 元昭, 福田 恵一, 清水 宣明, 森本 幾夫, 田中 廣壽
日本内分泌学会雑誌   84(1) 203-203   Apr 2008

Books etc

 
松岡 順治, 田中 紀章, 深澤 拓也, 田中 廣壽
松岡順治   2008   
Redox regulation of glucocorticoid hormone action(共著)
Redox Regulation of Cell Signaling and its clinical Application   1999   

Works

 
Study on hypoxia-inducible factor
2000

Research Grants & Projects

 
Study on the molecular mechanism of steroid hormone action
Study on etiology of rheumatoid arthritis
Study on eukaryotic gene regulation
Exploration of glucocorticoid receptor modulator
drug development targeting hypoxia-inducible factors