臼井 健二

J-GLOBALへ         更新日: 06/09/06 00:00
 
アバター
研究者氏名
臼井 健二
 
ウスイ ケンジ
所属
旧所属 筑波大学 生命環境科学研究科 生物圏資源科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1967年
東京大学 農学系研究科 農芸化学
 
 
 - 
1965年
東京大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
1990年
 - 
1998年
日本雑草学会  幹事 常任編集委員 編集委員長
 
1988年
 - 
2000年
環境科学会  編集幹事 編集担当理事
 
 
   
 
日本農薬学会  評議員
 

Misc

 
臼井 健二
雑草研究   37(1) 15-27   1992年
李 度鎭, 臼井 健二, 石塚 皓造
雑草研究   38(2) 112-114   1993年
イネ幼苗におけるベンスルフロンメチルの生育抑制に対するジメピペレートの薬害軽減機構(共著)
雑草研究   39(4) 229-236   1994年
ピリブチカルブによるイネ根端部のスクワレン代謝阻害に及ぼすジメピペレートの影響(共著)
雑草研究   39(4) 265-266   1994年
〓 凡, 臼井 健二, 沈 利星, 小林 勝一郎, 石塚 皓造
雑草研究   41(1) 38-43   1996年

書籍等出版物

 
環境化学物質。残留性・生物濃縮-有機塩素化合物-
朝倉書店   1990年   
これでわかる農薬キーワード事典(共著)
合同出版   1995年   
グルタミンシンテターゼ(GS)阻害活性の検定法(書名:植物化学調節実験マニュアル)
植物化学調節学会編全国農村教育教会   1997年   
雑草防除剤の作用機構(書名:植物保護講座、第3版、 ‐雑草・農薬・行政編‐ )
日本植物防疫協会   1997年   
グルタチオンS-トランスフェラーゼ(書名 : 雑草科学実験法)
日本雑草学会編   2001年   

Works

 
タイ東北部の塩類土壌の植生改善
2000年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
除草剤の作用機構・抵抗性機構研究
研究期間: 1988年   
植物の環境要因に対する応答研究
研究期間: 1988年