鈴木 隆久

J-GLOBALへ         更新日: 06/09/06 00:00
 
アバター
研究者氏名
鈴木 隆久
 
スズキ タカヒサ
所属
旧所属 筑波大学 生命環境科学研究科 生物機能科学専攻
職名
教授
学位
農学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
   
 
- 筑波大学 教授
 
1990年
 - 
1993年
 筑波大学 助教授
 
1984年
 - 
1990年
 筑波大学 講師
 
1978年
 - 
1984年
 筑波大学 助手
 
1969年
 - 
1978年
 東京教育大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1967年
東京教育大学大学院 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1965年
東京教育大学 農学部 農芸化学科
 

Misc

 
KITAZUME T, TANAKA A, TAKAYA N, NAKAMURA A, MATSUYAMA S, SUZUKI T, SHOUN H
European Journal of Biochemistry   269(8) 2075-2082   2002年
NAKANO H, FUJII Y, YAMADA K, KOSEMURA S, YAMAMURA S, HASEGAWA K, SUZUKI T
Plant Growth Regulation   37(2) 113-117   2002年
Journal of Chemical Ecology   30(2) 409-423   2004年
警報フェロモンを出して援軍を頼む(真社会性アブラムシの化学物質を介した兵隊の動因システム)
日本農芸化学会化学と生物   43(1) 4-6   2005年

書籍等出版物

 
生物学データ大百科事典(下)7. 調節 7.1 生理活性物質 (a)情報化学物質
朝倉書店   2002年   
コクヌストモドキ、ヒラタコクヌストモドキ、カシミールコクヌストモドキ
日本植物防疫協会昆虫飼育法   1991年   

Works

 
アザミウマ尾端分泌物の研究
1984年
寄生蜂の寄生認識カイロモンの研究
1990年

競争的資金等の研究課題

 
アザミウマ類尾端分泌物の研究
貯穀害虫の集合フェロモンの研究
寄生蜂の寄生認識カイロモン研究
集合フェロモンの生合成の研究
貯穀害虫の産卵誘引物質及び産卵刺激物質の研究
研究期間: 2001年