深水 昭吉

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 02:50
 
アバター
研究者氏名
深水 昭吉
 
フカミズ アキヨシ
eメール
akiftara.tsukuba.ac.jp
URL
http://akif2.tara.tsukuba.ac.jp/
所属
筑波大学
部署
生存ダイナミクス研究センター
職名
教授
学位
農学博士(筑波大学), 学術修士(筑波大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年
筑波大学 農林学類 応用生物化学専攻
 
 
 - 
1987年
筑波大学 農学研究科 分子生物学
 

経歴

 
1987年8月
   
 
筑波大学 応用生物化学系・遺伝子実験センター 助手
 
1990年7月
   
 
筑波大学 応用生物化学系 講師
 
1994年7月
   
 
アメリカ Salk生物学研究所
 
1995年12月
   
 
筑波大学 応用生物化学系 助教授
 
1999年7月
   
 
筑波大学 教授
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
2019年11月
公益社団法人 日本生化学会  留学助成審査委員会・委員長
 
2017年4月
 - 
2018年3月
公益財団法人 国際科学振興財団  兼任研究員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
一般社団法人キヤノン財団  キヤノン財団研究助成選考委員
 
2017年2月
 - 
2017年3月
国立大学法人東北大学  テニュアトラック運営委員会
 
2017年1月
 - 
2018年3月
特定非営利活動法人日本分子生物学会  理事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本妊娠高血圧学会  理事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
公益財団法人日本応用酵素協会  選考委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
国立大学法人東北大学加齢医学研究所  加齢医学研究所共同利用・共同研究委員会/委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
公益財団法人 国際科学振興財団  兼任研究員
 
2016年3月
 - 
2016年5月
国立研究開発法人 科学技術振興機構  事後評価委員会・委員長
 

受賞

 
2015年12月
日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉賞(日本心血管内分泌代謝学会)
 
1997年
高峰譲吉研究奨励賞(日本心血管代謝内分泌学会)
 
1996年
奨励賞(日本生化学会)
 
1996年
つくば賞(茨城県科学技術振興財団)
 
1993年
成人血管病研究振興財団研究奨励賞
 

論文

 
Nagano, Katsumasa; Kwon, Chulwon; Ishida, Junji; Hashimoto, Tatsuo; Kim, Jun-Dal; Kishikawa, Nana; Murao, Mei; Kimura, Kenjiro; Kasuya, Yoshitoshi; Kimura, Sadao; Chen, Yi-Ching; Tsuchimochi, Hirotsugu; Shirai, Mikiyasu; Pearson, James T; Fukamizu, Akiyoshi
Journal of biochemistry      2019年9月   [査読有り]
The apelin receptor (APJ), a receptor for apelin and elabela/apela, induces vasodilation and vasoconstriction in blood vessels. However, the prolonged effects of increased APJ-mediated signaling, involving vasoconstriction, in smooth muscle cells ...
Murata, Kazuya;Lu, Weizhe;Hashimoto, Misuzu;Ono, Natsumi;Muratani, Masafumi;Nishikata, Kana;Kim, Jun-Dal;Ebihara, Shizufumi;Ishida, Junji;Fukamizu, Akiyoshi
iScience   8 200-213   2018年10月
Protein arginine methyltransferase 1 (PRMT1) catalyzes the asymmetric dimethylation of arginine residues in proteins and methylation of various RNA-binding proteins and is associated with alternative splicing in vitro. Although PRMT1 has essential...
Hashimoto, Tatsuo;Kihara, Minoru;Ishida, Junji;Imai, Nozomi;Yoshida, Shin-ichiro;Toya, Yoshiyuki;Fukamizu, Akiyoshi;Kitamura, Hitoshi;Umemura, Satoshi
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   26(6) 1267-1272   2006年6月
[OBJECTIVE] Physiological roles of apelin and its specific receptor APJ signaling were investigated in vascular smooth muscle cells (VSMCs). The present study determined whether apelin activates myosin light chain (MLC), a major regulatory event i...
Pathophysiology of placentation abnormalities in pregnancy-induced hypertension
Furuya, Mitsuko;Ishida, Junji;Aoki, Ichiro;Fukamizu, Akiyoshi
Vascular health and risk management   4(6) 1301-1313   2008年4月
During embryogenesis and development, the fetus obtains oxygen and nutrients from the mother through placental microcirculation. The placenta is a distinctive organ that develops and differentiates per se, and that organizes fetal growth and mater...
Cell type-dependent transactivation or repression of mesoderm-restricted basic helix-loop-helix protein, POD-1/Capsulin
Miyagishi, M;Hatta, M;Ohshima, T;Ishida, Junji;Fujii, R;Nakajima, T;Fukamizu, A
Mol. Cell. Biochem.   205(1-2) 141-147   2000年1月
A family of basic-helix-loop-helix (bHLH) nuclear factors play important roles in controlling cell growth and differentiation as critical regulatory components in transcription. Here we describe molecular characterization of mesoderm-specific bHLH...
Lu, Weizhe;Kim, Jun-Dal;Tabara, Saori;Kwon, Chulwon;Mizukami, Hayase;Kimura, Keiji;Fukamizu, Akiyoshi
Biochemical and Biophysical Research Communications   514(4) 1185-1191   2019年5月   [査読有り]
Protein arginine methyltransferase PRMT5 synthesizes the symmetric dimethylarginine in nuclear and cytoplasmic proteins such as histone H2A, H4 and several non-histone proteins that are required for a variety of biological processes. Currently, tw...
Freyer, Laina;Hsu, Chih-Wei;Nowotschin, Sonja;Pauli, Andrea;Ishida, Junji;Kuba, Keiji;Fukamizu, Akiyoshi;Schier, Alexander F;Hoodless, Pamela A;Dickinson, Mary E;Hadjantonakis, Anna-Katerina
Cell reports   20(9) 2116-2130   2017年8月   [査読有り]
Apela (also known as Elabela, Ende, and Toddler) is a small signaling peptide that activates the G-protein-coupled receptor Aplnr to stimulate cell migration during zebrafish gastrulation. Here, using CRISPR/Cas9 to generate a null, reporter-expre...
Tanimoto, Keiji; Matsuzaki, Hitomi; Okamura, Eiichi; Ushiki, Aki; Fukamizu, Akiyoshi; Engel, James Douglas
PLoS ONE   14(2) e0203099   2019年4月   [査読有り]
Long-range associations between enhancers and their target gene promoters have been shown to play critical roles in executing genome function. Recent variations of chromosome capture technology have revealed a comprehensive view of intra- and inte...
Hada, Kazumasa; Hirota, Keiko; Inanobe, Ai; Kako, Koichiro; Miyata, Mai; Araoi, Sho; Matsumoto, Masaki; Ohta, Reiya; Arisawa, Mitsuhiro; Daitoku, Hiroaki; Hanada, Toshikatsu; Fukamizu, Akiyoshi
The Journal of Biological Chemistry   294(9) 3091-3099   2019年1月   [査読有り]
The tricarboxylic acid (TCA) cycle (or citric acid cycle) is responsible for the complete oxidation of acetyl-CoA and formation of intermediates required for ATP production and other anabolic pathways, such as amino acid synthesis. Here, we uncove...
Kako, Koichiro;Kim, Jun-Dal;Fukamizu, Akiyoshi
Journal of Biochemistry   165(1) 9-18   2019年1月   [査読有り]
The central dogma of molecular biology explains the fundamental flow of genetic information for life. Although genome sequence (DNA) itself is a static chemical signature, it includes multiple layers of information composed of messenger RNA (mRNA)...

書籍等出版物

 
実験医学(増刊)
深水,昭吉 (担当:分担執筆, 範囲:アルギニンメチル化とシグナル伝達)
2015年6月   
蛋白質 核酸 酵素
深水,昭吉 (担当:監修, 範囲:新しいアルギニンメチル化-リン酸化コード)
2010年1月   
日本臨床
深水,昭吉 (担当:監修, 範囲:レニン・アンジオテンシン系遺伝子欠損マウス)
2009年10月   
細胞工学
深水,昭吉 (担当:監修, 範囲:メチル化アルギニンを介したエピジェネティックな血圧制御)
2009年5月   
実験医学
深水,昭吉 (担当:監修, 範囲:FOXOファミリーの代謝・寿命調節機構とアルギニンメチル化クロストーク制御)
2009年4月   

講演・口頭発表等

 
Biochemical modification and protein functions linked to mitochondria:lysine acetylation and arginine methylation [招待有り]
Fukamizu,Akiyoshi
KSBMB International Conference 2019   2019年6月2日   
A Protein is Multi-lingual:New Metablic Pathway of Phospholipid in the Brain [招待有り]
Fukamizu,Akiyoshi
2019 Gwanak Symposium   2019年5月31日   
妊娠高血圧モデルの肥大心を用いた網羅的遺伝し発言解析とα1A-ARの役割の解明
権哲源;中村夏奈子;田原早央莉;金;石田純治;深水, 昭吉
第40回日本妊娠高血圧学会学術集会   2019年9月21日   
PRMT8が有する2つの酵素活性に対する特異的不活性マウスの作製と解析
田原早央莉;金;森遥佳;陸偉哲;深水, 昭吉
第92回日本生化学会大会   2019年9月19日   
In vivoスクリーニング系による新規ヒスチジンメチル基転移酵素の探索
林岳宏;大徳浩照;中島実咲;田島達也;加香孝一郎;深水, 昭吉
第92回日本生化学会大会   2019年9月19日   
妊娠高血圧胎仔FGRの遺伝子発現プロファイリング
石田純治;金;霍思全;中島実咲;深水, 昭吉
第92回日本生化学会大会   2019年9月19日   
ブドウ種子由来ポリフェノールによるアミロイドポリペプチド凝集阻害
福島寛乃;有本光江;加香孝一郎;深水, 昭吉;繁森英幸
日本農芸化学会関東支部2019年度大会   2019年9月7日   
アルツハイマー型認知症予防を指向したカフェオイルキナ酸の機能解明
星川紗更;池本光志;有本光江;加香孝一郎;深水, 昭吉;繁森英幸
日本農芸化学会関東支部2019年度大会   2019年9月7日   
PRMT8が有するアルギニンメチル化活性の生物学的意義に関する研究
田原早央莉;金;森遥佳;陸偉哲;深水, 昭吉
2019年度日本化学会関東支部例会   2019年6月22日   
線虫ヒストンにおける新規ヒスチジンメチル化基転移酵素の探索
林岳宏;大徳浩照;中島実咲;加香孝一郎;深水, 昭吉
2019年度日本生化学会関東支部例会   2019年9月22日   

競争的資金等の研究課題

 
炎症性腸疾患における新たなバイオマーカーの検討
国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST): 産学協同実用化開発事業
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 深水 昭吉
RNAメチル化を介した栄養情報と生物寿命
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 深水 昭吉
RNAの遺伝情報を起点としたアルギニンメチル化酵素を介する脳機能の解明
公益財団法人 三菱財団: 平成29年度 三菱財団助成金
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 深水昭吉
炎症性腸疾患における新たなバイオマーカーの検討
国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST): 産学共同実用化開発事業(NexTEP)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 深水 昭吉
アルギニンメチル化が担うミトコンドリア制御と心機能
公益財団法人 上原記念生命科学財団: 平成28年度研究助成金
研究期間: 2016年12月       代表者: 深水昭吉
細胞内リン脂質代謝のイメージング
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 深水 昭吉
生命素子による転写環境とエネルギー代謝のクロストーク
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 深水 昭吉
炎症性腸疾患における新たなバイオマーカーの検討
独立行政法人科学技術振興機構: 産学共同実用化開発事業(NexTEP)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 深水昭吉
細胞内リン脂質代謝のイメージング
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 深水昭吉
生命素子による転写環境とエネルギー代謝のクロストーク
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 深水昭吉

特許

 
特許第6399874号 : 化合物の抗炎症効果または免疫抑制効果を予測する方法
深水昭吉;金俊逹;大黒理勝
2015-12851 : 活性化白血球の除去方法
深水昭吉;金俊達;萩原昌彦;和田幸周
015-12850 : 細胞を分離・解析する方法
深水昭吉;金俊達;萩原昌彦;和田幸周
2014-190001   : 化合物の抗炎症効果または免疫抑制効果を予測する方法
深水昭吉;金俊達;大黒, 理勝