赤阪 健

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/28 08:54
 
アバター
研究者氏名
赤阪 健
 
アカサカ タケシ
URL
http://www.tara.tsukuba.ac.jp/~akasaka-lab/
学位
理学博士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 数理物質系 教授
 
2010年
   
 
- 中国黒龍江大学客員教授
 
2008年
   
 
- 中国南京理工大学客員教授
 
2005年
 - 
2009年
 中国西安交通大学 客員教授
 
2004年
   
 
- 筑波大学先端学際領域研究センター/大学院数理物質科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京教育大学 理学研究科 化学
 

委員歴

 
2010年
   
 
日本化学会  関東支部副支部長
 
2011年
 - 
2012年
近畿化学工業会  代議員
 
2011年
   
 
基礎有機化学会  理事
 

受賞

 
2001年
日本化学会学術賞
 
2000年
新潟日報文化賞
 
2003年
ITE Research Award
 
2008年
Award of The Yong Hae Kim Lectureship in KAIST
 
2011年
平成23年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)
 

Misc

 
赤阪健, 矢部明, 永瀬茂, 安藤亘
日本化学会誌   (8) 1440-1446   1989年
シグマ結合の光酸素化反応
光化学   (17) 46   1993年
赤阪 健, 安藤 亘
有機合成化学協会誌   51(3) 212-222   1993年
赤阪 健, 永瀬 茂, 小林 郁
有機合成化学協議会誌   54(7) 580-585   1996年
「金属内包フラーレンの反応性と電子的特性」
化学   50 634   1995年

書籍等出版物

 
「フラーレン化学の最前線 : 金属内包フラーレン」
季刊フラーレン   2000年   
Structure and Reactivity of Endohedral Metallofullerenes
1995年   
Chemical Derivatization of Fullerenes with Organosilicon Compounds
Recent Advances in the Chemistry and Physics fo Fullerenes   1994年   
The Electronics Properties and Reactivities of Metallofullerenes
"Recent Advances in the Chemistry and Physics of Fullerenes",K.Kadish and Eds,:The Electrochemical Society : Penninng ton,NJ   1995年   
Unique Reducing Environment Inside Fullerene Cages
Recent Advances in the Chemistry and Physics   1997年   

競争的資金等の研究課題

 
フラーレン類の分子変換
光酸素化反応の研究
有機ヘテロ原子化合物の合成と反応