新井 達郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 02:54
 
アバター
研究者氏名
新井 達郎
eメール
araichem.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.chem.tsukuba.ac.jp/arai/index.html
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
教授
学位
理学博士(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1985年
筑波大学 助手
 
1985年
 - 
1994年
筑波大学 講師
 
1994年
 - 
1997年
筑波大学 助教授
 
1997年9月
   
 
筑波大学 教授
 

学歴

 
1972年
 - 
1976年
東北大学 理学部 化学第2学科
 
1976年
 - 
1981年
筑波大学 化学研究科 化学専攻
 

委員歴

 
2006年
 - 
2008年
IUPAC on Photochemistry 国際組織委員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本化学会  第95春季年会実行委員会委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本化学会  第94春季年会実行委員会委員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本化学会  第95春季年会プログラム小委員会委員長
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本化学会  第94春季年会プログラム小委員会副委員長
 

受賞

 
2012年6月
Photochemical & Photobiological Sciences の表紙に採用された
 
国際誌に発表した研究論文が評価され、表紙に採用された。
2011年4月
日本化学会 BCSJ賞
 
2011年1月
Photochemical & Photobiological Sciences の表紙に採用された
 
2002年
光化学協会賞
 
2001年
旭硝子財団研究助成賞
 

論文

 
Matsumoto, Hisato; Nishimura, Yoshinobu; Arai, Tatsuo
Photochemistry and photobiology   Epub    2017年4月   [査読有り]
A new photoreaction mechanism of "Three-state molecular switch" fluorescence sensor based on ON(1) -OFF-ON(2) sequence, was achieved by anthracene-diurea compound, which was designed by using two phenylurea groups and one anthracene, 9,10BtDSPUA. ...
Honda, Takuya; Ishida, Yuka; Arai, Tatsuo
BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   89(11) 1321-1327   2016年11月   [査読有り]
Honda, Takuya; Ishida, Yuka; Arai, Tatsuo
Chemistry Letters   45(9) 1081-1083   2016年6月   [査読有り]
The potential energy surfaces of a photocleavage reaction are proposed and the solvent effects are discussed in terms of the change of the energy barrier between reverse proton transfer and the photocleavage reaction.
Proton Transfer Induced Photocleavage Reaction of Caged Compounds: Novel Insight into the Potential Energy Surfaces of Proton Assisted Photocleavage Reaction
Honda, Takuya; Ishida, Yuka; Arai, Tatsuo
Chemistry Letters   advpub(0)    2016年   [査読有り]
The potential energy surfaces of photocleavage reaction are proposed and the solvent effects are discussed in terms of the change of energy barrier between the reverse proton transfer and photocleavage reaction.
Sakurai, Hiroya; Arai, Tatsuo
Bulletin of the Chemical Society of Japan   89(8) 911-913   2016年8月
Newly synthesized 4,4'-distyrylbiphenyl cored water soluble dendrimers underwent trans-to-cis photoisomerization, while the core 4,4'-distyrylbiphenyl underwent cis-to-trans one-way photoisomerization.

書籍等出版物

 
New Frontiers in Photochromism
Arai,Tatsuo
2013年5月   
光エネルギーの変換と貯蔵のためのケミカルズ
徳丸克己;新井達郎
「これからのスペシャルテイケミカルズ」、日本能率協会   1980年1月   
芳香族オレフィンの三重項を経由するシスートランス異性化の機構
徳丸克己;新井達郎 (担当:監修)
化学   1982年1月   
ビリルビンの光反応生成物と光療法の関係
新井達郎 (担当:監修)
化学と工業   1986年1月   
二重結合の光異性化の新展開
新井達郎;徳丸克己 (担当:監修)
有機合成化学協会誌   1986年1月   

講演・口頭発表等

 
Control of photoisomerization of C = C double bond by hydrogen bonding and photoinduced hydrogen atom transfer
Azechi, Yousuke;Takemura, Keiko;Shinohara, Yoshihiro;Nishimura, Yoshinobu;Arai, Tatsuo
Japanese-French Joint Seminar on Organic Photochromism-Switches and Memories   2006年   
A practical simulation and a novel insight to the magnetic field effect on a radical pair in a micelle
Maeda,K;Miura,T;Arai,T
9th International Symposium on Spin and Magnetic Field Effects in Chemistry and Related Phenomena   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
巨大分子を基軸とする光固液相転移材料の開発
筑波大学: 産総研と筑波大との併せファンド
研究期間: 2014年12月 - 2016年3月    代表者: 新井達郎
光誘起電子移動によるケージド化合物の高性能化研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2011年 - 2014年
巨大構造変化を伴うフォトクロミック系の創出                   
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2007年 - 2011年
巨大分子デンドリマーの合成と光機能界面への展開 
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2005年 - 2007年
デンドリマー光化学と反応ダイナミクスの展開
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2004年 - 2006年