林 英生

J-GLOBALへ         更新日: 03/11/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
林 英生
 
ハヤシ ヒデヲ
URL
http://igaku.tsukuba
所属
中国学園大学
部署
現代生活学部 人間栄養学科
職名
教授
学位
医学博士(岡山大学), 医学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1969年
 - 
1982年
岡山大学医学部 講師・助教授
 
1982年
 - 
1990年
香川医科大学 教授
 
1990年
 - 
2003年
筑波大学基礎医学系 教授
 
2003年
   
 
-   中国学園大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1969年
岡山大学 医学研究科 生化学
 
 
 - 
1964年
岡山大学 医学部 医学
 

委員歴

 
1991年
 - 
1993年
日本細菌学会  理事, 理事長
 
1997年
 - 
1999年
日本熱帯医学会  理事
 

Misc

 
病原細菌ゲノム配列解析が明らかにした微生物科学の新たな可能性
実験医学」   21,1591-1597    2003年
病原微生物ゲノム解析の現状と展望
日本臨床   61(3) 405-413    2003年
感染症の変遷ー概念の変遷ー
日本臨床   61(2) 41-52    2003年
病原微生物のゲノム解析
蛋白質・核酸・酵素   46(16) 2400-2406    2001年

書籍等出版物

 
「クロストリジュウム」 ゲノム・プロテオミクスの新展開ー生命情報の解析と応用ー
エヌ・ティー・エヌ   2004年   
病原細菌のゲノム構造 医学をゲノムする
南山堂   
化膿性疾患を起こすグラム陽性球菌 微生物はなぜ病気を起すかーゲノムの特徴ー
クバプロ   2004年   

Works

 
国際感染症臨床情報
1997年 - 2000年
サルモネラの診断・予防法の開発
1999年 - 2001年
微生物のゲノム配列解析による病原性と有用遺伝子の解析
2000年

競争的資金等の研究課題

 
病原性細菌の病原因子の解析
科学研究費補助金
研究期間: 1972年   
感染症とその制御管理
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 1980年   
微生物のゲノム配列解析による病原性と有用遺伝子システムの解明
未来開拓学術研究推進事業
研究期間: 1998年   
細菌の病原性について
国際医学・医療協力