太田 敏子

J-GLOBALへ         更新日: 07/06/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
太田 敏子
 
オオタ トシコ
所属
旧所属 筑波大学 人間総合科学研究科 社会環境医学専攻
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 筑波大学大学院人間総合科学研究科・教授
 
2002年
 - 
2004年
 筑波大学基礎医学系・教授
 
1997年
 - 
2002年
 筑波大学医療技術短期大学部・教授
 
1995年
 - 
1997年
 筑波大学基礎医学系・助教授
 
1991年
 - 
1995年
 筑波大学基礎医学系・講師
 

学歴

 
 
 - 
1967年
東京都立大学 理学部 生物学
 

Misc

 
Linkage between toxin production and purine biosynthesis in Clostridium difficile.
J. Med. Microbiol.   51 34 41   2002年
Maruyama A., Kumagai Y., Morikawa K., Taguchi K., Hayashi H., and Ohta T. Oxidative stress-inducible qorA encodes an NADPH-dependent quinine oxidoreductase catalyzing a one-electron reduction in Staphylococcus aureus
Microbil. (in press)   
Staphylococcus aureus sigma factor sigB confers resistance to nematode antimicrobial peptide ASABF.
J. Antimicrobial. Chemother.      2005年

書籍等出版物

 
生化学-分子から病態まで-
東京化学同人   2000年   
遺伝子と遺伝子発現および制御機構
東京化学同人生化学   2000年   
原子間力顕微鏡による遺伝子と蛋白質の相互作用の観察法
南光堂分子細胞生物学基礎実験法   2004年   
Drp35はラクトン加水分解活性をもつ酵素である
第50回ブドウ球菌研究会   2005年   
sigH遺伝子の種同定への応用〜sigH遺伝子でたどるブドウ球菌の進化〜
第50回ブドウ球菌研究会   2005年   

Works

 
黄色ブドウ球菌の熱ショック蛋白質調節因子が結合するDNAのステムループ構造のAFMによるモデル
1996年 - 2000年
代表的院内感染菌MRSAの全ゲノム配列
2000年 - 2001年
植物の炭素繊維による抗菌作用
1999年 - 2000年
腐性ブドウ球菌のゲノム解析
2003年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
病原細菌の分子生物学
その他の研究制度
研究期間: 2000年 - 2008年
腐性ブドウ球菌のゲノムプロジェクト
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2005年
黄色ブドウ球菌のバイオフィルム形成機構
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2006年
細菌の各種環境下におけるクロマチン構造の研究
その他の研究制度
研究期間: 2004年 - 2008年
大腸菌O-157のベロ毒素分泌装置の解明
その他の研究制度
研究期間: 2004年 - 2006年