加賀 信広

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:07
 
アバター
研究者氏名
加賀 信広
 
カガ ノブヒロ
eメール
kaga.nobuhiro.gbu.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1989年
群馬大学 講師
 
1989年
 - 
1999年
筑波大学 講師
 
1999年4月
 - 
2005年11月
筑波大学 助教授
 
2005年11月
   
 
筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
筑波大学 第一学群 言語学
 
 
 - 
1986年
筑波大学 文芸・言語研究科 言語学
 

委員歴

 
2015年3月
   
 
韓国日本学会  編集委員
 

受賞

 
2008年11月
語学教育研究所 市河三喜賞
 

論文

 
Japanese Double Nominative Constructions Revisited
Kaga,Nobuhiro
日本學報   113輯 1-27   2017年11月   [査読有り]
日本語受動文の統語構造再考(4)
加賀,信広
文藝言語研究 言語篇   73 35-58   2018年3月   [査読有り]
日本語受動文の統語構造再考(3)
加賀,信広
文藝言語研究 言語篇   72 67-82   2017年9月
日本語ニ受動文における受影性の起源~意味役割理論と格配列理論からの帰結~
加賀, 信広
JELS(日本英語学会研究発表論文集)   (34) 56-62   2017年3月   [査読有り]
日本語受動文の統語構造再考(2)
加賀, 信広
文藝言語研究 言語篇   71 133-162   2017年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
授業力アップのための一歩進んだ英文法
加賀,信広
開拓社   2017年6月   
英語学を英語授業に活かす~市河賞の精神を受け継いで~
加賀,信広
開拓社   2018年9月   
<不思議>に満ちたことばの世界
加賀, 信広
開拓社   2017年3月   ISBN:9784758922401
ひつじ意味論講座2 構文と意味
加賀,信広
ひつじ書房   2012年9月   ISBN:978-4-89476-5
Thematic Structure: A Theory of Argument Linking and Comparative Syntax
加賀, 信広
Kaitakusha   2007年10月   ISBN:9784758921336

講演・口頭発表等

 
前置詞にみる英語の規則性・体系性 [招待有り]
加賀,信広
語研FORUM 2016年度研究大会 協議会G   2016年11月19日   語学教育研究所
日本語間接受動文の被害性と格配列理論
加賀,信広
日本言語学会第154回大会   2017年6月24日   
日本語ニ受動文における受影性の起源~意味役割理論と格配列理論からの帰結~ [招待有り]
加賀, 信広
日本英語学会第34回大会   2016年11月12日   日本英語学会
意味役割と格特性~統語論から見る英語の諸構文~
加賀,信広
日本英文学会第85回全国大会シンポジウム第十部門「意味役割と事象構造をめぐって」   2013年5月25日   

競争的資金等の研究課題

 
意味役割
数量詞の分析