鷲尾 龍一

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/22 17:24
 
アバター
研究者氏名
鷲尾 龍一
 
ワシオ リユウイチ
URL
http://www.modern.tsukuba.ac.jp/washio
所属
学習院大学
部署
文学部 日本語日本文学科
職名
教授
学位
博士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
旧所属 筑波大学 人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻 教授
 
2004年
   
 
- 筑波大学人文社会科学研究科・教授
 
1999年
 - 
2001年
 国立国語研究所・特別研究員
 
1999年
   
 
 韓国高麗大学言語情報研究所・招請教授
 
1999年
 - 
2004年
 筑波大学現代語現代文化学系・教授
 

委員歴

 
2012年
   
 
日本言語学会  編集委員
 
2014年
   
 
日本エドワード・サピア協会  会長
 
2014年
   
 
日本英語学会  評議員
 

Misc

 
Ryuichi Washio
Journal of East Asian Linguistics   13 197-256   2004年
일본어에서 본 조동사 선택 현상
鷲尾 龍一
『어학연구』   38 921-942   2002年
Resultatives, Compositionality and Language Variation
Ryuichi Washio
Journal of East Asian Linguistics   6 1-49   1997年
Does French Agree or Not?
Ryuichi Washio
Lingvisticae Investigationes (France)   9(2) 377-414   1994年
When Caustives Mean Passive : A Cross-Linguistic Perspective
Ryuichi Washio
Journal of East Asian Linguistics   2(1) 45-90   1993年

書籍等出版物

 
『国語学史の近代と現代: 研究史の空白を埋める試み』
開拓社   2014年   
『日本文法の系譜学: 国語学史と言語学史の接点』
開拓社   2012年   
『ヴォイスの対照研究:東アジア諸語からの視点』
くろしお出版   2008年   
『ヴォイスとアスペクト』日英語比較選書7
研究社   1997年   
Interpreting Voice : A Case Study in Lexical Smantics
Kaitakusha   1995年   

講演・口頭発表等

 
「対照言語学の近代と現代」
『ヴォイスの対照研究はどこまで進んだか、そしてに向うのか― 研究史の再評価と今後展望にむけて』日本英語学会第31回大会(福岡大学)   2013年   
「思考・文化・文学・言語」
『認知言語学の学び方10』(東京大学・駒場キャンパス)   2013年   
「対照言語学事始め」
国際日本研究センター第9回研究会(東京外国語大学)   2013年   
「長嶋善郎:サピアと多言語比較研究(2003)」
日本エドワード・サピア協会第27回研究発表会(上智大学)   2012年   
「サピアのGENIUSと『國語の天性』をめぐって」
日本エドワード・サピア協会第26回研究発表会(北海道大学)   2011年   

Works

 
先端的言語理論の構築とその多角的な実証
1997年 - 2001年
言語の普遍性と個別性に関する記述的・理論的総合研究
1995年 - 1997年
文法的意味の普遍性と多様性に関する研究
1997年 - 2000年
東アジア諸語のカテゴリー化と文法化に関する対照研究
1999年 - 2005年
助動詞の体系が言語に及ぼす影響に関する理論的・実証的総合研究
2004年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
東アジア諸語のカテゴリー化と文法化に関する対照研究
研究期間: 1999年 - 2005年
助動詞の体系が言語に及ぼす影響に関する理論的・実証的総合研究
研究期間: 2004年   
述語合成に関する記述的・理論的研究
研究期間: 2004年