井上 哲郎

J-GLOBALへ         更新日: 10/05/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
井上 哲郎
 
イノウエ テツロウ
所属
旧所属 筑波大学 システム情報工学研究科
職名
教授
学位
工学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
1999年
   
 
- 筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
東京大学 工学部 建築学科
 

受賞

 
2009年
日本建築学会賞(論文)
 

Misc

 
井上哲郎, 竹端陽一
日本建築学会日本建築学会構造系論文集   (628) 983-990   2008年
アルミニウム合金サンドイッチパネルの捩り
日本建築学会日本建築学会構造系論文集   (595)    2005年
圧縮を受ける円形鋼管短柱の降伏棚上での安定性に関する研究 <象の足座屈における理論と実験事実の乖離>
日本鋼構造協会鋼構造論文集   10(39) 51-61   2003年
アルミニウム合金サンドイッチパネルの圧縮耐力
日本建築学会日本建築学会構造系論文集   (565) 143-149   2003年
アルミニウム合金サンドイッチパネルの圧縮耐力
日本建築学会日本建築学会構造系論文集   (第 527) .205ー212   2001年

書籍等出版物

 
構造物の崩壊解析(応用編)4.3二軸直応力をうける鋼板の塑性座屈解析,応用力学シリーズ7
日本建築学会   1999年   
構造物の崩壊解析(基礎編)3.3塑性座屈解析における板の剛性評価(二軸方向に直応力を受ける場合),応用力学シリーズ4
日本建築学会   1997年   
構造物の不安定現象と限界状態    4.鋼板の塑性座屈解析, 応用力学シリーズ1
日本建築学会   1994年   

Works

 
アルミニウム合金を用いた建築構造に関する研究
1997年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
ステンレス鋼梁およびビームコラムの曲げ耐力に関する研究
その他の試験研究機関
研究期間: 1999年 - 2003年
圧縮を受ける円形鋼管短柱の降伏棚上での安定性に関する研究(理論と実験事実の乖離)
建設技術研究開発助成制度
研究期間: 2000年 - 2002年
圧縮を受ける円形鋼管短柱の降伏棚上での安定性に関する研究(理論と実験事実の乖離)
建設技術研究開発助成制度
研究期間: 2000年 - 2002年
鋼板の座屈に及ぼす塑性流れの果たす役割に関する研究
研究期間: 1980年 - 2009年