小畑 二郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/31 17:34
 
アバター
研究者氏名
小畑 二郎
 
オバタ ジロウ

経歴

 
 
   
 
立正大学 経済学部経済学科 教授
 
2010年4月
 - 
2018年3月
立正大学 経済学部 経済学科 教授
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 経済学研究科博士課程 
 

委員歴

 
2011年10月
 - 
現在
幹事・全国大会準備委員
 
2015年11月
 - 
現在
ケインズ学会第5回全国大会組織委員長
 
2016年
   
 
学生生活委員会
 
2016年
   
 
経済研究所長
 
2016年
   
 
経済研究所評議員長
 

論文

 
ヒックス『賃金の理論』の再検討―雇用の一般理論序説
経済学季報   66(4) 1-55   2017年3月
ケインズ・ヒックスの流動性理論と金融不安定仮説
経済学季報   65(3・4) 1-26   2016年3月
ケインズの科学的方法について
経済学季報   64(4) 1-44   2015年3月
ケインズからヒックスへの資本理論の発展
経済学季報   63(4) 33-71   2014年3月
ケインズからヒックスへの金融政策の発展
経済学季報   62(4) 49-77   2013年3月

Misc

 
ジェイムズ・M・ブキャナン :公共選択論と立憲的政治経済学を創設(温経知世79回)
エコノミスト   91(20) 50-51   2013年5月
ジョン・ヒックス: ミクロとマクロで近代経済学の基礎築く(温経知世 66回)
エコノミスト   91(4) 54-55   2013年1月
The Rise of the Current Banking System in Japan,1868-1936
Tsukuba Economic Working Paper   2009-011 -113   2009年8月

書籍等出版物

 
経済学の歴史
慶應義塾大学出版会   2014年11月   
ヒックスと時間-貨幣・資本理論と歴史理論の総合
慶応義塾大学出版会   2011年5月   
ケインズの思想-不確実性の倫理と貨幣・資本政策
慶応義塾大学出版会   2007年11月   
社会知のフロンティア
新曜社   1997年11月   
倫理の経済学(ジェームズ・M・ブキャナン著 ; 小畑二郎訳)
ジェームズ・M・ブキャナン著 ; 小畑二郎訳) (担当:単訳)
有斐閣   1997年2月   

講演・口頭発表等

 
討論者:渡辺良夫「『一般理論』第17章自己利子率について」に対する討論
ケインズ学会第6回全国大会   2016年12月4日   
討論者:Discussion on Atsushi Komine, “On the Recent Keynes Papers”, International Workshop on the Welfare Economics and Keynesian Economics
[科学研究費補助金:基盤研究A「](ケンブリッジ、オックスフォード、LSEの経済思想と現代福祉国家の変容」(研究代表者:西沢保)による国際ワークショップ   2016年9月6日   
ケインズ・ヒックスの流動性理論とミンスキーの金融不安定仮説
ケインズ学会第5回全国大会   2015年11月29日   
11th International Keynes Conference:セッション座長
11th International Keynes Conference   2015年3月   
ケインズの科学的方法について
ケインズ学会第4回全国大会   2014年11月29日   

競争的資金等の研究課題

 
ヒックスの貨幣資本理論と歴史理論の総合
研究期間: 1985年4月 - 現在

社会貢献活動

 
茨城県北生涯学習センター 公開講座 講師
【】  2002年4月 - 2003年3月