書籍等出版物

2008年6月

会社法体系2〔株式・新株予約権・社債〕

  • 編者代表
  • ,
  • 江頭憲治郎
  • ,
  • 門口正人
  • ,
  • 共著者
  • ,
  • 周剣龍
  • ,
  • 出口正義
  • ,
  • 矢吹徹雄
  • ,
  • 西村光治
  • ,
  • 杉井孝
  • ,
  • 近藤純一
  • ,
  • 野本彰
  • ,
  • 池田光宏
  • ,
  • 大橋正春ほか

担当区分
共著
出版者・発行元
青林書院
総ページ数
担当ページ
27-51

担当:第1章 株式会社②株式2「株主の平等」 平成17年会社法で新設された第109条〔株主の平等〕の規定の立法の意義と問題点を、衡平を基礎とする従来の伝統的な平等原則の観点から批判的に考察したものである。平等原則は、株式の数に応じた比例的平等取扱いと解されるべきか(株式の平等。形式的平等)または株主の合理的理由のない差別は許されないと解すべきか(株主の恣意的差別の禁止。実質的平等)をめぐり議論が分かれる。会社法は前者を一般的に表明すると解されるが、本稿は、平等原則は衡平の理念を基礎とする株主の恣意的差別