Doi Takayoshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
Doi Takayoshi
E-mail
doi.takayoshi.gbu.tsukuba.ac.jp
Affiliation
University of Tsukuba
Section
Faculty of Humanities and Social Sciences
Job title
Professor
Research funding number
60217601

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1984
First Cluster of College, University of Tsukuba
 
 
 - 
1989
Graduate School, Division of Human Science, Osaka University
 

Published Papers

 
内閉化する交友圏の病理-いじめ問題の社会背景-
土井,隆義
教育と医学   67(8) 12-18   Sep 2019
同調圧力と学校文化-いじめ問題と生徒指導に通底するもの-
土井,隆義
Education outlooks   65(8) -46   Sep 2019
長期化する引きこもり-彼らの問題に矮小化できぬ-
土井,隆義
中国新聞   7月6日(朝刊) 6-6   Jul 2019
アウトリーチを伸ばす
土井,隆義
I.I.MECA   88 1-1   Jul 2019
「コスパ社会」の闇-過程を軽視 不祥事誘発-
土井,隆義
北海道新聞   6月21日(朝刊) 7-7   Jun 2019

Books etc

 
「宿命」を生きる若者たち-格差と幸福をつなぐもの-
土井,隆義
岩波書店   Jun 2019   ISBN:9784002710013
少年と罪-事件は何を問いかけるのか-
土井,隆義 (Part:Contributor, 居場所を求める「拡張現実」)
ヘウレーカ   Oct 2018   ISBN:4909753001
感情強要社会
土井, 隆義 (Part:Contributor, つながり過剰症候群-ともだち探しという明るい地獄-)
たばこ総合研究センター/水曜社   Jul 2018   ISBN:9784880654485
地域から考える世界史-日本と世界を結ぶ-
土井,隆義 (Part:Contributor, 地元志向と歴史感覚-内閉化に抗う歴史教育-)
勉誠出版   Oct 2017   
0歳児からのIT機器利用と保護者の情報モラル報告書
土井,隆義 (Part:Contributor, 情報モラルの社会的格差-格差化する家庭養育の陥穽-)
日本教育情報化振興会   Mar 2018   

Conference Activities & Talks

 
現代の生きづらさを考える-幸福と不安のありかをめぐって- [Invited]
土井,隆義
第14回学会大会特別講演   22 Sep 2019   日本精神対話学会
 現在の日本では、かつての一億総中流神話が崩れ、人びとの格差が拡大しています。相対的貧困率で見ると、1985年のそれは12.0%だったのに対し、2012年には16.1%まで上昇しています。2015年にはやや下がりましたが、それでもまだ15.7%です。若年層の状況も深刻で、同居する大人の所得で計算する18歳未満の子どもの貧困率は、1985年に10.9%だったものが、2012には16.3%まで跳ね上がり、その後、改善された2015年でも13.9%の高さです。OECD加盟国における子どもの貧困率...
つながり過剰症候群の時代-流動化する人間関係の光と影- [Invited]
土井,隆義
第29回日本外来小児科学会年次集会   31 Aug 2019   日本外来小児科学会
〈つながり〉を煽られる時代-ネットコミュニケーションをめぐる光と影- [Invited]
土井,隆義
日本ピアカウンセリング・ピアエデュケーション研究会平成30年度大会   23 Nov 2018   日本ピアカウンセリング・ピアエデュケーション研究会
現代少年非行の特徴-少年非行はなぜ減少しているのか- [Invited]
Doi,Takayoshi
龍谷大学矯正・保護課程開設40周年記念シンポジウム「少年司法のゆくえ」   18 Mar 2018   龍谷大学矯正・保護総合センター
情報モラルの社会的格差-格差化する家庭養育の陥穽-
Doi,Takayoshi
第43回全日本教育工学研究協議会全国大会   24 Nov 2017   日本教育工学協会