池田 三郎

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
池田 三郎
 
イケダ サブロウ
所属
旧所属 筑波大学 社会工学系
職名
教授
学位
工学修士(京都大学), 工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1976年
京都大学工学部 助手
 
1976年
 - 
1977年
国際応用システム解析研究所 研究員
 
1980年
 - 
1981年
ロンドン大学インペリアルカレッジ 招へい研究員
 
1982年
 - 
1986年
筑波大学 助教授
 
1986年
 - 
2003年
筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1965年
京都大学 工学研究科 数理工学
 
 
 - 
1963年
京都大学 工学部 数理工学
 

委員歴

 
1990年
 - 
1997年
システム情報制御学会  評議員
 
1991年
 - 
1993年
Society for Risk Analysisリスク分析学会  理事
 
1990年
 - 
1993年
システム農学会  理事,副会長,監事
 
1994年
 - 
1995年
日本リスク研究学会  会長,理事
 
2000年
 - 
2002年
環境科学会  理事,評議員
 

受賞

 
1986年
フルブライム上級研究員(プログラム)
 
1994年
システム農学会学術賞
 
1995年
学会貢労賞及びFellow(フェロー)(Outstanding Service Award) Society for Risk Analysis(国際リスク分析学会)
 
2000年
日本リスク研究学会賞
 

Misc

 
沿岸域資源の持続的利用と環境保全に関する経済-生態系モデル
システム農学会誌   7(2)    1991年
都市水系ネットワークの対象モデルを持ったリスク評価支援システム
人工知能学会誌   7(2)    1992年
前田 恭伸, 池田 三郎
環境科学会誌   6(4) 287-296   1993年
環境リスクの評価と管理
季刊環境研究   100 106-113   1996年
リスク情報提供効果の計測 -医薬品副作用がリスク軽減行動に与える影響
日本リスク研究学会誌   3(1) 77-83   1991年

書籍等出版物

 
計画の構造化と同定の数理(都市計画の数理)
(都市計画の数理)朝倉書店   1985年   
水産生物に及ぼすN:P比影響のシミュレーション
水域の窒素・リン比と水産生物(水産学会,水産学シリーズ)   1993年   
Sea-level Rise and sea of Japan
United Nations Univ.Press:Global Environmental Risk   2001年   
Systems Analysis on the Mechanism of Red-Tide owtbreaks (Chapter7)
Kluwer.Academic Publisher:'Red Tides'   

競争的資金等の研究課題

 
大規模複雑系のモデル化と数値シミュレーションの手法に関する研究
環日本海地域の資源・環境リスク問題
研究期間: 1998年 - 2002年
新規環境・技術リスクへの社会的カバナンスの国際比較
JST社会技術研究プログラム(RISTEX)
研究期間: 2002年 - 2005年
環境リスクの社会的管理手法と制度の研究