寺野 隆雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/29 18:42
 
アバター
研究者氏名
寺野 隆雄
 
テラノ タカオ
eメール
tteranocomputer.org
URL
http://www.trn.dis.titech.ac.jp/
所属
千葉商科大学
部署
サイエンスアカデミー
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)
その他の所属
筑波大学
科研費研究者番号
20227523

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1989年
:(財)電力中央研究所 経済研究所 主査研究員
 
1990年
 - 
2003年
:筑波大学 ビジネス科学研究科 教授
 
2004年
   
 
-:東京工業大学 総合理工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東京大学 工学系研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1976年
東京大学 工学部 計数工学科
 

受賞

 
1999年
情報処理学会山下記念賞
 
1998年
日本社会情報学会全国大会研究発表賞
 
1998年
人工知能学会全国大会論文賞
 
1988年
(社)電力土木協会高橋賞
 
1998年
経営情報学会全国大会発表賞
 

Misc

 
齋藤耕一, 大幢 勝利, 櫻井 成一朗, 寺野 隆雄
情報処理学会研究報告情報学基礎(FI)   2005(42) 17-24   2005年5月
安全を守る為の安全対策でもWeb上のリスクコミュニケーションが、盛んに行われている。しかし、Web上で参加者は、共通の認識がかけている場合があり、共通の危険に直面したときでも人それぞれの対応を示す。対応によっては、大きな事故の発生の要因になる。本文では、共通認識を前提としないメッセージの意図をくみ取るためのコンピュータによるリスクコミュニケーションの支援の方法を提案する。支援の方法の一つは、コミュニケーションのテキスト文をキーワードで表すことである。しかし、立場によってキーワードの意味が異...
寺野隆雄
計測と制御   Vol.43(No.8) 606-612   2004年8月
木嶋 恭一, 出口 弘, 寺野 隆雄
情報処理   55(2) 126-131   2014年1月
20世紀最後から21世紀の最初にかけて形成されたサービス・サイエンスの概念は,学術的にも実践的にもさまざまな広がりをみせている.しかし,対象分野の広がりとともに,新しい学際領域としてのサービス・サイエンスはいささか混乱した状況にある.本稿では,サービス・サイエンスを,要素とその関連性を扱うシステム・サイエンスの観点から考察し,サービス・システム・サイエンスという考え方がその根幹となるべきであると主張する.これによって,サービス・サイエンスが必然的に学際的・領域横断的な性質をもち,また,サー...
高橋大志 寺野隆雄
電子情報通信学会論文誌   J86-D-I(8) 618-628   2003年8月
本研究は,リスクマネジメントが市場全体にもたらす影響をエージェントベースアプローチにより分析したものである.はじめに金融工学の分野において報告されているリスクマネジメント手法の有効性を確認した後,過度のリスク管理が実施される場合や周りの投資家動向を考慮する投資家が多数存在する場合などの特殊な条件下においてはリスクマネジメントが市場価格を適切な水準から乖(かい)離させる可能性のあることを確認した.
佐賀井 重雄, 寺野 隆雄
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   132(7) 1144-1149   2012年7月
The effect of an outage caused by a disaster is serious to the society, because the power distribution line is a common basic infrastructure for life support. And the time estimation of emergency restoration process of power distribution line afte...

書籍等出版物

 
Fairy Wing:Distributed Information Service with RFID Tags
Proc. IJCAI 2003 Workshop on Multi-Agent for Mass User Support, Springer   2004年   
Analysis of Passive Investment Strategies and Asset Price Fluctuation in Financial Markets through Agents. in Terano, T., Kita, H., Kaneda, T., Arai, K., Deguchi, H. (Eds.): Agent-Based Simulation, from Modeling Methodologies to Real-World Applic・・・
Springer   2005年   
Analysis of Passive Investment Strategies and Asset Price Fluctuation in Financial Markets through Agents. in Terano, T., Kita, H., Kaneda, T., Arai, K., Deguchi, H. (Eds.): Agent-Based Simulation, from Modeling Methodologies to Real-World A...
Agent-Based Simulation - from Modeling Methodologies to Real-World Applications
Springer   2005年   
Meeting the challenge of Social Problems via Agent-Based Simulation
Springer-Verlag, Tokyo   2003年   ISBN:978-4-431-00830-9
eビジネスの理論と応用 情報推薦システム
東京電機大学出版局   2003年   

講演・口頭発表等

 
Design of a Software Agent for Business Game Simulation
IFSR 2005 (The First International Congress of the International Federation for Systems Research)   2005年   
QC Chart Mining: Extracting Systematic Error Patterns from Quality Control Charts
SMC 2005 (IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics)   2005年   
A Case-Oriented Game for Business Learning
9th International Conference on Knowledge-Based & Intelligent Information & Engineering Systems (KES2005)   2005年   
Multi-agent Modeling of Peer to Peer Communication with Scale-Free and Small-World Properties
9th International Conference on Knowledge-Based & Intelligent Information & Engineering Systems (KES2005)   2005年   
Examining the Myth of Money with Agent-Based Modeling
the Third Conference of the European Social Simulation Association (ESSA 2005)   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
計算数理組織理論
研究期間: 1992年