小場瀬 令二

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/21 11:49
 
アバター
研究者氏名
小場瀬 令二
 
オバセ レイジ
URL
http://dojo.sk.tsukuba.ac.jp
学位
工学博士(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 システム情報工学研究科 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻 教授
 
1981年
 - 
1986年
 豊橋技術科学大学 助手 建設工学系
 
1986年
 - 
1988年
 昭和女子大学 助教授 生活文化学科
 
1988年
 - 
1989年
 ヘルシンキ工科大学 客員教授
 
1988年
 - 
1993年
 筑波大学 講師 社会工学系
 

学歴

 
 
 - 
1977年
東京都立大学 工学研究科 建築学
 
 
 - 
1971年
早稲田大学 理工学部 建築
 

委員歴

 
1992年
   
 
日本建築学会  都市計画委員会委員 関東支部都市計画部門幹事
 
1992年
   
 
日本都市計画学会  学術委員会員
 

受賞

 
2010年
取手駅西口地区まちづくり企画提案で大賞(最優秀賞)
 
2009年
「美しくまちをつくるむらをつくる」コンペ(対象地江東区)で優秀賞受賞
 
2008年
「美しくまちをつくるむらをつくる」コンペ(対象地墨田区)で墨田区長賞受賞
 
2007年
「美しくまちをつくるむらをつくる」コンペ(対象地神崎町)で優秀賞受賞
 
2006年
「美しくまちをつくるむらをつくる」コンペ(対象地浦安)で最優秀賞受賞
 

Misc

 
超郊外住宅地、バブルの再来を待ち望んで
日本不動産学会日本不動産学会誌   88-2009(23-1) 52-56   2009年
自治体の類型化からみた地域ブランド関連施策の特徴に関する研究
日本土木学会土木計画学研究・論文集   25-2(319-328)    2008年
人口減少時代にもかかわらず住環境が激変悪化する都市計画の失敗被害予測システムー200年住宅地を目指してー
日本建築学会日本建築学会都市計画部門パネルディスカッション資料   19-22   2008年
皇居を中心とした明治期の東京の都市づくりに関する研究
日本都市計画学会日本都市計画学会学術研究論文集41号   41 747-752   2006年
民間開発による地区計画のある遠隔郊外住宅地の相続時の変容動向に関する研究―八王子市めじろ台住宅団地を事例として-
日本都市計画学会日本都市計画学会学術研究論文集41号   41 671—676   2006年

書籍等出版物

 
郊外都市開発の歴史から見た農住都市構想と郊外都市論
財団法人JA総合研究所   2010年   
都市をつくった巨匠ーエリエル・サーリネンー
ぎょうせい   2004年   
ヘルシンキ/森と生きる都市
市ケ谷出版   1997年   
Ecological science for River
University of Tokyo Press   1993年   
河川生態環境工学
東京大学出版会   1993年   

Works

 
古河市立交流センター
芸術活動   2009年
古河市立第六小学校
芸術活動   2009年
古河市立総和中学校
芸術活動   2007年
200年住宅地の研究
2009年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
住区内街路