赤平 昌文

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/06 12:49
 
アバター
研究者氏名
赤平 昌文
 
アカヒラ マサフミ
URL
http://www.math.tsukuba.ac.jp/~akahira/masafumi/
所属
筑波大学
職名
名誉教授
学位
理学博士(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
筑波大学 名誉教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
筑波大学 特命教授・名誉教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
筑波大学 理事・副学長
 
2007年4月
 - 
2009年3月
筑波大学大学院 数理物質科学研究科長
 
2006年8月
 - 
2017年9月
日本学術会議 連携会員
 

学歴

 
1969年4月
 - 
1971年3月
早稲田大学 理工学研究科修士課程 数学専攻
 
1965年4月
 - 
1969年3月
早稲田大学 理工学部 数学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
一般社団法人 日本統計学会 会長
 
2011年4月
 - 
2013年6月
日本統計学会  代議員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
応用統計学会  評議員
 
2010年9月
 - 
2011年3月
日本統計学会  評議員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
応用統計学会  監事
 

受賞

 
2013年4月
平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
 
2007年9月
日本統計学会賞
 
2004年9月
日本数学会解析学賞
 

論文

 
Second-order asymptotic loss of the MLE of a truncation parameter for a truncated exponential family of distributions
Akahira, M. and Ohyauchi, N.
Commun. Statist. - Theory Meth.   46(12) 6085-6097   2017年   [査読有り]
Akahira, M. and Ohyauchi, N.
J. Japan Statist. Soc.   46(1) 27-50   2016年   [査読有り]
Akahira, M., Hashimoto. S, Koike, K. and Ohyauchi, N.
Commun. Statist. - Theory and Meth.   45(19) 5637-5659   2016年   [査読有り]
Akahira, M.
Ann. Inst. Statist. Math.   68(3) 469-490   2016年   [査読有り]

Misc

 
統計的推測理論の深化と進展のヒストリー
赤平 昌文
日本統計学会誌   47(2) 51-76   2018年   [査読有り][依頼有り]
統計的予測はどれほど可能か
赤平 昌文
Re ( (一財) 建築保全センター )   (196) 20-23   2017年   [依頼有り]
歴史的事象の統計的考察と画期的な推測法の進展
赤平 昌文
日本物理学会誌   68(2) 81-88   2013年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
Statistical Estimation for Truncated Exponential Families
Akahira, M.
Springer   2017年   
Joint Statistical Papers of Akahira and Takeuchi
Akahira, M. and Takeuchi, K.
World Scientific   2003年   
統計解析入門
赤平昌文
森北出版   2003年   
Non-Regular Statistical Estimation
Akahira, M. and Takeuchi, K.
Springer   1995年   
The Structure of Asymptotic Deficiency of Estimators
Akahira, M.
Queen's University Press   1986年   

競争的資金等の研究課題

 
統計的欠損性の階層構造の解明とその応用
科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 赤平 昌文
科学研究費(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2016年    代表者: 赤平昌文
統計的実験とその応用の新開拓
科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 赤平 昌文
科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 赤平昌文
科学研究費(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 赤平昌文