南 就将

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:31
 
アバター
研究者氏名
南 就将
 
ミナミ ナリユキ
eメール
minamia5.keio.jp
URL
http://user.keio.ac.jp/~minami/
所属
慶應義塾大学
部署
医学部(日吉)
職名
教授
学位
理学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
10183964

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1992年1月
筑波大学数学系助手
 
1992年2月
 - 
1996年3月
筑波大学数学系講師
 
1996年4月
 - 
2004年3月
筑波大学数学系助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学大学院数理物質科学研究科助教授
 
2007年4月
   
 
慶應義塾大学医学部・教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
東京工業大学 理学部 応用物理学科
 
 
 - 
1986年3月
東京工業大学 理工学研究科 応用物理学
 

委員歴

 
2010年3月
 - 
2012年2月
日本数学会  統計数学分科会評議員
 

論文

 
女子中学生のみに風疹予防接種を施した場合に予測される長期的帰結について
南 就将
慶應義塾大学日吉紀要自然科学   64 21-29   2018年
水理学と土質力学における二、三の公式の相加平均・相乗平均不等式に基づく導出
南 就将
慶應義塾大学日吉紀要自然科学   61 63-80   2017年
感染症流行の数理モデル―大学初年次で学ぶ数学の応用例―
南 就将
慶應義塾大学日吉紀要自然科学   58 33-51   2015年
Definition and self-adjointness of the stochastic Airy operator
南 就将
Markov Processes Relat. Fields   21 695-711   2015年   [査読有り][招待有り]
Makino Hironori, Minami Nariyuki
Prog. Theor. Exp. Phys.   073A01    2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
明解 微分積分
南 就将、笠原勇二、若林誠一郎、平良和昭 (担当:共著)
数学書房   2010年   ISBN:978-4-903342-14-6

講演・口頭発表等

 
減衰因子のあるホワイトノイズをポテンシャルとする1次元シュレーディンガー作用素について
南 就将
日本数学会2018年会   2018年3月   日本数学会
A stochastic model of generation time [招待有り]
南 就将
IMAID 2017   2017年   Institute of Statistical Mathematics
One dimensional Schrodinger operator with decaying white noise potential. [招待有り]
南 就将
Mathematical Physics Days   2016年   
Possible consequences of rubella vaccination limited to schoolgirls
南 就将
IMAID 2015   2015年   
Consideration of rubella epidemic based on mathematical modelling
南 就将
感染症数理モデルの実用化と産業および政策での活用   2015年10月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ランダム作用素の固有値分布と関連する極限定理
学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 南 就将