神崎 亮平

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/21 17:38
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
神崎 亮平
 
カンザキ リョウヘイ
URL
http://www.brain.imi.i.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
先端科学技術研究センター
職名
所長・教授
学位
理学博士(筑波大学)

プロフィール

1986年筑波大学大学院生物科学研究科博士課程修了.理学博士.1987年アリゾナ大学神経生物学研究所博士研究員.1991年筑波大学生物科学系助手,講師,助教授.2003年同教授.2004年東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻教授.2006年同先端科学技術研究センター生命知能システム分野教授.2013年4月より副所長.2016年4月より所長.2003年よりアリゾナ大学Dep. of Neurosci. Adjunct Professor.ミラノ-ビコッカ大学名誉教授(2017). モデル生物であるカイコガの感覚・脳・行動に関する神経行動学研究,スーパーコンピュータ「京」に昆虫の脳をつくる研究,匂いセンサの研究などに従事.日本比較生理生化学会(2011-2015年に会長),国際神経行動学会等会員.日本比較生理生化学会・学会賞(2008),日本神経回路学会最優秀研究賞(2012),JSPS ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞(2013),第2回HPCI(京)利用研究課題優秀成果賞 (2015),橋本市文化賞(2015),東京大学工学部2015年度Best Teaching Award(2016)など多数受賞.著書「サイボーグ昆虫,フェロモンを追う」(岩波書店,岩波科学ライブラリー,2014)、「ブレイクスルーへの思考」(東京大学出版会,2016)、「昆虫の脳をつくる」(朝倉書店,2018)など多数.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京大学 先端科学技術研究センター 所長
 
2006年4月
 - 
現在
東京大学 先端科学技術研究センター 知能生命システム分野 教授
 
2003年
 - 
現在
アリゾナ大学 神経生物学部 Adjunct Professor(併任)
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 先端科学技術研究センター 副所長
 
2011年
 - 
2011年
アリゾナ大学 Insect Science Center Distinguished Visiting Professor(併任)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻 教授
 
2003年10月
 - 
2004年3月
東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授(併任)
 
2003年8月
 - 
2004年3月
筑波大学 生物科学系 教授
 
2000年3月
 - 
2003年9月
東京大学 大学院工学系研究科 助教授(併任)
 
1999年5月
 - 
2003年7月
筑波大学 生物科学系 助教授
 
1992年6月
 - 
1999年4月
筑波大学 生物科学系 講師
 
1996年
 - 
1999年
科学技術振興事業団 さきがけ研究21 研究員(併任)
 
1991年7月
 - 
1992年6月
筑波大学 生物科学系 助手
 
1990年12月
 - 
1991年6月
筑波大学 研究協力部研究協力課文部 技官(準研究員)
 
1987年1月
 - 
1990年11月
アリゾナ大学神経生物学部門 博士研究員
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1986年12月
筑波大学 大学院博士課程 生物科学研究科研究生
 
1981年4月
 - 
1986年3月
筑波大学 大学院博士課程生物科学研究科 生物物理化学専攻(理学博士)
 
1980年4月
 - 
1981年3月
筑波大学 第二学群 生物学類 研究生
 
1976年4月
 - 
1980年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 

受賞

 
2016年1月
東京大学工学部 2015年度Best Teaching Award
 
2015年11月
橋本市 橋本市文化賞
 
2015年10月
一般財団法人高度情報科学技術研究機構 第2回HPCI(京)利用研究課題優秀成果賞
 
2013年9月
日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス 推進賞
 
2012年9月
日本神経回路学会 最優秀研究賞
 
2011年11月
アリゾナ大学昆虫科学センター Distinguished Visiting Professor Distinguished Visiting Professor
 
2011年9月
日本ロボット学会 論文賞
 
2008年7月
日本比較生理生化学会  学会賞(吉田記念講演)
 
1987年10月
日本動物学会 論文賞
 
1993年11月
日本動物学会 論文賞
 
1994年11月
日本味と匂学会 中西賞
 
1996年7月
日本比較生理生化学会 吉田奨励賞
 
2003年
第2回つくばテクノロジー・ショーケース、ベストインデクシング(ベストアイデア賞) 
 
2011年11月
アリゾナ大学 Arbas Memorial Lecture
 

論文

 
Miyazaki H, Otake J, Mitsuno H, Ozaki K, Kanzaki R, Chui-Ting Chieng A, Kah-Wei Hee A, Nishida R, Ono H
Insect biochemistry and molecular biology   101 32-46   2018年10月   [査読有り]
Shiota Y, Sakurai T, Daimon T, Mitsuno H, Fujii T, Matsuyama S, Sezutsu H, Ishikawa Y, Kanzaki R
Scientific reports   8(1) 13529   2018年9月   [査読有り]
Namiki S, Kanzaki R
Cell and tissue research      2018年8月   [査読有り]
Namiki S, Wada S, Kanzaki R
Scientific reports   8(1) 9663   2018年6月   [査読有り]
Terutsuki D, Mitsuno H, Sakurai T, Okamoto Y, Tixier-Mita A, Toshiyoshi H, Mita Y, Kanzaki R
Royal Society open science   5(3) 172366   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
フェロモン源への雄蛾の定位行動
植物防疫   47(11) 19-24   1993年
昆虫の嗅覚本能行動を制御するフリップ・フロップ下行性介在神経について
味と匂のシンポジウム論文集   26,249-252    1993年
昆虫の匂い源探索行動の制御メカニズム
日本味と匂学会誌   1(3) 432-435   1994年
化学と生物   32(11) 726-734   1994年
フェロモン源へのフリップ・フロップ航法
医用電子と生体工学   10(11) 11-18   1996年
神崎 亮平
比較生理生化学   13(4) 375-387   1997年
昆虫の脳・行動機能を規範としたバイオロボット
自動化技術   29(8) 44-49   1997年
嗅覚のメカニズム。
日本の科学と技術   26 68-73   1985年
昆虫の脳内における性フェロモン情報処理。
植物防疫   26 68-73   1986年
昆虫の脳神経系における匂い情報処理と行動発現機構の研究
日本味と匂学会誌   1 142-145   1994年
昆虫の匂い源探索行動のしくみ-脳における匂い情報処理と行動発現-
生物物理   35 7-12   1995年
昆虫の匂い源探索行動
遺伝   49 62-67   1995年
昆虫の匂い源探索の戦略
日本味と匂学会誌   2 3-4   1995年
昆虫の神経機能と工学的利用
植物防疫   49 476-480   1995年
分析と統合による昆虫の行動発現メカニズムの研究-ロボット工学と神経行動学との新しい関係
日本ロボット学会誌   16 36-40   1997年
昆虫の生体機能に基づくバイオマイクロマシンの研究
ブレインテクノニュース   69 1-4   1998年
光学的計測法による昆虫の中大脳における匂い情報処理の時空間的解析
日本味と匂学会誌   5(3) 549-552   1998年
昆虫型ロボット
16(11) 1286-1289   1998年
バイオメカニズム学会誌   22(4) 152-157   1998年
ロボット昆虫から探る微小脳-神経行動学とロボット工学の新しい関係-
実験医学   17(1) 4-9   1999年
昆虫の脳における匂い情報処理と行動発現
日本味と匂学会誌   6(2) 121-137   1999年
昆虫ロボートの話 1.
インセクタリウム   36 114-119   1999年
昆虫ロボットの話 2.
インセクタリウム   36 140-146   1999年
昆虫の微小脳の巧みなはたらき.
脳の科学   22(3) 297-302   2000年
昆虫の匂い源探索行動の神経機構.
1(3) 2-8   2000年
生物とマイクロマシンの出会い.
マイクロマシン   26 9-10   1999年
生物における群制御と信号伝達に関する調査研究.
マイクロマシン   26 14   1999年
生物における刺激応答機能とマイクロマシンへの適用に関する調査研究.
マイクロマシン   30 22   2000年
Morphology and physiology of the serotone-immunoreactive putatuve antennal lobe feedback neuron in the male silkmoth Bombyx mori.
Chemical Senses   27:475-483    2002年
Projections to higher olfactory centers from the subdivisions of the macroglomerulat complex in the antennal lobe of the male Bombyx mori.
Chem Senses      2002年
昆虫の微小脳の巧みなはたらき.
脳の科学   22(3):297-302    2000年
昆虫の脳神経活動の光学的計測.
比較生理生化学   17(4):215-217    2000年
脳を知るにはまず昆虫脳より初めよ。
農林水産技術研究ジャーナル   25(1):17-18    2002年
昆虫の脳からマイクロマシンへ。「もうひとつの脳~微小脳の研究入門」冨永・桑沢編、
培風館      2002年
昆虫におけるにおい情報処理。「アロマサイエンスシリーズ21(2)においと脳・行動」外池、渋谷編、
フレグランスジャーナル社      2002年
テレメトリによる生体情報計測と昆虫への適用。「アロマサイエンスシリーズ21(2)においと脳・行動」外池、渋谷編、
フレグランスジャーナル社      2002年
Radio-telemetric recordings of flight muscle activities during flight of sweet potato hornworm, Agrius convolvuli.
J Neurosci Methods   115:181-187    2002年
Visualization of serotonin modulation in the silkmoth antennal lobe.
J Exp Biol      2002年
昆虫触角葉における膜電位振動現象の可視化。
日本味と匂学会誌   8(3):597-600    2001年
昆虫の匂い源探索行動の神経機構.
Journal of Aroma Science and Technology Aroma Research   1(3):2-8    2000年
PICで周辺機器を制御する。
日本味と匂学会誌   9(1):77-81    2002年
膜電位感受性色素によるニオイ情報処理過程の解析 最大エントロピー法の利用。
生物物理      2002年
Modular organization of the silkmoth antennal lobe macroglomerular complex by optical imaging.
J Exp Biol   
in press
The 3rd axillary muscle activities during free flight of a hawkmoth
Zool Sci   
in press
脳の情報工学的理解:分析と統合による微小脳システムの理解.
学術月報、日本学術振興会   56(4): 41-44    2003年
昆虫がもつ機能利用の可能性-昆虫の感覚センサ・脳・行動とロボット-
農林水産技術研究ジャーナル   25(1):17-18    2003年

書籍等出版物

 
昆虫の嗅覚中枢の情報処理.「匂いの科学」(共著)
高木,渋谷編 (担当:共著)
朝倉書店   1989年   
定位行動を制御する脳神経情報「昆虫の脳を探る」
冨永佳也編 (担当:共著)
共立出版   1995年   
「図解生物科学講座 行動生物学」 (共著)
青木清編 (担当:共著)
朝倉書店   1997年   
昆虫ロボットの夢
農文協   1998年   
昆虫の脳神経機能の工学的応用.「昆虫産業」梅谷献二編(共著)
農林水産技術情報協会   1997年   
昆虫の脳からマイクロマシンへ.「もうひとつの脳~微小脳の研究入門」 冨永・桑沢編
培風館   1999年   
in press
昆虫の匂い源探索の神経メカニズム.「環境昆虫学 行動・生理・化学生態」
東京大学出版   1999年   
昆虫の脳内神経細胞の蛍光標識法。「アロマサイエンスシリーズ21(2)においと脳・行動」外池、渋谷編、
フレグランスジャーナル社   2002年   
昆虫脳の嗅覚系の構造。「アロマサイエンスシリーズ21(2)においと脳・行動」外池、渋谷編、
フレグランスジャーナル社   2002年   
昆虫におけるにおい情報処理.「アロマサイエンスシリーズ21(2)においと脳・行動」
フレグランスジャーナル社   2003年   
テレメトリによる生体情報計測と昆虫への適用.「アロマサイエンスシリーズ21(2)においと脳・行動」
フレグランスジャーナル社   2003年   
生物を観る・知る・創る未来に向けて.「自然に学ぶものづくり」
積水化学工業   2004年   
工学と生物学の共同で知の創発の現場を見る Bionics
オーム社   2004年   
嗅覚/生物の嗅覚系/2.昆虫「香りの百科事典」
丸善株式会社   2005年   
昆虫の脳による情報処理機能の特性とその利用の展望.昆虫テクノロジー研究とその産業利用
シーエムシー出版   2005年   
昆虫類−昆虫の匂い情報処理と行動発現機構「匂いと香りの科学」
朝倉書店   2007年   
第2章 昆虫の微小脳による環境情報処理と行動発現 シリーズ21世紀の動物科学 第8巻「行動とコミュニケーション」(岡,蟻川編)
培風館   2007年   
第10章 昆虫脳神経細胞分類システム「自己組織化マップとその応用」(徳高平蔵,大北正昭,藤村喜朗編)
シュプリンガー・ジャパン   2007年   
第2章 虫の脳の「配線」はどうなっているの? 「昆虫はスーパー脳」(山口恒夫監修)
技術評論社   2008年   
『理工学系からの脳科学入門』
東京大学出版   2008年   
匂い源探索機構.「昆虫ミメティクス〜昆虫の設計に学ぶ〜」(下澤・針山監修)第4章第6節
2008年   
「ロボットで探る昆虫の脳と匂いの世界−ファーブル昆虫記のなぞに挑む−」 
フレグランスジャーナル社   2009年   
昆虫飛行制御の神経行動学. 次世代バイオミメティクス研究の最前線―生物多様性に学ぶ―(下村 政嗣 監修)
シーエムシー出版   2011年   
岩波科学ライブラリー228「サイボーグ昆虫,フェロモンを追う」
岩波書店   2014年   
“第3章 第3節 培養細胞の蛍光計測を応用した匂いセンサ,”感覚デバイス開発
(株)エヌ・ティー・エス   2014年   
第9章第6節 匂いバイオセンサへの昆虫嗅覚受容体の応用. 「バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発」
株式会社技術情報協会   2014年   
昆虫に学ぶ匂いバイオセンサ.「昆虫科学読本−虫の目で見た驚きの世界」
日本昆虫科学連合編   2015年   
「東大先端研が実践する発想のマネジメント ブレイクスルーへの思考」
東京大学出版会   2016年   
『動物学の百科事典』,10章5節「鍵刺激」
丸善出版   2017年   
昆虫が操縦するロボットII昆虫の生活?昆虫が動く 玉川百科 こども博物誌 昆虫ワールド
玉川大学出版部   2017年   
『匂い源探索ロボットをつくるー昆虫科学が拓く新しい科学と技術―』p.118-129 科学の最前線を歩く 東京大学教養学部編
白水社   2017年   
テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 <全産業編>. 第6章 昆虫テクノロジー,
日経BP社   2017年   
“第?編 第1章 昆虫の嗅覚受容体を活用した高感度匂いセンシング技術”,「生体ガス計測と高感度ガスセンシング」
シーエムシー出版   2017年   
昆虫の脳をつくる ─君のパソコンに脳をつくってみよう─
朝倉書店   2018年   

講演・口頭発表等

 
Future Technology: Learning from Biological Systems.
神崎 亮平
Supersensing Forum Design and Technology Mdeled on Biological Systems Organized by Nikkei BP Technology Online & Sensingnet Inc.   2017年2月16日   
Brain-Machine Integrated System.
神崎 亮平
International Symposium on Advanced Manufacturing Science for Future Systems “Biomimetics”   2016年12月5日   
Current Topics of RCAST Education and Research for Convergence Technologies in RCAST / Super-Sensing and Processing for adaptability (intelligence) New Science and Technology Innovated by Insect Sciences. 2016
神崎 亮平
2016 International Symposium on Convergence Technologies “Education and Cooperation for Convergence   2016年11月25日   
Neural Basis of Odor-Source Localization in the Silkmoth: from genes, neural networks, and behavior to robots.
神崎 亮平
Annual Talks 2015 - Biology Across Scales   2015年1月5日   
Analysis and synthesis of odor-source localization in insects: From genes, neural networks, and behavior to robots
神崎 亮平
2014 ICN / JSCPB 11th International Congress of Neuroethology / 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry   2014年7月28日   
Insect-Machine Hybrid System - New Directions in Bionic Engineering.
神崎 亮平
The 4th International Conference on Bionic Engineering (ICBE 2013)   2013年8月13日   
Analysis and synthesis of adaptive behavior in insects: from genes, neural networks, and behavior to robots.
神崎 亮平
The 6th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology   2011年10月11日   
Insect-robot hybrid system for understanding the neural basis of odor-source localization.
神崎 亮平
International Society for Chemical Ecology (ISCE) Conference   2011年7月24日   
Brain mechanisms for the generation of adaptive behavior.
神崎 亮平
The Neuroinformatics 2010 Congress   2010年8月30日   
Insect-Machine Hybrid System.
神崎 亮平
Workshop on Robot-Animal Sensor Networks in Ecosystems, Organization : National Institute for Mathematical Sciences (NIMS)   2009年12月3日   
Insect-Machine Hybrid System.
神崎 亮平
The 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2009)   2009年10月11日   
Insect-Machine Hybrid System for Understanding an Adaptive Behavior.
神崎 亮平
The 10th International Conference on the SIMULATION OF ADAPTIVE BEHAVIOR (SAB'08)   2008年7月7日   
Insect-Machine Hybrid System for Understanding an Adaptive Control in Biological Systems.
神崎 亮平
AMAM2008   2008年6月1日   
Insect-Machine Hybrid System for Evaluating and Understanding an Adaptive Behavior.
神崎 亮平
IEEE International Conference Robotics and Biomimetics (ROBIO 2007)   2007年12月15日   

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
JSTジュニアドクター育成塾  委員長
 
2016年1月
 - 
現在
日本比較生理生化学会  アドバイザー(副会長)
 
2007年
 - 
現在
日本動物学会  評議員
 
2001年
 - 
現在
Journal of Comparative Physiology A  Advisory Board
 
1994年
 - 
現在
日本比較生理生化学会  評議員
 
2012年7月
 - 
2016年6月
日本昆虫科学連合  運営委員
 
2016年
 - 
2016年
嗅覚・味覚国際シンポジウム(International Symposium on Olfaction and Taste)ISOT2016  広報委員会委員長
 
1993年
 - 
2015年
神経行動学談話会  世話人
 
2012年1月
 - 
2014年12月
日本比較生理生化学会  会長
 
2012年7月
 - 
2014年6月
日本昆虫科学連合  編集幹事
 
2012年
 - 
2014年
日本味と匂学会  学術広報委員
 
2008年1月
 - 
2011年12月
日本比較生理生化学会  副会長
 
2006年
 - 
2007年
日本比較生理生化学会  会計幹事
 
2001年
 - 
2005年
日本比較生理生化学会  国際対応幹事
 
2002年
 - 
2004年
日本動物学会  関東支部委員
 
2001年
 - 
2002年
日本応用動物昆虫学会  編集委員
 
1998年
 - 
2001年
日本比較生理生化学会  行事委員会委員
 
1996年
 - 
1998年
日本動物学会  将来計画委員
 
 
   
 
国際神経行動学会 International Society For Neuroethology  プログラム委員
 
1993年
 - 
1997年
日本応用動物昆虫学会  編集委員
 
1994年
 - 
1997年
日本比較生理生化学会  庶務幹事
 

Works

 
ナノプローブによる生物機能のナノ領域でのアクティブ計測(ナノプローブによる生物機能計測)
2001年
昆虫の生体機能に基づくバイオマイクロマシンの研究(昆虫の神経行動機能を規範としたバイオマイクロマシンの研究)
1996年 - 2001年
ナノプローブによる生物機能のナノ領域でのアクティブ計測 中課題:ナノプローブによる生物機能計測
2001年 - 2005年
科学技術振興事業団さきがけ研究21 原始的記憶機能による行動発現メカニズムの研究

競争的資金等の研究課題

 
昆虫嗅覚受容体利用型匂いセンサにおける所望の匂い検知のための受容体探索技術の確立
文部科学省: 科学研究費基金挑戦的萌芽研究(30年度~31年度)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 神崎 亮平
ポスト「京」思考を実現する神経回路機構の解明と人工知能への応用(ボトムアップで始原的知能を理解する昆虫全脳シミュレーション)
文部科学省委託研究: 委託研究 ポスト「京」
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 神崎 亮平
昆虫の嗅覚受容体を活用した実サンプル中に混入する異臭の簡易検査技術
東京大学: GAPファンドプログラム
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 神崎 亮平
昆虫嗅覚受容体を利用した飲食料由来のカビ臭の簡易検査システムの開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 神崎 亮平
比較神経科学プラット フォームの開発と運用(29年度より名称変更)
理化学研究所神経情報基盤開発ユニット: 
研究期間: 2005年4月 - 2019年3月    代表者: 神崎 亮平
昆虫嗅覚中枢の精細モデルの構築による匂い情報表現の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)(27年度~29年度)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 神崎 亮平
研究成果公開促進費(28年度)
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 神崎 亮平
匂い結合タンパク質を利用した高効率な気中匂い物質の可溶化技術の確立
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(27年度~28年度)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 神崎 亮平
昆虫の嗅覚時様態を発現させた培養細胞とイオン感応性電界効果トランジスタを用いた匂いバイオセンサの開発
東京大学先端科学技術研究センター: RCAST助成金 先端研内異分野融合研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 神崎 亮平
研究成果公開促進費
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 神崎 亮平
昆虫嗅覚受容体を利用したカビ臭検出センサの開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 神崎 亮平
嗅覚受容体の応答予測システムの開発と匂いセンサへの応用
文部科学省: 科学研究費基金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 神崎 亮平
マルチスケール分析を用いた脳内環境変化による本能行動修飾の神経機構の解明
文科省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)(24年度~26年度)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 神崎 亮平
研究成果公開促進費(23-25年度)
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 神崎 亮平
文科省: 科学研究費基金 挑戦的萌芽研究(23年度~24年度)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 神崎 亮平
次世代生命体統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 感覚入力統合に関する脳神経系シミュレーションモデルの研究開発(20年度~24年度)
文部科学省: 委託研究
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 神崎 亮平
基盤研究(B)(21年度~23年度)
文科省: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 神崎 亮平
研究成果公開促進費 (22年度)
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 神崎 亮平
基盤研究S(分担研究)(18年度~22年度)
文部科学省: 科学研究費
研究期間: 2006年4月 - 2011年3月    代表者: 神崎 亮平
身体・脳・環境の相互作用による適応的運動機能の発現-移動知の構成論的理 解-(17年度~21年度)
文部科学省: 科学研究費(特定領域研究)(総括班,分担研究)
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: 神崎 亮平
昆虫の本能行動の発現と制御の脳・中枢神経機構
昆虫の神経・行動機能に基づくバイオマイクロマシンの研究
昆虫脳構成全ニューロンのデータベース化

特許

 
特願2018-22267, : 難水溶性有機化合物の溶解システム、難水溶性有機化合物の溶解方法、及び匂い検出システム
照月大悟, 神崎亮平, 光野秀文, 櫻井健志, 間瀬暢之, 佐藤浩平
特願2018-7089 : 人工嗅覚センシングシステムおよびその製造方法
安藤正彦, 亀代典史, 奥村忠嗣, 永田真斗, 神崎亮平, 照月大悟, 光野秀文, 櫻井健志
PCT/JP2018/001284 : 匂いセンサ
神崎亮平, 光野秀文, 照月大悟, 櫻井健志, ティクシェ三田アニエス, 三田吉郎, 年吉洋, 岡本有貴
特願2017-007762 : 匂いセンサ
照月大悟, 神崎亮平, 光野秀文, 櫻井健志, ティクシェ三田アニエス, 三田吉郎, 岡本有貴, 年吉洋
特願2015-248317 : 複数成分の混合による植物精油成分のコロモジラミに対する忌避効果の相乗作用
神崎 亮平,櫻井健志,光野秀文,岩松琢磨
神崎 亮平,櫻井 健志,光野 秀文,       五味 慎一,松井 英章,大島 康弘,林輝幸
光野 秀文 ,櫻井 健志 ,神崎 亮平

社会貢献活動

 
ひらめき☆ときめきサイエンス「ロボットで探る昆虫の感覚と脳と行動の不思議」
【講師, その他】  東京大学先端科学技術研究センター神崎研究室  2018年12月15日
つくば市サイエンスラボ 科学実験教室「昆虫の感覚と行動の不思議」~昆虫の行動や脳のしくみを探り、筋肉の信号でロボットを操縦しよう~
【講師】  2018年8月4日 - 2018年8月4日
岐阜県立関高等学学校 先端研リサーチツアー「先端研の紹介」「昆虫が科学技術の未来を拓く」(先端研3号館中二階セミナー室)
【講師】  2018年7月25日 - 2018年7月25日
「~未来を創るみなさんへ~昆虫とロボットとコンピュータで拓く新しい科学と技術の世界」高校生のための和歌山未来塾
【講師】  和歌山県教育委員会  2018年6月17日 - 2018年6月17日
桐蔭学園高等学校「未来を創るみなさんへ:昆虫科学が拓くあたらしい科学と技術の世界」
【講師】  桐蔭学園高等学校  2018年6月2日 - 2018年6月2日
未来を創るみなさんへ~昆虫とロボットとコンピュータで拓く新しい科学と技術の世界~ 湘南白百合学園中学校科学講演会
【講師】  湘南白百合学園  2018年2月21日 - 2018年2月21日
ひらめき☆ときめきサイエンス「ロボットで探る昆虫の 感覚と脳と行動の不思議」
【講師】  神崎研究室  2017年12月16日 - 2017年12月16日
「~未来を創るみなさんへ~昆虫とロボットとコンピューターで拓く新しい科学と技術」および「東大 先端研の紹介」、風洞見学および研究室見学。東京都立竹早高等学校
【講師】  2017年11月7日 - 2017年11月7日
石川県立小松高等学校 研究所紹介(神崎亮平)、神崎研研究紹介と見学(安藤規泰)
【講師】  2017年9月28日 - 2017年9月28日
「世界一美しい昆虫展」
【助言・指導】  ハウステンボス  2017年7月15日 - 2017年9月18日
先端研紹介と研究紹介 「ヒトの世界と昆虫」岐阜県立関高等学校
【講師】  2017年7月27日 - 2017年7月27日
駒場東邦中学 講演と研究室見学
【講師】  2017年7月26日 - 2017年7月26日
「カイコガを使ってサイボーグを作る」神奈川県立柏陽高等学校・鎌倉学園高等学校 生物学特別講座2017
【講師】  2017年7月26日 - 2017年7月26日
つくば市サイエンスラボ 科学実験教室「昆虫の感覚と行動の不思議」~昆虫の行動や脳のしくみを探り、筋肉の信号でロボットを操縦しよう~
【講師】  つくば市  2017年7月29日 - 2017年6月29日