宮下 憲

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/16 17:51
 
アバター
研究者氏名
宮下 憲
 
ミヤシタ ケン
所属
帝京大学
部署
医療技術学部 柔道整復学科
職名
教授
学位
体育学修士(東京教育大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
帝京大学 医療技術学部 柔道整復学科 教授
 
1972年
 - 
1976年
 東京学芸大学
 
1976年
 - 
2012年
- 筑波大学
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東京教育大学大学院 体育学研究科 体育学(陸上競技)
 
 
 - 
1970年
東京教育大学 体育学部 体育学科
 

委員歴

 
2000年
 - 
現在
日本スプリント学会   顧問
 
1989年
   
 
日本スプリント学会  常任理事
 

論文

 
古代幅跳における跳躍距離伸長のためのハルタレスの効果
宮下 憲
南山大学「アカデミヤ人文・自然科学編」      2013年8月   [査読有り]
我が国の「大学体育」の基本理念とカリキュラム
宮下 憲
大学体育研究   34 59-63   2012年3月   [査読有り]
川上 小百合, 宮下 憲, Kawakami Sayuri, Miyashita Ken, カワカミ サユリ, ミヤシタ ケン
筑波大学体育科学系紀要   33 219-221   2010年3月
400mスプリンターを対象とした自転車運動による体力評価の有用性
陸上競技研究   77 10-16   2009年

Misc

 
金谷 麻理子, 松田 裕雄, 吉岡 利貢, 宮下 憲
日本体育学会大会予稿集   (61)    2010年9月
小山 宏之, 金谷 麻理子, 松田 裕雄, 富川 理充, 宮下 憲
日本体育学会大会予稿集   (61)    2010年9月
北京オリンピックを見て
大学体育研究   31 61-68   2009年

書籍等出版物

 
スプリント&ハードル
宮下 憲 (担当:編者)
陸上競技社   2012年3月   
ハードル
ベースボールマガジン社   1991年   
実践陸上競技 トラック編 ハードル
大修館書店   1990年   
陸上競技指導教本 トラック編 ハードル競走
大修館書店   1988年   

Works

 
大学院修士課程では,中高齢者の体力や運動に関する問題を取り上げ,国内外の論文発表とそれぞれの課題に関する議論を深めている.また,演習では研究課題に応じて国内外の論文講読を中心として議論を深め,論文指導の一助としている.
宮下 憲   その他   2012年
陸上競技ビデオ全集「障害走」「トレーニング短距離編」
宮下 憲   教材   1986年
中学校体育・スポーツ教育実践講座 障害走((編)中学校体育・スポーツ教育実践講座刊行会)    
宮下 憲   教材   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 宮下 憲
これまで実施されてきた大学体育に関する卒業生および担当教員へのアンケート調査や文献研究から、大別すると次の3つの意義が見出されるとした。1)健康・安全・体力の保持増進と向上、2)スポーツの普及と振興、3)人間・人間関係の形成。また海外における体育授業の実態およびスポーツ教育に関する調査から新たな大学体育の理念に盛り込むべき内容に関する提言を行った.また国内外の大学体育のカリキュラムに関する現状に関する調査を実施し、新たなカリキュラムに盛り込むべき、理念と教育目標に関して、多角的な視点からの...

その他

 
1972年3月   高等学校教諭一級普通免許状・保健体育 
1970年3月   中学校教諭一級普通免許状・保健体育