安成 哲三

J-GLOBALへ         更新日: 15/01/08 10:08
 
アバター
研究者氏名
安成 哲三
 
ヤスナリ テツゾウ
URL
http://www.chikyu.ac.jp/yasunari/yasunari.bak/
所属
総合地球環境学研究所
職名
所長
学位
理学博士(京都大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本気象学会  理事
 
2006年
   
 
水文・水資源学会  会長
 
2007年
   
 
地球惑星科学連合  
 
2002年
 - 
2006年
水文・水資源学会  副会長および国際委員
 
1996年
 - 
1998年
水文・水資源学会  理事
 

受賞

 
2014年9月
水文・水資源学会功績賞
 
2008年3月
モンゴル国自然環境功労研究者賞
 
2006年
水文・水資源学会国際賞
 
2002年
日本気象学会藤原賞
 
1991年
日経地球環境技術賞
 

Misc

 
Simulated changes in the atmospheric water balance over south Asia in the eight IPCC AR4 coupled climate models
Theoretical and Applied Climatology   DOI 10.1007/s00704-010-0331-6   2010年
Hydrol. Process   24 618-630,doi: 10.1002/hyp.7556   2010年
High-resolution modelling of the potential impact of land-surface conditions on regional climate over Indochina associated with the diurnal precipitation cycle
Int. J. Climatology   doi:10.1002/joc/2119   2010年
Characteristic intraseasonal oscillation of rainfall and its effect on interannual variability over Bangladesh during boreal summer
Int. J. Climatology   DOI: 10.1002/joc.2146   2010年
Diurnal rainfall pattern observed by TRMM-PR around the Indochina Peninsula
J. Geophys. Res.   doi:10.1029/2009JD0120155   2010年

書籍等出版物

 
過去の気候変化から学ぶ「地球温暖化」の意味 変化する地球環境に対峙する新たな知の創出,地球環境学辞典
総合地球環境学研究所編   2010年   
京都大学の「気候学研究」は何をやってきたか?-気候学40年史の批判的総括-,財団法人国際高等研究所フェロー研究会収録,京大地球物理学研究の百年
2010年   
Recent Trends in summer Precipitation in China and Mongolia, Monsoon Asia Integrated Regional Study on Global Change-Vol.1 Change in the Human-Monsoon System of East Asia in the Context of Global Change
World Science Publishing   2008年   
日本海学の新世紀8 総集編,日本海・過去から未来へ 「地球温暖化」と環日本海の気候・環境変化
日本海学推進機構編   2008年   
新しい地球学-太陽‐地球-生命圏相互作用系の変動学
名古屋大学出版会   2008年   

Works

 
巻頭言「学会誌は学会そのものである」,水文水資源学会誌vol21,no2,pp1-2
2008年
日本経済新聞 11面ネイチャー・ウォッチ 絶え間なく変化する気象⑨コメント掲載
2008年
日本経済新聞 11面ネイチャー・ウォッチ 絶え間なく変化する気象⑧ コメント掲載
2008年
地域・大陸スケールでの植生・気候相互作用
2007年
GAME(アジアモンスーンエネルギー・水循環研究観測計画)-アジア発のWCRP国際共同研究プロジェクト-,日本気象学会創立125周年特別号
2007年

競争的資金等の研究課題

 
アジアモンスーン変動の研究
研究期間: 1976年   
大陸スケールの植生と水循環・気候の相互作用
研究期間: 2002年   
人間活動による水文気候変化の研究
研究期間: 2006年 - 2011年