安仁屋 政武

J-GLOBALへ         更新日: 08/05/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
安仁屋 政武
 
アニヤ マサム
URL
http://www.rsgis.ies.life.tsukuba.ac.jp/
所属
旧所属 筑波大学 生命環境科学研究科 生命共存科学専攻
職名
教授
学位
学術博士(ジョージア大学), 学術修士(ジョージア大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
   
 
- 筑波大学 教授
 
1987年
 - 
1997年
 筑波大学 助教授
 
1981年
 - 
1982年
 ジョージア大学(地理学科) 助教授
 
1977年
 - 
1987年
 筑波大学(地球科学系) 講師
 
1976年
 - 
1977年
 ジョージア大学地理学科 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1975年
ジヨージア大学大学院  地理学
 
 
 - 
1967年
京都大学 文学部 史学科地理学専攻
 

委員歴

 
1994年
 - 
1995年
日本雪氷学会 関東・中部・西日本支部  理事
 

受賞

 
2000年
日本雪氷学会学術賞
 
1982年
フォード・バートレット賞
 

Misc

 
The use of satellite and airborne imagery to inventory outlet glaciers of the Southern Patagonia Icefield, South America(共著)
Photogrammetric Engineering and Remote Sensing   62(12) 1361-1369   1996年
Analyses of the natural environment and preferred sites of the Dezukuri and their abandoning process in Shiramine, Japan, by geographic information systems and remote sensing (共著)
Science Reports of the Institute of Geoscience, University of Tsukuba, Section A   20 19-32   1999年
Landslide hazard mapping and the appliution of GIS in the Kulekhani Watershed, Ncpal (共著)
Mountain Research and development   19(1) 3-16   1999年
Landslide hazard mapping and its evaluation using GIS : an investigation of sampling schemes for a grid-cell based quantitative method. (共著)
Photogrammetrice Engineering and Remote Sensing   66(8) 981-989   2000年
リモート・センシング・データ解析による南米・南パタゴニア氷原の最近の氷河変動(共著)
生研フォーラム「宇宙からの地球環境モニタリング」第2回論文集   188-197   1994年

書籍等出版物

 
主題図作成の基礎
地人書房   1987年   
地理的情報の分析手法(共著)
古今書院   1987年   
パタゴニア-氷河・氷河地形・旅・町・人
古今書院   1998年   
環境と生活の質
東洋書林「アメリカ合衆国テーマ別地図」   1995年   
白峰村における出作りの自然環境と跡地の変化
朝倉書店「日本列島の環境変化」   1995年   

Works

 
北パタゴニア氷原の溢流氷河の変動:1999-2000
1999年
ケニア山の氷河変動調査
2001年
ソレール氷河の変化と北パタゴニア氷原の変動:2000-2001年
2001年
南米・北パタゴニア氷河ソレール氷河の構造と形態および前面の氷河地形
1983年
南米北パタゴニア氷原ソレール氷河と周辺の地形
1985年

競争的資金等の研究課題

 
パタゴニア氷原の氷河変動と氷河地形
地理情報システムを使った地域の変容の解析
地理情報システムを使った流域管理計画