田瀬 則雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/25 17:45
 
アバター
研究者氏名
田瀬 則雄
 
タセ ノリオ
所属
筑波大学
職名
名誉教授
学位
PhD(Colorado State University)
科研費研究者番号
40133011

研究分野

 
 

経歴

 
1979年4月
 - 
2013年3月
筑波大学 講師、助教授、教授(1998)
 
2013年4月
   
 
筑波大学 名誉教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
茨城大学 教育学部 特任教授
 

学歴

 
1966年4月
 - 
1970年3月
東京教育大学 理学部 地学科地理学専攻
 
 
 - 
1976年12月
コロラド州立大学  
 

委員歴

 
1999年
 - 
2003年
IAHS(International Association of Hydrological Sciences)  ICGW幹事
 
2003年
 - 
2006年
環境科学会  評議員
 
2010年
 - 
2012年
日本水文科学会  会長
 
2007年
   
 
日本水文科学会  評議員
 
2003年
 - 
2004年
日本地下水学会  評議員
 

受賞

 
2015年10月
日本水文科学会功績賞
 
2015年5月
日本地下水学会賞
 
2001年
日本地下水学会功労賞
 

論文

 
水質環境基準達成率の評価に関する考察と評価法の提案
田瀬 則雄
日本水文科学会誌   46(3) 175-184   2016年11月   [査読有り]
田瀬 則雄
日本水文科学会誌   44(3) 147-154   2014年
反応性の高い窒素が土壌・大気・水などの環境中に大量に負荷され,大気汚染による源流域の窒素飽和現象,湖沼や内湾・内海での富栄養化現象,地下水汚染などが解決しなければならない大きな課題となっている。環境基準,排出基準などの法的規制が行われ,成果が上がっているが,改善できていない面もある。水質の統合的管理に向けて,環境基準と排出基準などの関係での問題点,排出源と媒体の関係,媒体内と媒体間での動態などについて検討した。
田瀬 則雄
日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences   42(2) 53-59   2012年5月

Misc

 
鈴木秀和, 田瀬則雄
地下水学会誌   52(3) 247-260   2010年
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   (268) 1261-1264   2010年
斎藤 健志, 田瀬 則雄, 辻村 真貴, 丸岡 照幸, 中島 誠
日本地下水学会誌   52(1) 87-96   2010年
富士山周辺の湧水、河川水等の水質特性について
2009年度日本水文科学会学術大会発表要旨集   (24) 79-80   2009年
Groundwater flow system and nitrate contamination process in the southwestern foot of Mt. Fuji.
2009年度日本水文科学会学術大会発表要旨集   (24) 33-36   2009年

書籍等出版物

 
自然地理学事典
小池一之・山下脩二・岩田修二・漆原和子・小泉武栄・田瀬則雄・松倉公憲・松本淳・山川修治 (担当:共編者)
朝倉書店   2017年1月   ISBN:978-4-254-16353-7

Works

 
農林水産省平成21年度大学ネットワーク活用食料農業連携研究事業
2010年 - 2009年
地下水汚染対策技術に関する研究
2010年 - 2010年
地下水汚染対策技術の実証
2008年 - 2009年
安定炭素・水素同位体比測定による汚染源の同定と動態の解明
2006年 - 2008年
地下水の年代測定に関する研究
2001年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
窒素循環を基軸とした大規模農業地域-都市間の食糧循環とその持続可能性の評価
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 福岡 正人