安達 修子

J-GLOBALへ         更新日: 08/05/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
安達 修子
 
アダチ シユウコ
所属
旧所属 筑波大学 生命環境科学研究科 地球進化科学専攻
職名
講師
学位
理学博士(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
筑波大学 地球科学研究科 地質学
 
 
 - 
1978年
筑波大学 第一学群 自然学類(地球科学)
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本古生物学会  評議員
 

Misc

 
菊池 芳文, 安達 修子, 猪郷 久義
地学雑誌   106(5) 614-634   1997年
タイ国半島部のPhatthalung地域から産するDienerian(下部三畳系)放散虫とペルム紀-三畳紀(P/T)境界付近の放散虫生層序.(共著)
大阪微化石研究会誌   (11) 59-78   1998年
Permian sphinctozoin sponges from the Ichinotani Formation, Hida Massif, central Japan
Transactions and Proceedings of The Palaeontological Society of Japan, New Series   150   1988年
Two new interesting corals from the Ichinotani Formation(Upper Paleozoic corals from Fukuji, southeastern part of the Hida Mossif, Part4)
Prof. Saburo Kanno Mem. Vol. , Inst. Geosci. , Univ. Tsukuba   36-38   1980年
Triassic foraminifers from the San Juan Island, Washington, U. S. A. Studiesin Benthic Forminifera, Proc. of 4th Int. Sympo on Benthic Forminifera.
Tokai Univ. Press   313-321   1992年

Works

 
タイ・マレーシア国の中・古生界チャート層の放散虫・コノドントの化石層位学的研究
1991年
ゴンドワナ大陸の北進に伴う東南アジアの地質構造発達史と古生物地理的変遷
1993年
インドネシアスンダ列島の構造発達に伴う古生物地理区の起源について
1994年
インドネシアスンダ列島の地質構造と古生物地理
1995年
Biostratigraphical studies of radiolarians and conodonts in chert formation of Thailand and Malaysia
1991年

競争的資金等の研究課題

 
古生代後期の小型有孔虫および貝形虫の古生物学的研究