論文

1999年6月

Inhibition of aldehyde dehydrogenase enzyme by Durian(Durio zibethinus Murray) fruit extract.

Food Chem.
  • J.S.Maninang
  • ,
  • M.C.Lizada
  • ,
  • H.Gemma

117
2
開始ページ
352
終了ページ
355
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1016/j.foodchem.2009.03.106
出版者・発行元
Elsevier Ltd

ドリアン果実は、経験的にアルコール飲酒と同時摂食すると健康に悪影響があると知られている。本研究では、ドリアン果肉からジクロロメタン抽出物を得て、その0.33ppm添加で酵母アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)を70%阻害することを明らかにし、基質濃度を多くしてもALDH活性は上昇しないことから自殺基質反応機構の関与を認めた。ドリアン果実中に含まれる硫黄化合物のアルコールとの同時摂取についての学理的な証明は今まで行われておらず、その相乗作用について検証した初めての論文である。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2009.03.106
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120001468398
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11526784
URL
http://hdl.handle.net/2241/103251
ID情報
  • DOI : 10.1016/j.foodchem.2009.03.106
  • ISSN : 0308-8146
  • CiNii Articles ID : 120001468398
  • CiNii Books ID : AA11526784

エクスポート
BibTeX RIS