舛本 泰章

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/28 08:54
 
アバター
研究者氏名
舛本 泰章
 
マスモト ヤスアキ
URL
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~masumoto/welcome_j.html
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 数理物質系 教授
 
2004年
   
 
- 筑波大学数理物質科学研究科 教授
 
1992年
 - 
2004年
 筑波大学物理学系 教授
 
1986年
 - 
1992年
 筑波大学物理学系 助教授
 
1977年
 - 
1986年
 東京大学物性研究所 助手
 

学歴

 
 
 - 
1977年
東京大学 理学系研究科 物理学
 
 
 - 
1972年
東京大学 理学部 物理学
 

受賞

 
1992年
日本IBM科学賞
 

Misc

 
Effect of ZnS shell thickness on the phonon sectra in CdSe quantum dots
Phys. Rev. B   68 165306   2003年
Intraband carrier relaxation in quantum dots embedded in doped heterostructures
Phys. Rev. B   68 205318   2003年
FEDOROV A V, BARANOV A V, RUKHLENKO I D, MASUMOTO Y
Solid State Commun.   128(6/7) 219-223   2003年
MATSUMOTO T, MASUMOTO Y, NAKASHIMA S, KOSHIDA N
Thin Solid Films   297(1/2) 31-34   1997年

書籍等出版物

 
励起子ポラリトンのダイナミクス
月刊フィジックス 月刊フィジックス 月刊フィジックス   1983年   
半導体超格子中の光励起担体の緩和とトンネルのダイナミクス
レーザー研究 レーザー研究 レーザー研究   1987年   
CuCl微粒子の光非線形性と励起子コヒーレンス
固体物理 固体物理 固体物理   1989年   
人工原子、量子ドットとは何か(「現代物理最前線6」大槻義彦編)
  共立出版   2002年   
半導体微結晶の光物性と新機能性
固体物理 固体物理 固体物理   1992年   

競争的資金等の研究課題

 
半導体量子ドットの光非線形性の研究
半導体量子ドットのフェムト秒分光
半導体超格子のフェムト秒分光

特許

 
超高速・広帯域の光可飽和吸収半導体装置、それを用いた半導体装置および導波路型光-光スイッチ
特開2003-270696
酸化珪素のナノワイヤの製造方法
特許第3571287号
輝尽性発光素子及びその製造方法
特許第3529654号
アップ・コンバージョン素子
特許第3789708号