林 史典

J-GLOBALへ         更新日: 06/09/06 00:00
 
アバター
研究者氏名
林 史典
 
ハヤシ チカフミ
所属
旧所属 筑波大学
職名
理事,副学長
学位
文学修士(東京教育大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東京教育大学大学院 文学研究科 国語学国文学
 
 
 - 
1966年
東京教育大学 文学部 国語学国文学
 

委員歴

 
 
   
 
国語学会  評議員
 
1992年
   
 
筑波大学国語国文学会  名誉会員
 

Misc

 
湯桶読みと重箱読み-和語と漢語の混種語
   2003年
母語の運用と文法教育
   2004年
呉音系字音における舌内入声音の仮名表記について
国語学   122   1980年
九条家本法華経音の脱落部について
国語学   79   1969年
中古漢語の介母と日本呉音
(筑波大学)文芸言語研究   8   1983年

書籍等出版物

 
日本における漢字(岩波講座『日本語』8)
岩波書店   1977年   
日本の漢字音(『日本語の世界』4)
中央公論社   1982年   
近世の漢字研究(『漢字講座』2)
明治書院   1989年   
何のために国語史を教えるか(『応用言語学講座』1)
明治書院   1985年   
〈音図〉と〈いろは〉
小松英雄博士退官記念 日本語学論集   1993年   

Works

 
親鸞『教行信証』の字音(日本思想大系『親鸞』岩波書店)
1971年
日本漢字音の概説(『言語学大辞典』第2巻三省堂)
1989年
太宰治用説索引(全7巻)共編
1989年

競争的資金等の研究課題

 
古代日本語の語音配列
中古中国語音の韻尾と日本呉音
音韻資料としての円仁『在唐記』