Numata Yoshiko

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
Numata Yoshiko
Affiliation
University of Tsukuba
Section
Faculty of Humanities and Social Sciences
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
学校文法のありかたとその実態-口語文法の文の成分を中心に-
沼田, 善子
愛知教育大学教育学部小学校課程国語科(卒業論文)      Jan 1981
「学校文法における文の成分」
沼田, 善子
『都大論究』東京都立大学国語国文学会   20:30-46   Jan 1983
ゆれのある学校文法-標準的・統一的内容を求めて-
沼田, 善子
『解釈』解釈学会編,教育出版センター   29-1:31-33   Jan 1983
「さがす・さぐる」
沼田, 善子
『日本語研究』東京都立大学日本語研究会   6:12-17   Jan 1983
とりたて詞の意味と文法-モ・ダケ・サエを例として-
沼田, 善子
日本語学   3-4:79-89   Jan 1984

Books etc

 
現代日本語とりたて詞の研究
Numata,Yoshiko
Jan 2007   
いわゆる日本語助詞の研究(共著)
沼田, 善子
Jan 1986   
とりたて詞の意味再考-「こそ」,「など」について-
沼田, 善子
Jan 1988   
とりたて詞とムード
沼田, 善子
Jan 1989   
セルフマスターシリーズ5 「も」「だけ」「さえ」など-とりたて-
沼田, 善子
Jan 1992   

Conference Activities & Talks

 
とりたて詞「くらい」の意味とモダリティ [Invited]
沼田,善子
日本語日本文化フォーラム2019   3 Mar 2019   筑波大学
とりたて詞の「くらい」を例に、言語形式の意味におけるいわば「主観的側面」主観性あるいはモダリティをめぐる議論の中に、とりたて詞に見られる現象をも適切に位置づける研究が必要であることを問題提起するため、とりたて詞「くらい」の意味を考察し、そこに「評価」といういわゆる主観性に関わる要素が含まれることを述べる。また、「くらい」の持つ文中での分布の特徴の主なものとして5つの特徴を指摘し、中でも、疑問の焦点になる位置に現れにくいことや、主節中に現れる場合、事象叙述文に現れにくい等の特徴は、「くらい」...
記憶の継承と言語研究 [Invited]
沼田,善子
筑波大学日本語日本文学会第41回大会   6 Oct 2018   筑波大学日本語日本文学会
記憶の言語化における幾つかの問題
沼田,善子
第十届汉日对比语言学研讨会(第10回漢日対照言語学会大会)   18 Aug 2018   漢日対照言語学会
言語による記憶の継承における問題の諸相 [Invited]
Numata, Yoshiko
第七回『中・日・韓日本言語文化研究国際フォーラム』   24 Sep 2016   大連大学

Research Grants & Projects

 
Study on Japanese Syntax and Semantics