山口 巖

J-GLOBALへ         更新日: 07/06/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
山口 巖
 
ヤマグチ イワオ
所属
旧所属 筑波大学
職名
理事,病院長
学位
医学博士(日本医科大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1974年
日本医科大学 医学研究科 内科系
 
 
 - 
1968年
日本医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本循環器学会  理事
 
1991年
   
 
日本心臓ペーシング・電気生理学会  理事
 
1984年
   
 
日本心電学会  評議員
 
2005年
   
 
日本内科学会  評議員
 
2004年
   
 
日本心不全学会  理事
 

Misc

 
持続性心室頻拍に対するamiodaroneの電気生理学的検査による薬効評価
日本循環器学会誌   56(Suppl.V) 1465-1469   1993年
洞結節機能障害を有しない患者における洞機能と自律神経の加齢変化-薬理学的自律神経遮断による評価-
日本循環器学会誌   57(8) 760-768   1993年
Noninvasive diagnosis of a arrhythmic foci by using magnetocardiograms-method and accuracy of a magneto -anatomicalmapping system-
不整脈16   580-586   2001年
Preliminary analysis of 99mTc-TF washout in normal healthy subjects with Two-heads gamma camera(E. CAM;Siements)
茨城核医学 10   61-65   2002年
Electrophysiologic effects of anterior septal artery occlusion
Am J Cardiol   40 727-737   1977年

書籍等出版物

 
洞不全症候群
不整脈学   1992年   
脚ブロック
図説病態内科講座   1993年   
クラスIII抗不整脈薬
最新心電学   1993年   
臨床心臓電気生理学:植込み型自動除細動器
南江堂   1994年   
不整脈:圧反射感受性
南江堂   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
心臓電気生理と心機能障害
その他の研究制度
発作性心房細動発生の背景としての自律神経
その他の研究制度
心室性不整脈の臨床経過と抗不整脈薬療法,洞結節機能
その他の研究制度