臼杵 悊

J-GLOBALへ         更新日: 08/05/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
臼杵 悊
 
ウスキ サトシ
所属
旧所属 筑波大学 人間総合科学研究科 機能制御医学専攻
職名
准教授
学位
医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 機能性御医学専攻 婦人周産期医学分野(臨床医学系産科婦人科) 、准教授
 
2002年
 - 
2007年
 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 機能性御医学専攻 婦人周産期医学分野(臨床医学系産科婦人科) 、助教授
 
1999年
 - 
2005年
 茨城県立医療大学(放射線科,看護科) 非常勤講師
 
1997年
 - 
1998年
 Research fellow、(財)成長科学協会,東京
 
1995年
 - 
1996年
 Research fellow,(財)成長科学協会,東京
 

学歴

 
 
 - 
1971年
横浜市立大学 医学部 医学
 

委員歴

 
1988年
   
 
日本内分泌学会  代議員、内分泌代謝科(産婦人科)
 
1997年
 - 
2005年
日本産科婦人科学会  功績会員(茨城)、(専門医、母体保護法指定医師)、評議員(代議員、1997~2005)
 
1992年
   
 
日本更年期医学会  評議員
 
1993年
   
 
日本妊娠高血圧学会(日本妊娠中毒学会)  評議員
 
 
   
 
日本産婦人科医会  会員 (茨城産婦人科会理事、母体保護法指定医師)
 

受賞

 
1988年
日中医学協会
 
1993年
1st Li Shi Zhen Awards for Outstanding Manuscript (1990-1993)
 

Misc

 
Studies on mechanisms of action of ANP, BNP and angiotensin in ovaries
Report of Research,1996-1998,Grant-in-Aid for Scientific Research from the Ministry of Education,Science,Sports and Culture of Japan    1-466   1999年
USUKI S, KONDOH K, KUBO T
J. Cardiovasc. Pharmacol.   36(5 Supplement 1) 421-427   2000年
Plasma endothelin and LH-RH, LH, FSH, prolactin, progesterone,
17α-hydroxyprogesterone, estrone, 17β-estradiol, delta-4-androstenedione, testosterone, active renin, angiotensin-II and ANP levels in blood and LH, estrone 17β-estrdaiol and pregnene...
低容量経口避妊薬(LOC,低容量ピル)
微研ジャーナル   23(1) 3-32   2000年
更年期障害の漢方治療
日本産婦人科学会誌   52(5) N-93-N-96   2000年
臨床医学のMinimum Essentia1
金原出版,東京   1-893   2000年

書籍等出版物

 
Leber’s hereditary optic neuropathy diagnosed by mitochondrial DNA analysis
Recent Progress in Molecular and Comparative Endocrinology Hormone Research Center, Cohonnam National University, Republic Korea   1999年   
Biphasic body temperature related to the serum progesterone levels in killer whales, orcinus orca, resembling basal body temperature in humans
Recent Progress in Molecular and Comparative Endocrinology Hormone Research Center, Cohonnam National University, Republic Korea   1999年   
Body temperature in reared killer whales, orcinus orca: useful predictive method of confinement in females ?
Recent Progress in Molecular and Comparative Endocrinology Hormone Research Center, Cohonnam National University, Republic Korea   1999年   
GH and IGF-1 effects on cultured ovarian granulosa cells from rat ovary
Recent Progress in Molecular and Comparative Endocrinology Hormone Research Center, Cohonnam National University, Republic Korea   1999年   
Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) in the rat ovary
Ovarian Function Research: Present and Future. Frontiers in Endocrinology, Serono Symposia Publications, Rome   1999年   

Works

 
東洋医学の科学的解明:生体反応操作手法の臨床への応用-科学技術庁研究開発
1989年
Fellow, Professor of Distinction, Recent Advances in Oriental Medicine-The Insttute for Advanced Resecarth in Asean Scince and Medicine, Hempstead, USA
1991年
Seminar and Special Lecture : ERAANPS Karolinka Institute H(]J1172[)ddinge University Hospital Sweden
1992年
新規ペプチド「metastin」の女性生殖機能に於ける作用機序
2000年
卵巣・胎盤に於けるエンドセリンーレニン系の産生調節機序及び作用機序の基礎的・臨床的研究
1991年 - 1991年

競争的資金等の研究課題

 
1) 産科婦人科領域における生殖内分泌の調節機序の解明 2) 女性生殖医学における内分泌作用を中心とした機序の解明(間脳―下垂体―性腺系,卵巣の生理機能,胎児胎盤機能,生薬の内分泌機能,更年期・老年期医学)
研究期間: 1971年