佐藤 清昭

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/22 12:20
 
アバター
研究者氏名
佐藤 清昭
 
サトウ キヨアキ
所属
浜松医科大学
部署
医学部 医学科
職名
教授
学位
哲学博士(テュービンゲン大学(ドイツ連邦共和国)), 文学修士(立教大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1991年
 浜松医科大学医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
テュービンゲン大学 文学・外国語研究科 一般言語学
 
 
 - 
1980年
立教大学 文学研究科 ドイツ文学
 
 
 - 
1973年
立教大学 文学部 ドイツ文学科
 

Misc

 
規範と実際。比較級の後に位置する wie の用法を手掛かりとして
ドイツ語教育部会会報   18, 21-26    1980年
Ueber den Gegenstand der Bedeutungsform-Grammatik von Tsugio Sekiguchi
ドイツ文学(日本独文学会)   66, 126-136    1981年
Zum Begriff der Dritten Bedeutungsform bei Sekiguchi
アスペクト(立教大学ドイツ文学科紀要)   15, 38-55    1981年
関口存男と意味内容の一元論的区別
アスペクト(立教大学ドイツ文学科紀要)   19, 77-96    1985年
格支配形容詞の前置詞化の可能性。「形容詞」voll の「前置詞性」を手がかりとして
浜松医科大学紀要一般教育   1, 23-45    1987年
関口文法の今日的意義
ドイツ文学(日本独文学会)   79, 176-179    1987年
「冠詞論」にも「齟齬」が認められるか? 関口文法発展の二つの可能性
ドイツ語学研究(冠詞研究会)   1, 50-62    1989年
有田潤著『ドイツ語学講座 III』(書評)
佐藤清昭
ドイツ文学(日本独文学会)   (84) 133-136   1990年
従来の「文法授業」の正当性。言語通常態論からのアプローチ
浜松医科大学紀要一般教育   5, 73-92    1991年
関口存男の「やっぱり」は心態詞にも該当。「Doch とは何ぞや?」の構造主義的解釈
佐藤清昭
探求 ドイツの文学と言語 立川洋三先生定年退職記念論文集(東洋出版)   1-23   1995年
Tsugio Sekiguchi und seine "synthetische" Grammatik
Kiyoaki Sato
E. Coseriu, K. Ezawa, W. Kürschner (Hrsg.): Sprachwissenschaftsgeschichte und Sprachforschung. Ost-West-Kolloquium Berlin 1995 (Niemeyer)   213-216   1996年
表現するための文法のあり方 - G. von der Gabelentz, F. Brunot, 関口存男を手がかりとして -
浜松医科大学紀要一般教育   10, 99-114    1996年
関口存男文例集 - 分類の観点と利用の可能性 -
浜松医科大学紀要一般教育   12, 57-73    1998年
関口存男に関する研究文献リスト
ドイツ語学研究(冠詞研究会)   9, 53-64    1999年
関口存男による前置詞の意味分類 -「激突急停止の in」(ほか)と「前置詞論」-
ドイツ語学研究(冠詞研究会)   10, 11-48    2000年
前置詞研究のあり方 「関口存男:前置詞論」試案 - an を例として
浜松医科大学紀要一般教育   16, 31-53    2002年
関口存男における前置詞 auf
浜松医科大学紀要一般教育   17, 43-66    2003年
関口存男における前置詞 in
浜松医科大学紀要一般教育   18, 53-79    2004年
Es による「文の非人称化」 - その実際と関口存男の功績 -
ドイツ語学研究(冠詞研究会)   (11) 1-23   2004年
関口存男における前置詞 mit
浜松医科大学紀要一般教育   (19) 25-47   2005年
関口存男における前置詞 zu
浜松医科大学紀要一般教育   (20) 11-35   2006年
関口存男における前置詞研究 - 意味形態の普遍性 -
浜松医科大学紀要一般教育   (21) 35-75   2007年
関口存男における前置詞 unter と bei
浜松医科大学紀要一般教育   22 1-23   2008年
Universelle Bedeutungsformen und die synthetische Grammatik des Deutschen - Sekiguchis Präpositionsstudien
Kiyoaki Sato
K. Ezawa, K. Sato, H. Weydt (Hrsg.): Sekiguchi-Grammatik und die Linguistik von heute (Stauffenburg)   73-82   2009年
Die Erforschung des Konjunktivs bei T. Sekiguchi - Ein Beispiel der synthetischen Grammatik des Deutschen -
佐藤 清昭
浜松医科大学紀要 一般教育   (25) 11-24   2011年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Der Artikel bei T. Sekiguchi. Die Bedeutungsform-Grammatik als Grammatik des Sprechens
Narr(ドイツ Tuebingen)   1987年   
アルファ独和辞典(共著)
三修社   1989年   
アクセス独和辞典(共著)
三修社   1999年   
中級へのドイツ語。小説を読む - ベル:気まぐれな客たち
三修社   2000年   
ドイツの小説を読む - ベル:ある若き王様の思い出 - 初級の文法を終えた人のために
三修社   2001年   

講演・口頭発表等

 
「話(わ)Sprechen の文法」としての関口文法
佐藤 清昭
日本独文学会 春季研究発表会   2012年5月   
Die Konjunktivforschung T. Sekiguchis
佐藤 清昭
Internationale Vereinigung für Germanistik   2010年7月31日   

競争的資金等の研究課題

 
統合文法のあり方,関口存男
Eugenio Coseriu の言語通常態論
ドイツ語前置詞の意味用法
関口文法の今日的意義
Georg von der Gabelentz の言語理論