中里 雅光

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:53
 
アバター
研究者氏名
中里 雅光
 
ナカザト マサミツ
所属
宮崎大学
部署
医学部 医学科 内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野 第3内科
職名
教授
学位
医学博士(宮崎医科大学), 医学士(宮崎医科大学)
科研費研究者番号
10180267

研究キーワード

 
 

経歴

 
2003年9月
 - 
現在
宮崎大学 医学部 医学科 内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野 第3内科 教授
 
1996年6月
 - 
2003年8月
宮崎大学 宮崎医科大学医学部内科学第3講座 講師
 
1985年4月
 - 
1996年5月
宮崎大学 宮崎医科大学医学部附属病院第3内科 助手
 
1984年10月
 - 
1985年3月
宮崎市郡医師会病院 医師
 

学歴

 
 
 - 
1984年3月
宮崎医科大学 医学研究科 
 
 
 - 
1980年3月
宮崎医科大学 医学部 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2018年4月
日本内分泌学会  第91回日本内分泌学会学術総会
 
2017年10月
 - 
2017年10月
日本糖尿病学会  第55回日本糖尿病学会九州地方会
 
2017年6月
   
 
日本神経学会  第218回日本神経学会九州地方会
 
2016年3月
 - 
現在
西日本肥満研究会  代表世話人
 
2014年10月
 - 
2014年10月
日本肥満学会  第35回日本肥満学会
 
2014年2月
 - 
2014年2月
日本糖尿病・肥満動物学会  第 28 回日本 糖尿病・ 肥満動物学会年次学術集会 会長
 
2013年10月
 - 
2013年10月
日本神経内分泌学会  第40回日本神経内分泌学会 学術集会 会長
 
2012年9月
   
 
日本肥満学会  第10回日本肥満症サマーセミナー主催
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本内科学会  日本内科学会雑誌編集委員
 
2012年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  認定肥満症専門病院認定委員会委員長
 
2011年10月
 - 
現在
日本臨床栄養学会  評議員
 
2011年9月
   
 
日本神経学会  第195回日本神経学会九州地方会主催
 
2011年5月
 - 
現在
日本神経学会  代議員
 
2011年5月
 - 
現在
日本糖尿病学会  学術評議員
 
2011年4月
 - 
現在
日本内分泌学会  日本内分泌学会 理事
 
2011年4月
 - 
現在
日本糖尿病学会  九州支部 幹事
 
2011年1月
 - 
現在
Frontiers in Neuroendocrine Science  Editorial Board
 
2011年1月
 - 
現在
Endocrine Journal  Editorial Board
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  肥満症治療ガイドライン委員
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  肥満症診断基準新検討委員会委員
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  肥満症専門医試験問題作成委員会委員長
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  肥満症専門医認定試験委員会副委員長
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  肥満症専門医認定委員会副委員長
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  認定制度委員会 副委員長
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  第33回プログラム委員
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  学術委員会委員
 
2011年1月
 - 
2014年7月
日本肥満学会  日本肥満学会 理事
 
2009年6月
   
 
日本神経学会  第186回日本神経学会九州地方会主催
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本内分泌学会  日本内分泌学会 評議員
 
2009年3月
   
 
日本老年医学会  第19回日本老年医学会九州地方会主催
 
2009年1月
 - 
現在
日本糖尿病・肥満動物学会  日本糖尿病・肥満動物学会 監事
 
2008年8月
 - 
現在
日本神経内分泌学会  日本神経内分泌学会 理事
 
2008年8月
 - 
現在
国際神経ペプチド学会  日本支部幹事
 
2008年7月
 - 
2008年7月
西日本肥満研究会  第16回西日本肥満研究会主催
 
2008年6月
 - 
現在
日本肥満症治療学会  日本肥満症治療学会 評議員
 
2008年5月
   
 
日本内科学会  第281回日本内科学会九州地方会主催
 
2008年4月
   
 
日本呼吸器学会  第60回日本呼吸器学会九州地方会主催
 
2008年4月
 - 
現在
日本呼吸器学会  日本呼吸器学会 代議員
 
2008年4月
 - 
現在
日本学術振興会科学研究費委員会  日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
 
2008年1月
 - 
2010年12月
日本肥満学会  日本肥満学会 監事
 
2008年1月
 - 
2010年12月
日本肥満学会  評議員評価委員会委員
 
2008年1月
 - 
2010年12月
日本肥満学会  庶務広報委員会委員
 
2007年6月
 - 
2007年10月
日本肥満学会  若手研究奨励賞選考委員会委員
 
2007年6月
 - 
2007年10月
日本肥満学会  若手研究奨励賞選考委員会委員
 
2006年9月
   
 
日本神経学会  第175回日本神経学会九州地方会主催
 
2006年4月
 - 
2008年12月
日本糖尿病・肥満動物学会  日本糖尿病・肥満動物学会 評議員
 
2006年1月
 - 
2008年12月
日本肥満学会  刊行編集委員会委員
 
2006年1月
 - 
2008年12月
日本肥満学会  刊行編集委員会委員
 
2005年10月
   
 
日本内分泌学会  第5回日本内分泌学会九州地方会主催
 
2005年4月
 - 
現在
日本神経内分泌学会  川上賞 選考委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本老年医学会  編集委員
 
2004年11月
 - 
現在
日本頭痛学会  日本頭痛学会 評議員
 
2004年4月
 - 
現在
日本内科学会  日本内科学会 評議員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
日本内分泌学会  日本内分泌学会 評議員
 
2003年1月
 - 
現在
日本老年医学会  日本老年医学会 代議員
 
2001年10月
 - 
2008年8月
日本神経内分泌学会  日本神経内分泌学会 評議員
 
2001年4月
 - 
現在
日本臨床分子医学会  日本臨床分子医学会 評議員
 
1999年10月
 - 
現在
日本肥満学会  日本肥満学会 評議員
 
1998年11月
 - 
現在
日本心血管内分泌代謝学会  日本心血管内分泌代謝学会 評議員
 
1997年6月
 - 
2002年12月
日本老年医学会  日本老年医学会 評議員
 
1997年6月
 - 
2003年3月
日本内分泌学会  日本内分泌学会 代議員
 

受賞

 
2017年4月
第90回日本内分泌学会学術総会 第90回日本内分泌学会学術総会 学会賞
 
2016年3月
日本糖尿病・肥満動物学会 米田賞 摂食とエネルギー代謝調節に作動するペプチドの探索と機能解析に関する研究
 
2013年12月
小浜市 杉田玄白賞
 
2008年11月
日本医師会 日本医師会医学研究助成費
 
2005年10月
宮崎県 宮崎県文化賞
 
2005年10月
宮崎日日新聞 宮崎日日新聞科学賞
 
2004年11月
野口 遵 顕彰会 野口賞
 
2002年10月
塩田賞(国立医療学会機関誌優秀論文賞) 塩田賞(国立医療学会機関誌優秀論文賞)
受賞者: 芦谷淳一、中里雅光
 
2002年6月
日本老年医学会 日本老年医学会優秀論文賞
 
2000年10月
日本肥満学 日本肥満学会賞
 
1993年10月
日本生化学会 日本生化学会奨励賞
 
1991年4月
日本内科学会 日本内科学会奨励賞 
 

論文

 
Ueno H, Nakazato H, Ebihara E, Noma K, Kawano T, Nagamine K, Sakoda H, Nakazato M
Diabetes Ther,   9(1) 403-411   2018年2月   [査読有り]
Desquamative interstitial pneumonia complicated by diffuse alveolar hemorrhage
Matsuo A, Matsumoto N, Kitamura A, Tsubouhi H, Yanagi S, Nakazato M
Respirol Case Rep   6    2018年2月   [査読有り]
Ghrelin alleviates paclitaxel-induced peripheral neuropathy by reducing oxidative stress and enhancing mitochondrial anti-oxidant functions in mice.
Ishii N, Tsubouchi H, Miura A, Yanagi S, Ueno H, Shiomi K, Nakazato M
Eur J Pharmacol   819 35-42   2018年1月   [査読有り]
Katoh S, Ikeda M, Matsumoto N, Shimizu H, Abe M, Onoue Y, Mouri K, Kobashi Y, Nakazato M, Oka M
Lung   195(6) 707-712   2017年12月   [査読有り]
Zhang W,Sakoda H,Miura A,Shimizu K,Mori K,Miyazato M,Takayama K,Hayashi Y,Nakazato M
Biochemical and Biophysical Research Communications   493 677-683   2017年11月   [査読有り]
Sakai K, Mochizuki H, Mochida K, Shiomi K, Amano M, Nakazato M
Case Rep Med      2017年10月   [査読有り]
Taniguchi A, Mochizuki H, Yamashita A, Shiomi K, Asada Y, Nakazato M
Neurol Sci   381 135-140   2017年10月   [査読有り]
Shimizu K, Yonekawa T, Yoshida M, Miyazato M, Miura A, Sakoda H, Yamaguchi H, Nakazato M
J Endocr Soc   1(10) 1259-1271   2017年10月   [査読有り]
Suzuki A, Mochizuki H, Ebihara Y, Shiomi K, Nakazato M.
Neurol Int   9 7276   2017年8月   [査読有り]
Mochizuki H, Ishii N, Shiomi K, Nakazato M
Neurol Int   9 7356   2017年8月   [査読有り]
Parkinsonism and high-intensity midbrain lesions on T2-weighted imaging in hepatic encephalopathy: a case report
Ishii N, Mochizuki H, Sakai K, Shiomi, K, Nakazato M
Neurol Sci   38 1547-1549   2017年8月   [査読有り]
Tsubouchi H, Onomura H, Saito Y, Yanagi S, Miura A, Matsuo A, Matsumoto N, Nakazato M
Endocrine J   64(Suppl) S41-S46   2017年6月   [査読有り]
Ueno H, Shiiya T, Nagamine K, Tsuchimochi W, Sakoda H, Shiomi K, Kangawa K, Nakazato M
Endocrine J   64(Suppl) S53-S57   2017年6月   [査読有り]
宮崎県における糖尿病治療薬処方の実態調査
海老原枝美、上野浩晶、清水浩一郎、長嶺和弘、迫田秀之、米川忠人、山口秀樹、中里雅光
Diabetes Frontier.   28(3) 339-344   2017年6月   [査読有り]
Namkoong C, Toshinai K, Waise TM, Sakoda H, Sasaki K, Ueta Y, Kim MS, Minamino N, Nakazato M
Biochemical and Biophysical Research Communications   485(2) 409-413   2017年4月   [査読有り]
The Impacts of Cellular Senescence in Elderly Pneumonia and in Age-Related Lung Diseases That Increase the Risk of Respiratory Infections
Yanagi S, Tsubouchi H, Miura A, Matsuo A, Matsumoto N, Nakazato M
Int J Mol Sci   18    2017年2月   [査読有り]
Naznin F, Toshinai K, Waise TM, Okada T, Sakoda H, Nakazato M
J Mol Endocrinol   60(2) 109-118   2017年2月   [査読有り]
Canagliflozin, a sodium glucose cotransporter 2 inhibitor, attenuates obesity-induced inflammation in the nodose ganglion, hypothalamus, and skeletal muscle of mice
Naznin F, Sakoda H, Okada T, Tsubouchi H, Waise TM, Arakawa K, Nakazato M
Eur J Pharmacol   794 37-44   2017年1月   [査読有り]
当院におけるEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌症例の後顧的検討
松尾彩子、松元信弘、宇都加寿子、重草貴文、小田康晴、坪内拡伸、今津善史、有村保次、柳 重久、飯干宏俊、中里雅光
宮崎県医師会医学会誌   41 27-31   2017年   [査読有り]
両側顔面神経麻痺を生じたGuillain-Barré症候群の造影MRIの検討
大木美澄、酒井克也、鈴木あい、外山晶子、海老原由佳、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
宮崎県医師会医学会誌   41 108-111   2017年   [査読有り]
2,4−dinitrophenolによる末梢神経障害をきたした1例
伊豆元心太朗、谷口晶俊、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
臨床神経学   57 599-602   2017年   [査読有り]
Successful treatment of sepsis due to Pantoea agglomerans by polymyxin B-immobilized fiber column direct hemoperfusion therapy in a small cell lung carcinoma patient
Tsubouchi H, Matsumoto N, Yamagi S, Arimura Y, Nakazato M
Respir Med Case Rep   19 155-158   2016年10月   [査読有り]
Central insulin-action activates Kupffer cells by suppressing hepatic vagal activation through nicotinic alpha 7 acetylcholine receptor
Kimura K, Tanida M, Nagata N, Inaba Y, Watanabe H, Nagashimada M, Ota T, Asahara S, Kido Y, Matsumoto M, Toshinai K, Nakazato M, Shibamoto T, Kaneko S, Kasuga M, Inoue H
Cell Rep   14 2362-2374   2016年5月   [査読有り]
Increased body mass index associated with autonomic dysfunction in Parkinson’s disease
Mochizuki H, Taniguchi A, Nakazato Y, Ishii N, Ebihara Y, Sugiyama T, Shiomi K, Nakazato M
Parkinsonism Relat Disord   24 129-131   2016年5月   [査読有り]
Kimura K, Tanida M,Nagata N, Inaba Y, Watanabe H, Nagashimada M, Ota T, Asahara S, Kido Y, Matsumoto M, Toshinai K, Nakazato M, Shibamoto T, Kaneko S, Kasuga M, Inoue H.
Cell Reports   14(10) 2362-2374   2016年3月   [査読有り]
Mochizuki H, Taniguchi A, Nakazato Y, Ishii N, Ebihara Y, Sugiyama T, Shiomi K, Nakazato M.
Parkinsonism Relat Disord   24(-) 129-131   2016年3月   [査読有り]
Mochizuki H, Yagi K, Tsuruta K, Taniguchi A, Ishii N, Shiomi K, Nakazato M.
Journal of the Neurological Sciences   361(-) 39-42   2016年2月   [査読有り]
Prolonged central sensory conduction time in patients with chronic arsenic exposure
Mochizuki H, Yagi K, Tsuruta K, Taniguchi A, Ishii N, Shiomi K, Nakazato M
J Neurol Sci   361 39-42   2016年2月   [査読有り]
Ueno H, Nakazato M.
Journal of Diabetes Investigation, in press      2016年2月   [査読有り]
リラグルチドの有効性に関する多施設共同観察研究.
野田智穂、上野浩晶、山口秀樹、村瀬邦崇、野見山崇、橋口裕、山口美幸、鳥本桂一、森博子、岡田洋右、安西慶三、西尾善彦、柳瀬敏彦、中里雅光
Diabetes Frontier.   27 388-391   2016年   [査読有り]
頭頂葉皮質病変で発症し、当初に脳梗塞との鑑別を要した単純ヘルペス脳炎の1例
原善根、石井信之、酒井克也、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
臨床神経学   56 104-107   2016年   [査読有り]
ツツガムシ病の感染後に発症したGuillain-Barre症候群の2例
酒井克也、石井信之、海老原由佳、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
臨床神経学   56 577-579   2016年   [査読有り]
Taniguchi A, Mochizuki H, Nagamachi S, Ebihara Y, Ishii N, Shiomi K, Nakazato M.
Neurological Sciences   36(11) 2117-2120   2015年11月   [査読有り]
Yanagi S, Tsubouchi H, Miura A, Matsumoto N, Nakazato M.
BioMed Research International   2015(573210) 1-12   2015年10月   [査読有り]
Ueno H, Nakazato M.
Journal of Diabetes Investigation, in press      2015年9月   [査読有り]
Waise TM, Toshinai K, Naznin F, NamKoong C, Md Moin AS, Sakoda H, Nakazato M.
Biochemical and Biophysical Research Communications   464(4) 1157-1162   2015年9月   [査読有り]
Mochizuki H, Ebihara Y, Ugawa Y, Ishii N, Taniguchi A, Nagamachi S, Shiomi K, Nakazato M.
European Neurology   74(1,2) 107-111   2015年9月   [査読有り]
Kawaguchi M, Kanemaru A, Fukushima T, Yamamoto K, Tanaka H, Haruyama Y, Itoh H, Matsumoto N, Kangawa K, Nakazato M, Kataoka H.
Cancer Science   106(9) 1130-1136   2015年9月   [査読有り]
Hotta M, Horikawa R, Mabe H, Yokoyama S, Sugiyama E, Yonekawa T, Nakazato M, Okamoto Y, Ohara C, Ogawa Y.
BioPsychoSocial Medicine   9(1) 17   2015年8月   [査読有り]
Ueno H, Tsuchimochi W, Wang HW, Yamashita E, Tsubouchi C, Nagamine K, Sakoda H, Nakazato M.
Diabetes Therapy   6(2) 187-196   2015年6月   [査読有り]
Muller TD, Nogueiras R, Andermann ML, Andrews ZB, Anker SD, Argente J, Batterham RL, Benoit SC, Bowers CY, Broglio F, Casanueva FF, D'Alessio D, Depoortere I, Geliebter A, Ghigo E, Cole PA, Cowley M, Cummings DE, Dagher A, Diano S, Dickson SL, Dieguez C,
Molecular Metabolism   4(6) 437-460   2015年6月   [査読有り]
Naznin F, Toshinai K, Waise TM, Namkoong C, Moin AS, Sakoda H, Nakazato M.
J Endocrinol   226(1) 81-92   2015年5月   [査読有り]
Matsumoto N, Miki K, Tsubouchi H, Sakamoto A, Arimura Y, Yanagi S, Iiboshi H, Yoshida M, Souma R, Ishimoto H, Yamamoto Y, Yatera K, Yoshikawa M, Sagara H, Iwanaga T, Mukae H, Maekura R, Kimura H, Nakazato M, Kangawa K.
Lung   193(2) 239-247   2015年4月   [査読有り]
Basedow病術前管理におけるデキサメタゾン短期投与の有用性.
中里浩子、山口秀樹、 盛永裕太、海老原枝美、野田智穂、米川忠人、河野文彰、中村都英、長嶺和宏、日高博之、指宿一彦、年森啓隆、栗林忠信、中里雅光
宮崎県医学会誌   39(1) 45-50   2015年3月   [査読有り]
Kim JW, Rhee M, Park JH, Yamaguchi H, Sasaki K, Minamino N, Nakazato M, Song DK, Yoon KH.
Biochemical and biophysical research communications   457(2) 148-153   2015年2月   [査読有り]
Tsuchimochi W, Ueno H, Yamashita E, Tsubouchi C, Sakoda H, Nakamura S, Nakazato M.
Endocrine Journal   62(1) 13-20   2015年1月   [査読有り]
Tsubouchi H,Yanagi S,Miura A,Matsumoto N,Kangawa K,Nakazato M
European journal of pharmacology   743(15) 1-10   2014年11月   [査読有り]
Tsubouchi H,Yanagi S,Miura A,Mogami S,Yamada C,Iizuka S,Hattori T,Nakazato M
Nutrition research   34(10) 876-885   2014年10月   [査読有り]
Oda K,Ishimoto H,Yamada S,Kushima H,Ishii H,Imanaga T,Harada T,Ishimatsu Y,Matsumoto N,Naito K,Yatera K,Nakazato M,Kadota JI,Watanabe K,Kohno S,Mukae H
Respiratory research   15 109-109   2014年9月   [査読有り]
Ueno H,Mizuta M,Shiiya T,Tshuchimochi W,Noma K,Nakashima N,Fujihara M,Nakazato M
Diabetes care   37(7) 2024-2027   2014年7月   [査読有り]
Yano Y,Nakazato M,Toshinai K,Inokuchi T,Matsuda S,Hidaka T,Hayakawa M,Kangawa K,Shimada K,Kario K
American journal of hypertension   27(5) 727-733   2014年5月   [査読有り]
Toshinai K,Saito T,Yamaguchi H,Sasaki K,Tsuchimochi W,Minamino N,Ueta Y,Nakazato M
Brain research   1563(14) 52-60   2014年3月   [査読有り]
Tsubouchi H, Yanagi S, Miura A, Iizuka S, Mogami S, Yamada C, Hattori T, Nakazato M.
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol,   306(3) 233-245   2014年2月   [査読有り]
Tsubouchi H,Yanagi S,Miura A,Iizuka S,Mogami S,Yamada C,Hattori T,Nakazato M
American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology   306(3) L233-L245   2014年2月   [査読有り]
Koshinaka K, Kawamoto E, Abe N, Toshinai K, Nakazato M, Kawanaka K.
The journal of physiological sciences   63(6) 409-418   2013年7月   [査読有り]
A possible role of galectin-9 in the pulmonary fibrosis of patients with interstitial pneumonia.
Matsumoto N, Katoh S, Yanagi S, Arimura Y, Tokojima M, Ueno M, Hirashima M, Nakazato M
Lung   191(2) 191-198   2013年4月   [査読有り]
Yano Y, 他
Atherosclerosis   227(1) 135-139   2013年3月   [査読有り]
Tsuchimochi W,?他
European Journal of Pharmacology   702(1~3) 187-193   2013年2月   [査読有り]
Miyoshi K, 他
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine   187(3) 262-275   2013年2月   [査読有り]
Moin AS. 他
Biochemical and Biophysical Research Communications   428(4) 512-517   2012年11月   [査読有り]
Ghrelin ameliorates bleomycin-induced acute lung injury by protecting alveolar epithelial cells and suppressing lung inflammation.
Imazu Y,Yanagi S,Miyoshi K,Tsubouchi H,Yamashita S,Matsumoto N,Ashitani J,Kangawa K,Nakazato M
Eur J Pharmacol   672(1-3) 153-158   2011年10月   [査読有り]
Therapeutic potential of ghrelin treatment for unloading-induced muscle atrophy in mice
Koshinaka K,Toshinai K,Mohammad A,Noma K,Oshikawa M,Ueno H,Yamaguchi H,Nakazato M
Biochem Biophys Res Commun   412(2) 296-301   2011年7月   [査読有り]
肺音聴診シミュレータを用いた肺音聴診実習の教育効果
有村保次,小松弘幸,柳重久,松元信弘,岡山昭彦,林克裕,中里雅光
日本呼吸器学会誌   49(6) 413-418   2011年6月   [査読有り]
Ghrelin in small intestine,its contribution to regulation of food intake and body weight in cross-intestinal parabiotic rats
Noguchi H,Masaki T,Kakuma T,Nakazato M,Yoshimatsu H
Endocr J   58(8) 625-632   2011年5月   [査読有り]
Telmisartan suppresses food intake in mice via the melanocortin pathway
Noma K,Toshinai K,Koshinaka K,Nakazato M
Obes Res Clin Pract   5(2) e93-e100   2011年4月   [査読有り]
Significant lowering of plasma ghrelin but not des-acyl ghrelin in response to acute exercise in men
Shiiya T,Ueno H,Toshinai K,Kawagoe T,Naito S,Tobina T,Nishida Y,Shindo M,Kangawa K,Tanaka H,Nakazato M
Endocr J   58(5) 335-342   2011年3月   [査読有り]
Glucagon-like peptide-1 and candesartan additively improve glucolipotoxicity in pancreatic β-cells
Wang H,Mizuta M,Saitoh Y,Noma K,Ueno H,Nakazato M
Metabolism   60(8) 1081-1089   2011年1月   [査読有り]
Regulation of ghrelin signaling by a leptin-induced gene, negative regulatory element-binding protein, in the hypothalamic neurons.(共著)
Komori T,Doi A,Furuta H,Wakao H,Nakao N,Nakazato M,Nanjo K,Senba E,Morikawa Y.
J Biol Chem   285(48) 37884-37894   2010年11月   [査読有り]
Candesartan attenuates fatty acid-induced oxidative stress and NAD(P)H oxidase activity in pancreatic β-cells.(共著)
Saitoh Y,Wang H,Ueno H,Mizuta M,Nakazato M
Diabetes Res Clin Pract   90(1) 54-59   2010年10月   [査読有り]
Neuroendocrine regulatory peptide-2 regulates feeding behavior via the orexin system in the hypothalamus.(共著)
Toshinai K,Yamaguchi H,Kageyama H,Matsuo T,Koshinaka K,Sasaki K,Shioda S,Minamino N,and Nakazato M
Am J Physiol Endocrinol Metab   299(3) 394-401   2010年9月   [査読有り]
A novel nonsense mutation in DMP1 gene in a Japanese family with autosomal recessive hypophosphatemic rickets.(共著)
Koshida R,Yamaguchi H,Yamasaki K,Tsuchimochi W,Yonekawa T,Nakazato M
J Bone Miner Metab   28(5) 585-590   2010年9月   [査読有り]
Distribution of neuroendocrine regulatory peptide-1 and -2, and proteolytic processing of their precursor VGF protein in the rat.(共著)
Mishiro-Sato E,Sasaki K,Matsuo T,Kageyama H,Yamaguchi H,Date Y,Matsubara M,Ishizu T,Kumagaye K,Satomi Y,Takao T,Shioda S,Nakazato M,and Minamino N
J Neurochem   114(4) 1097-1106   2010年8月   [査読有り]
Localization of neuroendocrine regulatory peptide-1 and-2 in human tissues.(共著)
Matsuo T,Yamaguchi H,Kageyama H,Sasaki K,Shioda S,Minamino N,Nakazato M
Regul Pept   163(1-3) 43-48   2010年8月   [査読有り]
Translational research of ghrelin.(共著)
Ueno H,Shiiya T,Nakazato M
Ann NY Acad Sci   1200 120-127   2010年7月   [査読有り]
Neuropeptide W: a key player in the homeostatic regulation of feeding and energy metabolism?(共著)
Takenoya F,Kageyama H,Shiba K,Date Y,Nakazato M,Shioda S
Ann NY Acad Sci   1200 162-169   2010年7月   [査読有り]
Neuropeptide W: an anorectic peptide regulated by leptin and metabolic state.(共著)
Date Y,Mondal MS,Kageyama H,Ghamari-Langroudi M,Takenoya F,Yamaguchi H,Shimomura Y,Mori M,Murakami N,Shioda S,Cone RD,Nakazato M
Endocrinology   151(5) 2200-2210   2010年5月   [査読有り]
Distribution of neuropeptide W in the rat brain.(共著)
Takenoya F,Yagi M,Kageyama H,Shiba K,Endo K,Nonaka N,Date Y,Nakazato M,Shioda S
Neuropeptides   44(2) 99-106   2010年4月   [査読有り]
Developmental and aging change of orexin-A and -B immunoreactive neurons in the male rat hypothalamus.(共著)
Sawai N,Ueta Y,Nakazato M,and Ozawa H
Neurosci Lett   468(1) 51-55   2010年1月   [査読有り]
Kyoraku I, Shiomi K, Kangawa K, and Nakazato M.
Biochem Biophys Res Commun   389(3) 405-408   2009年11月   [査読有り]
Sakoguchi T, Horiuchi M, Asakawa A, Ushikai M, Yoshida G, Fujiyama M, Kato I, Nakazato M, Takeuchi T, Saheki T, and Inui A.
Biochim Biophys Acta   1792(11) 1087-1093   2009年11月   [査読有り]
Kato K, Kannan H, Ohta H, Kemuriyama T, Maruyama S, Tandai-Hiruma M, Sato Y, Nakazato M, Nishimori T, Ishida Y, Onaka T, and Nishida Y.
J Neuroendocrinol   21(11) 921-934   2009年11月   [査読有り]
Saitoh Y, Hongwei W, Ueno H, Mizuta M, and Nakazato M.
Diabetes Metab   35(5) 392-397   2009年11月   [査読有り]
Ashitani J, Matsumoto N, and Nakazato M.
Peptides   30(10) 1951-1956   2009年10月   [査読有り]
Arif M, Chikuma T, Ahmed MM, Nakazato M, Smith MA, Kato T.
Neuroscience   164(3) 1199-1209   2009年9月   [査読有り]
Toshinai K and Nakazato M.
Cell Mol Life Sci   66(11-12) 1939-1945   2009年7月   [査読有り]
Plasma des-acyl ghrelin, but not plasma HMW adiponectin, is a useful cardiometabolic marker for predicting atherosclerosis in elderly hypertensive patients. (共著)
Yano Y, Toshinai K, Inokuchi T, Kangawa K, Shimada K, Kario K, and Nakazato M.
Atherosclerosis   204(2) 590-594   2009年6月   [査読有り]
Ashitani J, Matsumoto N, and Nakazato M.
Nutritional J   16(8) 8-25   2009年6月   [査読有り]
Yamaguchi N, Isomoto H, Mukae H, Ishimoto H, Ohnita K, Shikuwa S, Mizuta Y, Nakazato M and Kohno S.
Inflamm Res   58(4) 195-197   2009年3月   [査読有り]
Regulation of pancreatic β cell mass by neuronal signals from the liver. "jointly worked"
Imai J, Katagiri H, Yamada T, Ishigaki Y, Suzuki T, Kudo H, Uno K, Hasegawa Y, Gao JH, Kaneko K, Ishihara H, Niijima A, Nakazato M, Asano T, Minokoshi Y, and Oka Y
Science,   322(5905) 1250-1254   2008年11月   [査読有り]
Ghrelin treatment suppresses neutropfil-dominant inflammation in airways of patients with chronic espiratory infection. "jointly worked"
Kodama T, Ashitani J, Matsumoto N, Kangawa K, and Nakazato M
Pulm Pharmacol Ther,   21(5) 774-779   2008年10月   [査読有り]
Uroguanylin, an intestinal natriuretic peptide, is delivered to the kidney as an unprocessed propeptide. "jointly worked"
Moss NG, Fellner RC, Qian X, Yu SJ, Li Z, Nakazato M, and Goy MF
Endocrinology,   149(9) 4486-4498   2008年9月   [査読有り]
Usefulness of rCBF analysis in diagnosing Parkinson's disease: supplemental role with MIBG myocardial scintigraphy. "jointly worked"
Nagamachi S, Wakamatsu H, Kiyohara S, Fujita S, Futami S, Tamura S, Nakazato M, Yamashita S, Arita H, Nishii R, Kawai K
Ann Nucl Med,   22(7) 557-564   2008年8月   [査読有り]
Characterization of obestatin in rat and human stomach and plasma, and its lack of acute effect on feeding behavior in rodents. "jointly worked"
Mondal MS, Toshinai K, Ueno H, Koshinaka K, and Nakazato M
J Endocrinol,   198(2) 339-346   2008年8月   [査読有り]
Pioglitazone attenuates fatty acid-induced oxidative stress and apoptosis in pancreatic beta-cells. "jointly worked"
Saitoh Y, Chun-Ping C, Noma K, Ueno H, Mizuta M, and Nakazato M.
Diabetes Obes Metab,   10(7) 564-573   2008年7月   [査読有り]
Ontogeny of a new enteric peptide, neuropeptide W (NPW), in the developing rat stomach. "jointly worked"
Mondal MS, Yamaguchi H, Date Y, Tsuruta T, Shimbara T, Toshinai K, Shimomura Y, Mori M, and Nakazato M.
Regul Pept,   145(1,3) 141-146   2008年7月   [査読有り]
Distribution of orexins-containing fibers and contents of orexins in the rat olfactory bulb. "jointly worked"
Shibata M, Mondal MS, Date Y, Nakazato M, Suzuki H, Ueta Y.
Neurosci Res,   61(1) 99-105   2008年5月   [査読有り]
An outbreak of Legionnaires' disease associated with a circulating bathwater system at a public bathhouse. I: a clinical analysis. "jointly worked"
Sasaki T, Matsumoto N, Nakao H, Katoh T, Fukuda Y, Nakazato M, and Okayama A
J Infect Chemother,   14(2) 117-122   2008年4月   [査読有り]

Misc

 
肥満に対する内科的アプローチ
中里雅光
Diabetes Strategy   8 9-11   2018年2月   [依頼有り]
SGLT2阻害薬による体組成、とくに筋肉量の変化
上野浩晶、中里雅光
糖尿病   9 47-51   2017年12月   [依頼有り]
肥満症の薬物療法
中里雅光
最新医学別冊診断と治療のABC   128 73-77   2017年11月   [依頼有り]
肥満症の薬物療法−適応・評価基準を含めて
野田智穂, 上野浩晶,中里雅光
The Lipid   28(4) 57-61   2017年11月   [依頼有り]
肥満症治療薬の現状と展望.
上野浩晶,中里雅光
Pharama Medica   35(11) 51-55   2017年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
内分泌代謝科専門医研修ガイドブック
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:摂食、エネルギー代謝の基礎知識)
診断と治療社   2018年5月   ISBN:9784787822925
最新医学別冊 診断と治療のABC128 肥満症
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:肥満症の薬物療法)
最新医学社   2017年10月   
内科学 11版
中里雅光
朝倉書店   2017年3月   ISBN:9784254322712C3047
内科学 11版
中里雅光
朝倉書店   2017年3月   ISBN:9784254322712C3047
内科学 11版
中里雅光
朝倉書店   2017年3月   ISBN:9784254322712C3047
内分泌・糖尿病・代謝内科
山口秀樹、米川忠人、清水浩一郎、中里雅光 (担当:共著, 範囲:キスペプチン受容体変異と思春期遅発症)
科学評論社   2017年1月   
薬物療法. 肥満症診療ガイドライン
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著)
ライフサイエンス出版   2016年10月   ISBN:*
高度肥満症に対する薬物療法. 肥満症診療ガイドライン
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著)
ライフサイエンス出版   2016年3月   ISBN:*
Annual Review 2016 神経
石井信之, 上野浩晶, 中里雅光 (担当:共著)
中外医学社   2016年1月   ISBN:978-4-498-22854-2
摂食・エネルギー代謝における自律神経の関与
石井信之、上野浩晶、中里雅光 (担当:共著)
中外医学社   2016年1月   ISBN:*
神経疾患最新の治療2015-2017
坪内千佳子、中里雅光 (担当:共著)
南江堂   2015年1月   ISBN:978-4-524-26595-4
Annual Review 2015呼吸器
柳 重久、坪内拡伸、中里雅光 (担当:共著)
中外医学社   2015年1月   ISBN:978-4-498-13013-5
注射剤・経口製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発
上野浩晶,中里雅光 (担当:共著, 範囲:161-164)
(株)技術情報協会(東京)   2014年7月   
メディコピア55 栄養と食欲-病態と治療の進歩-
中里雅光
富士レビオ(東京)   2014年7月   
内科学書 改訂第8版
上野浩晶, 中里雅光 (担当:共著, 範囲:摂食の内分泌学)
中山書店   2013年10月   ISBN:978-4-521-73775-1
内科学 第10版 「異所性ホルモン産生腫瘍」
中里雅光 (担当:共著, 範囲:所性ホルモン産生腫瘍)
朝倉書店   2013年6月   ISBN:4254322615
内科学 第10版 「内科疾患に伴う神経系障害1)ビタミン欠乏症、2)代謝・内分泌疾患に伴う神経系障害」
中里雅光 (担当:共著, 範囲:内科疾患に伴う神経系障害1)ビタミン欠乏症、2)代謝・内分泌疾患に伴う神経系障害)
朝倉書店   2013年6月   ISBN:4254322615
糖尿病の分子標的と治療薬事典 「抗肥満症薬②-中枢性食欲抑制薬, 抗肥満症薬③-リパーゼ阻害薬」
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:抗肥満症薬②-中枢性食欲抑制薬, 抗肥満症薬③-リパーゼ阻害薬)
羊土社   2013年5月   ISBN:4758120420
産科と婦人科 80巻増刊号 ホルモン療法実践マニュアル
山口秀樹,鮫島浩,中里雅光 (担当:共著, 範囲:下垂体炎,尿崩症)
診断と治療社   2013年4月   
最新 内分泌代謝学 「アミロイドーシス」
中里雅光 (担当:共著, 範囲:アミロイドーシス)
診断と治療社   2013年3月   ISBN:4787819372
最新 内分泌代謝学 「消化管ホルモンと消化管機能総論」
中里雅光 (担当:共著, 範囲:消化管ホルモンと消化管機能総論)
診断と治療社   2013年3月   ISBN:4787819372
今日の診療のためにガイドライン外来診療2013 内分泌・代謝性疾患, 肥満症(共著)
山下英一郎、中里雅光 (担当:共著, 範囲:213-219)
日経メディカル開発   2013年3月   ISBN:978-4931400696
今日の治療指針2013年版 (共著)   インスリノーマ,消化管ホルモン産生腫瘍
中里雅光 (担当:共著, 範囲:698)
医学書院   2013年1月   ISBN:978-4260016445
Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2013   摂食調節ホルモンの臨床(共著)
山下英一郎、上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:205-210)
中外医学社   2013年1月   ISBN:978-4498123458
ペプチド医薬の最前線 (共著)              経鼻投与デバイスを用いたGLP-1投与による2型糖尿病の治療開発
中里雅光 (担当:共著, 範囲:122-126)
シーエムシー出版   2012年11月   ISBN:978-5781306452
Clinical application of ghrelin for chronic respiratory diseases.(jointly worked)
Matsumoto N, Nakazato M. (担当:共著, 範囲:399-407)
Academic Press   2012年10月   ISBN:978-0123812728
次世代バイオ医薬品の製剤設計と開発戦略
中里雅光 (担当:共著, 範囲:GLP-1の経鼻投与による2型糖尿病の治療開発 150-154)
シーエムシー出版   2011年12月   ISBN:978-4781304588
最新医学 6月増刊号 メタボリックシンドロームII(後篇)‐メタボリックシンドロームの基礎‐
中里雅光 (担当:共著, 範囲:中枢性摂食調節 1266-1275)
最新医学社   2011年6月   
実験医学増刊 代謝・内分泌 ネットワークと医薬応用
山口秀樹,中里雅光 (担当:編者, 範囲:生理活性ペプチドと疾患・臨床応用 752-758)
羊土社   2011年3月   ISBN:978-4-7581-0313-8
実験医学増刊 代謝・内分泌 ネットワークと医薬応用
松元信弘,中里雅光 (担当:編者, 範囲:グレリンのトランスレーショナルリサーチ  803-807)
羊土社   2011年3月   ISBN:978-4-7581-0313-8
Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌
中里雅光,寒川賢治 (担当:共著, 範囲:グレリンの展開医療研究 232-237)
中外医学社   2011年1月   ISBN:978-4-498-12342-7
Annual Review 呼吸器
松元信弘,寒川賢治,中里雅光 (担当:共著, 範囲:グレリンと呼吸器疾患 50-56)
中外医学社   2011年1月   ISBN:978-4-498-13002-9
今日の診断のためにガイドライン外来診療2010
中里雅光
日経メディカル開発   2010年3月   ISBN:4931400574
実験医学増刊 肥満・糖尿病の病態を解明するエネルギー代謝の最前線-ミトコンドリア・脂肪細胞の機能理解から, 臓器間神経ネットワークによる代謝調節まで
中里雅光
羊土社   2009年4月   ISBN:978-4-7581-0298-8
Shioda S, Homma I, Kato N (Eds.) .: Transmitters and Modulators in Health and Disease. New Frontiers in Neuroscience. (共著)
Takenoha F, Kageyama H, Date Y, Nakazato M (担当:共著, 範囲:9)
Springer   2009年4月   ISBN:978-4431990383
Transmitters and Modulators in Health and Disease. New Frontiers in Neuroscience. "jointly worked"
Takenoha F, Kageyama H, Date Y, Nakazato M, and Shioda S (担当:共著, 範囲:9)
Springer (Japan)   2008年12月   
Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 (共著)
齋藤幸枝, 上野浩晶, 中里雅光 (担当:共著, 範囲:8)
中外医学社   2008年11月   
New frontiers in Lifestyle-Related Diseases. "jointly worked"
Nakazato M, Ueno H (担当:共著, 範囲:8)
Springer (Japan)   2008年4月   
Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌
齋藤幸枝, 上野浩晶, 中里雅光 (担当:共著, 範囲:58-65)
中外医学社   2008年1月   
Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌
"齋藤幸枝,上野浩晶,中里雅光" (担当:共著, 範囲:食欲調節)
中外医学社   2008年1月   
New frontiers in Lifestyle-Related Diseases. "jointly worked"
Nakazato M, Ueno H (担当:共著, 範囲:Neuronal Mechanisms of Feeding Regulation by Peptides)
Springer (Japan)   2008年1月   
New frontiers in Lifestyle-Related Diseases
Nakazato M, Ueno H (担当:共著, 範囲:8)
Springer (Japan)   2008年1月   
第9版内科学
中里雅光
朝倉書店   2007年9月   
第9版内科学
中里雅光
朝倉書店   2007年9月   
遺伝子医学MOOK(8)ペプチドと創薬
水田雅也、中里雅光 (担当:共著, 範囲:148-152)
メディカルドゥ社   2007年7月   
メタボリックシンドロームup to date
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:231-235)
日本医師会   2007年7月   
糖尿病学・基礎と臨床2007
山口秀樹、上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:495-499)
西村書店   2007年6月   
糖尿病学2007
中里雅光
診断と治療社   2007年6月   
脂肪細胞と脂肪組織
米川忠人、中里雅光 (担当:共著, 範囲:21-24)
文光堂   2007年6月   
現場の疑問に答える 糖尿病診療Q&A
松元信弘、中里雅光 (担当:共著, 範囲:203-205)
中外医学社   2007年5月   
TODAY’S THERAPY 2007今日の治療指針
中里雅光
医学書院   2007年1月   
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌
上野浩晶、中里雅光 (担当:共著, 範囲:230-234)
中外医学社   2007年1月   
ブレインサイエンス・シリーズ 脳とホルモン-情報を伝えるネットワーク
"伊達 紫,中里雅光" (担当:共著, 範囲:第5章 脳とオレキシン)
共立出版(東京)   2005年1月   
アミロイドーシスの基礎と臨床
"米川忠人,中里雅光" (担当:共著, 範囲:内分泌臓器とアミロイドーシス)
金原出版(東京)   2005年1月   
メタボリックシンドロームメカニズムと治療の分子生物学
"上野浩晶,中里雅光" (担当:共著, 範囲:摂食調節系のメカニズム)
南山堂(東京)   2005年1月   
The Orexin/Hypocretin System: Physiology And Pathophysiology (Contemporary Clinical Neuroscience)
"Shirasaka T,Nakazato M" (担当:共著, 範囲:Orexins and autonomic nervouse system)
Humana Press, Totowa, NJ USA   2005年1月   
脳と栄養 -行動の分子基盤を求めて-
"中里雅光"
建帛社(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
医学大辞典
"中里雅光"
医学書院(東京)   2003年1月   
Progress in Obesity Research
"Nakazato M"
John Libbey Eurotest Ltd   2003年1月   
Annual Review 内分泌・代謝
"中里雅光"
中外医学社(東京)   2002年7月   
Progressess in Nephrology
"Kokot F,Nakazato M,Adamczak M,Wiecek A,Ficek R" (担当:共著, 範囲:lasma and urinary uroguanylin in preeclamptic and healthy pregnant women and their fetuses)
(Moscow)   2002年1月   
看護のための最新医学講座 第7巻 代謝・内分泌疾患 3. 蛋白・アミノ酸代謝異常
"平塚雄聡,中里雅光" (担当:共著, 範囲:アミロイドーシス)
中山書店(東京)   2001年8月   
医学大事典
"中里雅光"
南山堂(東京)   2001年1月   
医学大事典
"中里雅光"
南山堂(東京)   2001年1月   
医学大事典
"中里雅光"
南山堂(東京)   2001年1月   
消化管ホルモン(XVII)
"中里雅光"
医学図書出版(東京)   1999年9月   
別冊医学のあゆみ神経疾患 State of Arts
"中里雅光"
医歯薬出版株式会社(東京)   1999年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Nakazato M"
Parthenon Publishers(New York)   1998年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Nakazato M,Kishikawa M,Shimizu A"
Parthenon Publishers(New York)   1998年1月   
消化管ホルモン(XV)
"伊達 紫,中里雅光,山口秀樹,松倉 茂,寒川賢治,松尾嘉之" (担当:共著, 範囲:guanylin family peptides の構造解析、生体内分布、遺伝子発現および臨床的意義に関する研究)
医学図書出版(東京)   1997年1月   
最新内科学大系 プログレス2 内分泌・代謝疾患
"中里雅光"
中山書店(東京)   1997年1月   
消化管ホルモン(XIV)
"伊達 紫,中里雅光,山口秀樹,寒川賢治,松尾壽之,松倉 茂" (担当:共著, 範囲:グアニリン:腸管に存在する新たな水・電解質代謝調節ペプチド)
医学図書出版(東京)   1995年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Nakazato M,Shiomi K,Matsukura S" (担当:共著, 範囲:Three transthyretin variants (Val30→ cause familial amyloidotic polyneuropathy)
Parthernon Publishing, (New York)   1994年1月   
神経疾患の臨床
"中里雅光,松倉 茂" (担当:共著, 範囲:家族性アミロイドポリニュ?ロパチ?(FAP) アミロイド蛋白の多様性とその表現型)
中外医学社(東京)   1993年1月   
Peptide Chemistry
"Nakazato M,Miyazato M,Shiomi K,Matsukura S,Kangawa K,Matsuo H" (担当:共著, 範囲:Establishment of N-and C-terminally specific RIAs for islet amyloid polypeptide (IAPP) and its isolation and identification in mammalian species)
ESCOM (Leiden)   1993年1月   
Advances in Clinical Neuroscience
"Nakazato M" (担当:共著, 範囲:Familial amyloidotic polyneuropathy of the transthyretin, apolipoprotein A-I and gelsolin types)
Kailash Paper Conversion   1993年1月   
Annual Review 内分泌・代謝
"中里雅光,松倉 茂,寒川賢治,松尾壽之" (担当:共著, 範囲:Islet amyloid polypeptide (IAPP/amylin))
中外医学社(東京)   1992年1月   
神経疾患の遺伝学
"鬼頭正三,下山政憲,原田俊秀,中里雅光" (担当:共著, 範囲:アミロイド?シス)
金原出版(東京)   1992年1月   
Prevention and treatment of NIDDM
"Miyazato M,Nakazato M,Shiomi K,Asai J,Mitsukawa T,Narita R,Toshimori H,Takemura J,Kangawa K,Matsuo H,Matsukura S" (担当:共著, 範囲:Islet amyloid polypeptide (IAPP /Amylin): A new and possibly diabetogenic pancreatic hormone)
Smith-Gordon (London)   1992年1月   
最新内科学大系 17膵・消化管内分泌
"中里雅光,松倉 茂" (担当:共著, 範囲:IAPP(アミリン))
中山書店(東京)   1992年1月   
モダンコンセプト神経内科1
"中里雅光,松倉 茂,寒川賢治,松尾壽之" (担当:共著, 範囲:家族性アミロイドポリニューロパチーの早期診断法)
医学書院(東京)   1991年1月   
内分泌学の進歩 8
"中里雅光,浅井順子,宮里幹也,年森啓隆,松倉 茂,寒川賢治,松尾壽之" (担当:共著, 範囲:Islet amyloid polypeptide (IAPP)の単離、構造決定、定量法の開発、免疫組織学的研究および分泌動態について)
トプコ出版部(東京)   1991年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Asai J,Nakazato M,Miyazato M,Mitsukawa T,Toshimori H,Takemura J,Kangawa K,Matsuo H,Matsukura S" (担当:共著, 範囲:Isolation and sequence determination, immunohistochemical study and its secretion from pancreas)
Kluwer Academic Publishers (London)   1990年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Nakazato M,Asai J,Miyazato M,Mitsukawa T,Toshimori H,Takemura J,Kangawa K,Matsuo H,Matsukura S" (担当:共著, 範囲:Human islet amyloid polypeptide (IAPP); Identification in human pancreas, establishment of radioimmunoassay and its response to physiological stimulation)
Kluwer Academic Publishers (London)   1990年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Miyazato M,Nakazato M,Yamamura Y,Kangawa K,Matsuo H,Matsukura S" (担当:共著, 範囲:Variant transthyretins in familial amyloidotic polyneuropathy (FAP))
Kluwer Academic Publishers (London)   1990年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Tanaka M,Nakazato M,Matsukura S,Kangawa K,Matsuo H" (担当:共著, 範囲:Abnormal transthyretin in familial amyloidotic polyneuropathy in Japan and Sweden)
Plemun Press (New York)   1988年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Nakazato M,Tanaka M,Kurihara T,Matsukura S,Matsuo H" (担当:共著, 範囲:Elderly asymptomatic carriers and late-onset cases of familial amyloidotic polyneuropathy detected by radioimmunoassay)
Plemun Press (New York)   1988年1月   
Amyloid and Amyloidosis
"Sasaki H,Nakazato M,Matsuo H,Sakaki Y" (担当:共著, 範囲:Towards establishment of an animal model for familial amyloidotic polyneuropathy; generation and characterization of transgenic mice)
Plemun Press (New York)   1988年1月   

講演・口頭発表等

 
亜急性のパーキンソニズムを呈した尿毒症性脳症の1例
伊達木正子、石井信之、鈴木あい、酒井克也、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
第221回日本神経学会九州地方会   2018年3月10日   日本神経学会九州地方会
頭蓋咽頭腫術後による汎下垂体機能低下症ながら副腎皮質ホルモンの補充なしで16年間にわたり日常生活可能であった1症例
米川忠人、山口秀樹、中里雅光
第29回間脳・下垂体・副腎系研究会   2018年3月10日   間脳・下垂体・副腎系研究会
症状自覚後急速に呼吸不全が進行し敗血症を繰り返したPPFEの一例
鍋倉弘樹、松尾彩子、瀬戸口健介、宇都加寿子、重草貴文、小田康晴、坪内拡伸、坂元昭裕、有村保次、柳重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第80回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会   2018年3月10日   日本呼吸器学会
治療抵抗性高血圧症と難治性低カリウム血症で発症した異所性ACTH産生小細胞肺癌の1例
工藤陽平、宇都加寿子、瀬戸口健介、重草貴文、松尾彩子、小田康晴、坪内拡伸、坂元昭裕、柳重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第80回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会   2018年3月10日   日本呼吸器学会
診断に難渋した無症状の多中心性Castleman病の一例
小田康晴、瀬戸口健介、宇都加寿子、重草貴文、松尾彩子、坪内拡伸、坂元昭裕、有村保次、柳重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第80回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会   2018年3月10日   日本呼吸器学会
中里雅光:中枢神経を介する糖代謝
中里雅光
第52回 糖尿病学の進歩   2018年3月2日   
Weekly DPP4の有用性について
野田智穂、上野浩晶、田中友梨、与那嶺真一、土持若葉、迫田秀之、中里雅光
第15回糖尿病性腎症臨床研究会   2018年3月1日   尿病性腎症臨床研究会
Obesity induced hormonal imbalance exacerbates eosinophilic asthma inflammation
Tsubouchi H, Onomura H, Saito Y, Yanagi S, Miura A, Matsuo A, Matsumoto N, Nakazato M
Cardio Renal Diabetes Conference 2018   2018年2月   
発症時はGAD抗体陰性で内因性インスリン分泌は保たれていたが、4年後に陽転化し強化インスリン療法が必要となった若年糖尿病の一例
野田智穂、上野浩晶、清水浩一郎、海老原枝美、迫田秀之、中津留邦展、中里雅光
第62回九州糖尿病懇話会   2018年1月27日   九州糖尿病懇話会
視神経炎を契機に診断に至った脳腱黄色腫の1例.
久冨木冠、宮本美由貴、谷口晶俊、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
第220回日本神経学会九州地方会   2017年12月16日   本神経学会九州地方会
Neuromedin U suppresses glucose-stimulated insulin secretion in pancreatic β cells [招待有り]
Zhang W, Sakoda H, Miura A, Shimizu K, Mori K, Miyazato M, Takayama K, Hayashi Y, Nakazato M
平成29年ERATO/AMED-CREST/PRESTO共催国際シンポジウム「Organismal and Systems Biology of Inter-Organ Communication-Indra's Net of the Body-」   2017年12月4日   ERATO/AMED-CREST/PRESTO共催国際シンポジウム
高Ca血症の病因に難渋しているバゼドウ病合併乳癌術後の1例.
串間千奈見、山口秀樹、長嶺和弘、清水浩一郎、米川忠人、中里雅光
第27回臨床内分泌代謝Update   2017年11月24日   日本内分泌学会
自律神経・内分泌・免疫系を介するエネルギー代謝調節.
中里雅光
第27回臨床内分泌代謝Update   2017年11月24日   臨床内分泌代謝Update
高脂肪食による摂食調節機構の破綻.
中里雅光
第42回日本比較内分泌学会シンポジウム   2017年11月17日   日本比較内分泌学会
インスリン注射部位の変更により血糖コントロールが著明に改善した1型糖尿病の2例
川添杏奈,野田智穂,上野浩晶,田中友梨,与那嶺真一,清水浩一郎,迫田秀之,中里雅光
第319回日本内科学会九州地方会   2017年10月29日   日本内科学会九州地方会
化学療法後に生じたPantoea agglomeransによる敗血症に対してPMX-DHP療法が奏功した一例
福島理紗、坪内拡伸、松尾彩子、今津善史、有村保次、松元信弘、中里雅光
第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会   2017年10月26日   日本感染症学会西日本地方会
腫瘤中心部からの検体採取が診断に有用であった肺放線菌症の2例
後庵篤、松尾彩子、坪内拡伸、今津善史、有村保次、松元信弘、中里雅光
第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会   2017年10月26日   日本感染症学会西日本地方会
レンバチニブメシル酸塩投与により下垂体腫瘤が縮小した甲状腺濾胞癌の一例
米川忠人、山口秀樹、清水浩一郎、中里雅光
第44回日本神経内分泌学会学術集会   2017年10月21日   日本神経内分泌学会
グレリンによる肺腺癌の増殖への影響と抗悪液質作用の検討
坪内拡伸、柳 重久、三浦綾子、松尾彩子、松元信弘、中里雅光
第58回日本肺癌学会学術集会   2017年10月14日   日本肺癌学会
膵リパーゼ阻害薬は高脂肪食誘導性の腸管炎症を抑制し、肥満合併症を軽減する。
清水浩一郎、柳重久、岡田只士、三浦綾子、坪内拡伸、徐理華、亀田紗緒里、迫田秀之、上野浩晶、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
急性発症1型糖尿病の親子例
田中友梨、上野浩晶、野田智穂、与那嶺真一、海老原枝美、清水浩一郎、坪内千佳子、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
抗GAD抗体著明高値を示した1型糖尿病の一例
与那嶺真一、上野浩晶、野田智穂、水田雅也、田中友梨、清水浩一郎、坪内千佳子、海老原枝美、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
巨大皮下膿瘍を合併した2型糖尿病の一例
内田泰介、上野浩晶、野田智穂、田中友梨、与那嶺真一、長嶺和弘、海老原枝美、清水浩一郎、坪内千佳子、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
血糖コントロールに難渋したインスリン抗体陽性2型糖尿病の1例
後庵篤、上野浩晶、野田智穂、田中友梨、与那嶺真一、海老原枝美、清水浩一郎、坪内千佳子、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
デュラグルチドの体重変化や血糖コントロールに対する検討
野田智穂、上野浩晶、土持若葉、野間健之、海老原枝美、田中友梨、与那嶺真一、清水浩一郎、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
気腫性前立腺炎を合併した2型糖尿病の1例
中武康隆、上野浩晶、野田智穂、田中友梨、与那嶺真一、海老原枝美、清水浩一郎、坪内千佳子、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
多発膿瘍を合併した2型糖尿病の1例
鍋倉弘樹、上野浩晶、野田智穂、田中友梨、与那嶺真一、海老原枝美、清水浩一郎、坪内千佳子、迫田秀之、中里雅光
第55回日本糖尿病学会 九州地方会   2017年10月13日   日本糖尿病学会九州地方会
膵リパーゼ阻害薬は腸管の炎症を抑制し肥満合併症を軽減する
亀田紗緒里、清水浩一郎、柳重久、坪内拡伸、徐理華、迫田秀之、上野浩晶、中里雅光
第38回日本肥満学会   2017年10月7日   日本肥満学会
週一または連日GLP-1受容体作動薬による体重変化や血糖コントロールの比較検討
田中友梨、上野浩晶、迫田秀之、清水浩一郎、土持若葉、野田智穂、海老原枝美、与那嶺真一、中里雅光
第38回日本肥満学会   2017年10月7日   日本肥満学会
非小細胞肺癌術後に骨転移再発が疑われた遅発性メッシュ感染の一例
内山尚美、重草貴文、坪内拡伸、瀬戸口健介、宇都加寿子、松尾彩子、小田康晴、松元信弘、谷口智明、森 浩貴、米井彰洋、富田雅樹、中里雅光
第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会   2017年9月22日   日本呼吸器学会
健常者に発症したKlebsiella pneumoniae による肺化膿症の一例
安藤有里恵、松尾彩子、瀬戸口健介、宇都加寿子、重草貴文、小田康晴、坪内拡伸、今津善史、有村保次、柳 重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会   2017年9月22日   日本呼吸器学会
当院におけるT790M変異検索目的に再生検を行ったEGFR遺伝子変異陽性進行非扁平非小細胞肺癌の検討.
瀬戸口健介、宇都加寿子、重草貴文、松尾彩子、小田康晴、坪内拡伸、今津善史、有村保次、柳 重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会   2017年9月22日   日本呼吸器学会
超音波気管支鏡ガイド下経気管支針生検により診断した肺びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例.
重草貴文、瀬戸口健介、宇都加寿子、松尾彩子、小田康晴、坪内拡伸、今津善史、有村保次、柳 重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会   2017年9月22日   日本呼吸器学会
High-fat diet dysregulates the feeding resulting in the disruption of vagal afferent system
Toshinai K,, Z.T.M. Waise, Naznin F, Sakoda H, Nakazato M
Cell Symposium: Neuro-Immune Axis 2017   2017年9月17日   Cell symposia
SHRINKING SPINAL CORD IN ANTERIOR-POSTERIOR DIRECTION IN HAM/TSP
Taniguchi A., Mochizuki H., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology   2017年9月16日   World Congress of Neurology,
BODY MASS INDEX AND SEVERITY OF PARKINSONISM IN MULTIPLE ATROPHY
Suzuki A., Mochizuki H., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology   2017年9月16日   World Congress of Neurology,
Incidence of clinical symptoms and neurological signs in patients with chronic arsenic exposure in Miyazaki, Japan: A 40-year retrospective descriptive study
Ishii N., Mochizuki H., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology   2017年9月16日   World Congress of Neurology,
Clinical features and electrocardiography parameters in Parkinson’s disease
Mochizuki H., Suzuki A., Ebihara Y., Ishii N., Taniguchi A., Shiomi K., Nakazato M
XXIII World Congress of Neurology,   2017年9月16日   World Congress of Neurology
NOTCH3のexon24に変異を認めたCADASILの日本初家系
福島理紗、海老原由佳、望月仁志、水田依久子、高妻美由貴、石井信之、中里雅光、水野敏樹、塩見一剛
第219回日本神経学会九州地方会.   2017年9月9日   日本神経学会九州地方会
レンバチニブ投与開始と中断により下垂体腫瘤が縮小と増大を呈したため転移性甲状腺濾胞癌と推定された一例
米川忠人、山口秀樹、柴田伸弘、清水浩一郎、中里雅光
第17回日本内分泌学会九州支部学術集会   2017年9月2日   日本内分泌学会九州支部
膵リパーゼ阻害薬セチリスタットによる高脂肪食誘導性の結腸上皮の炎症とバリア機能の破綻、代謝性エンドトキシン血症の改善
徐理華、清水浩一郎、亀田紗緒里、迫田秀之、柳重久、中里雅光
第17回日本内分泌学会九州支部学術集会   2017年9月2日   日本内分泌学会九州支部
111ln—ペンテトレオチドによる腫瘍シンチで異常集積を認めた異所性ACTH症候群の一例
中島知太郎、山口秀樹、長嶺和弘、清水浩一郎、米川忠人、中里雅光
第17回日本内分泌学会九州支部学術集会   2017年9月2日   日本内分泌学会九州支部
Hypothalamic peptides in energy homeostasis.
中里雅光
2017 International Congress on Obesity and Metabolic Syndrome   2017年8月31日   
胸腔内線維素溶解療法が有効であった腫瘍内膿瘍随伴膿胸の一例
後庵篤、重草貴文、坪内拡伸、松元信弘、中里雅光
日本内科学会第318回九州地方会   2017年8月5日   日本内科学会九州地方会
Development of early diagnostic biomarkers candidates of lung cancer and pancreatic cancer by the detection of cancer-derived protein fragments in urine using the original MRM method .
中里雅光
JPrOS 2017 15th JHUPO Conference   2017年7月26日   日本プロテオーム学会
膵リパーゼ阻害薬セチリスタットは高脂肪食誘導性の結腸上皮の炎症とバリア機能の破綻、代謝性エンドトキシン血症を改善する
清水浩一郎、柳重久、岡田只士、三浦綾子、坪内拡伸、徐理華、亀田紗緒里、迫田秀之、上野浩晶、中里雅光
第25回西日本肥満研究会   2017年7月15日   日本肥満学会
週一または連日GLP-1受容体作動薬の比較検討
野田智穂、上野浩晶、海老原枝美、田中友梨、与那嶺真一、清水浩一郎、迫田秀之、中里雅光
第25回西日本肥満研究会   2017年7月15日   日本肥満学会
高カルシウム血症クリーゼを来した原発性副甲状腺機能亢進症の1例
山口秀樹、福島理沙、清水浩一郎、米川忠人、中里雅光
第21回宮崎甲状腺疾患研究会   2017年7月14日   宮崎甲状腺疾患研究会
Nivolumab投与後に多発単神経炎と横紋筋融解症をした一例
金丸 和樹 、酒井 克也、望月 仁志、塩見 一剛、中里 雅光
第218回 日本神経学会 九州地方会   2017年6月17日   日本神経学会
六君子湯による呼吸器悪液質の治療効果.
中里雅光
第17回日本抗加齢医学会総会   2017年6月2日   日本抗加齢医学会
肺炎球菌髄膜炎で人工呼吸器管理中にcritical illness polyneuropathyを発症した1例
長友雄麻、外山晶子、鈴木あい、酒井克也、海老原由佳、谷口昌俊、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
日本内科学会第317回九州地方会   2017年5月20日   日本内科学会九州支部
宮崎県における糖尿病治療に関するアンケート調査
海老原枝美、上野浩晶、清水浩一郎、長嶺和弘、迫田秀之、山口秀樹、中里雅光
第60回日本糖尿病学会年次学術集会   2017年5月18日   日本糖尿病学会
食事負荷試験で評価したイプラグリフロジンの効果と体組成変化
上野浩晶、中里浩子、海老原枝美、野間健之、川野貴久、長嶺和弘、迫田秀之、中里雅光
第60回日本糖尿病学会年次学術集会   2017年5月18日   日本糖尿病学会
Protective effect of ghrelin against pulmonary cachexia associated with lung adenocarcinoma in mice
Tsubouchi H, Onomura H, Saito Y, Yanagi S, Miura A, Matsuo A, Matsumoto N, Nakazato M
International Symposium on Ghrelin and Energy Metabolism Homeostasis   2017年4月22日   グレリンシンポジウム
Clinical application of ghrelin for chronic respiratory failure [招待有り]
Matsumoto N, Tsubouchi H, Imazu Y, Arimura Y, Yanagi S, Iiboshi H, Nakazato M
International Symposium on Ghrelin and Energy Metabolism Homeostasis   2017年4月22日   グレリンシンポジウム
Clinical application of ghrelin for diabetic peripheral neuropathy [招待有り]
Ueno H, Shiiya T, Nagamine K, Tsuchimochi W, Sakoda H, Shiomi K, Kangawa K, Nakazato M
International Symposium on Ghrelin and Energy Metabolism Homeostasis   2017年4月22日   グレリンシンポジウム
Improvements of energy metabolism by a SGLT2 inhibitor.
中里雅光
グレリン国際シンポジウム   2017年4月22日   グレリンシンポジウム
生理活性ペプチドの同定と機能解析、臨床応用に関する研究.
中里雅光
日本内分泌学会 学会賞受賞講演   2017年4月22日   日本内分泌学会
気管支肺胞洗浄液を用いた肺リンパ腫の分子生物学的診断手法の確立―多施設共同研究―.
城戸貴志、川波敏則、石井 寛、渡辺憲太朗、原可奈子、鈴木 雄、吉川裕喜、門田淳一、松元信弘、中里雅光、石本裕士、原 敦子、坂本憲穂、迎 寛、矢寺和博
第57回 日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月21日   日本呼吸器学会
肺発生時の上皮細胞分化と肺形態形成におけるPTENの役割
三浦綾子、柳 重久、坪内拡伸、中里雅光
第57回 日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月21日   日本呼吸器学会
血漿交換療法と免疫抑制剤投与が奏功したステロイド抵抗性・MPO-ANCA陽性のGoodpasture症候群の一例
宇都加寿子、柳 重久、松元信弘、中里雅光
第57回 日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月21日   日本呼吸器学会
沖縄県立中部病院における急性膿胸89例の後顧的検討
松尾彩子、長野宏昭、根井雄一郎、山城 信、松元信弘、喜舎場朝雄、中里雅光
第57回 日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月21日   日本呼吸器学会
当科で経験したニューモシスチス肺炎46例における予後予測因子の検討
小田康晴、坪内拡伸、宇都加寿子、重草貴文、松尾彩子、今津善史、有村保次、柳 重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光:
第57回日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月21日   日本呼吸器学会
Lemierre症候群におけるmeropenem/metronidazole併用療法と抗凝固療法の意義
柳重久、伊井敏彦、松元信弘、中里雅光
第57回日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月21日   日本呼吸器学会
グレリン研究アップデート.
中里雅光
第90回日本内分泌学会学術総会   2017年4月21日   日本内分泌学会
糖代謝のホメオスターシス臓器ネットワークから.
中里雅光
日本内分泌学会学術総会   2017年4月21日   日本内分泌学会
Neuromedin U suppressed insulin secretion in β cells
Zhang W, Sakoda H, Miura A, Shimizu K, Mori K, Miyazato M, Takayama K, Hayashi Y, Nakazato M
第90回日本内分泌学会学術総会   2017年4月20日   日本内分泌学会
肺癌の甲状腺転移に甲状腺中毒症を併発した2例の検討
清水浩一郎、米川忠人、長嶺和弘、山口秀樹、梅北佳子、中里雅光
第90回日本内分泌学会学術総会   2017年4月20日   日本内分泌学会
多発性内分泌腫瘍症1型に合併した胸腺腫瘍の2例
米川忠人、山口秀樹、田中弘之、長嶺和弘、片岡寛章、中里雅光
第90回日本内分泌学会学術総会   2017年4月20日   日本内分泌学会
hungry bone症候群を来した家族性副甲状腺機能亢進症術後の一例.
長嶺和弘、山口秀樹、清水浩一郎、米川忠人、中里雅光
第90回日本内分泌学会学術総会   2017年4月20日   日本内分泌学会
先端巨大症に対するランレオチドの治療成績
山口秀樹、米川忠人、長嶺和弘、中里浩子、海老原枝美、清水浩一郎、中里雅光
第90回日本内分泌学会学術総会   2017年4月20日   日本内分泌学会
マンゴー生産に従事する農家に生じた間質性肺炎の一例
内田泰介、坪内拡伸、重草貴文,黒木建吾、橋本神奈、宮内俊一、中里雅光、小松弘幸
第114回医学生研修医の日本内科学会ことはじめ2017   2017年4月15日   日本内科学会
2,4-dinitrophenol による末梢神経障害2,4-dinitrophenol による末梢神経障害
伊豆元心太郎、谷口晶俊、鈴木あい、酒井克也、外山晶子、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
第217回日本神経学会九州地方会   2017年3月11日   
Development of early diagnostic biomarker candidates of lung cancer and pancreatic cancer by the detection of cancer-derived protein fragments in urine using the original MRM method
NakazatoM
AMED-ERDN Joint Workshop   2017年3月3日   
口渇感の乏しい中枢性尿崩症を呈する頭蓋咽頭腫術後患者に対してDDAVIP皮下注射から口腔内崩壊錠へ切り替えた3症例
米川忠人、中里雅光
第27回日本間脳下垂体腫瘍学会   2017年2月24日   
SGLT2阻害薬から考えるエネルギー代謝調節の円環
中里雅光
第51回 糖尿病学の進歩   2017年2月17日   
糖尿病と内分泌疾患のかかわり糖尿病と間脳・下垂体疾患
中里雅光
第51回 糖尿病学の進歩   2017年2月17日   
バセドウ病の術前管理にデキサメタゾン投与が有用であった1例
    安藤有里恵、長嶺和弘、海老原枝美、坪内千佳子、迫田秀之、上野浩晶、米川忠人、山口秀樹、中里雅光
第316回日本内科学会九州地方会   2017年1月21日   
気管支肺胞洗浄液を用いた肺リンパ腫の分子生物学的診断手法の確立
城戸貴志、川波敏則、渡辺憲太朗、原可奈子、鈴木雄、吉川裕喜、門田淳一、松元信弘、中里雅光、石本裕士、迎寛、矢寺和博
第57回日本肺癌学会学術集会   2016年12月19日   
マイコプラズマ感染に続発した脳脊髄炎と末梢神経障害の一例
後庵篤、酒井克也、鈴木あい、外山晶子、海老原由佳、谷口晶俊、望月仁志、塩見一剛、中里雅光
第216回日本神経学会九州地方会   2016年12月17日   
Hypothalamic regulation of energy homeostasis
中里雅光
KNSG 5th Annual Meeting with PEMA & INF   2016年12月2日   
生活習慣病における食事と運動についての新たな理解
中里雅光
熊本県保険医協会講演会   2016年11月30日   
長期間の画像変化を捉えられたウエステルマン肺吸虫症の2例
木村賢俊、松尾彩子、小田康晴、坪内拡伸、今津善史、柳重久、飯干宏俊、松元信弘、中里雅光
第315回日本内科学会九州地方会   2016年11月20日   
エネルギー代謝調節中枢としての視床下部
中里雅光
第50回日本小児内分泌学会学術集会 第9回アジア太平洋小児内分泌学会   2016年11月16日   
Ghrelin attenuates lung cancer cachexia through mediating the expression of energy homeostasis related molecules
Tsubouchi H, Yamagi S, Nakazato M.
The 21st Congress of Asian Pacific Society Respirology   2016年11月12日   
Gut controls Brain
中里雅光
第69回日本自律神経学会総会   2016年11月10日   
慢性砒素中毒による感覚神経障害の長期的経過の検討
石井信之、望月仁志、海老原由佳、塩見一剛、中里雅光
第46回日本臨床神経生理学会学術大会   2016年10月27日   
脊椎側弯を伴ったパーキンソン病における瞬目反射回復曲線の検討
杉山崇史、望月仁志、谷口晶俊、石井信之、塩見一剛、中里雅光
第46回日本臨床神経生理学会学術大会   2016年10月27日   
パーキンソン病患者の心電図PR間隔と心筋MIBGシンチグラフィー所見は相関する
望月仁志、石井信之、宇川義一、谷口晶俊、杉山崇史、塩見一剛、中里雅光
第46回日本臨床神経生理学会学術大会   2016年10月27日   
治療に難渋したインスリン抗体陽性2型糖尿病の1例
鈴木あい、上野浩晶、長嶺和弘、水田雅也、海老原枝美、清水浩一郎、坪内千佳子、迫田秀之、米川忠人、山口秀樹、中里雅光
第54回日本糖尿病学会九州地方会   2016年10月14日   
本邦初のKISS1受容体変異(P147L)による性腺機能低下腫の機能解析
清水浩一郎、米川忠人、吉田守克、迫田秀之、山口秀樹、宮里幹也、中里雅光
第43回日本神経内分泌学会学術集会   2016年10月14日   
間質性肺炎を合併したGH1欠損症の一例
米川忠人、山口秀樹、中里雅光
第43回日本神経内分泌学会学術集会   2016年10月14日   
高脂肪食によるグレリン抵抗性の発症機序
ナズニン ファーハナ、ワイズ・TM ザベット、十枝内厚次、岡田只志、迫田秀之、中里雅光
第43回日本神経内分泌学会学術集会   2016年10月14日   
生活習慣病における食事と運動についての新たな理解
中里雅光
健康科学研究所講演会   2016年10月13日   
High-fat-diet induced ghrelin resistance and inflammation in the nodose ganglion and hypothalamus
Sakoda H, Naznin F, Zaved Waise T M, Okada T, Toshinai K, Nakazato M
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   
カナグリフロジンは高脂肪食マウスで神経と骨格筋の慢性炎症を抑制し糖代謝を改善する
ナズニン ファーハナ、坪内拡伸、ワイズ・TM ザベット、荒川健司、迫田秀之、中里雅光
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   
高脂肪食によるグレリン抵抗性の発症機序
ワイズ・TM ザベット、十枝内厚次、ナズニン ファーハナ、迫田秀之、中里雅光
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   
高脂肪食負荷マウスに対する食事療法が摂食行動に与える影響の解析
迫田秀之、ナズニン ファーハナ、岡田只士、ワイズ・TM ザベット、十枝内厚次、中里雅光
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   
食事負荷試験で評価したイプラグリフロジンの効果と体組成変化
上野浩晶、中里浩子、海老原枝美、野間健之、川野貴久、長嶺和弘、迫田秀之、中里雅光
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   
肥満症治療薬の未来
中里雅光
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   

競争的資金等の研究課題

 
肥満におけるエネルギー代謝調節ペプチドの病態生理学的意義の解析
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年6月 - 2015年3月
肥満におけるエネルギー代謝調節ペプチドの病態生理学的意義の解析
新規摂食・エネルギー代謝調節ペプチドの網羅的探索と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
新規摂食・エネルギー代謝調節ペプチドの網羅的探索と機能解析
急性肺損傷に対するグレリンの肺保護作用機構の解析と臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
急性肺損傷に対するグレリンの肺保護作用機構の解析と臨床応用
がん臨床シーズ育成グループ 早期診断マルチバイオマーカー (研究領域チーム) 癌細胞が特異的に生成するシェディング産物の網羅的解析による癌の早期診断システムの開発
文部科学省研究振興局長: 次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム
研究期間: 2012年2月 - 現在
がん臨床シーズ育成グループ 早期診断マルチバイオマーカー (研究領域チーム) 癌細胞が特異的に生成するシェディング産物の網羅的解析による癌の早期診断システムの開発
肺発生時の二種類の上皮前駆細胞を制御する細胞ダイナミクスと細胞老化機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年 - 2021年3月
独創的な尿中蛋白質断片解析法により同定した高感度の早期肺癌・膵臓癌診断マーカーの検診への導入を目指した多施設検証と企業化の実現
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
超高感度尿中微量蛋白質解析技術を用いた肺癌と膵臓癌の新規早期診断マーカー開発研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 独立行政法人日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
新規生理活性ペプチドの同定と摂食調節機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
自律神経・ペプチド連関を基軸とするエネルギー代謝と免疫制御機構の解明
独立行政法人科学技術振興機構 : 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究(CREST))
研究期間: 2014年10月 - 2019年3月
自律神経・ペプチド連関を基軸とするエネルギー代謝と免疫制御機構の解明
細胞老化と細胞骨格調節機構から紐解く肺線維症発症機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
がん細胞が生成する尿中蛋白質断片の検出を応用した肺腺癌早期診断システム樹立に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業【15ck0106100h0002】
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
当年度の本研究の目的は、申請者らが発見した2つの新規尿中マーカーの肺腺癌早期診断における有効性を、多施設で前向きにかつ多面的に検証し、肺腺癌早期診断の技術開発を推進することである。
間脳下垂体機能障害に関する長期予後調査研究
独立行政法人国立病院機構京都医療センター: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2015年5月 - 2016年3月
間脳下垂体主要5疾患および成人成長ホルモン分泌不全症に関する調査研究組織を再構築し、精度の高いデータからこれまでに集積されている症例のデモグラフィーを明らかにする。
間脳下垂体機能障害における診療ガイドライン作成に関する研究
厚生労働省: 厚生労働省
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
間脳下垂体機能障害における診療ガイドライン作成に関する研究
上皮統合性維持機構を標的とする急性呼吸促迫症候群発症機構の解明と新規治療法の探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
上皮統合性維持機構を標的とする急性呼吸促迫症候群発症機構の解明と新規治療法の探索
がん細胞が生成する尿中蛋白質断片の検出を応用した肺腺癌早期診断システム樹立に関する研究
厚生労働省: 平成26年度厚生労働科学研究委託事業:革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2014年7月 - 2015年3月
がん細胞が生成する尿中蛋白質断片の検出を応用した肺腺癌早期診断システム樹立に関する研究
消化管ペプチドと循環器との機能連関に関する研究
独立行政法人 国立循環器病研究センター: 独立行政法人国立循環器病研究センター 循環器病研究開発費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
消化管ペプチドと循環器との機能連関に関する研究
間脳下垂体機能障害に関する調査研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 (難治性疾患克服研究事業H23-難治-一般-008
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
間脳下垂体機能障害に関する調査研究
中枢性摂食異常症に関する調査研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H23-難治-一般-010
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
中枢性摂食異常症に関する調査研究
癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業 H22-3次がん- 一般-034
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究
新規視床下部ペプチドの網羅的探索と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
新規視床下部ペプチドの網羅的探索と機能解析
難治性疾患を標的とした細胞間シグナル伝達制御による創薬
厚生労働省: 先端医療開発特区設備整備費補助金
研究期間: 2008年10月 - 2013年3月
難治性疾患を標的とした細胞間シグナル伝達制御による創薬
難治性呼吸器疾患に対するグレリン治療の開発研究
科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
難治性呼吸器疾患に対するグレリン治療の開発研究
インスリン分泌を制御する新たなエネルギー代謝調節ペプチドの探索における日韓共同研究
科学技術振興機構: JST日韓 (戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型))
研究期間: 2009年10月 - 2012年3月
インスリン分泌を制御する新たなエネルギー代謝調節ペプチドの探索における日韓共同研究
医療技術実用化総合研究事業 スーパー特区における臨床試験の基盤形成と完遂を促進する教育プログラムの開発研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業 H21-臨研(教育)-一般-008
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
スーパー特区における臨床試験の基盤形成と完遂を促進する教育プログラムの開発研究
慢性呼吸不全に対するグレリンの臨床応用研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業H20-トランス-一般-002
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月
慢性呼吸不全に対するグレリンの臨床応用研究
グレリンの代謝疾患への臨床研究
独立行政法人 国立循環器病研究センター: 独立行政法人国立循環器病研究センター 循環器病研究開発費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
グレリンの代謝疾患への臨床研究
アミロイドーシスに関する調査研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H20-難治-一般-012
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
アミロイドーシスに関する調査研究
幹細胞組織別技術による生体内肺癌発症監視機構とAkt/HIF1標的新規治療の研究
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
幹細胞組織別技術による生体内肺癌発症監視機構とAkt/HIF1標的新規治療の研究
慢性呼吸器疾患におけるグレリンの病態意義の解明と臨床応用を目指した橋渡し研究
科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
慢性呼吸器疾患におけるグレリンの病態意義の解明と臨床応用を目指した橋渡し研究
神経疾患研究委託費 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発
厚生労働省: 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発班」19指-5
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発
摂食調節に機能する新規ペプチドの同定と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
摂食調節に機能する新規ペプチドの同定と機能解析
長寿科学総合研究事業 高齢者医療とQOL改善に対するグレリンの臨床応用とその基盤的研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 H19-長寿-一般-022
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月
ソマトポーズに対するグレリンの臨床応用と基盤的研究
グレリンの慢性下気道感染症における病態生理学的意義と臨床応用
科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月
グレリンの慢性下気道感染症における病態生理学的意義と臨床応用
平成18年度 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 臨床研究と展開医療を融合する教育拠点(発見から臨床展開まで実体験できる研究者育成プロジェクト)
文部科学省: 特色ある大学教育支援プログラム
研究期間: 2006年10月 - 2008年3月
臨床研究と展開医療を融合する教育拠点(発見から臨床展開まで実体験できる研究者育成プロジェクト)
ペプチドーム解析を利用した脳機能調節に作用する新規神経ペプチドの探索と機能解析
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
ペプチドーム解析を利用した脳機能調節に作用する新規神経ペプチドの探索と機能解析
難治性疾患克服研究事業 アミロイドーシスに関する調査研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月
アミロイドーシスに関する研究
COPDにおける新規生理活性ペプチドグレリンの病態生理的意義と臨床応用の試み
科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
COPDにおける新規生理活性ペプチドグレリンの病態生理的意義と臨床応用の試み
長寿科学総合研究事業 ソマトポーズに対するグレリンの臨床応用と基盤的研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
ソマトポーズに対するグレリンの臨床応用と基盤的研究
神経疾患研究委託費 遺伝性ニューロパチーの成因及び治療に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
遺伝性ニューロパチーの成因及び治療に関する研究
βデフェンシンの気道上皮における発現誘導と感染防御に関する分子生物学的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
βデフェンシンの気道上皮における発現誘導と感染防御に関する分子生物学的解析
新規消化管由来生理活性ペプチドの探索と摂食・消化管調節機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年3月 - 2007年3月
新規消化管由来生理活性ペプチドの探索と摂食・消化管調節機構の解明
神経疾患研究委託費 遺伝性ニューロパチーの成因及び治療に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月
遺伝性ニューロパチーの成因及び治療に関する研究
摂食とエネルギー代謝調節に機能する新規消化管ペプチドの探索と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月
摂食とエネルギー代謝調節に機能する新規消化管ペプチドの探索と機能解析
摂食調節に機能する新規ペプチドの探索と機能解析
科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月
摂食調節に機能する新規ペプチドの探索と機能解析
老齢者のソマトポーズとエネルギー代謝に及ぼす新規ホルモングレリンの役割と臨床応用
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
老齢者のソマトポーズとエネルギー代謝に及ぼす新規ホルモングレリンの役割と臨床応用
アミロイドーシスに関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月
アミロイドーシスに関する研究