SOMEYA Toshiyuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 26, 2018 at 22:08
 
Avatar
Name
SOMEYA Toshiyuki
Section
Graduate School of Medical and Dental Sciences, Course of Biological Functions and Medical Control

Published Papers

 
Oyama M, Nakamura K, Suda Y, Someya T
Environmental health and preventive medicine   17(2) 118-123   Mar 2012   [Refereed]
Horiuchi Y, Iida S, Koga M, Ishiguro H, Iijima Y, Inada T, Watanabe Y, Someya T, Ujike H, Iwata N, Ozaki N, Kunugi H, Tochigi M, Itokawa M, Arai M, Niizato K, Iritani S, Kakita A, Takahashi H, Nawa H, Arinami T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   159B(1) 30-37   Jan 2012   [Refereed]
Deng X, Takaki H, Wang L, Kuroki T, Nakahara T, Hashimoto K, Ninomiya H, Arinami T, Inada T, Ujike H, Itokawa M, Tochigi M, Watanabe Y, Someya T, Kunugi H, Iwata N, Ozaki N, Shibata H, Fukumaki Y
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   156B(7) 850-858   Dec 2011   [Refereed]
Suzuki Y, Ono S, Sugai T, Fukui N, Watanabe J, Tsuneyama N, Sawamura K, Someya T
Human psychopharmacology   26(6) 440-443   Aug 2011   [Refereed]
Suzuki Y, Sugai T, Ono S, Sawamura K, Fukui N, Watanabe J, Tsuneyama N, Someya T
Journal of clinical psychopharmacology   31(4) 526-528   Aug 2011   [Refereed]
Suzuki Y, Sugai T, Fukui N, Watanabe J, Ono S, Inoue Y, Ozdemir V, Someya T
Journal of psychopharmacology (Oxford, England)   25(7) 908-914   Jul 2011   [Refereed]
Egawa J, Watanabe Y, Kitamura H, Endo T, Tamura R, Hasegawa N, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   65(4) 395   Jun 2011   [Refereed]
Asia-Pacific Health 2020 and Genomics without Borders: Co-Production of Knowledge by Science and Society Partnership for Global Personalized Medicine.
Ozdemir V, Muljono DH, Pang T, Ferguson LR, Manamperi A, Samper S, Someya T, Tassé AM, Tsai SJ, Zhou HH, Lee EJ
Current pharmacogenomics and personalized medicine   9(1) 1-5   Mar 2011   [Refereed]
Suzuki Y, Ono S, Fukui N, Sugai T, Watanabe J, Tsuneyama N, Someya T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   35(2) 643-644   Mar 2011   [Refereed]
Suzuki Y, Tsutsumi A, Fukasawa M, Honma H, Someya T, Kim Y
Journal of epidemiology   21(2) 144-150   2011   [Refereed]
Tamura R, Kitamura H, Endo T, Hasegawa N, Someya T
Psychiatry research   184(3) 186-188   Dec 2010   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Someya T
Schizophrenia research   124(1-3) 236-237   Dec 2010   [Refereed]
Suzuki Y, Tsuneyama N, Fukui N, Sugai T, Watanabe J, Ono S, Someya T
Human psychopharmacology   25(7-8) 525-529   Nov 2010   [Refereed]
Suzuki Y, Fukui N, Watanabe J, Ono S, Sugai T, Tsuneyama N, Inoue Y, Someya T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   34(7) 1266-1268   Oct 2010   [Refereed]
Yazaki S, Koga M, Ishiguro H, Inada T, Ujike H, Itokawa M, Otowa T, Watanabe Y, Someya T, Iwata N, Kunugi H, Ozaki N, Arinami T
Journal of human genetics   55(9) 631-634   Sep 2010   [Refereed]
[Psychiatric disorders].
Watanabe Y, Someya T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68 Suppl 8 402-405   Aug 2010   [Refereed]
Takasu Y, Kitamura H, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   64(4) 443-444   Aug 2010   [Refereed]
Endo T, Kitamura H, Tamura R, Egawa J, Sugai T, Fukui N, Suzuki Y, Someya T
Psychiatry research   183(2) 170-173   Aug 2010   [Refereed]
Yokoyama Y, Kitamura H, Someya T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   34(6) 1124-1125   Aug 2010   [Refereed]
Suzuki Y, Watanabe J, Ono S, Fukui N, Sugai T, Tsuneyama N, Someya T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   34(6) 1122-1123   Aug 2010   [Refereed]
Suzuki Y, Sawamura K, Ono S, Fukui N, Sugai T, Watanabe J, Tsuneyama N, Inoue Y, Someya T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   34(6) 830-833   Aug 2010   [Refereed]
Ishiguro H, Koga M, Horiuchi Y, Noguchi E, Morikawa M, Suzuki Y, Arai M, Niizato K, Iritani S, Itokawa M, Inada T, Iwata N, Ozaki N, Ujike H, Kunugi H, Sasaki T, Takahashi M, Watanabe Y, Someya T, Kakita A, Takahashi H, Nawa H, Arinami T
Schizophrenia bulletin   36(4) 756-765   Jul 2010   [Refereed]
Watanabe Y, Someya T, Nawa H
Psychiatry and clinical neurosciences   64(3) 217-230   Jun 2010   [Refereed]
Koga M, Ishiguro H, Horiuchi Y, Inada T, Ujike H, Itokawa M, Otowa T, Watanabe Y, Someya T, Arinami T
Psychiatric genetics   20(3) 123-125   Jun 2010   [Refereed]
Takahashi M, Hayashi H, Watanabe Y, Sawamura K, Fukui N, Watanabe J, Kitajima T, Yamanouchi Y, Iwata N, Mizukami K, Hori T, Shimoda K, Ujike H, Ozaki N, Iijima K, Takemura K, Aoshima H, Someya T
Schizophrenia research   119(1-3) 210-218   Jun 2010   [Refereed]
Amagane H, Watanabe Y, Kaneko N, Nunokawa A, Muratake T, Ishiguro H, Arinami T, Ujike H, Inada T, Iwata N, Kunugi H, Sasaki T, Hashimoto R, Itokawa M, Ozaki N, Someya T
Schizophrenia research   118(1-3) 106-112   May 2010   [Refereed]
Ishiguro H, Horiuchi Y, Ishikawa M, Koga M, Imai K, Suzuki Y, Morikawa M, Inada T, Watanabe Y, Takahashi M, Someya T, Ujike H, Iwata N, Ozaki N, Onaivi ES, Kunugi H, Sasaki T, Itokawa M, Arai M, Niizato K, Iritani S, Naka I, Ohashi J, Kakita A, Takahashi H, Nawa H, Arinami T
Biological psychiatry   67(10) 974-982   May 2010   [Refereed]
[Customized pharmacotherapies in schizophrenia].
Suzuki Y, Fukui N, Watanabe J, Ono S, Sugai T, Tsuneyama N, Someya T
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   30(2) 77-81   Apr 2010   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Someya T
Journal of human genetics   55(3) 179-181   Mar 2010   [Refereed]
Nunokawa A, Watanabe Y, Kaneko N, Sugai T, Yazaki S, Arinami T, Ujike H, Inada T, Iwata N, Kunugi H, Sasaki T, Itokawa M, Ozaki N, Hashimoto R, Someya T
Schizophrenia research   116(1) 61-67   Jan 2010   [Refereed]
Uebaba S, Kitamura H, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   63(6) 772   Dec 2009   [Refereed]
Hattori E, Toyota T, Ishitsuka Y, Iwayama Y, Yamada K, Ujike H, Morita Y, Kodama M, Nakata K, Minabe Y, Nakamura K, Iwata Y, Takei N, Mori N, Naitoh H, Yamanouchi Y, Iwata N, Ozaki N, Kato T, Nishikawa T, Kashiwa A, Suzuki M, Shioe K, Shinohara M, Hirano M, Nanko S, Akahane A, Ueno M, Kaneko N, Watanabe Y, Someya T, Hashimoto K, Iyo M, Itokawa M, Arai M, Nankai M, Inada T, Yoshida S, Kunugi H, Nakamura M, Iijima Y, Okazaki Y, Higuchi T, Yoshikawa T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   150B(8) 1110-1117   Dec 2009   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Arinami T, Ujike H, Inada T, Iwata N, Kunugi H, Itokawa M, Otowa T, Ozaki N, Someya T
Journal of human genetics   54(7) 430-432   Jul 2009   [Refereed]
Koga M, Ishiguro H, Yazaki S, Horiuchi Y, Arai M, Niizato K, Iritani S, Itokawa M, Inada T, Iwata N, Ozaki N, Ujike H, Kunugi H, Sasaki T, Takahashi M, Watanabe Y, Someya T, Kakita A, Takahashi H, Nawa H, Muchardt C, Yaniv M, Arinami T
Human molecular genetics   18(13) 2483-2494   Jul 2009   [Refereed]
Suzuki Y, Watanabe J, Fukui N, Ozdemir V, Someya T
BMJ (Clinical research ed.)   338 a1792   May 2009   [Refereed]
Endo T, Shioiri T, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   63(2) 253   Apr 2009   [Refereed]
Ozdemir V, Suarez-Kurtz G, Stenne R, Somogyi AA, Someya T, Kayaalp SO, Kolker E
Omics : a journal of integrative biology   13(1) 43-61   Feb 2009   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Muratake T, Arinami T, Ujike H, Inada T, Iwata N, Kunugi H, Itokawa M, Otowa T, Ozaki N, Someya T
Journal of human genetics   54(1) 62-65   Jan 2009   [Refereed]
Watanabe J, Suzuki Y, Fukui N, Sugai T, Ono S, Inoue Y, Someya T
Therapeutic drug monitoring   30(6) 705-708   Dec 2008   [Refereed]
Kuwabara H, Shioiri T, Toyabe S, Kawamura T, Koizumi M, Ito-Sawamura M, Akazawa K, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   62(5) 503-507   Oct 2008   [Refereed]
Ishiguro H, Imai K, Koga M, Horiuchi Y, Inada T, Iwata N, Ozaki N, Ujike H, Itokawa M, Kunugi H, Sasaki T, Watanabe Y, Someya T, Arinami T
Psychiatric genetics   18(5) 255-256   Oct 2008   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Shibuya M, Kaneko N, Nawa H, Someya T
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   258(7) 422-427   Oct 2008   [Refereed]
Suzuki Y, Fukui N, Sawamura K, Sugai T, Watanabe J, Ono S, Inoue Y, Ozdemir V, Someya T
Journal of clinical psychopharmacology   28(3) 325-328   Jun 2008   [Refereed]
Nunokawa A, Watanabe Y, Kitamura H, Kaneko N, Arinami T, Ujike H, Inada T, Iwata N, Kunugi H, Itokawa M, Ozaki N, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   62(2) 239-240   Apr 2008   [Refereed]
Ikeda M, Takahashi N, Saito S, Aleksic B, Watanabe Y, Nunokawa A, Yamanouchi Y, Kitajima T, Kinoshita Y, Kishi T, Kawashima K, Hashimoto R, Ujike H, Inada T, Someya T, Takeda M, Ozaki N, Iwata N
Schizophrenia research   101(1-3) 1-8   Apr 2008   [Refereed]
Albalushi T, Horiuchi Y, Ishiguro H, Koga M, Inada T, Iwata N, Ozaki N, Ujike H, Watanabe Y, Someya T, Arinami T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   147(3) 392-396   Apr 2008   [Refereed]
Motohashi N, Shioe K, Nakamura J, Ohshima A, Yamada K, Ozawa H, Someya T, Uchitomi Y, Higuchi T
International journal of psychiatry in clinical practice   12(1) 11-18   2008   [Refereed]
[Cerebral dysfunction and biochemical metabolic anomalies of the brain in pervasive developmental disorders].
Endo T, Shioiri T, Someya T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   110(10) 887-979   2008   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Someya T
Neuroscience research   59(3) 322-326   Nov 2007   [Refereed]
Endo T, Shioiri T, Kitamura H, Kimura T, Endo S, Masuzawa N, Someya T
Biological psychiatry   62(9) 1030-1037   Nov 2007   [Refereed]
Kaneko N, Muratake T, Kuwabara H, Kurosaki T, Takei M, Ohtsuki T, Arinami T, Tsuji S, Someya T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   144B(6) 735-742   Sep 2007   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Someya T
Schizophrenia research   95(1-3) 250-252   Sep 2007   [Refereed]
Watanabe Y, Muratake T, Kaneko N, Fukui N, Nara Y, Someya T
Psychiatry research   153(1) 1-6   Sep 2007   [Refereed]
Watanabe Y, Nunokawa A, Kaneko N, Muratake T, Koizumi M, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   61(4) 364-369   Aug 2007   [Refereed]
Shioiri T, Shinada K, Kuwabara H, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   61(4) 348-354   Aug 2007   [Refereed]
Toyabe S, Shioiri T, Kobayashi K, Kuwabara H, Koizumi M, Endo T, Ito M, Honma H, Fukushima N, Someya T, Akazawa K
BMC public health   7 175   Jul 2007   [Refereed]
Abe R, Shioiri T, Someya T
Psychiatric services (Washington, D.C.)   58(7) 1013   Jul 2007   [Refereed]
Nunokawa A, Watanabe Y, Muratake T, Kaneko N, Koizumi M, Someya T
Neuroscience research   58(3) 291-296   Jul 2007   [Refereed]
Kuwabara H, Otsuka M, Shindo M, Ono S, Shioiri T, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   61(3) 283-289   Jun 2007   [Refereed]
Koga M, Ishiguro H, Horiuchi Y, Albalushi T, Inada T, Iwata N, Ozaki N, Ujike H, Muratake T, Someya T, Arinami T
Neuroscience letters   417(3) 326-329   May 2007   [Refereed]
Ozdemir V, Williams-Jones B, Graham JE, Preskorn SH, Gripeos D, Glatt SJ, Friis RH, Reist C, Szabo S, Lohr JB, Someya T
Journal of investigative medicine : the official publication of the American Federation for Clinical Research   55(3) 130-141   Apr 2007   [Refereed]
Kawamura T, Shioiri T, Takahashi K, Ozdemir V, Someya T
Journal of investigative medicine : the official publication of the American Federation for Clinical Research   55(3) 106-114   Apr 2007   [Refereed]
Fukui N, Suzuki Y, Sawamura K, Sugai T, Watanabe J, Inoue Y, Someya T
Therapeutic drug monitoring   29(2) 185-189   Apr 2007   [Refereed]
Watanabe Y, Fukui N, Nunokawa A, Muratake T, Kaneko N, Kitamura H, Someya T
Neuroscience research   57(4) 574-578   Apr 2007   [Refereed]
Endo T, Shioiri T, Toyabe S, Akazawa K, Someya T
General hospital psychiatry   29(2) 175-176   Mar 2007   [Refereed]
Yasuno K, Ando S, Misumi S, Makino S, Kulski JK, Muratake T, Kaneko N, Amagane H, Someya T, Inoko H, Suga H, Kanemoto K, Tamiya G
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   144B(2) 250-253   Mar 2007   [Refereed]
Ozdemir V, Williams-Jones B, Cooper DM, Someya T, Godard B
Pharmacogenomics   8(2) 177-185   Feb 2007   [Refereed]
Ozdemir V, Gunes A, Dahl ML, Scordo MG, Williams-Jones B, Someya T
Pharmacogenomics   7(8) 1199-1210   Dec 2006   [Refereed]
Katsuki F, Goto M, Takagi H, Ozdemir V, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   60(6) 727-735   Dec 2006   [Refereed]
Sawamura K, Suzuki Y, Fukui N, Sugai T, Someya T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   30(8) 1511-1514   Dec 2006   [Refereed]
Takahashi M, Kakita A, Futamura T, Watanabe Y, Mizuno M, Sakimura K, Castren E, Nabeshima T, Someya T, Nawa H
Journal of neurochemistry   99(3) 770-780   Nov 2006   [Refereed]
Watanabe Y, Fukui N, Muratake T, Amagane H, Kaneko N, Nunokawa A, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   60(5) 633-635   Oct 2006   [Refereed]
Shioiri T, Kuwabara H, Abe R, Iijima A, Kojima-Maruyama M, Kitamura H, Bando T, Someya T
Journal of affective disorders   95(1-3) 159-164   Oct 2006   [Refereed]
Toyabe S, Shioiri T, Kuwabara H, Endoh T, Tanabe N, Someya T, Akazawa K
BMC public health   6 230   Sep 2006   [Refereed]
Endo T, Shioiri T, Kitamura H, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   60(4) 521-523   Aug 2006   [Refereed]
Endo T, Sugiyama T, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   60(4) 434-438   Aug 2006   [Refereed]
Shindo M, Shioiri T, Kuwabara H, Maruyama M, Tamura R, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   60(4) 410-416   Aug 2006   [Refereed]
Kuwabara H, Shioiri T, Nishimura A, Abe R, Nushida H, Ueno Y, Akazawa K, Someya T
Journal of affective disorders   94(1-3) 145-149   Aug 2006   [Refereed]
Watanabe Y, Muratake T, Kaneko N, Nunokawa A, Someya T
Schizophrenia research   84(1) 29-35   May 2006   [Refereed]
Suzuki Y, Sawamura K, Someya T
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   31(4) 825-831   Apr 2006   [Refereed]
Fukui N, Muratake T, Kaneko N, Amagane H, Someya T
Neuroscience letters   396(2) 117-120   Mar 2006   [Refereed]
Watanabe Y, Shioiri T, Kuwabara H, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   60(1) 117-118   Feb 2006   [Refereed]
[Molecular pharmacogenetic study on antipsychotic-drug therapy responders with depression or schizophrenia].
Suzuki Y, Sawamura H, Someya T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   108(6) 633-641   2006   [Refereed]
[Genetic testing and gene-based testing for mental disorders].
Muratake T, Someya T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 12 254-257   Dec 2005   [Refereed]
Arinami T, Ohtsuki T, Ishiguro H, Ujike H, Tanaka Y, Morita Y, Mineta M, Takeichi M, Yamada S, Imamura A, Ohara K, Shibuya H, Ohara K, Suzuki Y, Muratake T, Kaneko N, Someya T, Inada T, Yoshikawa T, Toyota T, Yamada K, Kojima T, Takahashi S, Osamu O, Shinkai T, Nakamura M, Fukuzako H, Hashiguchi T, Niwa SI, Ueno T, Tachikawa H, Hori T, Asada T, Nanko S, Kunugi H, Hashimoto R, Ozaki N, Iwata N, Harano M, Arai H, Ohnuma T, Kusumi I, Koyama T, Yoneda H, Fukumaki Y, Shibata H, Kaneko S, Higuchi H, Yasui-Furukori N, Numachi Y, Itokawa M, Okazaki Y, Japanese Schizophrenia Sib-Pair Linkage Group.
American journal of human genetics   77(6) 937-944   Dec 2005   [Refereed]
Katsuki F, Goto M, Someya T
International journal of mental health nursing   14(4) 265-270   Dec 2005   [Refereed]
Muratake T, Fukui N, Kaneko N, Amagane H, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   59(5) 595-598   Oct 2005   [Refereed]
Shioiri T, Kojima-Maruyama M, Hosoki T, Kitamura H, Tanaka A, Yoshizawa M, Bando T, Someya T
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   255(5) 293-298   Oct 2005   [Refereed]
Kitamura H, Matsuzawa H, Shioiri T, Someya T, Kwee IL, Nakada T
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   255(5) 313-318   Oct 2005   [Refereed]
Shioiri T, Nishimura A, Akazawa K, Abe R, Nushida H, Ueno Y, Kojika-Maruyama M, Someya T
Psychiatry and clinical neurosciences   59(2) 226-228   Apr 2005   [Refereed]
Watanabe Y, Fukui N, Muratake T, Kaneko N, Someya T
Neuroreport   16(4) 403-405   Mar 2005   [Refereed]
Suzuki Y, Kawashima Y, Shioiri T, Someya T
Therapeutic drug monitoring   26(6) 638-642   Dec 2004   [Refereed]
Shioiri T, Kojima M, Hosoki T, Kitamura H, Tanaka A, Bando T, Someya T
Journal of affective disorders   82(3) 395-401   Nov 2004   [Refereed]
Someya T, Suzuki Y, Sham PC, Tang SW
Psychiatry and clinical neurosciences   58(5) 573-578   Oct 2004   [Refereed]
Sawamura K, Suzuki Y, Someya T
European journal of clinical pharmacology   60(8) 553-557   Oct 2004   [Refereed]
Ide M, Muratake T, Yamada K, Iwayama-Shigeno Y, Iwamoto K, Takao H, Toyota T, Kaneko N, Minabe Y, Nakamura K, Kato T, Mori N, Asada T, Someya T, Yoshikawa T
Biological psychiatry   56(6) 462-465   Sep 2004   [Refereed]
Kojima M, Shioiri T, Hosoki T, Kitamura H, Bando T, Someya T
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   254(4) 242-244   Aug 2004   [Refereed]
Kuwabara H, Sakado K, Sakado M, Sato T, Someya T
Comprehensive psychiatry   45(4) 311-315   Jul 2004   [Refereed]
Yasui-Furukori N, Saito M, Furukori H, Inoue Y, Someya T, Kaneko S, Tateishi T
Therapeutic drug monitoring   26(3) 336-341   Jun 2004   [Refereed]

Misc

 
【学校では習わない!?精神科疾患患者の栄養管理】 統合失調症患者における肥満と低体重の問題
恩田 啓伍, 染矢 俊幸, 須貝 拓朗
臨床栄養   133(3) 290-296   Sep 2018
聴覚障害のある医学生への支援
澁谷 雅子, 能登 宏, 伊藤 正洋, 佐藤 昇, 土田 正則, 牛木 辰男, 染矢 俊幸, 鈴木 利哉
医学教育   49(Suppl.) 213-213   Jul 2018
精神科領域の用語解説 TNFα
茂木 崇治, 福井 直樹, 染矢 俊幸
分子精神医学   18(3) 160-161   Jul 2018
精神科薬物治療の身体リスクを考える-統合失調症患者さんの命と健康を守るための提言- 日本人統合失調症患者における身体リスク
須貝 拓朗, 鈴木 雄太郎, 山崎 學, 森 隆夫, 松田 ひろし, 菅原 典夫, 古郡 規雄, 下田 和孝, 尾関 祐二, 岡本 呉賦, 寒河江 豊昭, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S491-S491   Jun 2018
精神科薬物治療の身体リスクを考える-統合失調症患者さんの命と健康を守るための提言- 栄養指導介入が統合失調症患者における体重変化に与える影響
菅原 典夫, 古郡 規雄, 山崎 學, 下田 和孝, 寒河江 豊昭, 森 隆夫, 須貝 拓朗, 松田 ひろし, 鈴木 雄太郎, 尾関 祐二, 岡本 呉賦, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S492-S492   Jun 2018
精神科薬物治療の身体リスクを考える-統合失調症患者さんの命と健康を守るための提言- 抗精神病薬多剤併用大量療法が統合失調症患者の心電図所見に及ぼす影響
鈴木 雄太郎, 須貝 拓朗, 山崎 學, 下田 和孝, 森 隆夫, 尾関 祐二, 松田 ひろし, 岡本 呉賦, 寒河江 豊昭, 菅原 典夫, 古郡 規雄, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S492-S492   Jun 2018
精神科薬物治療の身体リスクを考える-統合失調症患者さんの命と健康を守るための提言- 「抗精神病薬治療と身体リスク」に関する提言
染矢 俊幸, 須貝 拓朗, 鈴木 雄太郎, 森 隆夫, 松田 ひろし, 菅原 典夫, 古郡 規雄, 下田 和孝, 尾関 祐二, 岡本 呉賦, 寒河江 豊昭, 山崎 學
精神神経学雑誌   (2018特別号) S492-S492   Jun 2018
妊産婦における発達特性と不安・抑うつとの関連について
茂木 崇治, 福井 直樹, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S669-S669   Jun 2018
妊産婦の発達特性と子との間のアタッチメントとの関連について
茂木 崇治, 福井 直樹, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S669-S669   Jun 2018
妊産婦の不安・抑うつと子との間のアタッチメントとの関連について
福井 直樹, 茂木 崇治, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S670-S670   Jun 2018
Testosterone補充療法が奏功した抗うつ薬治療抵抗性うつ病の一症例
有波 浩, 田崎 正行, 鈴木 雄太郎, 田尻 美寿々, 常山 暢人, 冨田 善彦, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2018特別号) S672-S672   Jun 2018
精神疾患と糖尿病
染矢 俊幸
糖尿病   61(Suppl.1) S-127   Apr 2018
母親の不安・抑うつと母子間のアタッチメントに関する周産期メンタルヘルス研究
福井 直樹, 茂木 崇治, 橋尻 洸陽, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(12) 720-720   Dec 2017
そこが知りたい 薬物療法Q&A ω3脂肪酸は自閉スペクトラム症に有効か?
橋尻 洸陽, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(11) 1307-1309   Nov 2017
認知症への移行を予測する身体症状症の特徴について
横山 裕一, 福井 直樹, 茂木 崇治, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
Dementia Japan   31(4) 617-617   Oct 2017
そこが知りたい薬物療法Q&A Clozapineと尿失禁との関連について知りたい
恩田 啓伍, 渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(9) 1069-1070   Sep 2017
ベンゾジアゼピンとアルコールの長期不適切使用が原因と考えられた若年性認知症の1例
橋尻 洸陽, 横山 裕一, 福井 直樹, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(9) 551-551   Sep 2017
変換症とされていた不随意運動がクロナゼパムにより改善を示した1例
恩田 啓伍, 常山 暢人, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(9) 559-559   Sep 2017
全生活史健忘を発症した後に陰性症状及び認知機能低下を呈し単純型統合失調症と診断された若年女性の1症例
有波 浩, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(9) 559-560   Sep 2017
精神科薬物治療が睡眠に与える影響
福井 直樹, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(8) 859-865   Aug 2017
精神疾患に不眠は高頻度で認められ、その不眠が、精神疾患の再発・再燃のリスク因子になることや、直接、社会機能や認知機能の低下に関係することも知られている。また、身体的にも様々な影響があるとされ、とくにメタボリックシンドロームのリスクになることも報告されている。したがって、精神疾患に伴う不眠に適切に対応することが求められている。そのための精神科薬物治療の向上には、睡眠に関する研究のさらなる蓄積が必要である。実際の臨床では、(1)精神疾患そのものと関連する睡眠変化、(2)治療に用いられる向精神薬...
医学教育分野別評価試行から正式評価に向けた新潟大学医学部改善報告書の準備
鈴木 利哉, 澁谷 雅子, 伊藤 正洋, 赤石 隆夫, 中村 和利, 佐藤 昇, 土田 正則, 西條 康夫, 染矢 俊幸, 味岡 洋一, 牛木 辰男
医学教育   48(Suppl.) 157-157   Aug 2017
そこが知りたい薬物療法Q&A Clozapine投与による妊婦、授乳婦、児への影響について
有波 浩, 小野 信, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(7) 807-810   Jul 2017
うつ病の重症度と血清IGF-1値との関連
田尻 美寿々, 鈴木 雄太郎, 常山 暢人, 染矢 俊幸
日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集   14回・17回 257-257   Jul 2017
認知症発症に先行するうつ病及び躁うつ病とその発症時期の検討
須田 寛子, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸
日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集   14回・17回 265-265   Jul 2017
新潟の地域医療を盛り上げるために 地域枠学生への期待
染矢 俊幸
新潟県医師会報   (807) 7-10   Jun 2017
全生活史健忘発症後に進行性の陰性症状と認知機能低下を呈し単純型統合失調症と診断された若年女性の1症例
有波 浩, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2017特別号) S330-S330   Jun 2017
統合失調症とうつ病における血中炎症性サイトカインの比較検討
茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2017特別号) S338-S338   Jun 2017
本邦における統合失調症と自閉スペクトラム症に関連するGRIN2Bの遺伝子変異の探索
高崎 悠登, 尾崎 紀夫, 小出 隆義, 王 晨堯, 木村 大樹, 久島 周, 石塚 佳奈子, 森 大輔, 池田 匡志, アレクシッチ・ブランコ, 岡田 俊, 江川 純, 桑原 斉, 染矢 俊幸, 吉川 武男, 岩田 仲生
精神神経学雑誌   (2017特別号) S626-S626   Jun 2017
そこが知りたい薬物療法Q&A 高齢の統合失調症患者において抗精神病薬の減量は可能か教えてほしい
渡邉 晴香, 常山 暢人, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(5) 562-564   May 2017
そこが知りたい薬物療法Q&A 社交不安症に対するvenlafaxineの有効性について教えてほしい
森川 亮, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(3) 317-319   Mar 2017
【精神医学研究の発展可能性に関する長期展望:臨床への還元の視点とともに】 精神科診断学発展の長期展望
保谷 智史, 須貝 拓朗, 染矢 俊幸
精神科   30(3) 232-237   Mar 2017
レビー小体型認知症との鑑別に苦慮した後頭葉血管病変を有する有形幻視の2症例
森川 亮, 横山 裕一, 三上 剛明, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(3) 182-182   Mar 2017
幻視、幻聴および被害妄想を認めた前頭蓋底髄膜腫の1例
渡邉 晴香, 常山 暢人, 須田 寛子, 福井 直樹, 小倉 良介, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(3) 187-188   Mar 2017
炭酸リチウム血中濃度検査率向上への支援 薬剤部、精神科連携の効果
今井 理央子, 鈴木 雄太郎, 外山 聡, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(3) 191-192   Mar 2017
統合失調症罹患同胞対のエクソーム解析に基づくリスク遺伝子の同定
保谷 智史, 渡部 雄一郎, 染矢 俊幸
新潟県医師会報   (803) 9-10   Feb 2017
統合失調症患者に対するECT実績調査
池墻 寛子, 保谷 智史, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(2) 121-121   Feb 2017
Cornelia de Lange症候群に関連した自閉スペクトラム症の2症例
渡邉 藍子, 福井 直樹, 吉永 清宏, 遠藤 太郎, 北村 秀明, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(2) 121-122   Feb 2017
脳画像検査と臨床症状の間に乖離がみられた前頭側頭型認知症の症例
吉永 清宏, 福井 直樹, 渡邉 藍子, 横山 裕一, 北村 秀明, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(2) 122-123   Feb 2017
統合失調症患者の認知機能に関連する臨床的特性
國塚 拓郎, 鈴木 雄太郎, 安部 弘子, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(2) 127-127   Feb 2017
心理教育後の統合失調症患者における体重変化に関する検討
森川 亮, 鈴木 雄太郎, 安部 弘子, 國塚 拓郎, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(2) 127-128   Feb 2017
そこが知りたい薬物療法Q&A 第2世代抗精神病薬を内服中に授乳をする場合の乳児の薬物摂取量と影響について
吉永 清宏, 渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   20(1) 67-68   Jan 2017
自閉スペクトラム症多発罹患家系の全エクソームシークエンスおよびフォローアップ研究
井上 絵美子, 渡部 雄一郎, 江川 純, 杉本 篤言, 布川 綾子, 澁谷 雅子, 井桁 裕文, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   119(1) 3-8   Jan 2017
自閉スペクトラム症の多発罹患家系において,稀な変異が発症に重要な役割を果たすことが示唆されている.自閉スペクトラム症の稀なリスク変異を同定するため,われわれは4人の罹患者(同胞2人,母方いとこ2人)を有する多発罹患家系の全エクソームシークエンスおよび症例・対照サンプル(243対667)を用いたフォローアップ研究を実施した.多発罹患家系の4人(発端者,罹患同胞,非罹患同胞,保因者と推定される母)について全エクソームシークエンスを行ったところ,2つの稀な短縮型変異(RPS24遺伝子Q191X変...
そこが知りたい薬物療法Q&A 自閉スペクトラム症の易刺激性に対するrisperidoneの有効性、安全性について知りたい
大竹 裕美, 小野 信, 江川 純, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(11) 1615-1618   Nov 2016
【統合失調症 抗精神病薬を活用するための基礎と実践】 抗精神病薬で副作用発現!統合失調症と副作用それぞれにいかに対応するか! 心電図異常
有波 浩, 須貝 拓朗, 染矢 俊幸
薬局   67(12) 3280-3285   Nov 2016
<Key Points>抗精神病薬は致死的な不整脈(特にQT延長)を引き起こす可能性がある。QT間隔は薬剤以外にも、電解質異常、各種心疾患、遺伝子変異などのさまざまな因子が相加的・相乗的に影響しあうため、事前の予測が困難であり、心電図モニタリングが重要である。QTc間隔が500msecを超えた症例については、原因薬剤を中止し、循環器内科へ相談すべきである。これまで軽視されてきた第I度房室ブロックも放置すると生命予後に影響することがわかってきたため、QT以外の不整脈にも注意が必要である。(著...
単純型統合失調症をプロトタイプとした「青年期認知機能障害」に対する薬物療法の効果についての検討
常山 暢人, 鈴木 雄太郎, 大竹 裕美, 染矢 俊幸
臨床薬理   47(Suppl.) S210-S210   Oct 2016
抗うつ薬で治療中のうつ病の重症度と血中コルチゾール値の関連について
田尻 美寿々, 鈴木 雄太郎, 常山 暢人, 染矢 俊幸
臨床薬理   47(Suppl.) S218-S218   Oct 2016
若年性アルツハイマー病の臨床早期にみられた非典型的進行性失語について
横山 裕一, 春日 健作, 池内 健, 吉田 悠里, 染矢 俊幸
Dementia Japan   30(4) 537-537   Oct 2016
そこが知りたい薬物療法Q&A うつ病に対するSSRI、SNRIと電気けいれん療法の併用の有効性および安全性について教えて欲しい
菊地 佑, 常山 暢人, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(9) 1325-1327   Sep 2016
そこが知りたい薬物療法Q&A アルコール使用障害に対するtopiramateの有効性について
茂木 崇治, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(7) 988-990   Jul 2016
成人ADHD患者においてatomoxetine血中濃度や用量が心電図QT間隔に与える影響
田尻 美寿々, 鈴木 雄太郎, 杉本 篤言, 折目 直樹, 林 剛丞, 江川 純, 須貝 拓朗, 井上 義政, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2016特別号) S373-S373   Jun 2016
老年期うつ病相の後に軽躁病相を呈しその後アルツハイマー病を発症した1症例
恩田 啓伍, 鈴木 雄太郎, 須田 寛子, 渡邉 藍子, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2016特別号) S608-S608   Jun 2016
リチウム中毒後に認知機能障害と失調症状が遷延した一例
橋尻 洸陽, 福井 直樹, 井桁 裕文, 有波 浩, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2016特別号) S610-S610   Jun 2016
安全性と有効性に配慮した抗精神病薬の初期用量・最大用量・維持用量
小野 信, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(5) 523-534   May 2016
統合失調症の薬物療法では、最大限の効果と最小限の副作用を目指し、用量を設定することが重要である。しかし、臨床場面では有効性や安全性を考慮した至適用量の設定は難しいことが多い。また非定型抗精神病薬では副作用も薬剤ごとに特性が異なるためさらに至適用量の設定が困難になる。一方、抗精神病薬ではある程度の高用量で効果が頭打ちになることが知られており、用量と有効性の関係を考える上では、用量反応関係についての情報が役立つかもしれない。本稿では、用量反応性を踏まえ、主に非定型抗精神病薬に関しての用量と有効...
そこが知りたい薬物療法Q&A 多価不飽和脂肪酸は統合失調症の予防および治療に有効か?
田尻 美寿々, 渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(5) 613-616   May 2016
認知機能および脳機能画像による急性精神病の予後予測
吉永 清宏, 鈴木 雄太郎, 大竹 将貴, 橘 輝, 井上 絵美子, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(4) 483-488   Apr 2016
「急性精神病」という診断は、精神科急性期医療においてよく用いられるもので、急性発症した精神病症状に対して暫定的に与えられる。精神病症状が短期で寛解に至ったものは、ICD-10では急性一過性精神病性障害、DSM-IV-TRでは短期精神病性障害に該当するが、寛解の判断が治療や予後に影響を与えるため、慎重な評価が必要となる。寛解の判断には、幻覚、妄想、解体などの精神病症状の評価だけではなく、認知機能や社会的機能が病前のレベルまで改善したかまで評価することも重要である。今回、我々は妄想、錯乱、情動...
そこが知りたい薬物療法Q&A Pregabalinはレストレスレッグス症候群の治療に有効か?
大竹 将貴, 小野 信, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(3) 321-323   Mar 2016
Psychiatric Lecture 診断 抗精神病薬の副作用と予測因子
福井 直樹, 染矢 俊幸
精神科臨床Legato   2(1) 24-27   Feb 2016
そこが知りたい薬物療法Q&A 2型糖尿病薬metforminは、抗精神病薬服用者の体重増加を改善しうるか
渡邉 藍子, 常山 暢人, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   19(1) 77-80   Jan 2016
自閉スペクトラム症多発罹患家系のエクソーム解析を起点としたリスク遺伝子の追究
井上 絵美子, 江川 純, 渡部 雄一郎, 染矢 俊幸
新潟県医師会報   (790) 10-11   Jan 2016
そこが知りたい薬物療法Q&A アルコール離脱に対してベンゾジアゼピンの予防的投与は必要か?
三上 剛明, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(11) 1451-1453   Nov 2015
林 剛丞, 江川 純, 染矢 俊幸
ストレス科学研究   30 10-15   Nov 2015
【向精神薬がもたらす身体合併症】 向精神薬による糖脂質代謝異常
田尻 美寿々, 染矢 俊幸
日本医事新報   (4772) 18-25   Oct 2015
<point>▼統合失調症患者は心血管疾患による死亡率が一般人口の約2倍であり、背景にはメタボリック症候群(MetS)の高い有病率があると思われる▼向精神薬の中でも、特に抗精神病薬はMetSの発症に少なからず関与している▼抗精神病薬の中でも、第2世代抗精神病薬、特にクロザピンやオランザピンにおいて体重増加、糖脂質代謝異常のリスクが高い▼向精神薬による治療を行う場合、定期的なモニタリング(バイタルサイン測定、体重測定、血液検査、心電図)は必須である(著者抄録)
痙攣の誘発にレミフェンタニルの併用が有効であった修正型電気痙攣療法の1症例
渡部 達範, 吉永 清宏, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸, 馬場 洋
麻酔   64(10) 1072-1075   Oct 2015
63歳男。28歳時に統合失調症と診断され、以後入退院を繰り返していた。今回、妄想などの症状が増悪したため当院精神科に入院したが、薬物療法に抵抗性のため修正型電気痙攣療法(mECT)の適用となった。mECT施行時に睡眠最低必要量のプロポフォール投与下で最大刺激を与えるも十分な痙攣が誘発されなかった。そこで、レミフェンタニルを併用し、プロポフォール投与量を減量したところ、有効な痙攣を誘発することができた。mECTを12回施行し、簡易精神医学的評価尺度は50点から22点に改善した。
そこが知りたい薬物療法Q&A SSRIの用法によって月経前不快気分障害に対する効果に差はあるか?
井桁 裕文, 渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(9) 1169-1171   Sep 2015
APP遺伝子重複による家族性アルツハイマー病および脳アミロイド血管症の1剖検例
横山 裕一, 豊島 靖子, 鈴木 正博, 春日 健作, 橋立 英樹, 染矢 俊幸, 高橋 均, 池内 健, 柿田 明美
Dementia Japan   29(3) 388-388   Sep 2015
そこが知りたい薬物療法Q&A Olanzapineを内服する統合失調症患者に対し、zonisamideやtopiramateを併用することで体重増加を抑制できるか?
保谷 智史, 小野 信, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(7) 923-925   Jul 2015
【精神疾患と栄養】 統合失調症と身体リスク メタボリック症候群を中心に
田尻 美寿々, 須貝 拓朗, 染矢 俊幸
分子精神医学   15(3) 176-182   Jul 2015
統合失調症患者の平均余命は、一般人口にくらべて12〜15年短いと報告されている。統合失調症患者の自然死による死亡率は一般人口の約2倍であり、なかでも心血管疾患による死亡率が高く、男性で一般人口の2.3倍、女性では2.1倍にのぼる。また、統合失調症患者は一般人口にくらべてメタボリック症候群(MetS)の有病率が高いことが知られており、このことが統合失調症患者で心血管疾患による死亡率が高い原因の一つになっているものと思われる。統合失調症治療が薬物療法の発展とともに近年大きな進歩を遂げたことは事...
統合失調症患者の認知機能と臨床的特性との関連
國塚 拓郎, 鈴木 雄太郎, 安部 弘子, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2015特別) S589-S589   Jun 2015
自己免疫性脳炎との鑑別に苦慮した短期精神病性障害の1例
坂井 晴香, 鈴木 雄太郎, 池墻 寛子, 吉永 清宏, 渡邊 修, 田中 惠子, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2015特別) S734-S734   Jun 2015
そこが知りたい薬物療法Q&A ベンゾジアゼピン系薬は認知症の発症リスクを高めるか?
吉永 清宏, 常山 暢人, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(5) 585-587   May 2015
そこが知りたい薬物療法Q&A Melatoninはせん妄に有効か?
竹原 裕美, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(3) 285-287   Mar 2015
アディポカインを用いた第二世代抗精神病薬による体重増加の予測
鈴木 雄太郎, 常山 暢人, 須貝 拓朗, 福井 直樹, 渡邉 純蔵, 小野 信, 斎藤 摩美, 田尻 美寿々, 杉本 篤言, 折目 直樹, 染矢 俊幸
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2014年度 22-23   Mar 2015
新規抗精神病薬が胃排出およびインクレチン分泌能へ及ぼす影響についての検討
福井 直樹, 鈴木 雄太郎, 小野 信, 須貝 拓朗, 渡邉 純蔵, 常山 暢人, 斎藤 摩美, 田尻 美寿々, 染矢 俊幸
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2014年度 68-69   Mar 2015
統合失調症と自己免疫性脳炎・脳症の鑑別に苦慮した1例
竹原 裕美, 福井 直樹, 井上 絵美子, 田尻 美寿々, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   129(3) 156-156   Mar 2015
精神病症状改善後も脳血流異常及び認知機能障害が持続した急性精神病の1例
吉永 清宏, 鈴木 雄太郎, 池墻 寛子, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   129(3) 157-157   Mar 2015
【抗精神病薬治療と突然死】 統合失調症患者の突然死リスクと遺伝子研究
福井 直樹, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(1) 69-75   Jan 2015
統合失調症の突然死という表現型そのものを対象とした遺伝的研究はほとんどない。しかし、その突然死の大半は心筋梗塞によるものと報告されており、心血管疾患およびその危険因子である糖・脂質代謝異常や肥満を対象とした遺伝的研究は比較的多い。最近は、内科領域などの大規模GWASによって糖・脂質代謝異常、肥満などと関連する遺伝子領域が同定されている。これらの遺伝的要因に、抗精神病薬内服および統合失調症と関連するライフスタイルなどの環境要因が加わると、交互作用によって心血管疾患および突然死のリスクがさらに...
そこが知りたい薬物療法Q&A 統合失調症の強迫症状に対し、SSRIは有効か?
茂木 崇治, 小野 信, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   18(1) 77-79   Jan 2015
そこが知りたい薬物療法Q&A Lithiumによる甲状腺機能亢進症について教えて欲しい
菊地 佑, 渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(11) 1535-1536   Nov 2014
【発達障害ベストプラクティス-子どもから大人まで-】 (第III部)各論 ADHD ADHDの評価尺度
折目 直樹, 江川 純, 染矢 俊幸
精神科治療学   29(増刊) 313-317   Oct 2014
Astrocyteにおけるタウの蓄積像に着目したPSP関連タウオパチーの連続性について
横山 裕一, 豊島 靖子, 他田 真理, 志賀 篤, 池内 健, 長谷川 一子, 染矢 俊幸, 柿田 明美, 高橋 均
Dementia Japan   28(4) 508-508   Oct 2014
向精神薬を内服中に持続勃起症と白血球減少をきたした1例
茂木 崇治, 福井 直樹, 須貝 拓朗, 竹原 裕美, 池墻 寛子, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   128(10) 543-543   Oct 2014
Voxel-Based Morphometry(VBM)で脳幹白質体積の減少を認めたREM睡眠行動障害の1例
大竹 将貴, 井上 絵美子, 北村 秀明, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   128(10) 543-544   Oct 2014
自閉症スペクトラム障害におけるオキシトシン受容体遺伝子のエクソンリシーケンスおよび関連解析
江川 純, 杉本 篤言, 遠藤 太郎, 染矢 俊幸
日本児童青年精神医学会総会抄録集   55回 237-237   Oct 2014
そこが知りたい薬物療法Q&A Lamotrigine服用中に皮膚障害が出現した患者に対し再投与は可能か?
田尻 美寿々, 常山 暢人, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(9) 1279-1281   Sep 2014
そこが知りたい薬物療法Q&A Melatoninはレム睡眠行動障害に有効か?
大竹 将貴, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(7) 997-999   Jul 2014
抗精神病薬誘発性糖代謝異常および体重増加におけるインクレチンの役割
福井 直樹, 鈴木 雄太郎, 須貝 拓朗, 小野 信, 常山 暢人, 渡邉 純蔵, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸
臨床薬理の進歩   (35) 148-154   Jun 2014
GIPR遺伝子rs10423928多型別にオランザピン内服統合失調症のAA+AT群、TT群、健常対照のAA+AT群、TT群の4群間で唯一有意差があったのは、糖負荷後30分のインスリン値で、統合失調症のAA+AT群で他群より有意に高かった。未治療・他剤内服中の統合失調症患者をGIPR遺伝子rs10423928多型別にAA+AT群、TT群に分け、オランザピン開始・オランザピンへの切り替え後4週間のBMI変化量は、AA+AT群1.2、AT群0.5と有意差を認めた。抗精神病薬内服中の統合失調症群と...
精神科薬物療法と身体リスク 統合失調症患者さんの健康と命を守るために 統合失調症の薬物治療 身体リスクの現状と課題について
染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2014特別) S336-S336   Jun 2014
精神科薬物療法と身体リスク 統合失調症患者さんの健康と命を守るために 薬物および非薬物療法による介入について
古郡 規雄, 菅原 典夫, 山崎 學, 下田 和孝, 森 隆夫, 須貝 拓郎, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2014特別) S337-S337   Jun 2014
メマンチン投与中にQT延長をきたしたアルツハイマー病の1例
竹原 裕美, 鈴木 雄太郎, 福井 直樹, 井上 絵美子, 田尻 美寿々, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2014特別) S371-S371   Jun 2014
精神病症状改善後の認知機能評価の重要性について 精神病症状改善も脳血流異常と認知機能障害が持続した急性精神病の一例を通して
吉永 清宏, 鈴木 雄太郎, 池墻 寛子, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2014特別) S621-S621   Jun 2014
症状安定期における心理教育のニーズ把握を目的とした急性期統合失調症患者の意識調査
安部 弘子, 鈴木 雄太郎, 國塚 拓郎, 小倉 寛子, 石山 尚子, 渡辺 邦香, 高橋 陽子, 山寺 徹, 宮澤 誠, 植木 明, 吉原 喬, 染矢 俊幸
精神神経学雑誌   (2014特別) S626-S626   Jun 2014
そこが知りたい 薬物療法Q&A Olanzapine筋注製剤のagitationに対する効果はhaloperidol筋注製剤より優れるのか?
渡邉 藍子, 渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(5) 693-695   May 2014
【薬物療法の終了-そのエビデンスとアートを探る】 統合失調症に対する薬物治療の長期的なベネフィットとリスク
須貝 拓朗, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(4) 517-525   Apr 2014
抗精神病薬の登場以降、統合失調症に対する薬物治療は飛躍的に進歩した。第1世代抗精神病薬により陽性症状の改善効果が期待できるようになり、第2世代抗精神病薬では陽性症状に加え、陰性症状や認知機能の改善効果と錐体外路症状の軽減が期待できるようになった。しかし長期的な視点でとらえた場合の最大のベネフィットとは、やはり再発予防効果ではないだろうか。一方、近年では長期的な身体リスクも注目されるようになった。統合失調症患者ではメタボリックシンドローム発症のリスクが高まり、経過中に心血管疾患などを発症して...
【耳鼻咽喉科医が見落としてはいけない中枢疾患】 中枢疾患を見落とさないための診断技術 精神科の立場から
新藤 雅延, 北村 秀明, 染矢 俊幸
ENTONI   (166) 66-70   Apr 2014
耳鼻咽喉科領域の診療においても、うつ病を含む精神疾患を見落とさないことが重要である。身体症状が主訴であっても、うつ病、不安障害、身体表現性障害といった精神疾患を有する可能性がある。平素から患者の精神状態の評価を積極的に行うことが望ましく、特にうつ病については全患者にスクリーニングすることが求められている。本稿で紹介したK6/K10、M.I.N.I.、PHQ-9などを活用し、日常診療で遭遇する精神疾患の診断に役立てていただきたい。(著者抄録)
注意欠如・多動性障害児の視覚性持続注意課題における反応時間の検討
杉本 篤言, 江川 純, 林 剛丞, 折目 直樹, 遠藤 太郎, 染矢 俊幸
小児の精神と神経   54(1) 75-76   Apr 2014
そこが知りたい薬物療法Q&A Paliperidoneの持効性注射剤の有効性、副作用について教えて欲しい
菊地 佑, 小野 信, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(3) 371-373   Mar 2014
新規抗精神病薬誘発性糖代謝異常に関する前方視的分子薬理ゲノム研究
鈴木 雄太郎, 須貝 拓朗, 福井 直樹, 渡邉 純蔵, 小野 信, 常山 暢人, 斎藤 摩美, 田尻 美寿々, 染矢 俊幸
精神薬療研究年報   (46) 38-39   Mar 2014
第二世代抗精神病薬誘発性QT延長とQT延長関連遺伝子多型についての検討
小野 信, 鈴木 雄太郎, 須貝 拓朗, 福井 直樹, 渡邉 純蔵, 常山 暢人, 斎藤 摩美, 田尻 美寿々, 染矢 俊幸
精神薬療研究年報   (46) 68-69   Mar 2014
向精神薬による副作用モニタリング 現況と問題点
福井 直樹, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(1) 3-10   Jan 2014
新規の抗精神病薬や抗うつ薬が登場し、統合失調症やうつ病の薬物療法の選択肢は飛躍的に増えたため、副作用モニタリングの対象や方法も大きく変化してきている。副作用モニタリングは、(1)副作用による身体リスク、(2)副作用による治療中断、を減らすという重要な役割を持っている。「副作用による身体リスク」には、短期間で生命に危険が及ぶものと、長期にわたる経過の中で死亡率の増加につながるものがある。前者は従来から注目されており、モニタリングや対処法は比較的確立していると考えられる。一方で、「長期にわたる...
【向精神薬の副作用モニタリング】 向精神薬による循環器障害のモニタリング
渡邉 純蔵, 染矢 俊幸
臨床精神薬理   17(1) 27-30   Jan 2014
向精神薬に関連した循環器系有害事象として、起立性低血圧、致死性不整脈、心筋炎、糖脂質代謝障害による虚血性心疾患、静脈血栓塞栓症等があり、これらは致死的であることが多い。致死性不整脈は定期的な心電図検査によってある程度予測可能で、その発症を低下させることが可能かもしれない。他の有害事象は定期的なモニタリングによる早期発見は困難であるが、静脈血栓塞栓症であれば下肢の深部静脈血栓症、心筋炎であれば原因不明の心疾患や感冒様症状に合併した心機能異常を認めることが多く、循環器系有害事象を念頭に置き、こ...

Conference Activities & Talks

 
入院治療を行いチック症状が著明に改善したトゥレット症の1例
吉永 清宏, 杉本 篤言, 折目 直樹, 松崎 陽子, 林 剛丞, 江川 純, 染矢 俊幸
日本児童青年精神医学会総会抄録集   Oct 2017   
小児ADHD患者におけるatomoxetine血中濃度と臨床効果の関係
杉本 篤言, 鈴木 雄太郎, 折目 直樹, 林 剛丞, 吉永 清宏, 江川 純, 染矢 俊幸
日本児童青年精神医学会総会抄録集   Oct 2017   
SETD1A遺伝子の稀な変異と統合失調症の発症リスク
渡部 雄一郎, 井桁 裕文, 保谷 智史, 布川 綾子, 井上 絵美子, 江川 純, 澁谷 雅子, 染矢 俊幸
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   Sep 2017   
はとこ婚の両親を持つ統合失調症罹患同胞家系のエクソーム解析
井桁 裕文, 渡部 雄一郎, 布川 綾子, 井上 絵美子, 保谷 智史, 澁谷 雅子, 江川 純, 染矢 俊幸
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   Sep 2017   
FBXO18遺伝子の稀な変異と統合失調症のリスク
布川 綾子, 保谷 智史, 渡部 雄一郎, 井上 絵美子, 井桁 裕文, 澁谷 雅子, 江川 純, 染矢 俊幸
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   Sep 2017