塩入 俊樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
塩入 俊樹
 
シオイリ トシキ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 神経統御学講座 精神病理学分野
職名
教授
学位
博士(医学)(課程)(滋賀医科大学)
その他の所属
研究推進・社会連携機構地域減災研究センター災害医療部門医学系研究科

プロフィール

不安障害の病態解明

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
 
   
 
旧所属 新潟大学 大学院医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 助教授
 
1991年
 - 
1996年
滋賀医科大学医学部附属病院 助手
 
1996年
 - 
1997年
カリフォルニア大学アーバイン校精神医学講座
 
 
   
 
Visiting Assistant Professor
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
滋賀医科大学 医学研究科 生体情報制御系精神医学
 
 
 - 
1987年
滋賀医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本精神神経学会  評議員
 
 
   
 
日本生物学的精神医学会  評議員
 
 
   
 
国際磁気共鳴学会(Society of Magnetic Resonance)  Vote member
 
 
   
 
日本総合病院精神医学会  評議員
 
 
   
 
日本精神科診断学会  評議員
 

受賞

 
2005年
第4回湖医会賞
 
1996年3月
日本学術振興会OCE海外派遣研究員
 

論文

 
Lack of a relationship between the pupillary Light Reflex response and state/trait anxiety in remitted patients with panic disorder.
塩入 俊樹(岐阜大学)
Journal of Affective Disorders   145-149   2006年1月
Impaired psychological recovery in the elderly after the Niigata-Chuetsu Earthquake in Japan:a population-based study.
鳥谷部 真一(新潟大学)
BMC Public Health   230-230   2006年6月
Factor structure of the General Health Questionnaire (GHQ-12) in subjects who had suffered from the 2004 Niigata-Chuetsu Earthquake in
鳥谷部 真一(新潟大学)
BMC Public Health   175-175   2007年1月
桑原 秀樹(新潟大学)
Psychiatry and Clinical Neurosciences   283-289   2007年3月

Misc

 
Toshiki Shioiri
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   113 1008-1015   2011年12月
Although obsessive-compulsive disorder (OCD) is classified as an anxiety disorder in the DSM-IV, recent considerations for a reclassification into an obsessive-compulsive spectrum disorders (OCSDs) cluster are gaining prominence. Hollander and col...
Toshiki Shioiri
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   114 1037-1048
Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare shows that the estimated number of all patients with any anxiety disorders is more than ten million, while the number of all depressive patients is about six million. Thus, anxiety disorders are very...
A patient with adult-onset leukoencephalopathy with vanishing white matter associated with a novel missense mutation in EIF2B5 gene (共著)
Neurology   62(9), 1601-1603    2004年
H. Ohtake, T. Shimohata, K. Terajima, T. Kimura, R. Jo, R. Kaseda, O. Iizuka, M. Takano, Y. Akaiwa, H. Goto, H. Kobayashi, T. Sugai, T. Muratake, T. Hosoki, T. Shioiri, K. Okamoto, O. Onodera, K. Tanaka, T. Someya, T. Nakada, S. Tsuji, S. Tsuji
Neurology   62 1601-1603
We report of a woman aged 52 years born to consanguineous parents and seeking treatment for progressive dementia and delusion. Neurologic examination revealed dementia and emotional instability, indifference, and confabulation. There was also mild...

書籍等出版物

 
恐慌性障害におけるDSM-III -R診断とICD-10 DCR診断との比較について (共著)
Upjohn Symposium 1993, Panic Grand Round 6   1993年   
恐慌性障害の症例研究 (共著)
Panic Grand Round' 95 パニック障害研究最前線   1996年   
Case Report 2. 広場恐怖を伴わないパニック障害
精神科ケースライブラリー第 III 巻 神経症・心因反応・人格障害   1998年   
神経症の基本的考え方-1.新しい考え方 (共著)
精神科プラクティス 第3巻 神経症とその周辺   1999年   
病態 C.機能画像 (共著)
パニック障害の基礎と臨床   2000年   

講演・口頭発表等

 
"慢性疼痛"の薬物療法
桑原 秀樹(*),塩入 俊樹(精神病態学)
2006年1月   
”うつ”を伴う痛みへの薬物療法:プライマリケアを中心に
桑原 秀樹(*),塩入 俊樹(精神病態学)
2006年1月   
「まず初めに、臨床ありき」
塩入 俊樹(精神病態学)
2008年1月   
「教授就任のご挨拶」
塩入 俊樹(精神病態学)
2008年1月   
「新任教授紹介」
塩入 俊樹(精神病態学)
2008年1月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 塩入 俊樹
パニック障害(PD)は、恐怖条件づけに関連した脳内神経回路の異常が想定され、動物実験では扁桃体でグルタミン酸(Glu)が上昇しているとの指摘もある。本研究では、超高磁場MRI装置を用い、PD患者及び正常者を対象に^1H-MRS測定を行い、扁桃体及び帯状回(恐怖の消去に関して重要な役割をもつ)におけるGlx(Glu+Glutamine)等を直接測定した。結果は、PD患者群では左扁桃体及び後部帯状回のGlxが有意に高かった。このことは、PDの上述の神経回路におけるGlu神経系異常を示唆するもの...
パニック障害
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2006年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 塩入 俊樹
状況刺激に関する感覚入力は、視床前部を通り扁桃体の外側核に入り、そこで線維を換えて扁桃体の中心核に至る。大脳皮質から扁桃体への求心性の入力によって、通常、内臓性感覚情報は大脳皮質で正しい意味づけがなされ、適切な対処が行われる。一方、パニック障害(PD)では、この大脳皮質での認知処理過程に何らかの欠陥があり、不安の生理的徴候を"破滅的"と誤解し、扁桃体中心核の不安・恐怖ネットワークを活性化させてしまう。また、扁桃体は、感覚刺激を繰り返すことで生じる"慣れ(habituation)"を生じさせ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 塩入 俊樹
1 パニック障害(以下、PD)の自律神経機能の異常(1)血圧反射(baroreflex)の機能異常:ρmaxを用いた検討心拍数と血圧値の2変数間の関係性に着目することで、血圧変動から心拍変動までの相互相関係数の最大値であるρmaxの経時的変化を、ビデオ映像負荷刺激時に計測し、PD患者のbaroreflex(圧反射)について検討した。その結果、ビデオ映像等の精神的負荷かけると、PD患者群では、ρmaxの経時的変化が正常被験者に比して有意に遅れることが判明した。今回の患者群が完全寛解であったこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 塩入 俊樹
これまでにパニック障害患者の自律神経系の異常についてはさきざまな報告がなされているが、結果は一致していない。そこでパニック障害の自律神経系の調節異常を測定する新たな試みとして、視聴覚刺激前後に瞳孔対光反射と血圧反射を計測し、不安状態との関連について調べた。瞳孔対光反射については、映像負荷前後の縮瞳率の変化を、そして血圧反射については、心電図と血圧の連続測定装置を用い、それぞれのデータをフーリエ変換し自律神経系の影響が強いとされている0.1Hz前後のマイヤー波成分を中心に解析し、その位相のず...

社会貢献活動

 
睡眠のメカニズム 長さや深さ,脳が設定 体内時計のリズムが眠気誘う
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2014年5月19日
不眠症って,なに? 熟睡ができない状態 1カ月以上続き生活に支障
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2014年7月28日
不眠症の治療 まず睡眠衛生指導を 就寝時刻にこだわりすぎず
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2014年12月1日
岐阜薬科大学における非常勤講師
【】  岐阜薬科大学  岐阜薬科大学  2014年4月1日 - 2014年9月30日
◎教えてホームドクター:不眠症の投薬治療長期服用で止め難く不適切な処方パターンに警鐘
【】  岐阜  岐阜  2015年2月2日