遠山 育夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/21 13:29
 
アバター
研究者氏名
遠山 育夫
 
トオヤマ イクオ
URL
http://ben.shiga-med.ac.jp/~hqmnran/
所属
滋賀医科大学
部署
神経難病研究センター(旧分子神経科学研究センター)
職名
センター長、教授
学位
医学博士(京都大学)
その他の所属
滋賀医科大学

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
-  滋賀医科大学分子神経科学研究センター長
 
1995年
 - 
1999年
滋賀医科大学 助教授
 
1999年
   
 
- 滋賀医科大学教授
 
1988年
 - 
1995年
滋賀医科大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 医学研究科 内科学
 
 
 - 
1981年
京都大学 医学部 医学部
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
日本組織細胞化学会  監事
 
2016年6月
 - 
現在
日本神経病理学会  評議員
 
2003年
 - 
現在
日本脳科学会  理事
 
2000年
 - 
現在
日本認知症学会  理事
 
1998年
 - 
現在
日本解剖学会  評議員
 

受賞

 
2006年
加藤記念難病研究基金平成18年度研究奨励賞
 
2006年
日本脳科学会研究奨励賞
 

論文

 
Hamezah HS, Durani LW, Ibrahim NF, Yanagisawa D, Kato T, Shiino A, Tanaka S, Damanhuri HA, Ngah WZW, Tooyama I
Experimental gerontology   99 69-79   2017年12月   [査読有り]
Jam FA, Kadota Y, Mendsaikhan A, Tooyama I, Mori M
Scientific reports   8(1) 3132   2018年2月   [査読有り]
Durani LW, Hamezah HS, Ibrahim NF, Yanagisawa D, Makpol S, Damanhuri HA, Tooyama I
Biochemical and biophysical research communications   493(3) 1356-1363   2017年11月   [査読有り]
Yanagisawa D, Ibrahim NF, Taguchi H, Morikawa S, Kato T, Hirao K, Shirai N, Sogabe T, Tooyama I
Journal of neuroscience research      2017年10月   [査読有り]
Higaki S, Todo T, Teshima R, Tooyama I, Fujioka Y, Sakai N, Takada T
Fish physiology and biochemistry      2017年11月   [査読有り]
Higaki S, Kuwata N, Tanaka K, Tooyama I, Fujioka Y, Sakai N, Takada T
Zygote (Cambridge, England)   25(5) 652-661   2017年10月   [査読有り]
Yang M, Yang H, Guan H, Kato T, Mukaisho K, Sugihara H, Ogasawara K, Terada T, Tooyama I
Acta histochemica et cytochemica   50(1) 49-55   2017年2月   [査読有り]
Bellier JP, Xie Y, Farouk SM, Sakaue Y, Tooyama I, Kimura H
Brain structure & function   222(7) 3043-3061   2017年2月   [査読有り]
Guan H, Yang H, Yang M, Yanagisawa D, Bellier JP, Mori M, Takahata S, Nonaka T, Zhao S, Tooyama I
Experimental neurology   291 51-61   2017年5月   [査読有り]
Higaki S, Shimada M, Kawamoto K, Todo T, Kawasaki T, Tooyama I, Fujioka Y, Sakai N, Takada T
Scientific reports   7 42852   2017年2月   [査読有り]
Ito T, Tanaka-Mizuno S, Iwashita N, Tooyama I, Shiino A, Miura K, Fukui S
Journal of pain research   10 287-293   2017年   [査読有り]
Shiino A, Chen YW, Tanigaki K, Yamada A, Vigers P, Watanabe T, Tooyama I, Akiguchi I
Scientific reports   7 39818   2017年1月   [査読有り]
Ibrahim NF, Yanagisawa D, Durani LW, Hamezah HS, Damanhuri HA, Wan Ngah WZ, Tsuji M, Kiuchi Y, Ono K, Tooyama I
Journal of Alzheimer's disease : JAD   55(2) 597-612   2016年11月   [査読有り]
Wang X, Yang H, Yanagisawa D, Bellier JP, Morino K, Zhao S, Liu P, Vigers P, Tooyama I
Neurobiology of aging   47 168-179   2016年11月   [査読有り]
Kitamura Y, Inden M, Kimoto Y, Takata K, Yanagisawa D, Hijioka M, Ashihara E, Tooyama I, Shimohama S, Ariga H
Journal of Alzheimer's disease : JAD   55(1) 67-72   2016年11月   [査読有り]
Yanagisawa D, Oda K, Inden M, Morikawa S, Inubushi T, Taniguchi T, Hijioka M, Kitamura Y, Tooyama I
Journal of neuroscience research      2016年10月   [査読有り]
Tooyama I, Yanagisawa D, Taguchi H, Kato T, Hirao K, Shirai N, Sogabe T, Ibrahim NF, Inubushi T, Morikawa S
Ageing research reviews   30 85-94   2016年9月   [査読有り]
Sonoda Y, Tooyama I, Mukai H, Maeda K, Akiyama H, Kawamata T
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   36(4) 332   2016年8月   [査読有り]
Ogawa T, Irikawa N, Yanagisawa D, Shiino A, Tooyama I, Shimizu T
Auris, nasus, larynx   44(2) 168-173   2016年7月   [査読有り]
Yang M, Yang H, Guan H, Bellier JP, Zhao S, Tooyama I
Neuroscience   328 92-106   2016年7月   [査読有り]

Misc

 
家族性アルツハイマー病の遺伝学的危険因子
遠山育夫, 加藤智子
Modern Physician   25 1058-1062   2005年
痴呆奨学2 孤発性アルツハイマー病 遺伝的素因
遠山育夫, 松尾明典, 安原治
日本臨床    62 supple 46-51   2004年
高次脳機能発達と神経栄養因子
遠山育夫, 岩見美香, 豊田健一郎, 相見良成
Clinical Neuroscience   22 293-296   2004年
Interaction of alpha2-macroglobulin and amyloid beta peptide. In: Neuroinflammatory Mechanisms in Alzheimer's disease
Tooyama I
Birkhauser Verlag   145-154   2001年
海馬損傷 けいれんの動物モデルにおけるグリア細胞の活性化ートリメチル錫投与モデルとカイニン酸投与モデルの比較から
加藤 進昌, 金井 裕彦, 西村 敏, 植村 秀治, 遠山 育夫, 木村 宏, 池田 正行
なし   0 0-0   1997年

書籍等出版物

 
分子遺伝学の基礎   神経内科テキスト(改訂第2版)
南江堂   2005年   
神経内科学テキスト
南江堂   2000年   
神経伝達物質update-基礎から臨床まで
中外医学社   1998年   
The Bioligy of Nitric Oxide
1998年   

競争的資金等の研究課題

 
アルツハイマー病の診断・治療法に関する研究
認知症の神経病理学的研究
コリン神経の分子科学