原田 泰典

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/20 17:24
 
アバター
研究者氏名
原田 泰典
 
ハラダ ヤスノリ
所属
兵庫県立大学大学院
部署
大学院 工学研究科 機械系工学専攻
職名
教授
学位
工学博士(広島大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
新産業創造研究機構 先端マグネシウム合金研究会  委員長
 
2019年4月
 - 
現在
日本銅学会  第59回講演会実行委員会委員
 
2018年4月
 - 
2018年11月
日本機械学会生産加工・工作機械部門  第12回部門講演会 現地実行委員会 副委員長
 
2013年
 - 
現在
日本塑性加工学会  年間展望執筆委員リーダー
 
2012年6月
 - 
現在
日本ばね学会  研究担当理事
 
2012年4月
 - 
現在
日本砥粒加工学会  論文校閲委員
 
2009年
 - 
現在
ショットピーニング技術協会  常任理事
 
2004年4月
 - 
現在
日本塑性加工学会接合複合分科会  年間展望執筆委員
 
1998年4月
 - 
現在
日本塑性加工学会  講演会運営委員、校閲委員
 
2016年4月
 - 
2016年12月
岐阜県企業助成研究会  審査委員
 
2016年4月
 - 
2016年11月
日本砥粒加工学会  ABTEC2016講演会実行副委員長
 
2016年7月
 - 
2016年8月
姫路市中小企業助成委員会  審査委員
 
2015年10月
 - 
2016年6月
日本塑性加工学会  平28年春季講演会実行委員
 
2015年5月
 - 
2016年6月
日本塑性加工学会  人事委員会委員
 
2015年5月
 - 
2016年6月
日本塑性加工学会  論文校閲委員会 委員長
 
2014年6月
 - 
2016年5月
日本塑性加工学会  理事
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本塑性加工学会関西支部  関西支部 幹事
 
2015年5月
 - 
2015年6月
日本塑性加工学会  学会論文賞委員会 委員長
 
2013年5月
 - 
2015年5月
日本塑性加工学会  表彰委員会委員
 

受賞

 
2000年
日本塑性加工学会 東海支部論文賞
 
2001年
日本材料試験技術協会賞
 
2003年
はりま産学交流会研究奨励賞
 
2005年
COMMENT2005国際会議実行委員会(Poland)・研究奨励賞
 
2007年
日本塑性加工学会 技術開発賞
 
2008年
天田金属加工機械技術財団 研究論文優秀賞
 
2008年
Award for Best Poster Presentation of The Ninth International Conference on Technology of Plasticity (ICTP2008)
 

論文

 
ショットピーニングによる材料表面の塑性流動
原田 泰典
プレス技術   57(4) 104-108   2019年4月
Effect of Different Shot Peening Treatments on Fatigue Life in Ti Alloy
原田 泰典
Materials Science Forum   941 908-913   2018年12月   [査読有り]
原田泰典, 大野宏人, 西久保祐貴, 前田成重
銅と銅合金   57 142-147   2018年8月   [査読有り]
「接合・複合」年間展望
原田泰典、安部洋平
ぷらすとす   1(8)    2018年8月   [査読有り][招待有り]
原田 泰典
チタン = Titanium Japan   66(2) 118-122   2018年4月
原田 泰典
粉体技術   10(3) 212-217   2018年3月   [査読有り]
Yasunori Harada, Hiroto Ono, Yuki Nishikubo
Materials Science Forum   920 MSF 64-69   2018年1月   [査読有り]
? 2018 Trans Tech Publications, Switzerland. Cladding is the bonding together of dissimilar metals. One of clad products is the titanium clad steel sheet. It is effective to cover with pure titanium sheet to improve the corrosion resistance of the...
Yasunori Harada, Minoru Matsumoto, Masayuki Nunobiki, Katsuhiko Takahashi
Materials Science Forum   879 703-708   2017年1月   [査読有り]
? 2017 Trans Tech Publications, Switzerland. Magnesium alloy has a wide range of application prospects in the automobile and electronic industries. However, peeling of the coating material may occur under harsh environments such as high and low te...
「接合・複合」年間展望
原田 泰典、川森重弘、安部洋平
塑性と加工   58(680) 769-773   2017年   [査読有り][招待有り]
Deep drawability of Ti/resin/Ti laminated sheet
HARADA Yasunori, Shuji Hattori
AIP Conference Proceedings 1896   1896 080005   2017年   [査読有り]
Surface Modification of Aluminium Alloy by Shot Lining and Laser Heating
HARADA Yasunori
Proceedings of ISAAT2017   P060   2017年   [査読有り]
Improvement in fatigue life of Ti-6Al-4V alloy by microshot peening and ultrasonic shot peening
HARADA Yasunori, Masaki Nakahira, Yuto Saeki, Kanehisa Hattori
Proceedings of ISAAT2017   R521   2017年   [査読有り]
ショットピーニングによる異種接合技術
原田 泰典
電気鍍金研究会誌 めっき技術 講演資料   30(4) 9-20   2017年   [招待有り]
原田 泰典, 佐伯 優斗, 田中 秀星
砥粒加工学会誌   61(6) 326-330   2017年   [査読有り]
ばね鋼にマイクロショットピーニングを施し,硬さや表面粗さなどの表面特性について調べたのち,疲労限度や破面観察などの疲労特性に及ぼす投射条件の影響について調べた.ショットピーニングは空気式機械を用い,投射材は鋳鋼製および超硬合金製の微粒子を用いた.ショットピーニングを施した試験片に対して,硬さ試験や疲労試験などを行った.マイクロショットピーニングはばね鋼の表面粗さや表面硬さなどの表面特性および疲労強度の改善に有効であり,とくに超硬合金製投射材によるピーニング効果が高いことを明らかにした.  ...
Takaki Ogawa, Ninshu Ma, Minoru Ueyama, Yasunori Harada
Journal of Physics: Conference Series   734    2016年9月   [査読有り]
? Published under licence by IOP Publishing Ltd. The prediction of formability of titunium is more difficult than steels since its strong anisotropy. If computer simulation can estimate the formability of titanium, we can select the optimal formin...
Yasunori Harada, Izumi Fukuda, Atsushi Yamamoto
Materials Transactions   57(6) 966-972   2016年1月   [査読有り]
? 2016 The Japan Society for Technology of Plasticity. This paper deals with the effect of shot peening on the bending strength of an AZ31 magnesium alloy pipe. Magnesium alloy has a wide range of application prospects in the automobile and electr...
マイクロショットと超音波ショットの複合ピーニング処理によるステンレス鋼の疲労特性
原田泰典、佐伯優斗、芝崎和馬、服部兼久
ショットピーニング技術協会誌   28(3) 99-108   2016年   [査読有り]
Development of 3D thick shell and its validity for sheet metal forming
N. Ma, X. Zhu, T. Ogawa, R. Liu, Y. Harada
Journal of Physics: Conference Series 734   032120   2016年   [査読有り]
塑性加工における50年間の技術動向と最新技術
原田 泰典
日本学術振興会将来加工技術第136委員会創設50周年記念誌   78-81   2016年   [査読有り]
原田 泰典
表面技術   67(1) 2-7   2016年   [査読有り][招待有り]
原田 泰典
機械技術   63(11) 56-60   2015年11月
太田垣 朝久, 中谷 正憲, 原田 泰典
材料   64(11) 865-871   2015年1月   [査読有り]
The influence of shot peening on the fatigue strength in an extruded magnesium alloy AZ80 treated with T6 was investigated and its anisotropic behavior was discussed. The specimen was machined from different orientations in as-extruded rod. One wa...
Yasunori Harada, Minoru Ueyama
Key Engineering Materials   651-653 1072-1077   2015年1月   [査読有り]
? (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. This paper deals with the formability of pure titanium sheet in square cup deep drawing. Pure titanium has very excellent corrosion resistance. In the metal forming process, pure titanium has very goo...
ショットピーニングをループ処理したばね鋼の疲労特性
原田 泰典、田中秀星
ショットピーニング技術   27(2) 90-91   2015年
巻頭言・学会への参加と大学での研究について
原田 泰典
日本ばね学会会報   522 1   2015年   [査読有り]
原田 泰典, 福田 泉, 山本 厚之
塑性と加工   56(649) 139-145   2015年   [査読有り]
This paper deals with the effect of shot peening on the bending strength of an AZ31 magnesium alloy pipe. Magnesium alloy has a wide range of application prospects in the automobile and electronic industries. AZ31 alloy is the most widely used com...
中谷 正憲, 清水 翔太, 原田 泰典, 内田 仁
日本機械学会論文集   81(824) 14-00590-14-00590   2015年   [査読有り]
The effect of functionally graded TiN coating on the wear and fretting fatigue behavior of titanium alloy was investigated. The two kinds of monolayer TiN coatings and three kinds of functionally graded TiN coatings were deposited on Ti-6Al-4V all...
布引 雅之, 原田 泰典, 奥田 孝一
砥粒加工学会誌   59(9) 516-520   2015年   [査読有り]
近年,金型などの大きな負荷のかかる工業製品に対する長寿命化の要求が高まっている.低い製作コストで長寿命化を図るためには必要部分にのみ高強度な合金被膜を形成する方法が有効と考えられ,本研究ではレーザ熱処理を用いて炭素鋼表面に局所的なFe-Al系合金被膜を作成する手法を提案する.ショットライニングにより炭層鋼に貼り付けたアルミ箔にデフォーカスしたCO2レーザ照射することで境界面での鉄とアルミの相互拡散を促進しFe-Al系合金を成長させる.生成されるFe-Al系合金の組成は...
原田 泰典
Mechanical surface tech = メカニカル・サーフェス・テック : 表面改質&表面試験・評価の技術情報誌   (23) 24-26   2014年12月   [招待有り]
Yasunori Harada, Masayuki Nunobiki
Materials Science Forum   773-774 818-823   2014年1月   [査読有り]
In shot peening, bombarding the surface with steel shot propelled at high velocity causes plastic deformation of surface. The process with the characteristic deformation was applied to joining process. Our approach has been applied to the butt joi...
原田 泰典
溶接学会誌   83(3) 189-194   2014年1月   [査読有り][招待有り]
Masayuki Nunobiki, Yasunori Harada, Koichi Okuda
Advanced Materials Research   1017 794-799   2014年1月   [査読有り]
? (2014) Trans Tech Publications, Switzerland. Recently, the demand for long life to industrial products has risen. The high strength alloy coating on necessary part can decrease a manufacturing cost for life prolongation. This study proposes a la...
Yasunori Harada, Minoru Ueyama
Procedia Engineering   81 881-886   2014年1月   [査読有り]
? 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. Aiming to expand the use of the product, the formability of pure titanium sheet by square cup deep drawing was investigated. Forming of titanium sheet was tried by multistage deep drawing. In the expe...
Izumi Fukuda, Yasunori Harada, Shunpei Ohtsuka
Procedia Engineering   81 742-747   2014年1月   [査読有り]
? 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This paper deals with effect of temperature on stretchability of anisotropic AZ31(Mg-3%Al-1%Zn) magnesium alloy sheet. Results of stretching process test are compared with those of tensile test. The s...
Yasunori Harada, Makoto Ishida, Katsuhiko Takahashi
Materials Science Forum   783-786 1414-1419   2014年1月   [査読有り]
Shot peening is widely utilized to improve the fatigue property of mechanical parts for transportation equipment such as cars and airplanes. Also, this technology is being applied as a film-forming technology in order to improve surface quality. T...
Yasunori Harada, Yutaro Maeda, Minoru Ueyama, Izumi Fukuda
Procedia Engineering   81 819-824   2014年1月   [査読有り]
? 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. The improvement of formability has been investigated in the multistage deep drawing of beta titanium alloy sheet. The beta titanium alloys have good cold workability in the metal forming. However, a s...
Masanori Nakatani, Shota Shimizu, Yasunori Harada, Hitoshi Uchida
Advanced Materials Research   891-892 897-902   2014年1月
The influence of functionally graded TiN coating on the fretting fatigue behavior of titanium alloy was investigated. The coating was deposited on Ti-6Al-4V alloy substrate using an ion beam assisted deposition technique. TiN film was fabricated b...
Yasunori Harada, Syusei Tanaka, Manabu Itoh, Masanori Nakatani
Procedia Engineering   81 1493-1498   2014年1月   [査読有り]
? 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. The effect of microshot peening on the surface characteristics and fatigue life of spring steel SUP9 was investigated. In the experiment, the projective method of the microshot was of the compressed a...
Yasunori Harada, Hiroki Kosaka, Makoto Ishihara
Steel Research International   84 1333-1339   2013年12月   [査読有り]
The shot peening process is a widely used surface treatment method for improving fatigue strength and anti-wear characteristics. The surface of the material receives a so-called peening effect where strong local deformation forms a work-hardened l...
原田 泰典
ケミカルエンジニヤリング   58(11) [849-853]   2013年11月
Yasunori Harada, Atsushi Yamamoto, Takayuki Goto, Eiji Nakamura
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   2 1049-1056   2013年1月
The Mg-Li alloy which is a beta type alloy was subjected to cold deep drawing, and the formability of Mg-Li alloy sheet was investigated by the square cup deep drawing process. This alloy is about 20 % lighter than a practical alloy. The square cu...
Izumi Fukuda, Yasunori Harada
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   2 1229-1236   2013年1月
This paper deals with effect of shot peening on bending strength of cylindrical pipe of AZ31(Mg-3%Al-1%Zn) magnesium alloy. Specimen shape of the pipe is 240mm in gauge length and 330mm in total length, 22mm and 18mm in outer and inner diameters. ...
Yasunori Harada, Makoto Ishida, Katsuhiko Takahashi, Yoshinori Sakamoto
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   3 2035-2042   2013年1月
The formation of an Fe-Al intermetallic compound film on hot work tool steel by shot lining and heat treatment was investigated. In the shot lining method, the metals are bonded with the dissimilar metal by applying plastic deformation and the pre...
原田 泰典, 布引 雅之
銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies   52(1) 61-65   2013年   [査読有り]
原田 泰典
天田財団助成研究成果報告書 = Report of grant-supported researches the Amada Foundation   26 1-5   2013年
眞田 陽平, 中谷 正憲, 原田 泰典, 内田 仁
マイクロ・ナノ工学シンポジウム   2013(0) 43-44   2013年
The Mechanical property of free-standing Cu/Al_2O_3 multilayer thin film was investigated by a method of micro-bending test. The Cu and Al_2O_3 monolayer thin film and Cu/Al_2O_3 multilayer thin film were deposited on Si substrate by an electron b...
原田 泰典, 後和 大輔
砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers   56(10) 691-696   2012年10月   [査読有り]
航空機や自動車などの搬送機器では軽量化が進められているため,構成する機械部品である歯車やばねなどにおいても薄肉化や小型化が行われており,より高強度かつ高耐久性のある製品が強く求められている.耐久性を改善できる表面処理法の一つとして,ショットピーニングが広く用いられている.本研究では,これまでにほとんど研究が行われていない高じん性ばね鋼へのマイクロショットによる加工を行い,おもに耐久性向上に影響のある圧縮残留応力に及ぼす投射条件の影響について調べた.投射材は平均直径0.1mmで,比較的新しい...
原田 泰典, 井上 周子
砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers   56(10) 685-690   2012年10月   [査読有り]
ショットピーニングを施した機械部品の中には使用中における熱や負荷応力などの影響によって,付与した圧縮残留応力の緩和を生じる場合がある.本研究では,ショットピーニングによって十分に加工処理した材料に対して低温熱処理で材料強度を高めた後,再びショットピーニングを施す一種の加工熱処理を行った. 低温熱処理および再ショットピーニングを施した材料において,おもに表面特性と疲労限度に及ぼす加工熱処理の影響について調べた.供試材料は焼鈍処理した中炭素鋼で,また投射材は鋳鋼製である.空気式機械を用い,投射...
Yasunori Harada, Atsushi Yamamoto, Takayuki Goto, Eiji Nakamura
Materials Science Forum   706-709 1164-1169   2012年1月   [査読有り]
The formability of the magnesium-lithium alloy was examined by multi-stage deep drawing. Long cups of magnesium alloy were formed at ambient temperatures by multi-stage deep drawing processes. In multi-stage deep drawing, the magnesium-lithium all...
Yasunori Harada, Yuji Miura, Katsuhiko Takahashi
Advanced Materials Research   409 802-807   2012年1月   [査読有り]
The formation of an Fe-Al intermetallic compound film on carbon steel by shot lining and heat treatment was investigated. In the experiment, a centrifugal-type peening machine with an electrical heater was employed. The shot medium was high-carbon...
Y. Harada, M. Nunobiki
Proceedings of the 10th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2011   730-735   2011年12月   [査読有り]
The cold joining of thin sheets using a shot peening process was investigated. In the joined section, the edge shape of two sheets is a concavo-convex. In this method, the convex edges of the sheet are overlapped the other sheet. When the connecti...
Y. Harada, T. Tsuda, I. Fukuda
Special Edition: 10th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2011   402-407   2011年12月   [査読有り]
The formability in multi-stage deep drawing process of pure titanium sheet was Investigated. Pure titanium has very good ductility In cold forming. The normal anisotropy of pure titanium Is very high, about 5 or 6 of the r-value. Therefore, the pr...
Yasunori Harada, Daisuke Gowa, Toshiya Tsuji, Yuji Kobayashi
Advanced Materials Research   325 745-750   2011年9月   [査読有り]
In general, shot peening is a surface treatment that improves the performance of engineering components, since application of surface compressive stresses reduces the tensile component of stress. In the shot peening process, the medium consists of...
Yasunori Harada
Advanced Materials Research   325 739-744   2011年9月   [査読有り]
The shot peening process is one of the surface treatments. In this process the peening effects are characterized by the fact that the surface layer undergoes large plastic deformation due to the collision of shots. The effects are greatly influenc...
Yasunori Harada
AIP Conference Proceedings   1315 947-952   2010年12月   [査読有り]
In shot peening the substrate undergoes large plastic deformation near the surface due to the hit with shots. The plastic flow areas formed by cold working may form the surface layer. Authors have recently proposed new joining methods using shot p...
Yasunori Harada, Ryota Yakura
AIP Conference Proceedings   1315 745-750   2010年12月   [査読有り]
The shot peening process is one of the surface treatments. The peening effects are characterized by the fact that the surface layer undergoes large plastic deformation due to the collision of shots. This action imparts compressive residual stress ...
岡井 紀彦, 春日 幸生, 村上 碩哉, 原田 泰典, 杉山 澄雄
塑性と加工   51(595) 777-781   2010年8月   [査読有り]
I.Fukuda, Y. Harada, Y. Tanaka
Materials Science Forum   654/656(Pt.1) 747-750   2010年8月   [査読有り]
This paper deals with the effect of temperature on plastic buckling strength of cylindrical pipe of some magnesium alloys subjected to shot peening process. Workpieces are three cylindrical pipes of AZ31, AZ61 and AZ80 magnesium alloys. The shape ...
Y. Harada, T. Araki, T. Tsuda
Materials Science Forum   654/656(Pt.2) 1307-1310   2010年8月   [査読有り]
The pure titanium long-cups were formed by preventing the seizing in cold multi-stage deep drawing processes. For the prevention, pure titanium sheets were treated by heating oxide coating. The coating is very effective in preventing the occurrenc...
Y. Harada and K. Yoshida
Materials Science Forum   654/656(Pt.1) 374-377   2010年8月   [査読有り]
Shot peening is a surface treatment that improves the performance of engineering components. In conventional shot peening, the medium consists of small spheres, which are usually made of high-carbon cast steel; the diameter of the spheres is in th...
原田 泰典, 青木 俊憲
塑性と加工   51(589) 126-130   2010年2月   [査読有り]
原田 泰典, 下入佐 真也, 高橋 勝彦
塑性と加工   51(589) 131-135   2010年2月   [査読有り]
Y. Harada
Materials Science Forum   654/656(Pt.2) 1327-1330   2010年8月   [査読有り]
The cold joining of dissimilar metal sheets using a shot peening process was investigated. In shot peening the substrate undergoes large plastic deformation near the surface due to the hit with shots. Consequently, plastic flow areas formed by col...
Y. HARADA, I. FUKUDA
Transactions of Nonferrous Metals Society of China   20(SUPPL. 2) 708-712   2010年7月   [査読有り]
To improve the surface properties, lining of magnesium alloys with hard powders by shot peening was carried out in order. The hard powders were tried to bond to the workpiece surface due to the collision of many shots. In order to fix the hard pow...
原田 泰典, 荒木 俊幸, 津田 高宏, 森 章司
関西支部講演会講演論文集   2010(85) "3-19"   2010年3月
原田 泰典, 吉田 幸司, 深浦 健三, 山口 直彦, 辻 俊哉, 小林 祐次
関西支部講演会講演論文集   2010(85) "3-18"   2010年3月
原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2010(85) "3-16"   2010年3月
Yasunori Harada, Takeshi Uemori
Materials Science Forum   638-642 3667-3672   2010年2月   [査読有り]
In the shot peening process, the substrate undergoes large plastic deformation near the surface due to the hit with many shots. A large plastic deformation characterized by a shear droop occurs at the edge of the substrate. When the dissimilar she...
原田泰典、小?田卓
塑性と加工   51(592) 424-428   2010年   [査読有り]
チタンクラッド容器の多段深絞り加工法の開発
原田泰典
チタン   58(1) 33   2010年   [査読有り]
原田 泰典, 青木 俊憲
塑性と加工   51(589) 126-130   2010年   [査読有り]
Shot peening is a surface treatment that improves the performance of engineering components. In conventional shot peening, the medium consists of small spheres, which are usually made of high-carbon cast steel; the diameter of the spheres is in th...
原田 泰典
機械の研究   61(8) 777-782   2009年8月   [査読有り]
Y. Aoyama, M. Komada, Y. Kuroda, T. Takahashi, N. Tsuchida, Y. Harada, K. Fukaura
J. Jpn. Soc. Powder Metallugy   56(3) 103-107   2009年3月   [査読有り]
Microstructure and mechanical properties of high nitrogen steels containing l7Cr-l2Mn-3Mo produced by means of metal injection moulding and nitrogen absorption methods were examined. The compacts were sintered at 1300°C, then furnace-cooled to 120...
青山陽亮、黒田義和、高橋輝男、土田紀之、原田泰典、深浦健三
粉体および粉末冶金   56(3) 98-102   2009年3月   [査読有り]
High nitrogen stainless steel (Fe-l7Cr-l2Mn-3Mo-IN) fabricated by metal injection molding (MIM) method has prominent strength and ductility. However, the tensile properties are unexplainable only by the influence of nitrogen solid solution strengt...
福田泉、田中裕一、原田泰典
塑性と加工   50(576) 59-63   2009年1月   [査読有り]
Yasunori Harada, Ryota Yakura
Proceedings of the 17th IFHTSE Congress   1 349-352   2009年1月   [査読有り]
Many machine parts are used in manufacturing industry, such as automobile and aircraft. In association with the reduced size, the need for higher strength and fatigue life of parts becomes increasingly severe. One of these high demands on automoti...
Yasunori Harada, Kenzo Fukaura, Daien Yokoi
Proceedings of the 17th IFHTSE Congress   1 345-348   2009年1月   [査読有り]
Shot peening is one of the surface treatments, and improves the performance of engineering components. In a conventional shot peening process, the peening media consists of small spheres. The shot media is usually made of high carbon cast steel; t...
Butt joining of high strength steel and dissimilar sheets by shot peening
Y. Harada, T. Uemori
Journal of Materials Science Forum   638-642 3667   2009年   [査読有り]
Cold Butt Joining of Steel Sheet by Shot Peening
Y. Harada, T. Uemori
Proc. of Asia Steel 2009      2009年   [査読有り]
Work Softening Behavior in Shot-peened Carbon Steel
Y. Harada, R. Yakura
Proc. of Asia Steel 2009      2009年   [査読有り]
Surface Characterstics of Shot Peened Tool Steel,
Y. Harada, K. Fukaura, and Y. Yokoi
Journal of The Japan Society for Heat Treatment   49(1) 345   2009年   [査読有り]
福田 泉, 田中 裕一, 原田 泰典
塑性と加工   50(576) 59-63   2009年   [査読有り]
Various mechanical properties of magnesium alloys have been reported by many researchers. Some researchers have studied the plastic buckling behaviors of magnesium alloys, but the effect of shot peening on plastic buckling strength of magnesium al...
Yasunori Harada, Kenzo Fukaura
International Journal of Modern Physics B   22 6094-6099   2008年12月   [査読有り]
High-speed steels are generally used for the cutting of other hard materials. These are hard materials, and can be used at high temperatures. Therefore, some of them are used for warm metal forming such as forging. However, in the tools used in ho...
Yasunori Harada, Yuji Kobayashi
International Journal of Modern Physics B   22 6100-6105   2008年12月   [査読有り]
Aluminum and magnesium materials are very attractive for light weight applications. However, their use is complicated by the fact that dissimilar metals are joined by fusion welding. In the present study, the cold butt joining of light metal sheet...
森 謙一郎, 牧 清二郎, 有澤 直孝, 上野 完治, 外園 保治, 山崎 卓矢
塑性と加工 = JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR TECHNOLOGY OF PLASTICITY   49(574) 1106-1110   2008年11月   [査読有り]
土田 紀之, 守本 芳樹, 岡本 尚士, 深浦 健三, 原田 泰典, 上路 林太郎
日本金屬學會誌   72(9) 769-775   2008年9月   [査読有り]
To investigate the role of stress-induced martensitic transformations in the TRIP effect, stress-strain curves and TRIP effects in two types of metastable austenite steel (JIS-SUS304 and JIS-SUS301L) were compared. In static tensile tests, the ten...
N. Tsuchida, H. Masuda, Y. Harada, K. Fukaura, Y. Tomota, K. Nagai
Materials Science and Engineering A   488 446-452   2008年8月   [査読有り]
Stress-strain curves for ferrite-cementite (FC) steels with ferrite grain sizes between 0.47 and 13.6 μm were studied by tensile tests with strain rates of 103, 100, and 3.3 × 10-4s-1at 296 K. The stress-strain curves for the FC steels are categor...
Y. Harada, K. Fukauara, S. Kohamada
Journal of Materials Processing Technology   201 319-324   2008年5月   [査読有り]
The effects of microshot peening on the surface characteristics of high-speed tool steel were investigated. Shot peening is widely used in automotive industry to enhance fatigue life and the surface characteristics of machine parts. More recently,...
Yasunori Harada, Makoto Fukunaga, Makoto Fukunaga, Atsushi Yamamoto
Materials Transactions   49 1132-1136   2008年5月   [査読有り]
Magnesium and its alloys are very attractive for light weight applications. However, their use is complicated by the fact that dissimilar metals are joined by fusion welding. In the present study, the ability of shot peening to enhance butt joinin...
原田 泰典
塑性と加工 = JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR TECHNOLOGY OF PLASTICITY   49(567) 281-287   2008年4月   [査読有り]
森 謙一郎, 斉藤 翔一, 牧 清二郎, 岸本 信, 林 達志, 奥村 俊彦
塑性と加工 = JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR TECHNOLOGY OF PLASTICITY   49(564) 56-60   2008年1月
The features of sheared edges in warm and hot punching of an ultra high strength steel sheet using resistance heating were examined. As the heating temperature increased, the depth of the shiny burnished surface on the sheared edge increased and t...
Y. Aoyama, Y. Kuroda, M. Komada, N. Tsuchida, Y. Harada, K. Fukaura
9th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2008   1467-1470   2008年1月   [査読有り]
Microstructure and mechanical properties of high nitrogen steels whose chemical composition were Fe-17Cr-12Mn-3Mo-0.2N and that was produced by using metal injection moulding method and nitrogen absorption methods were examined. Especially, we hav...
Y. Harada, M. Fukunaga, K. Fukaura, Y. Kobayashi
9th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2008   401-406   2008年1月   [査読有り]
Butt joining of dissimilar metal sheets using a shot peening process was investigated. Shot peening is one of the surface treatment and improves the performance of engineering components. In this process, the base metal undergoes a large plastic d...
Y. Harada, K. Fukaura, Y. Kobayashi
9th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2008   1199-1204   2008年1月   [査読有り]
In the present study, a joining process for carbon steel using shot peening was investigated to improve surface characteristics such as corrosion and oxidation resistance. Shot peening treatment was performed by using an air-type peening machine. ...
K. Fukaura, M. Komada, Y. Kuroda, N. Tsuchida, Y. Harada
9th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2008   2164-2169   2008年1月   [査読有り]
Microstructure and mechanical properties of high nitrogen steels containing 17Cr -12Mn- 3Mo produced by means of metal injection moulding and nitrogen absorption methods were examined. The compacts were sintered at 1300, then furnace-cooled to 120...
Yasunori Harada, Kenzo Fukaura
Steel Research International   79 57-64   2008年1月   [査読有り]
In recent years, the application for various tool steels is expanding. In association with the reduced size and the strengthening of the components, the need for higher repeated durability of the tools becomes increasingly severe. Therefore, the s...
深絞り加工による異種金属積層板からのクラッド容器成型法の開発
原田泰典
フォーマテックレビュー   17(1) 75   2008年
ステンレス鋼
山本厚之, 大西陽子, 角谷英剛, 藤尾和樹, 原田泰典, 劉莉, 寺澤倫孝, 椿野晴繁, 中東重雄, 梶原堅太郎
日本材料学会腐食防食部門委員会資料   47(261) 22   2008年
野口 真司, 大久保 不二男, 村尾 卓児, 森 謙一郎, 原田 泰典
塑性と加工 = JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR TECHNOLOGY OF PLASTICITY   48(563) 1075-1078   2007年12月   [査読有り]
Yasunori Harada, Kenzo Fukaura, Daegi Kim
Materials Science Forum   561-565 853-856   2007年12月   [査読有り]
A lining process for carbon steel using shot peening was investigated. In the shot peening experiment, the dissimilar foil set on the carbon steel substrate is pelted with many shots at a high velocity. The foil is bonded to the surface of the sub...

書籍等出版物

 
ハイテク五十年史に学ぶ将来加工技術
日本工業出版   2019年3月   
金属疲労とショットピーニング
ショットピーニング技術協会 (担当:分担執筆, 範囲:第4章)
大河出版   2018年10月   
接合・複合
コロナ社   2018年4月   
異種材料一体化のための最新技術
サイエンス&テクノロジー   2012年1月   
図解・砥粒加工技術のすべて
工業調査会   2006年   

講演・口頭発表等

 
軽金属波形容器の深絞り成形性
西久保祐貴、原田泰典、田中一平
軽金属学会 第136回春期大会    2019年5月11日   
純チタンの表面組織や表面特性に及ぼすショットピーニングの影響
青木俊憲、山田和俊、原田泰典
日本金属学会 2019年春期大会 第164回   2019年3月21日   
超音波ショットピーニングによるステンレス鋼SUS316の疲労特性
原田泰典、今崎大輔、高橋勝彦、服部兼久
日本金属学会 2019年春期大会 第164回   2019年3月21日   
マイクロ波励起⾼密度基材近傍プラズマを⽤いたダイヤモンドの合成
大久保拓志、田中一平、原田泰典
表面技術協会 第139回講演大会   2019年3月18日   
コルゲート容器の成形性と強度評価
西久保祐貴、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本機械学会 関西支部第94期定時総会講演会   2019年3月11日   
超音波ショットピーニングを施したオーステナイト系ステンレス鋼の疲労特性
原田泰典、今崎大輔、服部兼久
日本機械学会 関西支部第94期定時総会講演会   2019年3月11日   
高耐食性金属積層板からのコルゲートクラッド容器成型技術の開発
西久保祐貴、原田泰典
企業・大学院連携研究および地域連携卒業研究  成果発表会   2019年3月4日   
多段深絞り加工による機能性チタン容器の開発
藤上剛広、原田泰典
企業・大学院連携研究および地域連携卒業研究  成果発表会   2019年3月4日   
準安定ベータ型チタン合金の深絞り加工性
植田真生、原田泰典
軽金属学会関西支部    2019年1月16日   
積層ブランクによるアルミニウム深絞り容器の耳抑制
西久保祐貴、原田泰典
軽金属学会関西支部   2019年1月16日   
ローラダイによるコルゲート容器の成形性
原田泰典、西久保祐貴、藤上剛広、田中一平
日本機械学会第26回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2018)   2018年11月3日   
ショットピーニングを応用した異種材接合によるマグネシウム合金の表面改質
原田泰典、神崎雄大、田中一平
第26回日本機械学会機械材料・材料加工技術講演会(M&P2018)   2018年11月3日   
超音波ショットピーニングによるオーステナイト系ステンレス鋼の疲労改善
原田泰典、今崎大輔、田中一平、服部兼久
日本塑性加工学会第69回塑性加工連合講演会   2018年10月27日   
小波状側壁を有する深絞り容器の成形性
藤上剛広、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本塑性加工学会第69回塑性加工連合講演会   2018年10月27日   
積層化による耳抑制を考慮した深絞り容器の成形性
大野宏人、西久保祐貴、田中一平、原田泰典
日本塑性加工学会第69回塑性加工連合講演会   2018年10月27日   
肩部回転ダイを用いた機能性容器の成形性
西久保祐貴、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本塑性加工学会第69回塑性加工連合講演会   2018年10月27日   
IBAD法による窒化炭素薄膜の作製
西宮拓海、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
IBAD法によるSi-DLCの作製
大喜多樂、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
MVP法によるダイヤモンド合成
大久保拓志、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
板厚の異なる純銅薄板の深絞り加工性
門田凌、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
ショットピーニングを利用したマグネシウム合金の表面改質
神崎雄大、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
ベータ型チタン合金の冷間深絞り加工性
植田真生、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
小径鋼球を用いた小波形状深絞り容器の成形性
藤上剛広、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
マイクロショットピーニングによるステンレス鋼の表面改質
今崎大輔、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
鋼球を配置した金型による波形容器の成形性
西久保祐貴、大野宏人、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
深絞り加工による耳抑制を考慮した積層化容器の成形
大野宏人、西久保祐貴、田中一平、原田泰典
日本材料学会第4回材料WEEK   2018年10月17日   
ショットピーニングを応用したマグネシウム合金へのセラミックス粒子の接合
原田泰典、神崎雄大、松本実、田中一平
日本機械学会 第12回生産加工・工作機械部門講演会   2018年10月14日   
超音波ショットピーニングを施したオーステナイト系ステンレス鋼の表面特性
原田泰典、今崎大輔、田中一平、高橋勝彦、服部兼久
日本機械学会 第12回生産加工・工作機械部門講演会   2018年10月14日   
チタン合金の多段深絞り加工性
原田泰典、大野宏人、植田真生、田中一平
日本機械学会 第12回生産加工・工作機械部門講演会   2018年10月14日   
冷間深絞り加工によるチタン角筒容器の成形性
原田泰典、大野宏人、西久保祐貴、田中一平
日本機械学会 第12回生産加工・工作機械部門講演会   2018年10月14日   
機械工学Bコース、設計製図
原田 泰典
兵庫工業会平成30年度兵庫技術研修大学校   2018年7月27日   
ショットピーニングを活用した表面改質と接合技術 [招待有り]
原田 泰典
福岡県工業技術センター機械電子研究所平成30年度講演会   2018年7月5日   
機械工学Aコース、機械材料
原田 泰典
兵庫工業会平成30年度兵庫技術研修大学校   2018年6月22日   
マイクロショットと超音波の複合ピーニングによるチタン合金の疲労改善
原田 泰典, 佐伯 優斗, 服部 兼久
関西支部講演会講演論文集   2017年   
<p>The fatigue improvement of titanium alloy by microshot peening and ultrasonic peening was investigated. In the peening process, the equipment were used an air-type machine and ultrasonic peening machine. The microshot used were high-carbon cast...
チタン/金網/チタン積層板の深絞り加工性
原田 泰典, 服部 修治, 大野 宏人
関西支部講演会講演論文集   2017年   
<p>Aiming to enhance functionality of titanium cup, the formability of titanium/mesh/titanium laminated sheet by deep drawing was investigated. In the experiment, the materials were pure titanium and stainless steel mesh. The laminated sheet was c...
純チタン容器耳の抑制
大野 宏人, 原田 泰典
年次大会   2017年   
<p>The formability of the laminated titanium sheet was investigated to control the ears in the deep drawn cup. Planar anisotropy causes ears to form in drawn cups. To control the occurrence of the ears, the deep drawing of the laminated sheet in c...
マイクロショットピーニングによるインコネル合金の疲労改善
原田 泰典, 國分 優輝, 佐伯 優斗, 服部 兼久, 内座 朋信
年次大会   2017年   
<p>The improvement of fatigue life in inconel alloy by microshot peening was investigated. Shot peening is a widely used surface treatment method for improving fatigue life. This process imparts compressive residual stresses on the surface, thus i...
機能性チタンクラッド容器の深絞り加工性
服部 修治, 原田 泰典
生産加工・工作機械部門講演会 : 生産と加工に関する学術講演会   2016年   
<p>Aiming to enhance corrosion resistance of steel cup, the formability of pure titanium clad sheet by multistage deep drawing was investigated. The blank was constituted by interposing steel between two sheets of pure titanium sheets. In the expe...
樹脂複合金型による純チタン薄板の深絞り加工性
原田 泰典, 服部 修治, 野瀬田 翔伍
生産加工・工作機械部門講演会 : 生産と加工に関する学術講演会   2016年   
<p>Pure titanium sheet are commonly used in manufacturing today. In press forming, however, the seizure tends to occur during the deep drawing due to high reactivity with die materials. In the current study, by using the resin composite die, the t...
肩部回転ダイを用いた波面容器の成形性
原田 泰典
生産加工・工作機械部門講演会 : 生産と加工に関する学術講演会   2016年   
<p>The formability of the corrugated cup was investigated by the deep drawing process. The die having rotating shoulder was used to enhance the functionality of the drawn cup. The blank is formed into a cylindrical cup by means of a punch that pre...
406 肩部回転ダイを用いたコルゲート容器の成形(GS4,11 接触問題・材料加工,研究討論セッション)
原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2016年   
The applicability of a planetary bearing ball die was carried out to form the corrugated cup by a deep drawing process. The sheet SPCC was employed and a flat sheet blank was formed into a circular by punch. In the die, 16 balls of 10 mm in diamet...
P007 チタン材料の表面特性に及ぼすマイクロショットピーニングの影響(メカボケーション学生研究発表セッション)
佐伯 優斗, 原田 泰典, 服部 兼久, 渡邊 吉弘
関西支部講演会講演論文集   2016年   
P008 ショットライニング加工熱処理によるマグネシウム合金への機能性皮膜形成(メカボケーション学生研究発表セッション)
松本 実, 原田 泰典, 布引 雅之, 高橋 勝彦
関西支部講演会講演論文集   2016年   
P006 深絞り加工によるチタンクラッド容器の成形性(メカボケーション学生研究発表セッション)
服部 修治, 上山 穣, 原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2016年   
焼付き防止を考慮した純チタン板の深絞り加工性
原田 泰典, 服部 修治, 野瀬田 翔伍
年次大会   2016年   
<p>In press forming, pure titanium sheet has sufficient ductility. However, the seizure tends to occur during the deep drawing due to high reactivity with die materials. In the current study, by using the resin composite die, the titanium cups wer...
多段深絞り加工による純チタン角筒容器の成形性
原田 泰典, 上山 穣, 服部 修治, 小川 隆樹, 麻 寧緒
年次大会   2016年   
<p>In press forming, pure titanium sheet has sufficient ductility. However, the seizure tends to occur during the deep drawing due to high reactivity with die materials. The authors reported that the heat oxided sheets were treated by oxide coatin...
超音波ショットピーニングとマイクロショットピーニングによるステンレス鋼の疲労特性
原田 泰典, 佐伯 優斗, 芝崎 和馬, 服部 兼久, 渡邊 吉弘
年次大会   2016年   
<p>The effects of projection conditions on the surface hardness and fatigue strength of stainless steel was investigated. In the peening process, the equipment were used an air-type machine and ultrasonic peening machine. The microshot media used ...
難燃性マグネシウム合金の表面特性に及ぼすピーニング効果
田中 幸平, 佐伯 優斗, 原田 泰典
年次大会   2016年   
マイクロショットピーニングを施したチタン合金の疲労特性
佐伯 優斗, 原田 泰典
年次大会   2016年   
<p>The effect of microshot peening on the surface hardness and fatigue strength of titanium alloy was investigated. Shot peening is a widely used surface treatment method for improving fatigue life. This process imparts compressive residual stress...
ショットライニング加工熱処理によるマグネシウム合金AZ31への皮膜形成
松本 実, 原田 泰典, 布引 雅之
年次大会   2016年   
<p>Magnesium alloys are widely used in the automotive and aircraft fields. They have excellent physical and mechanical properties, such as low density and high strength-to-weight ratio. However, their poor corrosion resistance has been the main im...
冷間深絞り加工による高耐食性チタンクラッド板の成形性
服部 修治, 原田 泰典
年次大会   2016年   
<p>Cladding is the bonding together of dissimilar metals. One of clad products is the titanium clad steel sheet. It is effective to cover with pure titanium sheet to improve the corrosion resistance of the steel sheet. Titanium clad steel sheets a...
汎用エンプラを利用した高機能クラッド容器成形技術の開発
原田 泰典
天田財団助成研究成果報告書 = Report of grant-supported researches the Amada Foundation   2016年   
叩いて鍛える、ショットピーニング技術の可能性
原田 泰典
機械技術   2015年11月   
406 高耐食性チタン薄板の冷間多段深絞り加工による偏肉角筒容器の成形性
上山 穣, 服部 修治, 原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
405 樹脂複合金型を用いた純チタン板の深絞り加工性
野瀬田 翔伍, 服部 修治, 上山 穣, 原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
407 凹凸形状肩部のダイを用いた深絞り容器の波面形成
原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
408 非接合積層板の深絞り加工性
服部 修治, 上山 穣, 原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
403 ショットライニング加工熱処理によるマグネシウム合金の表面改質
松本 実, 原田 泰典, 布引 雅弘, 高橋 勝彦
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
402 純チタンの表面硬さと疲労強度に及ぼすピーニング効果
佐伯 優斗, 原田 泰典, 服部 兼久, 渡邊 吉弘
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
401 オーステナイト系ステンレス鋼の表面硬さと疲労強度に及ぼすマイクロショットピーニングの影響
芝崎 和馬, 直井 聡汰, 原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2015年   
GS0219-404 マグネシウム合金圧延材の疲労き裂発生挙動に及ぼすショットピーニングの影響
太田垣 朝久, 中谷 正憲, 原田 泰典
M&M材料力学カンファレンス   2015年   
Fatigue crack initiation behavior of shot-peened magnesium alloy AZ31 was investigated. Fatigue tests were conducted using a rotary bending fatigue testing machine. The fatigue specimens were machined from two directions. Their loading directions ...
P011 電気抵抗測定による硬質基板上の銅薄膜の疲労損傷評価(メカボケーション学生研究発表セッション)
伊木 祐貴, 中谷 正憲, 原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2015年   
P004 マグネシウム合金AZ31圧延材の疲労特性に及ぼすショットピーニングの影響(メカボケーション学生研究発表セッション)
太田垣 朝久, 中谷 正憲, 原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2015年   
404 ショットピーニングを施したAZ31合金管の曲げ強度特性(GS1,4,11 機械材料・材料加工,研究討論セッション)
原田 泰典, 福田 泉, 山本 厚之
関西支部講演会講演論文集   2015年   
The effect of shot peening on the bending strength of an AZ31 magnesium alloy pipe was investigated. In the experiment, extruded pipes of 22 mm 0.D., 18 mm I.D., and 2 mm wall thickness were used. Shot peening treatments were applied to the surfac...
403 マイクロショットピーニングにおけるばね鋼の表面特性と疲労特性(GS1,4,11 機械材料・材料加工,研究討論セッション)
原田 泰典, 田中 秀星, 中谷 正憲
関西支部講演会講演論文集   2015年   
The effect of microshot peening on the surface characteristics and fatigue life of spring steel was investigated. In the experiment, the projective method of the microshot was of the compressed air type. The microshots were high-carbon cast steel ...
G0400101 チタン/鋼/チタン積層板の深絞り加工性
原田 泰典, 服部 修治, 上山 穣
年次大会   2015年   
Aiming to enhance corrosion resistance of steel cup, the formability of pure titanium clad sheet by multistage deep drawing was investigated. Since pure titanium has excellent corrosion resistance, the use of the pure titanium sheet is very effect...
G0400401 ばね鋼の疲労強度に及ぼす硬質マイクロショットピーニングの影響
原田 泰典, 田中 秀星
年次大会   2015年   
In shot peening, the surface of the material receives a so-called peening effect where strong local deformation forms a work-hardened layer or causes compressive residual stress. More recently, a new type of microshot has been developed to enhance...
イオンビーム援用傾斜機能性TiNコーティングを施したチタン合金の摩耗およびフレッティング疲労特性
中谷 正憲, 清水 翔太, 原田 泰典, 内田 仁
日本機械学会論文集   2015年   
The effect of functionally graded TiN coating on the wear and fretting fatigue behavior of titanium alloy was investigated. The two kinds of monolayer TiN coatings and three kinds of functionally graded TiN coatings were deposited on Ti-6Al-4V all...
自動車部品におけるショットピーニングの適用と効果 (特集 自動車部品における表面改質技術の現状)
原田 泰典
Mechanical surface tech = メカニカル・サーフェス・テック : 表面改質&表面試験・評価の技術情報誌   2014年12月   
Improvement of formability for multistage deep drawing of Ti- 15V-3Cr-3Sn-3Al alloy sheet
Yasunori Harada, Yutaro Maeda, Minoru Ueyama, Izumi Fukuda
Procedia Engineering   2014年1月1日   
? 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. The improvement of formability has been investigated in the multistage deep drawing of beta titanium alloy sheet. The beta titanium alloys have good cold workability in the metal forming. However, a s...
Effect of temperature on stretchability of anisotropic AZ31 magnesium alloy sheet
Izumi Fukuda, Yasunori Harada, Shunpei Ohtsuka
Procedia Engineering   2014年1月1日   
? 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This paper deals with effect of temperature on stretchability of anisotropic AZ31(Mg-3%Al-1%Zn) magnesium alloy sheet. Results of stretching process test are compared with those of tensile test. The s...
Production of fe-al alloy coat on steel block by scanning laser beam
Masayuki Nunobiki, Yasunori Harada, Koichi Okuda
Advanced Materials Research   2014年1月1日   
? (2014) Trans Tech Publications, Switzerland. Recently, the demand for long life to industrial products has risen. The high strength alloy coating on necessary part can decrease a manufacturing cost for life prolongation. This study proposes a la...
OS2136 人工時効を施したマグネシウム合金AZ80の疲労強度に及ぼすショットピーニングの影響
中谷 正憲, 太田垣 朝久, 原田 泰典
M&M材料力学カンファレンス   2014年   
The effect of shot peening on the fatigue strength in an artificial aged magnesium alloy AZ80 was investigated. The cast ball with an average diameter of 0.1mm was used for shot peening and the Almen intensity was set to 0.15 and 0.40mmN. The spec...
1121 自立Cu/Al_2O_3積層薄膜の機械的特性に及ぼす積層間隔の影響(GS-3 材料構造・変形解析(1))
眞田 陽平, 中谷 正憲, 原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2014年   
1218 傾斜機能性TiN被覆チタン合金のフレッティング疲労特性(GS-3 疲労・クリープ特性)
清水 翔太, 中谷 正憲, 原田 泰典
関西支部講演会講演論文集   2014年   
1219 マグネシウム合金AZ80の応力腐食割れに及ぼす集合組織の影響(GS-3 疲労・クリープ特性)
阿部 浩之, 中谷 正憲, 原田 泰典, 内田 仁
関西支部講演会講演論文集   2014年   
G0410401 ショットライニング熱処理法による軽金属の表面改質([G041-04]機械材料・材料加工部門一般セッション(4),機械材料・材料加工部門)
原田 泰典, 長尾 篤, 布引 雅之, 高橋 勝彦
年次大会   2014年   
The formation of an Fe-Al intermetallic compound film on lightweight metals by shot lining and heat treatment was investigated. In the experiment, a centrifugal-type peening machine with an electrical heater was employed. The shot medium was high-...
G0410402 断続ショットピーニングを施したばね鋼の疲労特性([G041-04]機械材料・材料加工部門一般セッション(4),機械材料・材料加工部門)
原田 泰典, 田中 秀星, 伊藤 学
年次大会   2014年   
The effect of an intermittent microshot peening on the surface characteristics and fatigue life of spring steel SUP9 was investigated. In the experiment, the projective method of the microshot was of the compressed air type. The microshot of 0.1mm...
Effect of shot peening on fatigue strength of high-toughness spring steel
Yasunori Harada, Hiroki Kosaka, Makoto Ishihara
Steel Research International   2013年12月1日   
The shot peening process is a widely used surface treatment method for improving fatigue strength and anti-wear characteristics. The surface of the material receives a so-called peening effect where strong local deformation forms a work-hardened l...
超軽量マグネシウム合金の冷間多段深絞り加工技術 (特集 革新的製造技術の新展開)
原田 泰典
ケミカルエンジニヤリング   2013年11月   
Formation of Fe-Al intermetallic compound film on hot work tool steel by shot lining and heat treatment
Yasunori Harada, Makoto Ishida, Katsuhiko Takahashi, Yoshinori Sakamoto
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   2013年1月1日   
The formation of an Fe-Al intermetallic compound film on hot work tool steel by shot lining and heat treatment was investigated. In the shot lining method, the metals are bonded with the dissimilar metal by applying plastic deformation and the pre...
Effect of shot peening on bending strength of AZ31 magnesium alloy pipe
Izumi Fukuda, Yasunori Harada
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   2013年1月1日   
This paper deals with effect of shot peening on bending strength of cylindrical pipe of AZ31(Mg-3%Al-1%Zn) magnesium alloy. Specimen shape of the pipe is 240mm in gauge length and 330mm in total length, 22mm and 18mm in outer and inner diameters. ...
Formability of Mg-Li alloy sheet by square cup deep drawing
Yasunori Harada, Atsushi Yamamoto, Takayuki Goto, Eiji Nakamura
8th Pacific Rim International Congress on Advanced Materials and Processing 2013, PRICM 8   2013年1月1日   
The Mg-Li alloy which is a beta type alloy was subjected to cold deep drawing, and the formability of Mg-Li alloy sheet was investigated by the square cup deep drawing process. This alloy is about 20 % lighter than a practical alloy. The square cu...
5PM1-D-4 自立Cu/Al_2O_3積層薄膜の機械的特性評価(5PM1-D ナノ構造・材料の創製と評価)
眞田 陽平, 中谷 正憲, 原田 泰典, 内田 仁
マイクロ・ナノ工学シンポジウム   2013年   
The Mechanical property of free-standing Cu/Al_2O_3 multilayer thin film was investigated by a method of micro-bending test. The Cu and Al_2O_3 monolayer thin film and Cu/Al_2O_3 multilayer thin film were deposited on Si substrate by an electron b...
817 傾斜機能性TiN被覆チタン合金のフレッティング疲労特性
清水 翔太, 中谷 正憲, 原田 泰典, 内田 仁
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2013年   
428 ばね鋼の表面硬さに及ぼす断続ショットピーニングの影響
原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2013年   
429 マグネシウム合金押出し材の応力腐食割れに及ぼすショットピーニングの影響
阿部 浩之, 中谷 正憲, 原田 泰典, 内田 仁
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2013年   
427 金属/樹脂積層板の深絞り成形性
原田 泰典
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2013年   
OS1203 自立Cu/Al_2O_3積層薄膜の弾性特性評価
眞田 陽平, 中谷 正憲, 原田 泰典
M&M材料力学カンファレンス   2013年   
The Young's modulus of free-standing Cu/Al_2O_3 multilayer thin film was investigated by a method of micro-bending test. The Cu and Al_2O_3 monolayer and Cu/Al_2O_3 multilayer thin film were deposited on Si substrate by an electron beam deposition...
OS0922 マグネシウム合金押出し材の応力腐食割れ感受性に及ぼす試験片採取方向の影響
阿部 浩之, 中谷 正憲, 原田 泰典, 内田 仁
M&M材料力学カンファレンス   2013年   
The influence of specimen cutting direction on the susceptibility of stress corrosion cracking (SCC) in an extruded magnesium alloy AZ80 was investigated. The materials were extruded after the T4 or T6 heat treatment. The L- and R-specimens were p...
OS1518 イオンビーム支援TiNコーティングを施したTi-6Al-4Vのフレッティング疲労特性
清水 翔太, 中谷 正憲, 原田 泰典
M&M材料力学カンファレンス   2013年   
Fretting fatigue behavior and mechanical property of Ti-6Al-4V coated with titanium nitride (TiN) by ion beam assisted deposition were investigated. To investigate the influence of mixed layer on the fretting fatigue behavior, TiN were deposited o...
701 ショットライニングと熱処理による高速度工具鋼の表面改質(GS-4 機械材料)
原田 泰典, 石田 誠, 高橋 勝彦
関西支部講演会講演論文集   2013年   
501 マグネシウム-リチウム系合金板の冷間角筒深絞り加工性(GS-4 軽合金)
原田 泰典, 山本 厚之, 松澤 幸典, 後藤 崇之, 中村 英次
関西支部講演会講演論文集   2013年   
G041012 ショットピーニングと熱処理による高速度工具鋼のFe-Al系金属間化合物層の形成([G041-01]機械材料・材料加工部門,一般セッション(1))
原田 泰典, 石田 誠
年次大会   2013年   
In the shot peening process, metal foil can be bonded with the base metal by applying plastic deformation and the pressure. The formation of an Fe-Al intermetallic compound film on high-speed tool steel by shot peening and heat treatment was inves...
G041011 ばね鋼の表面硬さに及ぼすショットピーニング加工時間の影響([G041-01]機械材料・材料加工部門,一般セッション(1))
原田 泰典, 上坂 浩貴
年次大会   2013年   
The shot peening process is a widely used surface treatment method for improving fatigue strength and anti-wear characteristics. The surface of the material receives a so-called peening effect where strong local deformation forms a work-hardened l...
超軽量マグネシウム合金板の冷間多段深絞り加工性
原田 泰典
天田財団助成研究成果報告書 = Report of grant-supported researches the Amada Foundation   2013年   
塑性流動による銅薄板と異種薄板の冷間突合わせ接合
原田 泰典, 布引 雅之
銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies   2013年   
ショットライニングと熱処理による炭素鋼への機能性皮膜の形成
原田 泰典, 三浦 裕二
機械材料・材料加工技術講演会 M&P   2012年11月30日   
角型チタン容器の深絞り加工性
原田 泰典, 津田 高宏, 森 章司
機械材料・材料加工技術講演会 M&P   2012年11月30日   
ショットピーニングを施した炭素鋼の表面特性と疲労限度に及ぼす低温熱処理と再ショットピーニングの影響
原田 泰典, 井上 周子
砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers   2012年10月1日   
ショットピーニングを施した機械部品の中には使用中における熱や負荷応力などの影響によって,付与した圧縮残留応力の緩和を生じる場合がある.本研究では,ショットピーニングによって十分に加工処理した材料に対して低温熱処理で材料強度を高めた後,再びショットピーニングを施す一種の加工熱処理を行った. 低温熱処理および再ショットピーニングを施した材料において,おもに表面特性と疲労限度に及ぼす加工熱処理の影響について調べた.供試材料は焼鈍処理した中炭素鋼で,また投射材は鋳鋼製である.空気式機械を用い,投射...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
金属箔圧接とレーザー照射によるマグネシウム合金の機能性皮膜形成とその特性評価
文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C)): 
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 原田 泰典
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 土谷浩一
TiNi系形状記憶合金は、医療デバイスへの応用が急速に拡大しており、生体内環境におけるNiイオンの溶出を抑える表面処理法の開発が急務である。本研究ではショットピーニングによる表層非晶質化の条件、非晶質化による耐食性の変化を調べ、その機構を明らかにすることで生体適合性の向上を目指す。今年度は昨年度行った鋳鋼,WCショットに加え,鉄系金属ガラスショットを用いたピーニングによる微細組織の変化,及び耐食性の変化を明らかにすることに重点をおいた研究を行った。金属ガラス製のショットを用い、空気式ショッ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 原田泰典
本研究では、耐食性や耐摩耗性などの金属の表面特性を向上させるため、小径粒子の衝突を用いた異種材料の積層接合とそのナノ組織化による表面改質を試みることを目的としている。今年度は、前年度に引続いて接合状態に及ぼす加工条件の影響について調べた。昨年度に試作した加熱装置内蔵のショットピーニング装置を用い、粒子速度、衝突密度、加工温度などの変化させて接合を行った。積層薄板の接合は、金属表面に数種類の異種金属薄板を重ねた状態でショットピーニング加工を行った。接合状態を評価するために、光学及び走査型顕微...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 森謙一郎
チタン合金の冷間加工性は小さいため,一般に熱間加工が行われているのが現状である.しかしながら,最近高い冷間加工性を有するβ型チタン合金が開発され,チタン合金板の冷間プレス加工が可能になってきている.しかしながら,曲げ加工,浅絞り加工などの適用例しか報告されていなく,深い容器を成形する多段深絞り加工は困難とされている.本研究では,冷間加工性に優れる代表的なβ型チタン合金板Ti-15V-3Al-3Cr-3Snの冷間多段深絞り加工による極細容器の成形を行った.β型チタン合金板は皮膜処理がない場合...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 原田泰典
マグネシウム合金はアルミニウム合金に代わる次世代材料として期待され,研究が盛んに行われている材料である.しかしながら,鋳造性や加工性とともに耐摩耗性の低いことが利用上の大きな問題となっている.表面に適切な高硬度および厚さを有する異種材を被覆することができれば,表面特性は飛躍的に向上できるので軽量構造用材料としての利用範囲は大きく広がると考えられる.異種材を被覆する方法としてめっきや溶射などがあるが,従来法では適切な膜厚や接合強度が得られにくく,また難接合性材料であるマグネシウム合金において...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 森謙一郎
最近複合材料、傾斜機能材料などの先端材料が粉末材から製造されているが、これらの製造において微視的組織を制御して製品の特性および機能を向上させることが検討されている。しかしながら、有限要素法などの連続体力学に基づく解析法では、微視的な効果が取扱えないため、微視的レベルでの製造条件を検討することができない。最近均質化法などによって微視的な効果を巨視的解析法に取扱う試みが行われているが、焼結プロセスにおいては拡散、粒成長などの複雑な現象が現れ、それらの現象はほとんど取扱われていない。本研究では、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 森謙一郎
近年チタン材の生産量が増加しており、実用材料として使用できるような環境になってきたが、加工技術がまだ十分に開発されていないため、製品としての用途が限られているのが現状である。純チタン材は、高耐食性を活かして各種形状の容器に成形されることが多く、プレス成形技術を確立することは必要不可欠である。本研究では、純チタン極深容器を成形する多段深絞り加工技術を実用化する。冷間で中間焼なましをすることなしに深絞り加工を繰返して極深容器を成形する。純チタン材は冷間においても十分な延性を示すが、活性な金属で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 森謙一郎
最近複合材料,傾斜機能材料,金属粉末射出成形材などの製造において,粉末粒子レベルで制御を行って製品の特性および機能を向上させることが検討されている.しかしながら,有限要素法などの連続体力学に基づく解析法では,粒子レベルのミクロな挙動が取扱えないため,粒子レベルでの製造条件を検討することができない.粒子レベルでの挙動を解析するために,個別要素法,粒状要素法などの粒子系解析法が提案されているが,従来の粒子系要素法は粒子の単純な弾性変形しか取扱うことができなく,粒子の形状が変化する塑性変形を考慮...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 原田泰典
クロム合金は耐熱性・耐食性材料にすぐれていたため,たとえば,クロム-ニッケル溶製合金の力学的性質についての研究が約20年前まで精力的に行われてきた.しかしながら,クロムの含有量が60mass%以上になると,クロム合金を溶製することは,クロムの高融点による坩堝からの不純物混入が問題となって非常に困難であった.ボタン溶解などの方法では小片しか得ることができず,また鋳造材は加工性が悪いために辛うじて加工した合金から採取した試料も量的に少なかったために,力学的性質の系統的な研究はきわめて制約されて...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 原田泰典
本研究では比較的大きなひずみとひずみ速度をもつ加工法であるショットピ-ニングを用いて、母材上に薄板を載せた状態で熱間で行い、薄板の接合の可能性を調べることを目的とする。それで、まず薄板を母材上に載せた試験片に一つのショット球を打ち込むモデル実験で試みることにし、ショット球を打ち込むときの速度や試験温度などの条件が薄板と母材との接合にどのような影響をおよぼすのかを調査した。まず、軟鋼板上にアルミニウム(厚さ20μm)を載せた状態で打ち込みを行った。試験条件としてショット温度は室温〜1000℃...
ショットピーニングによる表面改質
ショットピーニングによる異種材料の接合
チタンの多段深絞り加工
クロム合金の塑性加工

特許

 
梅村貢, 瀬野尾 和久, 原田 泰典
梅村貢, 瀬野尾和久, 原田泰典
特開2003-321781
原田 泰典, 小林 祐次, 梅村 貢
特開2006-247667
野田 俊治, 森永 正彦, 村田 純教, 原田 泰典, 藤根 道彦