藤原 作平

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/28 14:28
 
アバター
研究者氏名
藤原 作平
 
フジワラ サクヘイ
所属
大分大学
部署
医学部 医学科皮膚科学講座
職名
客員研究員、名誉教授
学位
医学博士
その他の所属
大阪市立大学

プロフィール

 1975年神戸大学卒、1981年東京医科歯科大学大学院卒、専門:細胞外マトリックス、水疱症、皮膚科学
 大学院、マックス・プランク生化学研究所(ミュンヘン)留学時代、大分医科大学在籍の1993年まで、基底膜のコラーゲン、へパラン硫酸プロテオグリカン(パールカン)の構造と機能解析、基底膜コラーゲン、ラミニン、ナイドジェンの糖鎖構造解析に従事した。
その後、自己免疫性表皮下水疱症の自己抗原として見出したエピプラキンという分子を同定し(Fujiwara et al. J Dermatol, 1992, J Invest Dermatol, 1996, J Biol Chem, 2001)、その上皮細胞遊走、ケラチン線維の太さに及ぼす影響など機能解析をおこなった(Goto et al. Mol Cell Biol, 2006、Ishikawa et al. J Dermatol Sci, 2010, Shimada et al. J Dermatol, 2013, Tsuchisaka et al. J Invest Dermatol, 2016)。また最近は、エピプラキン遺伝子(EPPK1)の後半のコピー数にヒトの個体による多様性があり、それが分子の長さの違いを規定していることを見出した(Ishikawa et al. J Dermatol Sci, 2018)。
 2014年からは、沖縄県の離島で弾性線維腫の調査を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
大分大学医学部 皮膚科学講座 客員研究員
 
2016年
 - 
現在
大阪市立大学 医学部 皮膚科学講座 客員教授
 
2016年
 - 
現在
大分大学 名誉教授
 
2003年
 - 
2016年
- 大分大学 医学部 教授
 
2001年
 - 
2003年
大分医科大学 医学部 教授
 
1995年
 - 
2000年
大分医科大学 医学部 助教授
 
1988年
 - 
1994年
大分医科大学 医学部 講師
 
1985年
 - 
1987年
大分医科大学 医学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京医科歯科大学 医学研究科 生化学
 
 
 - 
1975年
神戸大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1999年
 - 
2018年
日本結合組織学会  理事
 
1994年
 - 
2016年
日本研究皮膚科学会  評議員
 

受賞

 
1996年
日本結合組織学会 大高賞
 

論文

 
Ishikawa K, Furuhashi M, Sasaki T, Kudoh J, Tsuchisaka A, Hashimoto T, Sasaki T, Yoshioka H, Eshima N, Matsuda-Hirose H, Sakai T, Hatano Y, Fujiwara S
Journal of dermatological science      2018年5月   [査読有り]
Takeo N, Nakamura M, Nakayama S, Okamoto O, Sugimoto N, Sugiura S, Sato N, Harada S, Yamaguchi M, Mitsui N, Kubota Y, Suzuki K, Terada M, Nagai A, Sowa-Osako J, Hatano Y, Akiyama H, Yagami A, Fujiwara S, Matsunaga K
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology      2018年4月   [査読有り]
Shimada H, Takeo N, Saito-Shono T, Ishikawa K, Sakai T, Goto M, Hatano Y, Fujiwara S, Matsuda M, Hamada T, Nakama T, Hashimoto T, Kono M, Akiyama M, Kitajima Y
European journal of dermatology : EJD   28(1) 94-96   2018年2月   [査読有り]
Hashimoto T, Teye K, Hashimoto K, Wozniak K, Ueo D, Fujiwara S, Inafuku K, Kotobuki Y, Jukic IL, Marinović B, Bruckner A, Tsuruta D, Kawakami T, Ishii N
Frontiers in immunology   9 994   2018年   [査読有り]
Sakai T, Yamada N, Yamamoto O, Saito-Shono T, Yamate T, Ishikawa K, Goto M, Hatano Y, Hongo N, Kodera T, Fujiwara S
European journal of dermatology : EJD   27(6) 655-656   2017年12月   [査読有り]
Saito-Shono T, Nakamura Y, Sakai T, Ishikawa K, Goto M, Takeo N, Hatano Y, Seguchi S, Ishii N, Koga H, Hashimoto T, Fujiwara S
European journal of dermatology : EJD   27(6) 664-665   2017年12月   [査読有り]
Fujinaga-Tada M, Sakai T, Nakamura Y, Fujiwara S, Hatano Y
The Journal of dermatology   44(11) e308-e309   2017年11月   [査読有り]
Ishikawa K, Shono-Saito T, Yamate T, Kai Y, Sakai T, Shimizu F, Yamada Y, Mori H, Noso S, Ikegami H, Kojima H, Tanaka H, Fujiwara S, Hatano Y
European journal of dermatology : EJD   27(2) 184-185   2017年4月   [査読有り]
Zhang W, Sakai T, Hatano Y, Fujiwara S
Annals of dermatology   28(6) 772-775   2016年12月   [査読有り]
Shimada H, Nakamura Y, Saito-Shono T, Ishikawa K, Nishida H, Yokoyama S, Hiramatsu K, Nakanaga K, Ishii N, Takikawa S, Sakai T, Takeo N, Fujiwara S, Hatano Y
European journal of dermatology : EJD   26(5) 510-511   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
ヒト・エピプラキン遺伝子の構造と多様性
J. Invest. Dermatol.   121    2003年
450-KDa表皮自己抗原のプレクチンファミリー分子としての同定
研究皮膚科学会誌   106(5) 1125-1130   1996年
新しい水疱性類天疱瘡抗原
皮膚科学   189(Suppl 1) 120-122   1994年
450KD蛋白に対する自己抗体を有した表皮下水疱症
皮膚科学会雑誌   19(10) 610-613   1992年

書籍等出版物

 
南山堂医学大辞典20版
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:陰嚢様舌,キルレ病,穿孔性皮膚症,象皮病,モンドール病)
南山堂   2015年   
標準皮膚科学第10版
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:真皮,真皮の疾患と肉芽腫症)
医学書院   2013年   
Melanoma - From Early Detection to Treatment
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:Management of Acral Lentiginous Melanoma.)
InTech   2013年   
皮膚疾患診療実践ガイド第2版
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:妊娠性疱疹, 皮膚萎縮症, 硬化性萎縮性苔癬, 脂肪萎縮症)
文光堂   2009年   
皮膚科診療のコツと落とし穴②疾患
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:皮膚筋炎のまれなサイン)
中山書店   2006年   
皮膚科診療のコツと落とし穴①症候・症状, 診断, 検査
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:水疱に見えない水疱性疾患, 水疱をきたすことのある非水疱性疾患)
中山書店   2006年   
最新皮膚科学大系第10巻 内分泌代謝異常症
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:真皮結合組織代謝異常 基質成分異常)
中山書店   2003年   
皮膚科エキスパートナーシング
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:痤瘡,酒皶,汗疹)
南江堂   2001年   
細胞外マトリックス研究法(5)機能解析法 下
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:自己免疫性皮膚疾患)
コラーゲン技術研修会   1999年   
細胞外マトリックス研究法(3)遺伝子解析法
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:抗体を利用したクローニング)
コラーゲン技術研修会   1999年   
Basement Membranes
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:Structure, interaction and immunological characterization of heparan sulfate proteoglycans from a mouse tumor basement membrane.)
Elsevier-Science Publishers   1985年   
コラーゲンの実験法
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:コラーゲンの調製:Ⅳ型,Ⅴ型,Ⅵ型コラーゲン)
講談社サイエンティフィック   1985年   
コラーゲン代謝と疾患
藤原 作平 (担当:分担執筆, 範囲:コラーゲンの多様性)
講談社サイエンティフィック   1982年   

担当経験のある科目

 
 
  • 皮膚科学 (大分大学, 大阪市立大学, 大阪大学, 長崎大学)

Works

 
弾性線維腫の病因
藤原 作平   2014年 - 現在
450KD自己抗原(Epiplakin)の構造と機能
2000年 - 現在
基底膜の構造と機能
藤原 作平   1981年 - 1993年

競争的資金等の研究課題

 
家族性弾性線維腫の遺伝子解析、肩運動との関連を求めて
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 藤原 作平
新生児皮下脂肪壊死症は、褐色脂肪組織のアポトーシスにより生じる
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 藤原 作平
エピプラキンのin vivo複合体の同定トその機能
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 藤原 作平
エピプラキン欠損表皮細胞の動態とトランスジェニックマウス作成
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 藤原 作平
エピプラキン遺伝子異常は疾患を惹起するか?
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 藤原 作平
エピプラキンの機能ーin vitro, invivo解析とマウス遺伝子構造解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 藤原 作平
450KD自己抗原(Epiplakin)の構造と機能
科学研究費補助金
研究期間: 1991年   
皮下脂肪組織成分の構造と機能
基礎科学研究
研究期間: 1990年   
基底膜成分の糖鎖構造
基礎科学研究
研究期間: 1985年   
中間径フィラメント結合蛋白の機能

社会貢献活動

 
皮膚がん検診
【運営参加・支援】  大分大学医学部皮膚科学講座  2006年 - 2015年
皮膚の日市民講演会
【運営参加・支援】  日本臨床皮膚科医会大分支部  2001年 - 2015年