大野 伸一

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/28 11:31
 
アバター
研究者氏名
大野 伸一
 
オオノ シンイチ
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
山梨大学 大学院医学工学総合研究部 基礎医学系 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 基礎医学系 教授
 
1976年4月
   
 
信州大学医学部助手 (解剖学第1講座)
 
1979年4月
   
 
信州大学医学部講師(解剖学第1教室)
 
1981年7月
   
 
信州大学医学部助教授(解剖学第1教室)
 
1981年8月
   
 
米国NIHに出張
 

学歴

 
 
 - 
1976年
信州大学  
 

受賞

 
1983年
松医会賞
 
1990年
ベストレクチャー賞
 
1992年
ベストレクチャー賞
 
2005年
AHC優秀論文賞
 
2007年
第52回瀬藤賞
 

Misc

 
生体内凍結固定法
大野 伸一
電子顕微鏡   36(3) 220-223   2001年
米国顕微鏡学会(MSA)に参加して
大野 伸一
電子顕微鏡   37(1) 70   2002年
第15回ICEM(国際電子顕微鏡学会):コンベンションセンター周辺は危険区域
大野 伸一
電子顕微鏡   37(3) 221-222   2002年
21世紀の腎形態学者の夢ー生体内腎糸球体の動的微細構造を探るー
大野 伸一
THERAPEUTIC RESEARCH   24(3) 450-454   2003年
寺田 信生,大野 伸彦,大野 伸一
顕微鏡   39(3) 196-199   2004年

書籍等出版物

 
免疫組織化学法の基礎と新展開
日本組織細胞化学会編   2007年   
生体の科学
2007年   
機能を中心とした図説組織学第5版
2007年   
収縮細胞
南江堂   2000年   
生体内凍結技法
学際企画   2000年   

講演・口頭発表等

 
ラットおよびマウス骨格筋におけるサルコグリカンの免疫組織化学的研究
第105回日本解剖学会総会・全国学術集会   2000年   
PEG-コレステロールにより形成された細胞質突起の形態学的解析
第105回日本解剖学会総会・全国学術集会   2000年   
ラット関節軟骨最表層部の超微形態学的研究
第73回日本整形外科学会学術集会   2000年   
ディープエッチング法による細胞膜陥凹形成過程の解析
日本電子顕微鏡学会第56回学術講演会(シンポジウム)   2000年   
"生きた細胞組織"の機能形態学的解析への生体内凍結の意義
日本電子顕微鏡学会第56回学術講演会(シンポジウム)   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
一般的な細胞組織の超微形態学的研究では、臓器摘出後の浸漬固定法や灌流固定法が行なわれ、しかもアルコール脱水・合成樹脂包埋試料による透過型電顕法や臨界点乾燥・金属蒸着試料の走査型電顕法により検索されてきた。しかしこのような電顕試料作製法による解析では、固定・脱水・包埋などにともなう人工的な超微形態学的変化を避けることはできなかった。当教室では、実験動物およびヒト組織を急速凍結後にレプリカ膜や凍結置換固定試料を作製して検討することにより、従来の微細構造とは異なる結果について報告してきた。さらに最近では、・・・
一般的な細胞組織の超微形態学的研究では、臓器摘出後の浸漬固定法や灌流固定法が行なわれ、しかもアルコール脱水・合成樹脂包埋試料による透過型電顕法や臨界点乾燥・金属蒸着試料の走査型電顕法により検索されてきた。しかしこのような電顕試料作製法による解析では、固定・脱水・包埋などにともなう人工的な超微形態学的変化を避けることはできなかった。当教室では、実験動物およびヒト組織を急速凍結後にレプリカ膜や凍結置換固定試料を作製して検討することにより、従来の微細構造とは異なる結果について報告してきた。さらに...
Morphological studies with immersion or perfusion fixation methods can not reveal ultrastructures of functioning organs with normal blood circulation. It is well-known that the ultrastructures of various organs are easily changed by stopping the blood ・・・
Morphological studies with immersion or perfusion fixation methods can not reveal ultrastructures of functioning organs with normal blood circulation. It is well-known that the ultrastructures of various organs are easily changed by stopping the b...