荘 和憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/28 11:31
 
アバター
研究者氏名
荘 和憲
 
シヨウ マサノリ
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
山梨大学 大学院医学工学総合研究部 臨床基礎医学系 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 臨床基礎医学系 助教
 
1972年8月
   
 
台湾・台南永康榮民医院外科非常勤医師
 
1972年8月
   
 
台湾・中華医事技術専科学校講師
 
1982年4月
   
 
山梨医科大学助手(寄生虫学・免疫学)
 
2002年10月
   
 
山梨大学助手(寄生虫学・免疫学講座)
 

学歴

 
 
 - 
1981年
長崎大学大学院  
 

Misc

 
有棘顎口虫によるクリーピング病の1例
塚本克彦,小林 直隆,荘 和憲,中島 康雄,近藤滋夫,島田 眞路
皮膚科の臨床   42(5) 691-694   2000年
An evaluation of recombinant 26kDa glutathione S-transferase of schistosoma japonicum as an antigen for serodiagnosis in human schistosomiasis japonica.
Po-Ching Cheng,Wei-Hsiang Chou,Ji-Jia Huang,荘 和憲,Kin-Mu Lee
中台科技大学雑誌(CTU Science and Technology Journal)   19(1) 147-170   2007年
Sensitive enzyme-linked immunosorbent assay with urine samples: A tool for surveillance of schistosomiasis japonica
Makoto Itoh,Nobuo Ohta,Tamotsu Kanazawa,Yasuo Nakajima,Masanori SHO,Masaru Minai,Zhou Daren,Chen Yan,He Hongbin,He Yong-Kang,Zhong Zhinan
Southeast Asian J Trop Med Public Health   469-472   2003年
Tomonori KAWASAKI,Hiroko Tsunoda-shimizu,Shingo INOUE,Tetsuo KONDO,Tsutomu YUMINAMOCHI,Tadao NAKAZAWA,Nobuki NAKAMURA,Tetsu YAMANE,Masanori SHO,Hiroshi Nakagomi,Toshio Oyama,Ryohei KATOH
HISTOPATHOLOGY   54(2) 263-266   2009年

講演・口頭発表等

 
日本住血吸虫虫卵抗原ペプチドのアミノ酸配列
第61回日本寄生虫学会東日本大会   2001年   
中国四川省山丘型日本住血吸虫症の現状について
第43回日本熱帯医学会   2002年   
A case of creeping disease caused by gnathostoma spinigerum larva
第69回日本寄生虫学会   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
1)住血吸虫症ネズミモデル種間および病原体種間の随伴免疫の差異を検討する。 2)中国における日本住血吸虫症の流行要素と防治効果の影響を検討する。
1)We are going to study the variation of concomitant immunity of schistosomiasis among the different species of the murine models and them of the schistosomes. 2)We focus on the impact of economic construction to schistosomiasis japonicum endemicity c・・・
1)We are going to study the variation of concomitant immunity of schistosomiasis among the different species of the murine models and them of the schistosomes.

2)We focus on the impact of economic construction to schistosomiasis japonicum endemic...