手塚 英夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/28 11:31
 
アバター
研究者氏名
手塚 英夫
 
テヅカ ヒデオ
URL
http://www.yamanashi-med.ac.jp/~cmr/

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
山梨大学 総合分析実験センター 山梨大学 総合分析実験センター 助教授・准教授
 
2007年4月
   
 
山梨大学准教授総合分析実験センター
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本獣医学会 評議員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本獣医学会 評議員
 
2008年5月
 - 
2009年5月
日本実験動物学会第56回総会 プログラム委員会委員
 

Misc

 
組換えDNA実験指針法制化と組換え動物実験
手塚 英夫
実験動物と環境   12(1) 14-21   2004年
Ichiro TAKAYAMA,Eri SETO,Hiroaki ZAI,Shinichi OHNO,Hideo TEZUKA,Yataro DAIGO,Masayuki A. FUJINO
DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   45(10) 1901-1906   2000年
Enhancement of foot formation in Hydra by a novel epitheliopeptide,Hym-323
Naoe Harafuji,Toshio Takahashi,Masayuki Hatta,Hideo TEZUKA,Fumihiro Morisita,Osamu Matsushima,Toshitaka Fujisawa
DEVELOPMENT   128 437-446   2001年
Hidekatsu IHA,Hideo TEZUKA,So-ichi YAGUCHI,Kunio TSURUGI
JOURNAL OF BIOMEDICAL SCIENCE   8 416-420   2001年
Ganmaa D,Li-Qiang Qin,Pei-Yu Wang,Hideo TEZUKA,Teramoto S,Sato A
FERTILITY AND STERILITY   82(suppl.3) 1106-1114   2004年

講演・口頭発表等

 
低糖質食摂取による耐糖能悪化に関与する遺伝要因解析の試み
日本獣医学会   2000年   
メシマコブ菌糸体成分の局所投与による抗腫瘍効果
第5回日本補完代替医療学会学術集会   2002年   
遺伝子操作動物と組換えDNA実験指針
国立大学実験動物関係教職員高度技術研修 (実験動物の系統維持と遺伝検査)   2003年   
遺伝子操作動物と組換え実験指針
第29回日本実験動物環境研究会総会   2003年   
遺伝子組換え動物の管理と組換えDNA実験指針
第14回東北実験動物研究会総会   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
実験動物マウス造血系細胞の増殖機構。 研究材料としての変異体wastedマウスは,日令に依存して,離乳期前後に造血系前駆細胞の増殖異常を示すが,他に体重減少や神経系,免疫系の異常を呈し,その原因遺伝子として,最近,組織特異的な蛋白合成系遺伝子の欠損が報告されている。しかし,この遺伝子欠損は,直接は上記の表現型に結びつかない。発達生物学に大きく貢献すると期待されるその仕組みの解明を目指している。
糖尿病モデル動物db/dbマウスを用いて、食品成分の摂取が糖代謝、脂質代謝に及ぼす影響を調べる。
牛乳中の生理活性成分の含有量と生理活性に関する研究、妊娠牛と性ホルモンに着目して
"Mechanisms of proliferation of hematopoietic cells in laboratory mice" The original subject of the research study is the regulatory mechanisms of proliferation of hematopoietic cells using the mouse mutant, wasted. It has interactive pheno・・・
"Mechanisms of proliferation of hematopoietic cells in laboratory mice"
The original subject of the research study is the regulatory mechanisms of proliferation of hematopoietic cells using the mouse mutant, wasted. It has interactive phenotypes...
Studies of food constituents on glucose and lipid metabolism in diabetic db/db mice