福家 千昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/20 16:43
 
アバター
研究者氏名
福家 千昭
 
フケ チアキ
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 法医学
職名
准教授
学位
博士(医学)(香川医科大学)

プロフィール

生体試料中の薬毒物の定性分析、定量分析の専門家

研究分野

 
 

経歴

 
1984年4月
   
 
香川医科大学 医学部 助手
 
1995年11月
   
 
- , 琉球大学 医学部 医学科 准教授
 
2010年4月
   
 
- , 琉球大学 医学研究科 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
横浜市立大学 大学院医学研究科 准教授
 

Misc

 
Simultaneous determination of cardenolides by sonic spray ionization (SSI) liquid chromatography - ion trap mass spectrometry - a fatal case of oleander poisoning.
Arao T, Fuke C, Takaesu H, Nakamoto M, Morinaga Y, Miyazaki T
Journal of Analytical Toxicology   26(4) 222-227   2002年
Arao T, Fuke C, Takaesu H, Morinaga Y, Miyazaki T
Legal Medicine   4(3) 182-186   2002年
Analysis of paraquat and diquat and two diquat metabolites in a death caused by alkylbipyridylium herbicide intoxication
Fuke C, Arao T, Morinaga Y, Takaesu H, Ameno K, Miyazaki T
Legal Medicine   4 156-163   2002年
Fuke C, Miyazaki T, Arao T, Morinaga Y, Takaesu H, Takeda T, I wamasa T
Legal Medicine   4(2) 134-138   2002年
Kamijo, Y., et al
Arch. Pathol. Lab. Med   127 364-366   2003年

書籍等出版物

 
薬毒物検査マニュアル 1999年
1999年   
薬毒物分析実践ハンドブック-クロマトグラフィ-を中心として-
2002年   ISBN:4-8407-3004-0
薬毒物検査マニュアル 第1回追補版
2002年   
薬毒物検査マニュアル 第2回追補版
2006年   
薬毒物検査マニュアル1999年 第二回追補版
2006年   

講演・口頭発表等

 
ブタン吸入による心室細動により死亡した1剖検例
第86次日本法医学会総会   2002年   
LC-MSを用いた三環系及び四環系抗うつ薬の分析
第86次日本法医学会総会   2002年   
有機リン系農薬の血液中での安定性について
第52回日本法医学会九州地方会   2002年   
LC-MSを用いたブロムワレリル尿素及びアリルイソプロピル尿素の分析
第52回日本法医学会九州地方会   2002年   
水中死体に認められた特異な損傷の成因
第52回日本法医学会九州地方会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
パラコートとジクワットの代謝について
その他の研究制度
研究期間: 1985年   
薬毒物の体内分布について
その他の研究制度
研究期間: 1985年   
生体試料中の薬毒物およびその代謝物の高感度定量分析法を開発し,それを中毒例に応用し,中毒原因物質およびその代謝物の体内分布を測定する.
農薬の代謝について
薬毒物分析法の検討