Hiraga Yuzuru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 7, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
Hiraga Yuzuru
E-mail
hiragaslis.tsukuba.ac.jp
Affiliation
University of Tsukuba
Section
Faculty of Library, Information and Media Science
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
平賀, 譲
Proc. of JSAI   2015(0) 2C5OS21b5-2C5OS21b5   2015
<p>音楽構造をとらえる視点として、大きく分けて構文性とパターン性の2つがある。いわゆる認知的音楽理論のうち、GTTM は構文性を、IRM はパターン性を重視した理論と言える。本発表ではこの2つの側面と音楽的意味の生成との関係について検討し、また両者の相互作用・融合について、これまでの研究を踏まえて論じる。</p>
平賀, 譲
Proc. of JSAI   2014 1K5OS07b1-1K5OS07b1   2014
<p>音楽は人間の感情に直接訴える芸術表現であるとともに記号的・形式的な構造性も有している。本発表では人間による音楽認知過程を意識した認知的音楽理論について、音楽の記号的構造のどのような面を定式化しようとしているかを、代表的な理論である GTTM と IRM を中心に紹介し、最近の確率モデルによるアプローチと対比しながら音楽構造や音楽の認知過程をどこまで計算論的にとらえられるかを検討する。</p>
Acoustic Characteristics of Pressed and Normal Phonations in Choir Singing by Male Singers
Wakasa, Kenta;Matsubara, Masaki;Hiraga, Yuzuru;Terasawa, Hiroko
Proceedings of The 2017 International Symposium on Musical Acoustics   136-139   Jun 2017   [Refereed]
音楽の科学、音楽の情報科学に向けて
平賀, 譲
IPSJ SIG Notes   2003(48) 58   May 2003
A Computational Model of the Recognition of Melodic/Harmonic Progression
Yuzuru, Hiraga
Proceedings of the First International Conference on Music Perception and Cognition   61-66   Jan 1989   [Refereed]

Books etc

 
Text Editors as a Tool of Thought
平賀, 譲 (Part:Supervisor)
Journal of Information Processing Society of Japan Journal of Information Processing Society of Japan   Jan 1984   
A Knowledge Representation Scheme for Music Cognition. In Hatano, G. (Ed.): Music and Cognition
平賀, 譲
Univ. of Tokyo Press   Jan 1987   
Understanding Computers and Cognition --- A New Foundation for Design ---
Terry, Winograd, Fernando Flores (平賀譲(訳)) (Part:Single Translation)
  産業図書   Jan 1989   
4,1 Invitation to Music Analysis/Congnition Research
平賀, 譲
Kyouritsu Shuppan   Jan 1998   
4.3 Harmony Analysis by Computers
平賀, 譲
Kyouritsu Shuppan   Jan 1998   

Conference Activities & Talks

 
The Analysis of Choral and Bel-Canto Singing with Acoustical Features and EGG Measurement
Wakasa, Kenta;Sakakibara, Ken-Ichi;Hiraga, Yuzuru;Terasawa, Hiroko
The Voice Foundation 47th Annual Symposium   30 May 2018   
ポピュラー⾳楽の歌唱における主観的難易度と⾳楽的要 因の調査
山本, 雄也;平賀, 譲
日本音楽知覚認知学会2019年度春季研究発表会   1 Jun 2019   
本研究では、ポピュラー楽曲を題材に、⼈が感じる歌の難易度の要因を調査した。歌唱難易度の要因として楽譜特徴量を定義し楽曲の譜⾯から抽出、主観評価と⾳楽特徴量の関係を調べる歌唱実験を⾏った。実験参加者には楽曲を複数曲歌わせ、難易度をその判定理由とともに評価させた。
暗意実現モデルに基づくポピュラー音楽のセクション分析
宮澤 響;平賀, 譲
情報処理学会第81 回全国大会   14 Mar 2019   
ジャズにおける複数の演奏者にわたるアドリブの構造分析
池田, 周平;平賀, 譲
第119回音楽情報科学研究会   16 Jun 2018   
一般的なジャズの演奏には,演奏者が即興で演奏を行うアドリブという部分が存在する.アドリブは基本的に演奏者の意思で自由に演奏される.アドリブは,基となるメロディや,演奏者の個性などから影響を受けている.本研究は,アドリブに現れる構造的な特徴を分析することを目的とする.分析に用いた手法は,Slopes という簡約化手法と,k-means 法によるクラスタリングである.これらの手法は,先行研究ではアドリブの自動生成に用いられていたが,本研究ではアドリブの構造分析と演奏者同士の比較を目的に使用した...
ジャズ即興演奏のための自動伴奏と半自動演奏アプリケーションの検討
池田, 周平;平賀, 譲
第123回音楽情報科学研究会   22 Jun 2019   情報処理学会・音楽情報科学研究会
ジャズ音楽における即興演奏方針のひとつに,次のような 2 つのプロセスからなる手法が存在する.(i) 原曲のコード進行から使用するべき音の集合を決定する.(ii) 決定した集合の中から音を選択してアドリブを構成する.演奏しながらこの (i) の作業を実行するには即興演奏のための鍛錬が必要であり,初心者には高いハードルとなる.本発表では既知のコード進行から (i) の作業を自動で行い,ユーザが音を選択するだけでジャズの即興演奏が行えるというアプリケーションのプロトタイプを紹介する.本アプリケ...

Research Grants & Projects

 
Music Cognition
Music Information Retrieval
Project Year: Apr 2003   
Intellectual Games and Puzzle Solving
Human Interface